2011年02月04日

デジタルドールの人間回帰 - cutie pai 「お人形と魔法のレストラン」

昨年12月、Cutie Paiの4作目となるフルアルバム「お人形と魔法のレストラン」がリリースされた。
前作「Cutie MANIA」から2年、その間メンバー加入/卒業と言った紆余曲折を経て完成されたまさにマニア待望のこのアルバムは、現代的なエッヂの多く盛り込まれた前作以上に幾重にもこちらの期待を良い意味で裏切る、それでいて実にCutie Pai(=まゆちゃん)らしい作品に仕上がった。


まずは本作に関わったメンバーについて触れていこう。
前述の通り「Cutie MANIA」以降のCutie Paiはコンスタントにシングルを発表しながらもメンバーの加入/卒業が続く苦しい状況だった。
しかしながらいざ完成を見たこのアルバム、蓋を開いてみれば参加メンバーはなんとこれまでの歴代お人形達。
手前味噌な話ながら中々彼女達のライブに足を運べず詳しい実状が掴めないでいた自分は少々面喰らってしまったのだが、なるほど確かに「お人形と魔法のレストラン」と題された本作のコンセプトを踏まえても理に適った態勢と言えるだろう。

本作に参加したメンバーはCutie Paiの頭脳たるまゆちゃん以下eyeタソ・Kaori★n・スージー・キャンディ・きわタソの6名。
これに加えて、お人形ではないがマッキーとマダム・ジュペットの2人も名前を連ねても良いかもしれない。

このアルバムのコンセプトについて、リリースの合わせたトークライブにてまゆちゃんは「スタジオ練習の帰りにメンバーとレストランで食事をするのが楽しかった事が元になった」と語っていたが、ここに別の解釈を加えるなら「腕利きのシェフ・まゆちゃんが季節毎の素材(メンバー)をふんだんに使ったフルコース料理」と言えるのではないだろうか。
そう、結果として歴代メンバーの揃ったこのアルバムだが、それは決して苦し紛れの妥協案ではなくある意味必然的な態勢だったのだ。


前作とはその趣を大きく異にすれど、やはり今作も聴き所に欠かない。

古い童話のような、少しくすんだ色調の(石毛佐和によく似た)ミセス・ジュペットの語りから始まるお人形達の物語は「テクノ*ドール」でまさに「窮屈なブリスター 全部脱ぎ捨ててしまえ」とばかりに勢いよく、そして色鮮やかに脈打ち始める。

続く「トゥルルン・テレフォン」に関して『fact2~ラオス以後の変遷』で恋愛になぞらえた素晴らしい解釈がなされてるが、見方を変えて「人間に憧れ、真似る人形達」の曲とも言えそうだ。
「テクノ*ドール」の重いキックと軽やかなこの曲のグルーブの対比も見事。

広がりのあるメロディとラップと打ち込みでフック満載な「SA」は「トゥルルンテレホン」とバラード「スピカ」を有機的に繋ぐ有効な一手。
たぶん「SA」はここしか入るタイミングなかったはずだ。

「スピカ」は意識的にボーカルを最大限に立てるミックスが功を奏し、息遣いも聴こえる珠玉の出来栄え。
かつてはモンドな仕上がりだった「プラモガ」はスタイリッシュにトランスフォーム。
既発曲でも決して違和感なく、ここで所謂A面分が終了。
そう、思えば前作での締めはこの「プラモガ」だったわけで「アナログA面B面を意識した構成」って読みは間違ってないと思う…のは続くアップテンポな「Desktop my Girl」で確信に。

本作唯一のまゆちゃんソロ曲「Yellow」はまゆちゃんのルーツが垣間見えるある意味異色曲。
「渋谷系の現代解釈」とも言えそうな、どこかアンニュイに響くこの「Yellow」はアルバム全体においてもいいアクセントになっている。
ちょうどブックレットでこの曲の歌詞がキャンディのページなのは果たして偶然か、はたまた…?

