2007年04月02日

神田朱未ファーストライブ『BITTER SWEET SUNDAY』感想

はい、と言う訳で本日は目出度く当選した神田朱未さんのファーストソロライブ『Bitter Sweet Sunday』に参加してまいりました!


いやね、いきなり結論から言ってしまうとスゲー良かった!ホントに良かった!!


神田さんの歌や振付け・ダンスはもとより演出・曲順・構成・そしてハプニングに至るまで個人的にはほぼパーフェクト!

な訳で実は未だ興奮覚めやらず、って感じなんで何から書いていっていいのかも分からないくらいなんですが(^^;)、とりあえず特に印象的だったシーンを挙げていくと・・・


□「“モッシュ”って何ですか!?」
個人的にいきなり笑いを誘われたのが神田さん自身による開演前の諸注意でのこの一言ww
うん、まぁ意味を知らなくても無理はないww

因みにモッシュとは所謂ハードコア系のライブでよく観られる観客同士が音楽に合わせてぶつかり合い暴れる行為の事です。
・・・こーゆーイベントでもこの言葉が使われるなんて時代は変わったもんだなぁ・・・(^^;)


□関係者席には多数の声優さん
会場2階の関係者席には野中さんや堀江さん、木村さんや浅野さん、それと自分は確認できませんでしたが白石さん等多数の声優さんが駆けつけた模様。
開演前からその声優さん方を発見したファンが俄かに盛り上がったりしたのですが(^^;)、こうした事からも神田さんの人望の厚さが伺えましたね。

・・・にしても2階席に浅野さんがいると考えると物凄く見下されたような気分になるのは自分だけ?


□極めてシンプルなステージセット
さてさて、アルバム同様『Bitter Sweet Friday』でスタートした今回のステージはその『Bitter Sweet Friday』(歌詞は「Sunday」になってましたね)ではPVを思わせる二組の扉、続く『鏡の中〜Bitter Ver.〜』では大きな鏡が2枚、中盤の静かな曲が続いた第2部ではオープンカフェのようなテーブルと椅子・街灯が用意された程度。
またバックを支えるダンサーさんも3人だけで丁度先頃DVD化された野中さんの『新春アイぽんショー』とは正に対極とも言えるシンプルさでしたが、結果として神田さんの歌やダンスを非常に際立たせてましたね。

またアレだけシンプルなステージで最後までしっかり飽きさせずに進行できるのも神田さんのパフォーマーとしての実力があってこそ、と言えるでしょう。


※さてここからは曲の感想を少々。


□『バカップル』
4曲目にして早くも訪れた私的ハイライト・その1ww
実は昨晩予習がてら『大麻帆良祭』DVDでこの曲を観てたりしたのですが(^^;)、まぁ『BITTRER SWEET FRIDAY』にも収録されてるんで今回聴ける事は当然予想できましたが、こうして生で聴けてホント嬉しかった!
途中アイぽんの歌うパートでは神田さんが2階席にいるそのアイぽんを指さしながら歌ったり、「ジャケットを脱ぎ捨てて〜」の部分ではホントに上着を放り投げるファンがいたり・・・
明るい曲にも関わらず思わず目頭が熱くなってしまいました(^^;)


□メドレー
で、その『バカップル』に続いた私的ハイライト・その2がこのメドレー。
ってかいきなり『LOVE POWER』って!
そのまま『おはよう!』!!
サビ前までの『星空レター』、それ何て生殺し?
「スッキス、大スッキ」だけの『らぶ☆センセイション』、それ何て生g(ry
『朝の光あびて』を挟んでトドメは『1000%SPARKING!』!!

いやーこのメドレーはホント凄かった!
欲をいえば『星空レター』は第2部でフルバージョンを聴きたかったのが本音ですが、この出し惜しみ感がなんとも憎らしいww


□『ハッピー☆マテリアル』
そしてそのメドレーから巧みに“ネギま!OP”で繋がったハピマテが私的ハイライト・その3・・・なのですがなんと神田さん、1回目にサビから2番まで歌詞が飛んでしまいちょっとしたパニックに(^^;)

でもねぇこのハプニング、今回に関してはこれで正解だったと思うんですよ。
その飛んでしまった部分を一緒に歌い思わぬ形とは言え一体感を味わったのは決して自分だけではないはずです。

にしてもこのハプニングってたぶんファンには最も浸透度の高いであろうハピマテだからこそ成立したんだよなぁ・・・
そう考えると改めて凄い曲ですよね、ハピマテってw


※ここでアップテンポの曲の続いた第1部が終了し衣装変えの間お台場レインボーステーションのスタジオでのVTRが流れたのですが、決して会場の熱を冷まさず次の第2部へとスムーズに繋ぐ演出は非常に上手かったですね。

※で、続く第2部は静かな曲を中心に。
『さくらの季節』『Oh My ダーリン』『輝く君へ』はそれぞれ短く編集されて歌われたのですが、これがまた胃もたれしない量でいい感じでしたww

