2018年11月11日

このブログのご紹介

【世界でもっとも流動性のある外国為替市場(FOREX MARKET)にようこそ!】

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。

現在は,EUR/USDやEUR/GBPなどの欧州通貨を中心に為替のメカニカルトレードシステムを行っています。といっても裁量トレードも大好きなので,シグナルルールもどちらかというと自分のトレード感覚をそのままルールにしている感じです。そのため大変ヒューリスティックな要素が多いトレードシステムです。

このブログではファンダメンタルを中心に市場雑感や為替動向に関する記録を残しています。できるだけ後に残して意味のあるものにしたいと思いますので,批判や反対コメントも歓迎いたします。どうか,よろしくお願いします。

※趣味の動画作成の置き場はこちらにも一括掲載しています。

euroseller at 11:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)その他 

2017年08月18日

8月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想を上回るも20以下のままで,ドルが弱含みのまま推移

Philadelphia Fed Business Outlook Survey

8月フィラデルフィア連銀景況指数: 18.9 (予想:18.0,前月:19.5)

8月のフィラデルフィア連銀景況指数は前月のプラス19.5から18.9まで0.6ポイント低下し,事前予想の18.0を上回るのがやっとでした。一方の先行指数は先月の36.9から42.3まで5.4ポイント上昇しました。先行指数が良いので今月も一時的な低下と思っています。それより今はトランプ大統領の言動でドルが売られたり買われたりしますのでそちらのイベントリスクが高いですね。

PhilFED_GA07-201708


なお,今月のBusiness Outlook Surveyの質問はこのPDF(英語)にありますので直接ご覧ください。

euroseller at 10:55|PermalinkComments(0)経済指標 

2017年08月15日

米7月小売売上高はコアも全体も予想以上で前月分のマイナス値さえ上方修正され,ドル円は昇竜拳のごとく上昇

Broad-Based Advance in U.S. Retail Sales Shows Solid Spending

7月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比0.5%と事前予想の0.3%を上回り,全体は前月比0.6%とこちらも事前予想の0.3%を上回りました。前月の改定はコアが▲0.2%から0.1%に上方修正され,全体も▲0.2%から0.3%になりました。期待を上回るのは別に良いことなのですが,前月の指標がマイナスからプラスへと0.3%〜0.5%も修正されるのはちょっと統計局は弛んでいませんかという印象です。

米7月小売売上高(自動車除くコア): 0.5% (予想:0.3%,前月:▲0.2%,前月改定:0.1%)
米7月小売売上高: 0.6% (予想:0.3%,前月:▲0.2%,前月改定:0.3%)

rsales_table_1708


前月の小売売上高の心配も杞憂となりました。米朝関係が元の鞘に収まれば,少なくともドル円に関しては「Make USD Great Again」は継続すると思いますよ。

euroseller at 22:17|PermalinkComments(0)経済指標 

2017年08月13日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/08/14の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

euroseller at 18:30|PermalinkComments(0)FX(為替)市場 

2017年08月06日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/08/07の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。

なので次のドルの動静は1ドル0.98フランを明確に越えてくるかどうかで判断したい。#為替市場

posted at 8月9日 00:09:04

まあ今はドルスイスを見ていればドルが底を付けてから再上昇している段階であることが分かる。一方でユーロは踏ん張っていたが,ちょっと息切れしてきた。円もユーロに近くて良く踏ん張ってきたが円安とユーロ安のどちらが勢いがあるかはまだ不明。#為替市場

posted at 8月8日 23:52:50



euroseller at 18:30|PermalinkComments(0)FX(為替)市場 

2017年08月05日

7月失業率は4.3%に低下しNFPも期待以上だが,トランプ大統領の事前リークみたいなツイートは止めさせたい

U.S. Adds 209,000 Jobs in July, Jobless Rate at 4.3%

7月非農業部門雇用者数: 209K (予想:180K,前回:222K,前回改定:231K)
7月失業率: 4.3% (予想:4.3%,前回:4.4%)
7月労働参加率: 62.9% (前回:62.8%)
7月時給: 26.36ドル (前回:26.27ドル)
7月週給: 909.42ドル (前回:906.32ドル)