ここから、アルバムの終盤に向けて「MAGNET LOVE」でトップスピードまでギアチェンジ。
アルバムを一本のライブと捉えると本編ラストナンバーに当たる「プロペラ」は、これまでのテクノポップ色を一切廃したバンドサウンドでこれまた強烈なカウンターパンチ。 タイトルも音も、これは「小っちゃな翼」のオルタナティブ・ソングとも解釈できるだろう。

ラストを飾る「EVE」はクリスマスソングと言う事もあり、云わばボーナストラックといった位置づけだろうか。
6体のお人形が一堂に会したこの曲は、彼女達の長い活動を追い続けたファンであればあるほど美しく響くだろう。

幕開けと同じくマダム・ジュペットによる「クローズ」でアルバム終了。 このイントロ/アウトロの有無でアルバムの印象も大きく変わってたと思う。


オープン/クローズを含め全12トラック。
アナログ的な構成は前述の「A面B面」だけでなく、他にも(それこそかつてはMTV時代のロックバンドの常套手段であった)「4曲目とラストにバラードを配する選曲」にも当てはまるし、それは同じようにテクノ/打ち込みを大々的に取り入れた前作と大きく異なる実に古典的な手法だ。

昨年末のトークライブでまゆちゃんは「ブックレットめくるのが楽しい」「そうやって(音楽家として)育ってきた」と語っていた。
一方でeyeタソはブログにてこのアルバムを「レトロポップ」と自ら評していた。

インターネットの普及に伴い音楽の形態はCDからMP3へ、ストアから配信へ、ライブ会場からUSTREAMへと変貌を遂げた。
そして「ゼロ年代」から「10年代」へ。
「フルアルバム」が「シングルの詰め合わせ」になってしまったのはいつの事だろう?

そんな時代の中、飽くなき音楽への探究心と共にゼロ年代を歩んできた(折りしも結成10周年)人形達の出した未来への回答は時代錯誤とも言える「いつの時代も変わらぬ音楽への愛情」、そして「デジタル人形から人間への回帰」であった。

久しく「アルバムとしての音楽」を聴く喜びを思い出させてくれたこの「お人形と魔法のレストラン」の誕生を、現代に生きる音楽ファンとして心から嬉しく思う。

そして叶うなら、オープンからクローズまでメンバー全員でこのアルバムを再現したライブに立ち会える日が来る事を…

お人形と魔法のレストランお人形と魔法のレストラン
アーティスト:Cutie Pai
Cutie Pai Records(2010-12-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



関連記事:Cutie Pai 『Cutie MANIA』

euphoria212 at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月02日

「ハコファクトリィpresents がんばるんば学園」ライブレポ

お久しぶりの更新です。

2月27日・表参道FABで行われたあきやまかおるさん・石毛佐和さん・井上直美さん・清水愛さん・廣田詩夢さんが出演したライブ「がんばるんば学園」&「がんばるんBAR」のレポとなります。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月23日

「1122 夜(仮)」ライブレポ

それでは続きまして石毛佐和さん・井上直美さん・木村まどかさん・Hazukiさんが出演した同会場での「1122 夜(仮)」ライブレポです。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

「ハートに効くビタミン」ライブレポ

11月22日、荻窪OMEGA TOKYOにて開催された「ハートに効くビタミン」(昼)と「1122 夜(仮)」に参加してまいりました。

以下はそのライブレポとなります。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月16日

ネギま!270時間目感想

感想と言うよりちょいと気になった事を。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2009年11月10日

ネギま!269時間目感想

久しぶりの更新です。

尤も例によって短いですが。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2009年08月26日

ネギま!262時間目感想

それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2009年08月03日

ネギま!259時間目感想

短いですが一応書いておきます。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2009年07月14日

『B.L.T.PRESENTS GirlsWoodstock Vol.14』ライブレポ

4月11日、渋谷サイクロンにて。


それでは続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年07月09日

ネギま!257時間目・一言感想

お茶会レポ、どうしよう…?


一応続きは追記から〜。続きを読む

euphoria212 at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!
Profile
タフィ
当ブログはコメント・TB・リンクフリーです。

因みにいわゆる亜子スキー。

メールはgrace-days☆hotmail.co.jpまでお願いしますー。
(☆を@に変えて下さい)
ネギま!三十路同盟
カウンター




訪問者数