そしてライブは終盤へ・・・


□決して涙を見せなかった神田さん
本編最後となる『ありのままの世界』、そしてアンコールにして最後の曲『SUNRISE』、どちらも神田さんにとって思い入れの強い曲だと思いますが、間のMCも含めて若干声が上ずる場面こそあれどこの日一日を通して神田さんは決して涙を流す事はありませんでした。
確かにこーゆーイベントでの涙は感動的ではありますが、一方で良くも悪くもそればかりが印象に残ってしまうのも事実です。

そんな事を神田さんが意識したかどうかはわかりませんが、個人的にはお陰でこのイベントを非常に清々しい晴れやかな気持ちで終える事ができました。
やっぱりイベントは楽しい気持ちで終えるのが一番ですよ、ホントww


□「今日は何の日〜?」「エイプリル・フール!!」
って事で入場時に渡されたメニューを模した曲目はやっぱりウソ、『いつだってLOVE&DREAM』をやらなきゃ終わるに終われませんよねww
まぁぶっちゃけ見え見えの演出ですけど(^^;)、この場に限ってはそんな事どーでもいいんですよww
こうした事を好意的に、微笑ましく受け入れられるのも神田さんの人柄あってこそでしょうね。


※そしてライブ終了後は何故かやっぱりファンによる三本締めww
もうこの三本締めはネギま!声優イベントの定番にしちゃいましょう、いっそww

※ところで余談ながら、開場前にAM/PMで見かけた噂に名高い青いスバルの帽子を被った人ってもしかして楊さんだったのかなぁ・・・?
声かけてみるべきだったかな・・・ww



――――――



で、帰宅後上記の“メニュー”を改めて見返しながらこの記事を書いてるわけですが・・・
(以下『ツンでれ日和。』TBなんでちょっとクサいよww)


今日のライブは正に“ありのままの神田朱未”に満ち溢れた、本当に楽しく素晴らしいライブでした。

どんな役にも、どんな曲にも素直な気持ちを込めて演じ歌う神田さんが大好きです。

いつもファンに対し低姿勢で(^^;)「ありがとう」と言う神田さんですが、こちらこそ

「今日は本当にありがとう!いつも、いっぱい、ありがとうございます!」


そしてお疲れ様でした!

euphoria212 at 00:07│Comments(2)TrackBack(4)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ネギま!関連サイト巡回(04/02)  [ ネギま部屋(楊さんのページ別館) ]   2007年04月02日 05:49
■「beyond reasonable doubt」さん「神田朱未ファーストライブ『BITTER SWEET SUNDAY』感想」 いいライブでした!! >「“モッシュ”って何ですか!?」 これは笑いましたwwww >ところで余談ながら、開場??
2. リンク追加のお知らせ!  [ May The Good Speed Be With You!! ]   2007年04月02日 21:37
今回追加するのはタフィさんのbeyond reasonable doubtです! リンクフリーとのことですので追加させていただきます! 今回はタフィさんも神田さんのライブに行かれたということで、追加のきっかけはそれですね(^^;)
3. 楓の ネギま!ニュース 「2007年4月2日」  [ 楓の箱リロLive対戦日記 ]   2007年04月02日 23:18
・ネギま! ニュース ●同人パクティオーカード ネギまの新作を公開 [3DK 広報支援室] アキラが良いです!また買いに行きます。 ●マージャン牌を使用したゲーム 制作順調 テスト完了 [イッシー研究所の入り口] □図??
4. BITTER SWEET SUNDAY  [ aqua stripe ]   2007年04月03日 01:16
新年初っ端の「新春アイぽんショー」に続いてのアルバム購入者限定イベント。 アイぽんショーが素晴らしく楽しいイベントだったのでそれなりに期待はしていたのですが、 その期待を裏切るどころか、予想以上に素晴らしい、 そして想像していたよりもはるかに彼女らしいス...

この記事へのコメント

1. Posted by 零四季   2007年04月03日 00:00
今回のイベントを成功させるに当たり、
尽力してくれたスタッフ、同日多くのイベントが開催される中で足を運んだファン、晴れ舞台に集まってくれた先輩後輩・・・。

全て一重に神田さんの力があったからこその成功ですね。
神田さんだったからこそ予定の倍以上の観客席を用意してくれた訳だし、多くの仲間や友達やファンが足を運んだ。

参加できなかったことが悔やまれますが、映像には決して残せない、とても大きなものがそこにあったのではないかと思います。

では、長文失礼。
2. Posted by タフィ   2007年04月05日 23:24
>零四季さん

ええ、本当にあの時の雰囲気とか空気感は映像では残せない気がします。

神田さん自身にも「来てくれた人に思い出として大切にしてほしい」って気持ちがあるのかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
タフィ
当ブログはコメント・TB・リンクフリーです。

因みにいわゆる亜子スキー。

メールはgrace-days☆hotmail.co.jpまでお願いしますー。
(☆を@に変えて下さい)
ネギま!三十路同盟
カウンター




訪問者数