January 28, 2007

今日引越し

あけましておめでとうございますって何日ぶりだよって。
年末年始とありきたりですが多忙で。


そして今日会社の寮をでて賃貸マンションに引越します。大切な人と暮らして行く事にしました。


そして今年度末には結婚します。

とり急ぎもなにも報告まで。

October 03, 2006

What's going on?

イリノイからメールが届いた。
知人からだった。
二人はよく飲んだし飯も食べた。
共に騒ぎ倒した夜もあったし、語りあったあのバーでのことも、テストや研究に追われた日々も まるでふとそんな時間が戻ってくるかのような気がした。

元気にしているか?
このメールアドレスはまだ使っているのか?

連絡入れようと思ってはいたけれどついつい後回しにしていた自分がどうしようもなく思えた。

September 13, 2006

弱さの中で人は。

弱さ、つらさを口にしよう。
そして心が軽くなるのなら。

自分のために生きよう。
それが人のためになるのだから。

自分を大切にしよう。
そこから幸せは生まれるのだから。

歩いてきた過去を振り返る時が来た時にその重さに
、罪の重さや、悪事の時に、そして矛盾の重さに、
負けてしまうかもしれない。

取り返しのつかない、大きな不安の中に囲まれるかもしれない。

そんな時に、あなたがいてくれたら。

August 30, 2006

読書

テレビを持ってない。
そういえばアメリカ居たときもテレビを買った事がない。
だから日本のテレビなんてもう何年も見てない。
家でなにしてる聞かれたら寝てるか、本読んでるかどっちかだ。

今読んでるのは 井上靖の しろばんば 。
今の所そこまで激しく物語が展開してる訳ではないけどまぁまぁ面白いかな。

あぁ、次は何読もうか。

August 26, 2006

お墓参り

そういえばお盆にお墓参りしてきた。
父方の祖母。

両親が共働きでほんと小さいころから家の近くの本家から毎日お守りをしにきてくれてた祖母。

幼稚園の時、祖父母は畑にでて誰もいない本家に送迎バスが止まってその家はとても古くてTVのキタロウ見て僕は泣いてた。

小学生のころは学校から帰ってくると家でいつも僕らを迎えてくれて、両親が帰ってくるまでずっと一緒に待っててくれた。作ってくれたお味噌汁が辛くてつけてくれた梅干もしょっぱかった。妹がそれをすきだった。

いまみたいな夏は朝からきてくれて、蜂にさされれば毒をすってくれたし、畑からカブトムシの幼虫をさがしたりしたっけ。

家から曲がった腰で乳母車を引いて夕焼けを背に帰っていく祖母を見送らなくなったのはいつのころからだろう。

僕がアメリカに行くといってから、戦争当時、アメリカの1tonの不発弾で本家が傾いているって言って何度も僕を引きとめようとしてくれたね。

2003年11月、僕のアメリカからの帰りを待たずに祖母は亡くなった。
そのとき僕は変わらぬ生活をアメリカで送っていて、メールでそれを知ったんだ。


旅行

行ってきた。

ベトナムとカンボジア
アンコールワットみたよ。アンコールトム見たよ。

町歩いたよ。
人々の生活を見たよ。
犯された社会の中で幸せも見たよ。

August 25, 2006

高校同窓会

今電車の中でただ無性に何かしていたくなった。たまにはそんな気分になるよね?



もう十日以上も前になるかな。高校の同窓会。高校卒業してアメリカ渡って好き勝手して久しぶりだった。
みんなにあって思い出す過去は決して嫌なものではなかったよ。むしろこいしかったよ。懐かしかった。

そう思ったのはみんなが変わったから?
それとも自分が変わったから?



