アメリカの友人

小説と詩を書くブログ。

カテゴリ: ご報告、他

 いつも読んで下さって、ありがとうございます。
 最近、ブログの記事を書けなくて、今はツイッターばかりになってしまいました。
 よければツイッターの方もご覧下さい。↓
https://twitter.com/eureka_large_r
 小説や詩は、引き続きこのブログで書いていきたいと思います。



16

太陽が
たまにお寝坊
夜 明けぬ



17

壊しても
石英の粒
輝いて



18

蟻喰いと
蟻はどちらが
幸せか



19

寒くなく
暑くないから
春きらい



20

靴下は
視点1ミリ
変えている




死んだよに眠るデモ隊かき分けて朝を通勤するウォール街


(補足:中東の革命、日本における最悪な原発事故に喚起された反原発運動、そして今回全米各地で発生した、超格差社会にNO!を突きつけるための大規模デモ、といった、われわれの棲む社会の抱える、大いなる矛盾にたいして、世界中の人々はうんざりした気持ちを圧し殺すことをやめ、ただ沈黙しているだけなんて、すごく馬鹿げたことじゃないかと考えるようになりました。でも一番肝心なのは、イヤなことはイヤであり、オカシイことはやっぱりオカシイのだという、当事者にとってはごくあたりまえの行動が、たちまち世界的なニュースになってしまうということです。だってごく日常的な幸福や不幸の感情が、あるいは、こんなささやかな生活だけれどなんとしても守らなきゃいけないっていう、なけなしの、小さな祈りが、この巨大な世界を動かす、大河の一滴になっているっていうまぎれもない事実に、私いま、体がブルブルと震えていますからね)

 東北・関東でとても大きな地震が起きてしまいました。見る映像、聞く情報、全てが現実離れしていて、とても想像力がついていけません。昨日からずっと何か重たい鉛のような棒で、体中を殴られ続けているような気分です。そして時折わけもなく、どうしようもなく泣けてきます。

 今はただ、みなさんの無事を心からお祈りするばかりです。

 euReka

↑このページのトップヘ