EUROU Racing HA23V アルトのエンジン仕様・・・高回転を使用したいのでいろいろと細工してあります。

・エンジンはK6Aのデスビ仕様です。(フルコンは高価なのでコストを下げFCR仕様にする為ですw)

・ピストンはバイク用を加工を施し使用して、鍛造で軽量仕様となっています。

・コンロッドはキャリロ製を加工して使用しています。(オイルラインの穴あけが大変です^-^;)

・ヘッドに関しましては、既存のポートを全て埋めてポートを掘り直し、ハイポート化し吸入空気がスムーズに入る様に加工してあります。(純正で3連スロットル採用もありますが、スズキとホンダのエンジンパワーの違いはここかと思います。)

・ハイポート化に合わせた燃焼室加工を行い、全てのバルブをビッグバルブ加工してあります。(スズキとホンダのエンジンパワーの違いはここもですね^-^;)

・カムシャフトの方は、高回転でパワーが出せるようにIN EX 290度以上になっています。

・ブローバイは出やすいですが、圧縮の方は14.2とかなり高圧縮仕様になります。

・11500rpmがピークパワー(90PS)で13000rpmまわせます。

大雑把に書き上げるとこんな感じです。^-^;

他にもフルバランスや精密組み立て(2/1000以内)や高回転にも対応できる様にカムシャフト周りの仕組み変更、メタル類のワンオフ等様々な小細工がしてあります。

MOTEC等の高性能CPUで細かく燃調をコントロールして、燃料の噴射の見直し、点火時期の見直し、可能であればスポーツインジェクション化(シングルスロットルでは容積UPでもNAは限界が・・・・)ができれば、ハイレスポンスでエンジンパワーは90PS後半~100PSは可能なエンジンかと思います。

作製できたとしても、プラス80万円以上でしょうね・・・怖いですね~^-^;
EUROU RacingではFCRで十分かと。。(正確には、お金がありませんw)

協賛映像 HOT-K動画⇒ http://www.youtube.com/watch?v=8d1jBou1BP0&list=UUVm9hbhrMbIYsTox_C9kG-w&index=4
alto engin