June 04, 2006

サルトル

サルトルの「存在と無」が読んでみたいこのごろです。
上下巻で一冊8000円くらいしますorz


引越しは18日に延期しました。

May 14, 2006

批評にあふれた世の中で

しばらく留守にしていましたが久しぶりにSTRが始まったということで家に帰ってまたパソコンの前に座る時間を有意義に過ごせている気がするのでここも更新します。


最近、私が読んでる本から私の心もちをさっしできるひとはいないかと思いますがこんな感じです。
「ゲーム理論の愉しみ方」
「国家の品格」
以降で、(時間順

「経済学の終わり」 飯田 経夫
「優しい経済学」 高橋のぶあき
「人と火」 最首 公司
「新刊・銀河鉄道の夜」 宮沢 賢治
「こころ」 夏目漱石
「雪国」 川端 康成
「斜陽」 太宰 治

こんな感じです。
さらに
「成長の限界」 メドウズ
「人間失格」 太宰
「古都」 川端 康成
「死者の奢り/飼育」 大江健三郎

を購入しています。

何を目的として、また 何を求めて読んでいるのかわからない事はないのですが、これとはっきりしない。
別にそれらを求めることは必要のないことのように今は思え、読むことでただ何かを感じる。
それが今の自分には大切だと思ってる。

まず第一に感じる
そして悩み考える。
そこからなにかが見えるようなきがするから。

感性を育てること、知識に埋もれた人になりたくないから。

May 13, 2006

誰がすばらしくて

自分がどうだとか人がこうだとか比べることに意味を見出すならそれはさびしい人間のすることだと言ってしまえるのならその人はどんな道徳者なのだろうか。どんな聖人だろうか。

そのようになりたいと思う人はたくさんいて自分自身そうだと人前では言うけれどそこまで自分はすばらしい人間でないことは言っている自分が一番よくわかっている。



人一人、自分自身を知りたいだけなのにそれにかかる時間は何度生まれ一生を終えたところでわかるはずもない。それなのにどうして他人を理解できようか。

たぶん、自分自身をそれほど知る必要はないのかもしれない、大事なのは自分と他人との間に存在する何かしらの”かかわり”を知ることじゃないかな。

他人とのかかわりは自分自身を写す鏡を覘くようなものなのだから。

April 13, 2006

国家の品格5

読みました。
論理がどの状況でも有力に使われる今の日本に日本らしさって存在するのだろうか。

論理よりも、もっと前から日本の大事を決めてきた情緒を今こそ取り戻すべきではないのか。

April 11, 2006

合宿に

きてます。
今日は雨降ってて大変でしたよ。
国家の品格 という本今借りて読んでいますよ。

April 08, 2006

同窓会

高校時代のバスケ部でプチ同窓会を開いた。9年ぶりの再会もあり久しぶりバスケ話で盛り上がった。

April 06, 2006

4日目4

入社して研修が始まってから4日がたった。
寮と研修場所・勤務先がかなり離れていることが気になる以外、全てを満喫しています。
休みの間の不規則な生活習慣がうそのように朝も早ければ夜はしっかり寝れる。

まだまだ始まったばかり。

April 01, 2006

考える事を愉しむ。

「唯一最善の方法があると考えるのは、進化にかんしても人生にかんしても単純にすぎると言わざるをえないだろう。」 ゲーム理論の愉しみ方。より

なんか最近 こうならばこうあるべきだ と思う事が多いかなと自分でも反省。
それって考える事を放棄してるよね。

March 31, 2006

何回入寮してんだよ

8a51d631.jpgってぐらい入寮について書き込みされてるし。なんか繋がらないと思ったらちゃんと投稿されてたのね。

しだれ桜

March 29, 2006

入寮5

昨日 会社の寮の方に入寮しました。
ネット環境がまだ整ってないため、ぼーとしてたら携帯からも更新できるみたいで。

町は桜色。

March 25, 2006

御輿とやかた5

春ですね。
今日家の前を子供達が御輿とやかたを担いで「わっしょい」「わっしょい」などと声を上げてました。

昔は俺もしてたんだなと。
ふと思い返すも、時の流れとは早いもので、そして罪なものですね。

March 23, 2006

あれ、いつのまにかこんなに日にちが経ってた?3

なぜか後輩の突然のメールでブログ書き忘れてました・・・

最近は引越しの準備ばっかしてたなぁ。送るものを箱に詰めたり買い物いったりと。
かなりだらだらしてたかも?!

