EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

このブログのご紹介

【世界でもっとも流動性のある外国為替市場(FOREX MARKET)にようこそ!】

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。

現在は,EUR/USDやEUR/GBPなどの欧州通貨を中心に為替のメカニカルトレードシステムを行っています。といっても裁量トレードも大好きなので,シグナルルールもどちらかというと自分のトレード感覚をそのままルールにしている感じです。そのため大変ヒューリスティックな要素が多いトレードシステムです。

このブログではファンダメンタルを中心に市場雑感や為替動向に関する記録を残しています。できるだけ後に残して意味のあるものにしたいと思いますので,批判や反対コメントも歓迎いたします。どうか,よろしくお願いします。

※趣味の動画作成の置き場はこちらにも一括掲載しています。

経済指標エントリーの更新停止について

トランプ米大統領のツイッター不規則発言や思いつきの政策で株式相場も為替相場が乱高下するご時世です。もうファンダメンタルを見るのが嫌になりました。

2018年4月2日の週以降は,彼が政権にいる間は経済指標の備忘録エントリーも中断します。以下の元のURLを必要に応じてご覧ください。

【ISM製造業景気指数】
https://www.instituteforsupplymanagement.org/ISMReport/MfgROB.cfm?navItemNumber=31045&SSO=1
【ISM非製造業景気指数】
https://www.instituteforsupplymanagement.org/ISMReport/NonMfgROB.cfm?navItemNumber=31046
【米雇用統計(NFP)】
https://www.bls.gov/news.release/empsit.nr0.htm
【フィラデルフィア連銀景況指数(BOS)】
https://www.philadelphiafed.org/research-and-data/regional-economy/business-outlook-survey/
【米小売売上高(by Trading Economics)】
https://tradingeconomics.com/united-states/retail-sales
【経済指標カレンダー(by KlugFX)】
http://klug-fx.jp/indexcal/

もう経済指標はツイッターでネタにするくらいがちょうどいいのです。(激おこ!)
なおFOMCの差分は「アノマリー・データ等」エントリーで,ECBの金融政策ウォッチは「経済金融政策・政治」エントリーで引き続き更新していきます。

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/7/16の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/7/9の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/7/2の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/6/25の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/6/18の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

ECBは全ての金利を据え置き,債券買い入れプログラムの打ち切り時期以外の見通しは不明でユーロ安

6月14日のECBは以下のように全ての金利を据え置きました。今回は金融政策そのものについては,債券買い入れプログラムの打ち切り時期を今年末と宣言したものの政策金利に関しての見通しを出したとは言えないですね。こういう状況だとコンファレンス前に上がっていたユーロはやはり売りたいですね。

−リファイナンス金利(主要政策金利):0.00%
−限界貸出金利(上限金利):0.25%
−中銀預金金利(下限金利):マイナス0.40%



***

なお,以下のページに会見のトランスクリプトとビデオ映像があります。
トランスクリプト: Introductory statement to the press conference (with Q&A)
ビデオ映像: ECB Press Conference - 14 June 2018

FOMC statement, June 13, 2018

2018年5月2日以来,約42日ぶりのリリースでした。今回は市場の予想通りに政策金利は1.75%[2.00%まで幅がある]に利上げされました。まあ歴史的な米朝会談後に予定通り利上げできるわけですから,本来ならドルは強くなってもよいのですが,あまりにも予定通りですから今回はそれほど大きくは市場に影響は与えないかもしれません。
  • 経済活動については「穏やか」から「しっかりした」に少し変更
  • 労働市場については就業者数の増加は「強い」ままだが,失業率は月初通りさらに「下がった」と表現
  • 家計消費については「穏やか」から「上昇」にまた上方修正
  • 設備投資については強い成長が「続いた」から「続いてきた」に少し変更(特に意味なし?)
  • 第二パラグラフは12か月ベースのインフレ率はFOMCの物価目標の「上下幅の範囲に近づいた」と表現がなくなって,政策金利が「経済活動の拡大・強い労働市場・インフレ率に一致して」利上げされると変化
  • 第三パラグラフは政策金利は(1.75%)[2.00%まで幅はある]に利上げされた表現に
  • 第四パラグラフは2%のインフレ目標の対称性の表現が前段に移動した上に,FOMCの経済および利上げの見通しを突如削除した。これはFOMCの声明文の後に会見をすることと関係しているのかもしれない
  • メンバーの変更も反対意見もなし

Information received since the Federal Open Market Committee met in Marchy indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising at a moderatesolid rate. Job gains have been strong, on average, in recent months, and the unemployment rate has stayed lowdeclined. Recent data suggest that growth of household spending moderated from its strong fourth-quarter pacehas picked up, while business fixed investment has continued to grow strongly. On a 12-month basis, both overall inflation and inflation for items other than food and energy have moved close to 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measureIndicators of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects that, with further gradual adjustmentincreases in the starget rancge of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace in the medium term and labor market conditions will remain strong. Inflation on a 12-month basis is expected to rufor the federal funds rate will be consistent with sustained expansion of economic activity, strong labor market conditions, and inflation near the Committee's symmetric 2 percent objective over the medium term. Risks to the economic outlook appear roughly balanced.

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to mraintainse the target range for the federal funds rate ato 1-1/23/4 to 1-3/42 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting strong labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment andobjective and its symmetric 2 percent inflation objective. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant further gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

Voting for the FOMC monetary policy action were Jerome H. Powell, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Thomas I. Barkin; Raphael W. Bostic; Lael Brainard; Loretta J. Mester; Randal K. Quarles; and John C. Williams.

Implementation Note issued May 2June 13, 2018

今週の#為替市場のタグのまとめ【2018/6/11の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。
livedoor プロフィール

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。趣味の動画作成の置き場はこちらです。Twitterホームはこちらです。
連絡先: dealer4fx[@]gmail.com ([@]部分を半角の@のみに変更してください。)

Twitter Lines
記事検索
Recent Comments
Forex Rates
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