認知症 人間の尊厳 主イエス・キリスト

新米クリスチャンが認知症グループホームの新人介護職となりました。キリスト教そして介護に関してもほとんど知識の無い今この時に、感じたままに書いていこうかと考えております。もしかすると失礼な事を書いてしまうかもしれませんが決して悪意あってのものではなく知識の無さからのものとお許し下さい。

2015年02月

 認知症対応型グループホームには、さまざまな症状の認知症の方がいらっしゃりますが、それこそ私のような初任者レベルから見ると「どうしてこの方は施設にいらっしゃるのだろう」という方も少なからずいらっしゃいます。
そして施設に入所されている方々ほぼ全員にはある共通点があります。それは悲しい現実ではありますが、施設に入所するかどうかの決定、お医者様との治療方針(生死に関する事を含む)などは、全てご本人の意思とは関係なくご家族、医療関係者そして介護関係者で決まってゆくということです。

「本人には理解できないので家族で決めるのが一番」「本人の希望より家族の都合を優先する」「徘徊をする人に対しては安全のため寝たきりになっていただく」など本当に重要な事や本来あってはならない残酷な決定まで本人の意思に関係なく決まっていくようです。

 介護職員が必ず一番重要と勉強をする人間の尊厳(ご本人の尊厳)はどうしてしまったのでしょうか?ご本人が本人自ら責任を持っておこなう決定、そしてそれに寄り添ってゆくのが介護であり医療と教わってきました。もちろん私も介護職員の端くれですので全てが理想通りにゆく程甘い事ではないことは重々理解はしております。しかしご家族の決定で施設に入所した後は、それこそ一 日のタバコの喫煙本数から何mlの飲酒まで、全てご家族が介護施設と決定し、そしてその決定を介護職員が刑務官の様に取り締まるといった現状はいかがなも のかと思います。

 話は変わりますが、最近、認知症の治療についてコウノメソッドの本を拝読させていただきました。素晴らしい治療方法のようです。コウノメソッドが認知症で苦しむ全ての方々の希望の光となる事と心より祈念申し上げます。

ローマ人への手紙 第2章 1~11節

2:1だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。 2:2わたしたちは、神のさばきが、このような事を行う者どもの上に正しく下ることを、知っている。 2:3ああ、このような事を行う者どもをさばきながら、しかも自ら同じことを行う人よ。あなたは、神のさばきをのがれうると思うのか。 2:4それとも、神の慈愛があなたを悔改めに導くことも知らないで、その慈愛と忍耐と寛容との富を軽んじるのか。 2:5あなたのかたくなな、悔改めのない心のゆえに、あなたは、神の正しいさばきの現れる怒りの日のために神の怒りを、自分の身に積んでいるのである。 2:6神は、おのおのに、そのわざにしたがって報いられる。 2:7すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、 2:8他方では、党派心をいだき、真理に従わないで不義に従う人に、怒りと激しい憤りとが加えられる。 2:9悪を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、患難と苦悩とが与えられ、 2:10善を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、光栄とほまれと平安とが与えられる。 2:11なぜなら、神には、かたより見ることがないからである。

Amen




認知症 ブログランラングへ

本日、定期訪問という名のお医者様の検診が各ご利用者さまにありました。なる程!納得をいたしました。何故、本日のことを定期検診と呼ばずに定期訪問と呼ぶのか。
「先生、このご利用者さまは昨晩より具合が悪いと言っております」「この方はここ数日寝込まれております」グループホームという施設は認知症のご利用者様が9人で共同生活をなさっておりますが、訪問時間は20分程で終了。帰り際にベテラン職員が「先生、いかがでしょうか?」と聞くと先生は満面の笑顔で「ここは良いねえ全員問題なし」とありがたい?お言葉です。
介護業界ではたいへん残念ながらお医者様や看護師さんなどの医療関係者の権威は絶対となっております。何故なんのでしょう?介護職というのは家政婦から始まった職業だからでしょうか。しかしベテラン介護職になると、ご利用者様の事はお医者様よりずっと分かっていると思います。またどんな業務でも同じですが何だか分からない権威という虎の威を借り業務がただのルーティンなってしまったら・・・・・・ましては人の生命そして人間の尊厳に大きく関与する医療関係者ならもっともっと大きな愛と責任が絶対条件なのではないでしょうか。
ところで上記のお二人のご利用者様ですが、未だに食欲がなく具合が優れないようでご利用者様に何度も来てうるさいなどと悪態をつかれながらも介護職が一時間と開けずにお部屋を訪問しバイタルチェックそして水分補給などで頑張っております。

