2007年05月14日

ムービー掲載中!!

ひさしぶりの投稿です。
ヨーロッパスポーツのホームページ上にて、在庫車などのムービーを掲載中です。
EuropesportsMovieCollection

見たことの無い様なクルマの内装やエンジンルームがご覧頂けます♪


europesports at 12:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!輸入車 | その他

2007年04月07日

男の一度は手に入れたいアイテムシリーズ3

978c378c.jpgヨーロッパスポーツの販売担当です。
ポルシェオーナーの永遠の憧れポルシェ911ターボ3.6、ポルシェを知る人であれば一度は乗ってみたい車といえるでしょう
1993年に登場した3.6L M64エンジンをベースとしたターボ3.6。3.3Lターボ(320ps)から一挙に40ps増で最高出力360ps/5500rpmと最大トルク53kg/4200rpm、トップスピードは280km/h。
ターボSから受け継いだアカキャリパーにスピードライン製の3ピース18inアルミ。2本出しとされたが右側マフラーエンドからのみ排気され左側マフラーエンドはウェイストゲートからの大気開放のラインとなっている。
生産台数は1875台と歴代のターボモデルの中でも数少ない車です。
乗ってみるとこれまたすごい!4000rpmあたりからブーストが一気にかかってきて、急に視界が変わり目が追いつかず、頭がシートに押し付けられる感覚を覚えました。
このじゃじゃ馬を扱いこなすにはかなりのテクニックが必要でしょう。
3.6ターボの美しいボディーラインは斜め後ろから見たときが一番最高です。

europesports at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!輸入車 

2007年04月01日

ロールスロイス1

a6e4c219.JPG内部







修理担当です。

今回はロールスロイス シャドー 1973年
修理内容  チャージランプ点灯

まず初めに確認作業をしました。
電圧測定です。バッテリーにテスターをつなげ、電圧を測ります。
テスター数値は11.35V付近を示していました。

次にエンジンを始動し、その状態で、バッテリーターミナル(−)を
外しました。外した瞬間にエンジンが停止しました。

このことから、ダイナモ・レギュレターの不良と考え、まず先に、レギュレターから、
点検します。エンジンルーム内右側面にレギュレターがあります。

今回は、ドナー車両がいましたので、そちらと交換しました。
電圧測定をし、通常電圧まで上がり、終了です。

後日、レギュレター本体が分解できるようなので、分解しました。
基盤を見てみると、黒く焦げている所があり、
ハンダが取れていました。接触不良のため、再ハンダをして、
ドナー車両に取り付け確認をし、正常電圧を示していましたので、
良しとしました。








europesports at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!輸入車 | 修理
Recent Comments
livedoor 天気