仲のよいお友達から、頼まれ事があった

でも釈然としない。

どうして?なぜ私が?

御節介な人ならまだしも

普通の感覚で生きていれば
人からものを頼まれた場合塾考します。

だいたい友人関係のトラブルは
こうした事から始まることが多いもの。


頼まれ事をした場合

いつまでに、なにをしたらいいか
理解しなくてはなりません。

先走ったり
または、放置してしては
人格を疑われてしまいます。

しかし
頼み事をする方も

曖昧な依頼はいけません。

いつまでに、なにを、どうしてほしいか

または

何について、どうアドバイスが欲しいのか

ただ、事実だけを投げかけても

相談された方は困惑してしまいます。

ただの愚痴なのか
相談なのか

頼み事はあなたの人格を左右します。

また頼まれごとも然り。
 
他人とうまく関わって生きるためには
いくつかポイントがあり

そこが自分本位であったり
押し付けがましかったり


依頼心が強かったりすれば

相手はあなたから距離をおきます。


いつのまにか友達がいなくなる

周りに人がいないと言う方。なんの心当たりもない方、

過去にそういったことがなかったか

思い返してみて下さい

そして人は学べる生き物です。
修正ができるのです。
これからの人生の指針として。

自分の容姿に自信がありません

鑑定の時によく聞く言葉です。

どうして?と尋ねると

太っているから、とおっしゃる方が多いのです。

私からはその方のかがやくような内面や
清らかな精神が見えており
内面が美しいのが大切だとお答えしますが
みなさん納得はなさらない。

太っていることを恥じるのは東洋人だけかもしれません。

アフローアメリカンの女性は
少しくらい太っていてもピチピチのドレスを着、私ってセクシーでしょ?グラマラスでしょ?と
自信に満ち溢れています。

日本でもいますよね

渡辺直美さん
柳原可奈子さん

ぽっちゃり美人の代表ですね。

この2人に共通しているのは

太っているからとオシャレに気を抜かない、というところ。

ふたりともオシャレで、可愛らしい。

たとえ太っていても
オシャレであれば、個性です。

ぽっちゃり女子が好きな男性は意外と多いのですよ。

まずは鏡をみて
オシャレに手抜きがないか、確認しましょう。

そして、いい香りの香水をつけましょう

自分に自信をもち
自分を愛してこそ

本当の愛を知ることができます。

自分を愛せない人に
他人は愛せません


まずは鏡をみて
自分を褒めてみてください。


赤毛のアンで
主人公のアン・シャーリーが
私の髪の毛は最悪だけど、鼻の形は実は自信を持ってるの!

と言うセリフがあります。

エクボが素敵ね、

瞼が綺麗だわ

顎の形は負けないわ


なんでもいいの。自分の顔を愛しなさい。


そしてそれが自信になり
自分を好きになってくれる人が現れたとき
対等な気持ちで恋ができるの。


こんな私を…
みたいな発想は少女漫画の中だけです。

さあ、鏡を見ましょう

そして新しい服を買いに行きましょう。







長すぎる春
あいまいな関係に思い悩む方は沢山います。

そんな方に時々私が言う言葉

一度手離してごらんなさい。


押しても駄目ならひいてみな、の言葉があるように、如何にもこうにもならない場合は

一旦手離してみる勇気も必要です、


私の敬愛するマザーテレサの言葉で
「いつまで迷っているのですか。
 もっと美しい人生が
 あなたを待っています。」
 
という言葉があります。

待っても仕方がない場合は

一旦空に向かって放り投げる

そうすれば
駄目なら駄目で

上手く行ったらラッキーだと思えます。

今生での時間は魂の時間よりはるかに短く
たかだか80年ほど
しかも、恋を楽しめる出来る年齢も限られています。

だからこそ

自分を大切にしなければならないのです。

せっかくこの世に生まれてきたのですから

一瞬たりとも無駄にはできません。

老いはあっと言う間に訪れます。


放り投げたあと

貴重な時間を捧げることも構わないと信念があればそうすればいい。

流されている場合は必ず後悔がやってきます。


あなたに似合う方は

必ずこの世に存在します。

頑なにならず、諦めず

お相手を探していくことです。

枯れた花を
いつまでにぎりしめていても
蘇りはしないのです。

この写真はヤマシタクニコさんからお借りしております。


↑このページのトップヘ