マタイによる福音書5章13~16節
5:13あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。
5:14あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。
5:15
また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。
5:16そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
Amen
認知症 ブログランキングへ

 つい先日、怠け者の私にしては休まず通うという、他の方には何でもないが私に取ってはとても努力の必要な努力を重ね「介護職員初任者研修」というものを実技試験そして学科試験を経て無事に卒業をしました。試験と聞いて試験に弱い私としましては、たいへん緊張をして望みましたが結果はクラスメート全員合格という、たぶん私だけが難しく感じた試験だったのではと思います。その後、ありがたい事に第一回目の面接で直ぐに認知症対応型グループホームに就職が決まりました。職員不足というのは本当のようです。就職をさせていただいておきながら何ですが、確かに給料は他の業界に比べてとても低いですね。求人募集などを見ますと一応資格を取ってのぞむ仕事ですがレストランの皿洗い等に比べても更に低い現実があります。

とはいえ、自分でやってみようと選んだ仕事ですので給料の事は一先ずおいて、「さあ、介護の必要なご利用者様に・・・・・・!」「学校で勉強をしたように尊厳に気をつけて!」と理想と希望に燃えて仕事初日を迎えました!

えっ~!!! 現実は私が考えていたより厳しいものでした。誤解のないように申し上げますが、各介護職員さんは、私が経験をしてきたどの業界よりよりもご利用者(顧客)の事を考え、驚く程の優しさをもって仕事をなさられておりますが、会社の経済的な理由からか、少ない職員で業務を行いますので、何しろ忙しくスケジュールをこなしてゆくだけでたいへんというような状況です。新人の私はOJTという名のもとの指導を期待しておりましたが、皆さんが忙しすぎてそれどころではない様子です。初日はお恥ずかしながら何をさせていただいたら良いのか分からず隅の方で目立たないように小さくなっておりました。今では始めて2週間ほど経過しましたので少しずつ仕事を覚えて参りましたが、今度は下っ端の私など業務をこなしてゆくのがやっとで、ご利用者さま等とゆっくりと主イエス・キリストの福音についてのお話などをしている間もない現状です。

でも、これではご利用者様の潜在能力を引き出す。残存能力を最大限維持するという介護職本来の仕事が出来ておりません。私のような新参者が出来ないのは致し方がないのかもしれませんが、ベテラン職員も忙しすぎて出来ていません。これは介護業界そして何よりもご利用者様そしてそのご家族にとって大問題と思います。

マタイの福音書778

7 求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。

8 だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。


Amen.



認知症 ブログランキングへ

皆さん、初めまして。
 
 本日より不定期ながら介護・認知症そして主イエス・キリストという一見何ら関係のないような、しかし私に取りましては、とても重要なトピックでブログを書いてゆけたらと思います。固有名詞は避けますが何でも思った通りに書いてゆこうと思います。知識のなさからくる思い違いや非礼が多々ある事かと思いますが、もしご縁があってこのブログを読まれた際には私の無知を起因するものとご理解いただきお許しいただけますようお願い致します。
 私もこのブログを通じて皆様より色々と学んでゆけたらとも考えております。ご指導の程をよろしくお願い致します。

マタイによる福音書 第9章17節
「新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」

Amen



認知症 ブログランラングへ

↑このページのトップヘ