2007年08月11日

低価格ワイン

先日ヨーロッパのワインの販売量が下降線を辿っていると
いうニュースを見かけた。欧州連合の日本語ページ
覗いたら、その問題に対する様々な施策が打ち出されていた。

以前躍進著しいチリやオーストラリアワインの事に触れたが、
本場欧州においてもこれは例外ではなく、ワインの輸入量は
年々上がっている。同時に売れ残る欧州産のワインも年々増えて
いる。上記欧州連合のページによれば、余ったワインは燃料に
転用しているそうだが、その転用にかかるコストも馬鹿にならない
額らしい。高級ワインは一定の売れ行きを確保しているので、
外国産ワインに席巻される低価格ワインの生産量を減らすのが
一連の施策の目的だ。

我がドメイン(ここでは我が家)のカーヴ(ここでは我が家の棚)に
並ぶボルドーは、手頃なヴァン・ド・ターブルばかりだ。この施策が
実施されたら、真っ先に市場から姿を消すだろう・・・。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