2018年11月11日

このブログのご紹介

【世界でもっとも流動性のある外国為替市場(FOREX MARKET)にようこそ!】

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。

現在は,EUR/USDやEUR/GBPなどの欧州通貨を中心に為替のメカニカルトレードシステムを行っています。といっても裁量トレードも大好きなので,シグナルルールもどちらかというと自分のトレード感覚をそのままルールにしている感じです。そのため大変ヒューリスティックな要素が多いトレードシステムです。

このブログではファンダメンタルを中心に市場雑感や為替動向に関する記録を残しています。できるだけ後に残して意味のあるものにしたいと思いますので,批判や反対コメントも歓迎いたします。どうか,よろしくお願いします。

※趣味の動画作成の置き場はこちらにも一括掲載しています。

euroseller at 11:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)その他 

2017年06月22日

幸せな棋士生活 v1.0

将棋の加藤一二三九段がとうとう長い現役棋士生活を終えられました。彼の引退に敬意を表して久しぶりに替え歌を作ることにしました。元歌は大瀧詠一さん作曲の「幸せな結末」(1997年)です。ふさわしい写真をあまり集められず,動画編集する時間もなかったので今回は替え歌の歌詞とともに元歌のYouTube動画を載せました。どうか,ご自分でシンクロしていただけたら幸いです。
【幸せな棋士生活 v1.0】
作曲:大瀧詠一 
作詞:多幸福
替え歌:EURO SELLER

駒を置いた 君の仕草が
泣いているようで 胸が騒ぐよ
現役生活は 終わりにしよう
他の誰でもなく 今夜君は引退する

さみしい気持ち 隠して微笑う
強がる君から 目が離せない
昨日じゃなくて 明日じゃなくて
もう負けないから 今夜君は引退する

踊り出す駒に 14歳の夢を
探し続けて はしゃいだあの日

さよなら言うよ 真剣勝負に
いつまでも忘れない 今夜君は引退する

反転する盤で ひふみんアイ
頭に描いて 見つけた詰め筋

あふれる思い 押さえきれない
幸せな投了 きっと見つける
今なら言える 素直になれる
棋士生活を 愛してた
今夜君は引退する
今夜君は引退する
今夜君は引退する

Baby you've retired
Baby you've retired
Baby you've retired
Baby you've retired



euroseller at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動画職人 

2017年06月18日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/06/19の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。


euroseller at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FX(為替)市場 

2017年06月16日

6月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想は上回るも20後半まで低下し,利上げはある程度の期間見送られて景気拡大は緩やかに

Philadelphia Fed Business Outlook Survey

6月フィラデルフィア連銀景況指数: 27.6 (予想:26.0,前月:38.8)

6月のフィラデルフィア連銀景況指数は前月のプラス38.8から27.6まで11.2ポイント低下し,なんとか事前予想の26.0を上回るにとどまりました。先行指数は先月の34.8から31.3まで3.5ポイント低下しました。先行指数がまだ30以上なのは救いですが現況指数より低くては話になりませんので,来月がどうなるかが気になるところです。

PhilFED_GA07-201706


なお,今月のBusiness Outlook Surveyの質問はこのPDF(英語)にありますので直接ご覧ください。(テクニカル分析のトレードに関係なくなってきたのでだんだん手抜きになってきました。ハイ!)

