untitled(wiki から写真拝借)ワシントン州から南カリフォルニアに引っ越してきて目にした異様な光景がこれ。家一軒が丸ごと分厚いプラスチックのカバーで覆われているんです。何だろうと思ってよく見たら、シロアリ駆除の会社の連絡先が張り付けてありました。南カリフォルニアは一年中暖かいのでシロアリにとっては最高の環境らしく、こんなのを何軒も目にします。ちなみに英語で tenting (for termites) と言いますけど、家全体をカバーで覆った後、シロアリ駆除用のガス状の薬を家の中に送り込んでいるんだそうです。
なぜ引っ越してきて 3 年もたった今になってこの話を書くかというと...
先日、うちの子達の寝室の壁際に、おが屑の山を発見したから orz
ぎゃーシロアリ!と慌てて業者に連絡して見てもらったところ、何か所かシロアリにやられているとのこと(涙)業者は 2 社に来てもらったんですが、最初の業者に tenting(テント)をする必要があると言われて落ち込みました。テントはかなり面倒なのです。家の中の食糧はすべてビニールでしっかりと密閉しないといけないし、テントで家が覆われている間(2 日ぐらい)は当然家の中には入れないので、どこかホテルなどに宿泊しなければいけないし。さらに、テントで覆われている家は中に誰もいないのと、業者が出入りするのでセキュリティーアラームを切っていることが多いのをいいことに空き巣に入るやつもいるし(テントを切り裂いて侵入し、コンピューターやオーディオ機器を盗んでいくらしい)。
でも、次に来た業者の人が最初の業者よりも天井裏や各部屋の壁をかなり詳しく調べてくれて、これならばテントをしなくてもシロアリにやられている所だけ薬をまいた後にシロアリ防止用の薬を塗れば大丈夫だろうということで、そちらの業者にお願いすることにしました。ただ、一度駆除しても、奴らはまたどこからかやってくるんですよね。なので、毎年定期的に検査して必要ならば薬をまくという契約(年間で200ドルぐらい)をすることにしました。