皆様こんにちは、Eureka!八王子店です。
バレンタイン、ホワイトデー、、、もうとっくに終わりましたが


バレンタインが待ち遠しく思えなくなった頃でしょうか
恋愛を面倒くさいと思い、残りの人生を考えるようになったのは・・
                 


今更ですが
【GODIVA】さんの新聞広告、皆さんはご存知ですか?
20180201-00010005-bfj-000-8-view

バレンタインが終った後に気が付いたのですが、この【GODIVA】の
広告の本当の真意と心理に神がかっていると感じました。

(ざっくりと説明すると)
バレンタイン前に『義理チョコをやめよう』と広告文を出し、世間の注目を浴びる
・本当に好きな人に渡そう
・義理チョコをやめよう
   ↓  ↓

【GODIVA】はバレンタインを嫌いになってほしくない⇒本命チョコなら【GODIVA】

簡単に考えればそうなります、、、
騙されやすい私にしてみれば、この新聞広告を読んで

【GODIVA】だったら、オレの事好きなんだな⁈

と寄り道をせず、この考えになるわけです。

がしかし、、、
本当に世の女性たちはバレンタインに対し
◎義理チョコを止めたのか?
【GODIVA】以外のチョコはあからさまに
  『義理』と伝えているものではないか?
◎世の男性が知らないだけで『本命』と『義理』の間に
  ≪お世話になってます≫の『ぎり本命』もしくは『義理本命』があるのでは?

そして、世の女性たちは気を遣い、考えに考えた挙句
対人関係を悪くさせない為に用意したのは

結局全て【GODIVA】だったのではないか?



そんな日本女性の心理を読み取り、【GODIVA】は
この思い切った新聞広告を出したのではないだろうか?

一見『義理チョコはやめよう』と謳っておきながら、、
そうもいかないし、【GODIVA】以外は角が立つから
義理チョコも【GODIVA】


th

結果【GODIVA】してやったり!ではないだろうか?


※あくまでも私の推測にしか過ぎないので鵜呑みにしないようご注意ください。
私は本命どころか、義理チョコすら貰う事が出来なかったのですから、、、