でもね...感情はいつわっちゃいけないと思うんです。頭にきたときに、頭にきていないように自分に思い込ませたりとか、無理にいい顔したりとか、早く忘れようとしたりとか、そういうことしちゃいけないんだと思う。臭いものにふたをすると、余計に腐敗がすすんで臭くなる(笑)だから、頭にきて愚痴をいいたいときに、それをいつわって無理に笑顔をふりまけばいいってもんじゃない。
心理学的には、こういう時はとにかくごまかさずにその感情を十分に感じてあげることが必要なんだそう。十分に感じてあげないと、手放すことができないということです。とかく無理はよくないようですよ。感情を否定するのもよくないでしょう。頭にきているときに「これは悪い感情だから」って否定して無理に押し込めるのはよくないです。頭にきているときは「頭にきているんだぞ」って思う存分ひたってみましょう。それによって、その感情は浄化されていくんだそうですから。ただ、この浄化プロセスはできれば自分一人で行いたいですね。「頭にきているんだぞ」てやつあたりされちゃかないません。まあ自分一人で無理なときは、信頼できる人にだけ思いを分かちあうのがいいかもしれませんね。人に話すことによって、自分の考えとか気持ちが明確になることってよくありますから。