nfp_table_1708


euroseller at 06:55|PermalinkComments(0)経済指標 

2017年08月02日

7月ISM製造業景気指数は若干予想以下で先月より低下も想定の範囲内で,急激なユーロ高には繋がらず

U.S. Factory Gauge Continues to Signal Solid Growth in July

7月ISM製造業景気指数: 56.3 (予測:56.4,前月:57.8)

ismmfg_table_1708


euroseller at 05:31|PermalinkComments(0)経済指標 

2017年07月30日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/07/31の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。


euroseller at 18:30|PermalinkComments(0)FX(為替)市場 

2017年07月27日

FOMC statement, July 26, 2017

2017年6月14日以来,約42日ぶりのリリースでした。今回は市場の予想通りに政策金利は1.00%[1.25%まで幅がある]に据え置きです。物価上昇率とか賃金の上昇率などもそれほど勢いがなく,FRBのバランスシート縮小も勢いがなくなってきたことを示すやや弱気な議事録でした。
  • 経済活動については変更なし
  • 労働市場については緩やかな表現を削除しやや上方修正
  • 家計消費については設備投資と同じく拡大しているという表現に変更
  • 設備投資については拡大しているという表現から変更なし
  • インフレについては実際も予想もエネルギーと食品以外は低下しているという表現に下方修正
  • 第二パラグラフは第1四半期の経済成長の減速が一時的という表現を削除し,インフレは年ベースで見て安定しているからまだ2%以下と下方修正
  • 第三パラグラフは政策金利は(1.00%)[1.25%まで幅はある]に現状維持のまま
  • 第四パラグラフは変更なし
  • 第五パラグラフは今年中のバランスシートの縮小プログラムの開始を「相対的に早くする」に変更されたのでやや早まった感が出ているかも。また詳細説明は6月のFOMCの付録資料を参照と明記
  • 政策金利の現状維持により全会一致のFOMCであった

Information received since the Federal Open Market Committee met in MayJune indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising moderately so far this year. Job gains have moderated but have been solid, on average, since the beginning of the year, and the unemployment rate has declined. Household spending has picked up in recent months, and business fixed investment hasve continued to expand. On a 12-month basis, overall inflation has declined recently and, likeand the measure excluding food and energy prices, is running somewhat have declined and are running below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues to expect that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace, and labor market conditions will strengthen somewhat further. Inflation on a 12-month basis is expected to remain somewhat below 2 percent in the near term but to stabilize around the Committee's 2 percent objective over the medium term. Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced, but the Committee is monitoring inflation developments closely.

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raisemaintain the target range for the federal funds rate atto 1 to 1-1/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting some further strengthening in labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

TFor the time being, the Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee currently expects to begin implementing aits balance sheet normalization program this yearrelatively soon, provided that the economy evolves broadly as anticipated. This; this program, which would gradually reduce the Federal Reserve's securities holdings by decreasing reinvestment of principal payments from those securities, is described in the accompanying a is described in the June 2017 Addendum to the Committee's Policy Normalization Principles and Plans.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; Charles L. Evans; Stanley Fischer; Patrick Harker; Robert S. Kaplan; Neel Kashkari; and Jerome H. Powell. Voting against the action was Neel Kashkari, who preferred at this meeting to maintain the existing target range for the federal funds rate.

Implementation Note issued June 14July 26, 2017



euroseller at 23:55|PermalinkComments(0)アノマリー・データ等 

2017年07月23日

今週の#為替市場のタグのまとめ【2017/07/24の週】

今週のツイッターの私の#為替市場のタグのつぶやきをリストします。リアルタイムにはツイッター側で見てください。


euroseller at 18:30|PermalinkComments(0)FX(為替)市場