euroseller at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経済指標 

2017年06月15日

FOMC statement, June 14, 2017

2017年5月3日以来,約42日ぶりのリリースでした。今回は市場の予想通りに政策金利は1.00%[1.25%まで幅がある]に利上げされました。直前の米小売売上高が良くなかったにも関わらず,市場の事前の織り込み通りの利上げでした。景気全般としては失業率が低下していることやFRBのバランスシートの縮小を史上命題と考えているのでしょうね。
  • 経済活動については成長の減速から穏やかな拡大を示唆する表現に変更
  • 労働市場については底堅さを最近の月平均レベルから年初からの平均レベルで甘めに見る表現に変更
  • 家計消費についてはファンダメンタルが底堅いから最近の月平均で上がっているという表現に変更
  • 設備投資についてはしっかりしているから拡大しているという表現に上方修正
  • インフレについては年ベースで2%目標に近づいているからエネルギーと食品以外は最近低下しているという表現に下方修正
  • 第二パラグラフは第1四半期の経済成長の減速が一時的という表現を削除し,インフレは年ベースで見て安定しているからまだ2%以下と下方修正
  • 第三パラグラフは政策金利は(1.00%)[1.25%まで幅はある]に利上げされた
  • 第四パラグラフは変更なし
  • 第五パラグラフは一定レベルの緩和政策を継続するから今年中にバランスシートの縮小プログラムを開始すると明言した
  • ハト派のカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が政策金利の現状維持を主張して反対した

Information received since the Federal Open Market Committee met in Marchy indicates that the labor market has continued to strengthen even as growth inand that economic activity slowed. Job gains werehas been rising moderately so far this year. Job gains have moderated but have been solid, on average, sin recent monthsce the beginning of the year, and the unemployment rate has declined. Household spending rose only modestly, but the fundamentals underpinning the continued growth of consumption remained solid. Business fixed investment firmed. Inflation measured on a 12-month basis recently has been running close to the Committee's 2 percent longer-run objective. Excluding energy and food, consumer prices declined in March and inflation continued to runhas picked up in recent months, and business fixed investment has continued to expand. On a 12-month basis, inflation has declined recently and, like the measure excluding food and energy prices, is running somewhat below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee views the slowing in growth during the first quarter as likely to be transitory and continues to expect that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace, and labor market conditions will strengthen somewhat further, and inflation will. Inflation on a 12-month basis is expected to remain somewhat below 2 percent in the near term but to stabilize around the Committee's 2 percent objective over the medium term. Near- term risks to the economic outlook appear roughly balanced. T, but the Committee continues to closelyis monitoring inflation indicators and global economic and financial developments closely.

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to mraintainse the target range for the federal funds rate at 3/4to 1 to 1-1/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting some further strengthening in labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction, and it anticipates doing so until normalization of the level of the federal funds rate is well under way. This policy, by keeping the Committee's holdings of longer-term securities at sizable levels, should help maintain accommodative financial conditio. The Committee currently expects to begin implementing a balance sheet normalization program this year, provided that the economy evolves broadly as anticipated. This program, which would gradually reduce the Federal Reserve's securities holdings by decreasing reinvestment of principal payments from those securities, is described in the accompanying addendum to the Committee's Policy Normalization Principles and Plans.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; Charles L. Evans; Stanley Fischer; Patrick Harker; Robert S. Kaplan; Neel Kashkari; and Jerome H. Powell. Voting against the action was Neel Kashkari, who preferred at this meeting to maintain the existing target range for the federal funds rate.

Implementation Note issued May 3June 14, 2017



euroseller at 05:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アノマリー・データ等 

2017年06月14日

米5月小売売上高はコアも全体も予想を下回って何とマイナスに,ドルは対円・対フランで弱い

Drop in U.S. Retail Sales Signals Uneven Consumer Spending

5月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比▲0.3%と事前予想の0.2%を下回り,全体は前月比▲0.3%とこちらも事前予想の0.1%を下回りました。前月の改定はコアが0.3%から0.4%になりましたが,さすがに今月のマイナスがびっくりです。

