Office Eucalyptus Official Blog

ルアーメーカー Office Eucalyptusの公式ブログです。 テスター&モニターによる釣果情報から新製品、イベント情報など 色々な情報を発信していきます。

「ぽち」でデイナマGET~!

こんばんは★
女子ナマズ隊、隊長(!?)あっこです(о´∀`о)


今日は、デイナマを探しに、ぽちと散歩にいってきました!

2017_0423_09583100




60UP GET~!



2017_0423_10391200



※写真はプロトです。
製品版のカップはアルミになります。




ぽちができる前までは、リング2個付けまたはスイベル装着が標準装備でしたが、ぽちはリング2個付けしなくても大丈夫♪

そのままで、充分にフッキングするように、設計されています。
…と、言う事で、本日ノーマルのままでガッツリとフッキングしてくれました。

もちろんフックはバーブレスにしてあります。

※フック:
イチカワフィッシングさんのカマキリトレブル。
リッククランさん愛用フックです!




今回デイナマをどのように釣ったかといいますと、、


岸沿いをゆっくりリトリーブ。


ただそれだけです(*`・ω・)ゞ



ルアーや、ロッド、ラインのおかげでキャッチできました(^○^)
※キャッチ後は、少しの間撮影にご協力していただき、すぐに優しくリリース致しました。




下記、私のタックル内容です☆








ピンポイントでキャストがきまる、
※バーストマニア69MH


DSC_0013




先端はしなやか。でもバットパワーがしっかりしています♪
(カーボン素材です)


一応女子なので、そこまでパワーはないのですが( ´△`)
バーストマニア69MHのおかげで、ぬきあげるのも楽々でした(о´∀`о)




ラインは、ユニチカさん!


DSC_5045



※シルバースレッド PE40ポンド


DSC_5044




強くて高感度!しかもキャストしやすい!






ラインに絡まらずスムーズにキャストができる♪
とっても便利♪
※ユーカリナマズリーダー(もうすぐ発売!)

DSC_5086~2







ナマズの歯は、ヤスリみたいに固いです!
手で持つのは危険(>_<)
なので、
※ユーカリグリップも忘れないでくださいね( ☆∀☆)
18kgまで測れます♪



2017_0423_10001800









これからますますナマズ釣りの楽しい季節♪




ぽちの発売は、5月上旬予定です!
確実にぽちGETしたい~という方には♪
ショップ様でのご予約をオススメ致します(^^)



※カラーはこちらをご確認ください↓

http://blog.livedoor.jp/eucalyptus_blog/archives/51113374.html

釣れっ釣れの東山湖FA

4月も中旬、ソルトもナマズもバスも渓流もそれぞれ釣果が期待できるいい季節となってきました。


お久しぶりの戸塚(とってぃー)です


ユーカリではぽち、シャラポロ、ポロポロとユニバス関連新製品ラッシュ


こちらは新製品を入手してからお伝えしましょう。うんうん。


それぞれ春の釣りが楽しめますが、管釣りもハイシーズン突入です。


それも今回は春の桜パターンが期待できる東山湖FAさんへお邪魔してきました。



DSC_0777



当日はまさに満開でとてもいい景気のなか、一日楽しむことが出来ました


この時期の東山湖さん、通年大物狙いの方、春だから表層マイクロスプーンでしょって方、ボトムから巻き上げでしょって方、表~中層のクランクでしょって方、正直どれでも正解だし色んなアプローチが出来る最高の時期だと思ってます。


今回は表層をメインに攻めてみたいと思います。


この日は、桜満開+強風で晴れたり曇ったり、急に強く風吹いたりとめまぐるしい天候のなか、風によって桜の花が舞い水面へ


表層付近でウロウロしていた鱒達が花をめがけてってシーンを見る事は無いでしょうか?


いわゆる桜パターンっと呼ばれているものですね。


浮いてる花びらと近いサイズのマイクロスプーンで表層を引いてくると釣れちゃいます。


DSC_0784


トリガーμ1.0g、色まで寄せてきて、表層をただただ巻いてくるだけ


この日は正にライトピンク系が高反応でした。



DSC_0782

他のカラーやスプーンじゃ?って思うでしょうが、確かに釣れます。


当日はトリガーμ1.0gが一番良かったです。


ただめまぐるしく変化する天候の中でいかに釣れるといっても魚のレンジは変わってきます。


種類、巻きスピード、カウントダウン等でレンジを刻みやすいクランクも出番が増えますね。


そこでうにょを使ったのですが、通常ゆっくり巻いて下さいというところ少し早めの巻きが〇


DSC_0768






DSC_0773



クランクもスプーンもつり易い状態ですので足を運んでみてはいかがでしょうか?





