こんにちは、ソルト担当の竹下です。

私のメインフィールドの瀬戸内「しまなみ海道」は、とても恵まれた環境だと思います。


瀬戸内の海は、島が数多く点在し、干満差は大きいところで4m近くになります。
このため、海峡部・水道筋では潮流が川のように流れるポイントが数多くあり、この潮流によって海底部の養分が常に巻き上げられ、植物性プランクトンの育成を促し、食物連鎖の関係を育んでいます。

そんな地域性から、潮流・転流と干満差というキーワードを元に、各ポイントで様々なターゲットの活性が上がるタイミングを調べて釣りを楽しんでいます。


過去にメバル狙いの外道で釣れた「真鯛」を、狙って釣りたいと考えるようになり、真鯛が釣れた条件のデータを収集。

過去画像になりますが・・・
春先のイカナゴシーズンの、メタルジグ、ヘビージグヘッドによるボトムパターン。
IMG_1016

夏から秋にかけての、ジグヘッドやプラグによるシャローパターンなど、ライトタックルでショアから真鯛を狙えるポイントがたくさんあることがわかってきました。
20100511215619





しかし、流れの強いポイントで沖のシャローエリアに浮いている真鯛を捕るのが難しい・・・
ヘビージグヘッドやメタルジグでは沈みが早すぎ、小さなプラグ、軽量ジグヘッドでは届かない。

かつて、石川代表に言われた言葉・・・
「スプーンっていうルアーは、アングラーの使い方によっては何にでも化けさせることが出来る『万能ルアー』なのよ!」
その言葉を思いだし、思いついたのが「スプーン」を使っての釣り。

スプーンなら自重もあり飛距離も稼げる上に、スローフォールさせやすい。

そこで、軽いルアーを遠くに飛ばせる上に、軽量ルアーをコントロールしやすいソフトティップのインターセプト海鷹610を使い、ユーカリにある2種類のスプーン『BUG 2.5g』と『心 2.4g』を使って真鯛を狙ってみることに・・・
流れの中を比較的軽いスプーンを使用しますので、流れの抵抗を受けにくく、ルアーの操作性をよくするために、ラインはメインラインをPE0.3号、リーダー4lbを使用しました。


BUG 2.5gはリトリーブで浮き上がりにくく、レンジをコントロールしやすい特性
image

真鯛の固い口をフッキングさせやすいよう、貫通力を高めるためにバーブレスを使用。
ばらし対策に、太軸フックにしてフロント・リヤのダブルフック仕様としました。
流れの中で、巻きフォールでレンジコントロールをしていく釣り方に使用します。image

(現状ではカルティバ・エリアモンスター4番か、シングルフック59BL4番が良い感じです)


心 2.4gはリトリーブやラインに流れの抵抗が伝わると浮き上がりやすい特性
image

BUGと同じフックを使用し、ラインテンションを掛けながら流し、ロッドでラインテンションの調整をしていく釣り方で使用します。



ポイントは、流れの強い水道筋の曲がっている内側。
目に前に流れのヨレや、本流筋とその流れから出来る反転流がぶつかる流れができやすいところをメインに狙っていきます。
潮流の強さで、ヨレが発生するポイントや、流れのぶつかるポイントが変わるので立ち位置を変えながらの釣りになります。

真鯛が浮くタイミングは、潮の流れが強くなる前と緩む瞬間。
あとは、餌が表層を流れているときは目視出来るところにも浮いています。

釣り方は、基本渓流釣りといっしょで、流れの上へルアーをキャストし、真鯛の反応のあるレンジをカウントダウンして探しながら流していくという感じ。



醜い図ですが・・・(^_^;)
image

上から見たイメージでは、キャスト後着水したらラインメンディングをします。
ここで言うラインメンディングとは、竿先からルアーまでのラインをなるべく一直線になるようラインコントロールすることです。
ライン全体が着水する前に、この作業を終えておかないとフォール中のアタリを逃してしまいます。
着水後、ラインメンディングをしてカウントダウン。

着水後、スプーンは流されますので・・・
「BUG」使用の際は流れで出来るラインスラッグ(糸フケ)を取る程度のリトリーブを行います。
「心」使用の際は、浮き上がりやすいので竿先とルアーまでのラインを直線的に保つようロッドワークで対処します。
狙いたい層までカウントダウンしたら再びラインメンディングしてカウントダウン。
これの繰り返しで魚を探っていきます。
○が付いているところがラインメンディングと誘いを掛けるところ。

またまた醜い図ですが・・・(ーー;)
image

横から見たイメージ。
カウントダウンとドリフト(流す)で狙いたいレンジを探るわけですが、このレンジ(層)が合っていないとなかなか真鯛は口を使ってくれません。
管釣りをされている方なら、レンジの重要性は十分ご存知だと思います。


流れにスプーンをなじませ、ロッドワークでラインテンションをコントロールしながら、
カウント3秒のレンジをリフト&フォールで・・・
DSCF1381

心 2.4g ザリラメ



口に掛かっていた、リアフックが外れてしまいましたが・・・
DSCF1379

心 2.4g ザリラメ フッキング位置




BUGを使用し、巻きフォール主体のアクションでカウント5秒のレンジでヒット
DSCF1389

BUG 2.5g PP/PW



DSCF1387

BUG 2.5g PP/PW フッキング位置




DSCF1396

BUG 2.5g 桃




BUG使用で、リフト&カウント7秒巻きフォールでヒット!
DSCF1393

BUG 2.5g PP/PW




真鯛のお口は結構すごいので、フィッシュグリップを使用してくださいね!!
DSCF1391

BUG 2.5g PP/PW フッキング位置




【まとめ】
流れによって刻々と変わる真鯛のレンジを探り、そのレンジにスプーンを違和感なく流すことで釣ることが出来ます。
巻きフォールを主体に釣りをするのであれば、ローギヤのリールがやりやすい。
(しかし、キャスト後のラインメンディングが少ししんどいかもしれません)
これから秋になるにつれ、地域によって違いますが瀬戸内では真鯛の食性で表層~中層に浮いてきます。
私が釣りをするポイントでは、潮流が早くなる前、そして潮流が緩む時、転流時間に真鯛がよく浮いています。
その浮いた真鯛を釣る方法の一つとして、飛距離とスローフォールの両立ができ、またルアー直結ということで、ダイレクトにアタリを取り掛けることが出来る『スプーンの釣り』は楽しめると思います。



DSCF1395

【タックルデータ】
ロッド   インターセプト海鷹610(オフィスユーカリ)
リール   ステラ1000PGSDH(シマノ)
ライン   メバルPE3lb(ユニチカ)
リーダー メバルリーダー4lb(ユニチカ)
ルアー  BUG 2.5g(オフィスユーカリ)
      心 2.4g(オフィスユーカリ)
フック   エリアモンスター4番(カルティバ)
      シングルフック59BL4番(がまかつ)