米5月小売売上高(自動車除くコア): ▲0.3% (予想:0.2%,前月:0.3%,前月改定:0.4%)
米5月小売売上高: ▲0.3% (予想:0.1%,前月:0.4%)

rsales_table_1706


さすがにコアも全体もマイナスとは驚きましたが,これで今晩のFOMCで本当に利上げしますかね。NYクローズまでにドル売りがどこまで続くか見ものです。

euroseller at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経済指標 

2017年06月11日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/06/12の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。


euroseller at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FX(為替)市場 

2017年06月09日

ECBは全ての金利を据え置き,更なる金利引下げへの道を閉ざすもインフレ目標達成は遠い道

Draghi Preaches ECB Patience With Subdued Inflation

6月8日のECBは以下のように全ての金利を据え置きました。

−リファイナンス金利(主要政策金利):0.00%
−限界貸出金利(上限金利):0.25%
−中銀預金金利(下限金利):マイナス0.40%

その他の議論については以下のとおり。
【資産買入れプログラム】
資産買入れプログラム(APP)は順調に進捗しており,今後も長期間にわたり市場にとどまることを強調。もちろんさらなる拡大についての見通しも柔軟である。
(変化のない継続なので→△)
【量的緩和終了の高債務国に対する影響】
預金者・銀行・政府の財政がQE終了で影響を受けるのは確かだが,ECBは基本的に物価安定の責務を負っている。
(ギリシャなどに個別に突っ込まれるくらいならマンデートでかわしたのは正しい→◯)
【緩和措置縮小の条件】
インフレ率がECBの目標2%近辺に着実に向かっている必要があり,それも外的要因でなく基調的・自律的に目標を満たす必要がある。
(インタゲ中銀の模範解答→◯)
【インフレ目標達成の下方修正に対する各国中銀の反応】
インフレ見通し下方修正をしたが極めて小幅であるのでとやかく言われる筋合いではない。
(心から金利引き上げを願っているバイトマンの失望の顔が浮かぶ→◯)
【金融緩和バイアスの解除】
インフレ動向をめぐるテールリスクが解消されたのでデフレ防止のための利下げ方向へのバイアスはなくなった。反対意見もない。
(元々EU圏はデフレとは言っていなかったので実質の変化はない。それどころか現状の緩和政策延長のフラグのほうが大きい→△)
【経済成長リスク】
ユーロ経済成長見通しを巡るリスクはほぼ均衡している。
(前回よりは上方修正の気がするが「ほぼ均衡」ではメッセージとしての意味はない→△)
【基調インフレ】
目立った動きは起きておらず基調インフレは前年比で同程度。
(これも方向性を示さなかったのでほぼ一回休み→△)
【構造改革】
金融政策の恩恵を得るためには構造改革ペースの加速が必要。
(おい福井さんかよと思ったが基本的には好きなステートメント→◯)



***

なお,以下のページに会見のトランスクリプトとビデオ映像(YouTubeに変更)があります。
トランスクリプト: Introductory statement to the press conference (with Q&A)
ビデオ映像: ECB Press Conference Tallinn - 8 June 2017

euroseller at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経済金融政策・政治 

2017年06月04日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/06/5の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

【ECB政策金利】ECBは政策金利がNo Change のときは特にそうだが総裁のQ&Aで大きく振れるよ。#為替市場

posted at 6月8日 20:51:13

【為替レンジ予測】自動計算・ツイートは今朝も平常運転です。いったん基本インフラができると,あとはSNSのどれを参照して微調整していくのが楽しみですね。#為替市場

posted at 6月8日 08:09:02

【業務連絡】本日からドル円・ユーロドル・ドルスイスの一日のレンジ予想を月曜日から金曜日までの毎日午前8:00に自動出力します。※シグナルではなく前日までの動きから予想される大まかなレンジを計算しています。なおポジション取りは自己責任でお願いします。#為替市場

posted at 6月6日 08:08:47



euroseller at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FX(為替)市場 

2017年06月03日

5月失業率は4.3%に低下してNFPは大きく期待はずれで,市場はドル安・ユーロ高が加速

U.S. Adds 138,000 Jobs in May, Missing Estimates

5月非農業部門雇用者数: 138K (予想:182K,前回:211K,前回改定:174K)
5月失業率: 4.3% (予想:4.4%,前回:4.4%)
5月労働参加率: 62.7% (前回:62.9%)
5月時給: 26.22ドル (前回:26.18ドル)
5月週給: 901.97ドル (前回:900.59ドル)

nfp_table_1706


euroseller at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経済指標