でも久しぶりのメールには面白い提案があった。
STRいいんでないの。
是非参加させてもらいます。

っと今週末はTOEICを受けます。せっかく地元の春のお祭りなのに・・
と思いつつも歯医者にかよう毎日です。


March 13, 2006

畑の草刈3

そういえば最近畑の草を刈ってます。
これが意外と大変でいま刈っておかないと夏の間にすごいことになります。
どうやらまわりでは「草屋敷」とよばれているそうで、これはいけないと先週金曜からてをつけはじめました。

一度には無理なので2週間かけて毎日1時間づつ草を刈っていこうと思います。

そんで今日刈っていたらやはり土の中から大きなみみずやらコガネムシとかの幼虫が一杯出てくるですがそれを狙ってすずめがやってきて。

すずめがうれしそうにそれらを食べる姿に見入ってました。


March 12, 2006

帰ってきました5

車にして2時間くらいの距離で移動時間も苦にならない場所で温泉もご飯もとてもおいしかった。

今回は俺の希望で晩飯はいろり料理でした。まぁ昔ながらの囲炉裏でいろいろやいたりむしたりして食べる田舎の飯です。

温泉もつかっていると体がぬるぬるするなかなか快適なものでした。

朝10時に旅館をでて家に帰るまでの間にみつけたうなぎやサン。

どうみても結構大きな建物で繁盛してた?ような雰囲気をかもしだしているので入ってみると日曜のお昼なのにお客は0。

やっぱりおいしくなかったです・・・

March 11, 2006

長野に家族旅行5

父母と一緒に南信州の温泉に一泊で旅行してきますー。

妹は仕事の送別会でこれないとか・・

ノシ

March 09, 2006

幼馴染→居酒屋5

一年半ぶりに小学校以来の幼馴染と語り合った。
お互いの近況からそれぞれの未来へのアドバイスなどなど。

今いる会社を辞めて居酒屋を経営しようとしているらしいが考えが甘かったのでいろいろ意見してみた。あたって砕けろタイプは今の世の中生きていくのはつらいだろう。

どうせあたるなら当たる前に準備は必須だ。
そのためにしなきゃいけないことをリストとして書き出すことは俺らの年齢にはある程度必要だとおもう。(物覚えがわるくなってきたので・・

ともかく今年の夏までには準備したいというがちょこっと厳しい?かもしれないが地元に帰ってきて”そこ”にいけば幼馴染に会えるというのは気分がいい。

March 08, 2006

合格おめでとう!5

テキサスにいた大学生時代の後輩がこのたび日本の大学を医学部受験したのですが、
今日結果発表がでまして、見事、合格だそうです。

この場をもっておめでとう!といいたい。
君なら受かると思っていた。いや、受かるべき人なんだと。

それでも一年?あるかないかの勉強期間で受かるなんてなかなかやるな。

という事で、今日はめでたいので礼服を買ってきます。

March 07, 2006

再開します。5

さぼっていてすいません。
今日から再開したいと思います。

なぜか日本にいるとネットにつなごうという気になかなかおきません。
まして今年から手帳に軽い日記をつけている今、そちらに重点を置いてしまってます・・

まず、あけましておめでとうございます。(いったっけ?(苦笑
リンク先のみなさま、並びの読者のみなさま、今年もよろしくです。

昨年末に日本に帰国して以来、仕事が4月からということで毎日、勉強+日雇いで食いつないでいます。
ずーと米国在住ということで日本でのバイトは自分にとってどれもいい経験になるなぁと感じる毎日です。これについても書いていきたいと思います。(いろいろあったので(苦笑)

後は、入社後私がする仕事は院での研究と直接なかかわりがあまりないので本を買いあさり勉強する毎日です。

いきなりとばしてもなんなのでこんな感じで閉め。


Recent Comments
total

today

yesterday


Profile
euler
place:tokyo, Japan
age: 26
job: engineer
mail:euler_00@hotmail.com