動く「ぽち」

毎度毎度のトラウト・ナマズ担当の山口です




前回はぽちの説明を書きましたが、今回は動画で動きを見てみましょう♪

プロトなので製品版と若干違うかも知れません。





 


釣れそうな動きですね♪










そう、そしてタダ巻きでこんなのが釣れちゃいます♪


DSC_3482


60UPのメタボちゃん♪



発売が楽しみですなヽ(^。^)ノ




「ぽち」について(^o^)丿

トラウト・鯰担当の山口です。


今年初ナマズ様で嬉しさで、先日のブログは説明不足でした(^^ゞ

 


 

「ぽち」ですニヒヒ

 

DSC_3347

 

weight 5/8oz

4月末~5月上旬発売予定

バス・ナマズ用

 

DSC_3476

 


非対称のカップが着水直後からアクションします。

ピンスポットの魚を誘い出し、リトリーブでのクロールピッチは細かい。

大きなディスプレイスメントと少ない移動距離がバイトを誘発!

 

 

 

 

 

ちなみに実釣で使った感想ですが、5/8ozと重さもあるので飛距離は十分♪

かっ飛んで行きますグッ

泳ぎだしも早くアピール度もありいいですデレデレ

 

 

ちなみにバーブ付フックが標準ですが、魚の為にも自分の為にもプライヤーでバーブを潰して使うのをお勧めします。

 

 

 

 

 

17861653_1198537600256715_6949609743123853915_n

カラ―バリエーション(若干の色の変更あるかも知れません)

 

 

 

そんな「ぽち」ですが発売されましたら皆様宜しくお願いしますm(__)m

実釣♪

昨日までハートビートについて3回にわけて書かせていただきました♪

和田元気です!!





昨日載せた画像

OI000125




この釣行記を書きます♪




この日は渓流が初めてな方のガイドでした♪


まぁ初めてと言っても他のルアー釣りをしてる方なので、簡単な説明だけでOK!!




実釣もすぐにコツを掴んできたので、ほぼ全てのポイントを先攻していただきました♪






チェイスもそこそこ。

しかし見切られてしまう…



しかもその後は出てこない…




あらら、こんな感じ?

もっと何度も追ってよ~!!




後攻の私はなんとか釣ってもらえればと思いながら投げていきます♪







けど…













けどね…













熱くなっちゃうんですよ(笑





後攻なりに楽しくなっちゃって(笑





ある流れの筋になかなか追ってくるアマゴがいました♪


「くってくれー、くってくれー」


と願っていましたが先に投げていたかたがやってみてとのことで投げさせていただく!!





追い方的にやる気はありそう♪

(このアマゴは3度追ってきてましたから)





けど連続したアクションを見切っていた…











じゃあ、急にリズムをかえてみよう♪


ハートビートの出番ですな♪


(ハートビートについて②を観ていただければわかりやすいです♪)









流芯に投げ水を噛ませながらトゥイッチを入れて追わせます‼



おっ

来た来た♪




からの…




手前の地形の変わり目で不規則なトゥイッチを…




『パッ』

っと入れ…













『ゴン!!』





無事にキャッチできたと言う訳です♪



OI000128





OI000127




キレイなキレイなアマゴでした♪








しかし問題が…









先攻していただいたものの…



フッキングまではいったのだが、バラしてしまい…









私だけ釣ってしまうという失態をおかしてしまい…





完全なKYガイドとなってしまいました(笑





しかし渓流の美しさ、魚のチェイスのアグレッシブさに完全に魅了されたようでタックルを揃えるとおっしゃってくれたことはスゴく嬉しかったです♪









とまぁ、以前のブログの説明通りに釣れたもんでよかったよかった♪











またキレイな魚に会いにいこう♪

ハートビートについて③

先日はアクションについて書きましたが、今回もまずはアクションについて♪



OI000125




今回はフラットサイドミノー等で行う連続した細かいアクション‼



これは基本的にアップや流れを使ったクロスでのドリフトで多用しますね♪







さぁもうおわかりですね♪♪


ハートビートの有利さが!!














そう!
程よい硬さがいいんです!!



キャスト重視のやや柔らか目の竿で細かくトゥイッチするのと


ハートビートのように程よい硬い竿で細かくトゥイッチするの




どちらが細かく数多くトゥイッチをできるか?

もしくはやりやすいか?




極端に言えば木の棒とワイパーのゴムのどちらが細かく数多くトゥイッチしやすいか?(笑


極端すぎでしたね(笑




けど考え方は一緒です‼






「あと1・2回アクションできれば食ったのに~」

アップの釣りで最も多い残念な感じじゃないでしょうか?



やる気で口を広げて追ってるのに食いつけない魚…

チェイスが結構手前から始まったとき…




悔しいですよね!!







そこのワンチャンスをものにしやすいんです♪

あと1・2回多くアクションできるんです♪


ハートビート502ULは♪




ルアーに命を吹き込む…


まさにロッドでルアーに心動を与える竿なんです!!




OI000098











うん、アクションについてはもうわかったよ和田くん…

じゅうぶん有利さがわかったから♪


で、キャストは?




そんな声が聞こえてきそうなんで(笑



キャストは決まります♪

低い弾道でビシッと‼





最近のリールの進化は素敵ですよね♪


リールの力もしっかり借りましょう♪♪

なんせ楽です♪



硬めな竿には硬めな竿の投げ方があります!!





ルアーの重みをしっかり感じれば平気です。

だからあえて3グラム~のルアーウエイト設定にしました♪



もちろんなれれば1グラムだって投げれます♪









まぁ、私でビシッと決まるんですから♪

たまーに失敗しますけど!!



たまに…(笑






まぁ練習すれば上手になりますし、川に足を運んでれば自然と竿とリールが教えてくれますよ♪


失敗を恥ずかしがらず失敗を次につなげていきましょう♪







さてこんな感じで3回にわけてハートビートについて書かせていただきました♪



もっと聞いてみたいことなどありましたらお気軽にメッセージ、コメントをください♪












長々とした解説を読んでくださりありがとうございました‼


皆様にとって楽しい休日のお手伝いとなりますように!!

1ぽち

トラウト&ナマズ担当 ナマ口いや山口です( ´∀`)b


トラキンエキスパ戦も終わり、これからは鯰シーズン
実はエキスパ戦の途中からナマズモードではあったんですが・・・




もうじきオフィスユーカリから発売される「ぽち」


そんな「ぽち」を連れてちょこちょこ散歩には行っているのですが、去年実績があったポイントは・・・




「橋脚工事」 

まぁ、しょうがないよね・・・



















「用水路工事」

これもしょうがないよね・・・・・・


















 「工場排水が変な泡出してる」

これは、ありえねぇ~だろガーン






オレなんか悪い事した??



と、そんな日が続き凹み気味でしたが、疲れている体に鞭打って昨日も行ってきました。



川幅3~5m程の小規模河川ですが、ナマズがいる感じがしたので

何度か投げているとググッとアタリが!!








キタぁ~~ラブ







と、思ったらだったのでテンション抜いてリリース笑い泣き








その後も歩き続け、もうやめるかなと思っていると









パフっ





パフっ??


なんだパフって??


と思うも魚の感触があるので合わせたら・・・・

















ナマズ様がすっ飛んできたポーン



DSC_3451

ちっさ



ぽち2個半(30㎝弱)と小さいですが「ぽち」で1匹目
と、言うかよく掛かったな・・・



取りあえず、今季初ナマズも釣れましたので一安心
自分自身も「ぽち」をロストする前に釣れて一安心ww




そんな「ぽち」が発売されましたら、皆様宜しくお願いしますm(__)m


4/15 イベント報告

4/15のイベントに
お越しくださいました皆様、
ありがとうございましたm(__)m



バタバタしていて、
あまり写真が撮れませんでした(;_;)



こちらは、テレビ撮影の様子です。

2017_0415_15561600





もうすぐ発売予定!の、
シャラポロ(バズベイト)や、
ポロポロ(スピナーベイト)
ぽち(ノイジー)
のご紹介をさせていただきました!
後日テレビ放送されます♪

※詳細がわかり次第、またブログ等でUPしたいと思います。




今回は、
ユーカリNew ワッペン!
を販売させていただきました♪

2017_0415_14320900


アイロンでつくので
とっても便利(^w^)



毎回人気のガチャ!では、

2017_0415_14402500




ラインカッター3個めGET~!!

とってもついてますね♪


もうすぐ発売!な

2017_0415_14355000



ぽち!
カラーサンプルもお披露目させていただきました☆


楽しみにしてます、という声をたくさんいただき、
感謝の気持ちでいっぱいです(^-^)



ユーカリブースにお立ち寄り下さいました皆様、ありがとうございましたm(__)m

主催者の皆様、大変お世話になりましたm(__)m

ハートビートについて②

先日の続きです♪






OI000107




じゃあハートビートという竿がどんな竿なのか?



スペック♪


長さ:5フィート
ルアー:ウエイト3~10グラム
ライン:PE0,2~0,6号
   ナイロン0,7~2号






なんだか変な話標準的なスペック…

なーんの特徴もない竿?









しかしスペックだけでロッドはわからない…

いや、振っただけ、曲げただけではロッドはわからないのがあたりまえ。


実際に投げてみて使ってこそわかるものですね。







私がハートビートを造るにあたり意識したこと…

それは何度もいいますが『自分で操ること』





アクションは渓流のベイトロッドでは硬いです!!

もしかしたら一番硬いかも♪



じゃあ投げにくいの?

バレやすいの?














それだったら造りませんね(笑








なぜそんなに硬くしたのか?





一番はアクションを自分が『思い描いた』…

いや、『こうしたい』と感じた瞬間にロッドアクションをすることができるようにするためなんです!!



渓流は魚との距離も近く、反応を観ながら釣りをすることができますね♪

特に支流域のように水量がそれほど多くない場所ではなおさらですよね!

ミノーはのトゥイッチはロッドを弾いてラインを弛めての繰り返しで変化をつけますよね?







こんな経験ありませんか?


『ああぁ!!もう少しで食ったのに!!!!』




基本的に同じリズムでアクションさせ続けてるときにおきることが多い…

そう思いません?









ここでハートビートならどうか?


アクションをつけてからのラインの弛み量まで自分で操れるんです‼




それも急に♪







なぜか?


程よい硬めな竿だからです!!



トゥイッチしたあと、キャストに重点をおいているロッドはティップを『弾いた力』に対し『戻る力』が多くかかるんです‼

その分次のトゥイッチまでタイムラグがおきやすく急激なアクションの変化がつけにくい!!



しかし程よい硬い竿は自分でロッドティップを弾いた後『勝手に戻ろうとする力』が多くかかりません。





なので、キャスト後のアクションの入力からチェイスしてくる魚の反応を観る!!


追い方をみてアクションを魚にあわせて急に変化させる!!


これで『魚に口を使わせられる』か?

『ターンされる』か?

が決まる!!





まぁ釣れる魚が増えるのはあたりまえですよね♪






ターンされる魚が40センチ程のイワナで2度と出てこないなんてことになるのはごめんですからね…


あ、昔の私の経験だ(笑



私は確実にmeguを使ってるときよりハートビート502ULを使ってるほうが魚に口を使わせてます♪










さて長くなってきたので今回はここまでにします♪










次回は程よい硬い竿、ハートビートのアクションについてその②とキャストについてを書こうかと思います(^^)d

またお付き合いください♪

ハートビート502ULについて♪

ソルトと、渓流のテスター和田元気です🎵





ハートビートビート502ULという竿をご存知でしょうか?

OI000087


今回から何度かに分けてお話ししたいとおもいます😁





オフィスユーカリのmegu501という竿をmeguの血を受け継ぎながら渓流よりにチューンした竿なんです✨




最大の特徴は自分でロッドを操って

『釣れた』ではなく『釣った』にできるということ💡





どういうことか?



最近は楽にキャストが決まるようなティップ~ベリーまで、やや柔らか目な竿が多く、『ベイトをあまりやったことない人でもピンに投げれます』的な感じなものが主流となっている❗

確かにキャストがビシッと決まるのは楽しいし嬉しい🎵

しかしどうだろう?
誰でも同じように釣りができるという感覚…


トゥイッチをするとロッドティップは勝手に弛みを作り次のトゥイッチに移行できる🎵
しかし規則的になりやすくアクションのメリハリがつけにくい…
(いろんなアクションをつけられてもアクション後のロッドの戻り量までは操りきれない)

私の経験上、やる気のある渓流魚はシンペンのノーアクションでもバイトしてくるんです💡
だから規則的になりやすいアクションができれば釣ることができます🎵


だけど食わせられない渓流魚はそうはいかない❗
なんかしらの『変化』をつけてアプローチやアクションをする必要も出てくる💡



これを誰でも同じようにアクションできるような、いわば車で言う『オートマ』的な竿でできるのだろうか?

誰でも釣れるような渓流魚や活性の高い渓流魚だけを拾って行くだけ、もしくはノーフィッシュでいいのだろうか?




私は考えた…

じゃあ『マニュアル車』ようにすべてを自分で考え操作して渓流魚を釣っていければ、もっと渓流釣りが楽しくなるのでは?
と💡


次回ロッドの詳細へ続く❗
<注意事項>
ブログへのコメントに関しましては承認制となっておりますのでご容赦ください。 また、管理人の判断により不適切と判断いたしましたコメントは削除させて頂きます。 また、ブログ無いの写真に関しまして、当社にて権利を保有致しておりますので 無断使用は禁止とさせて致します。