伊豆高原の自然と森を守る市民の会ブログ

私たちは伊豆高原の山林を大規模に伐採して計画されるメガソーラー計画に反対しています。反対運動と森林保護活動の記録を綴るブログです。

【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続


11/25土曜の伊豆新聞1面にLAホールディングス太陽光発電所の違法伐採事件に対する
伊東市の対応が掲載されました。

171125_izunewsp

11月21日に示された川勝知事の「断じて許せない行為であり、県として厳格な対応をする事は勿論、即座に上級官庁へ通報する」という、違法な無届け伐採については断固たる姿勢で対処するとした県の姿勢とは対称的に、是正指導をして基本的にはLAホールディングスに事業を続けさせる という消極的な姿勢とも取れる報道で、違法行為を犯した事業者に対して処罰なく開発行為を続けさせるのではないかと大きく市民の間に波紋を広げている。

伊東市は小野達也市長名で22日、事業者に土砂の流出防止など防災上の緊急対応を「是正計画書」として作成、提出するように文書で求めたことを24日に開かれた定例記者会見で明らかにした。
その「是正計画書の提出」は宅地造成法に基づいて行った、という。

【伊豆新聞電子版】
「是正計画書提出を」 無届け伐採業者に通知―伊東市
http://izu-np.co.jp/ito/news/20171125iz0000000003000c.html


======================================================


木を切ったのは森林法違反=県の処罰
これについては先に川勝知事が「断固たる姿勢で対応する」ことを表明しました。
では、伊東市としてはどのような対応をするのか。

そもそも「是正計画書」とは何ぞや?

是正【ぜせい】の意味を辞書で引くと「悪い点を改めて正しくしていくこと」とあります。
= 今回の開発行為の悪い点を改めて正しくしていく計画書
= 処罰無しでこのまま継続 か?
と、解釈されても否定できない対応のように思いますが伊東市の見解はどうなのでしょう。

百歩譲って「是正計画」の進行の過程に、何らか「断固たる姿勢で対応」が出来る策を伊東市側が講じているとして、それならばそれで今回の違法伐採を発見し情報提供をした市民側の要望に応えて、是正指導を出す前に何らか説明の場を設けばよかったのでは、と思われます。

伊東メガソーラー建設の中止を求める会 関川代表は20日月曜日付で今回のLAホールディングス太陽光発電所事業地の違法伐採事件について、伊東市側に報道を入れて市民に対する説明の場を設けるよう文書で正式に要望書を提出しており、24日金曜日現在、それに対する回答はなされていません。

その中にあっての22日、伊東市から文書での事業者へ是正計画書提出の指導、24日定例記者会見の場での発表とあって「このままなし崩し的に事業をすすめるつもりなのではないか」「これではやってしまったもの勝ちの悪しき前例を作ることとなるのでは」と言った疑念の声が上がっています。


当会の聞き取り調査では、周辺住民から「夏頃から何かやっている気配がした」「大きな木が運び出されるのを見た」という声も聞かれており、グーグルマップの航空写真ではすでにこの山林に作業をする重機の影と伐採されていると疑わしい様子も映し出されていました。

スクリーンショット (1)


LASC02



無届け・違法伐採で造成まで完了しているという今回のような悪質なケースについて、厳しい処分や指導がされなければ「伊東市はやってしまえば計画が通る地域」という悪しき前例となって今後も違法の開発行為を増長させることとなります。

伊東市としての今後の対応を注意深く監視していきたいと思います。






img17111901
無届け・違法伐採により赤土が剥き出しになってしまった事業地。
夏頃から周辺や海・川に赤土が流出するという話が出ていて伐採時期と重なる為、因果関係の調査が求められる。               
22050366_1023355684472795_7195657420297266470_n

大雨で土砂が流出した時の湾内の様子。環境への負荷や漁業への影響が心配されている。
今回の「是正計画書」については、砂の流出防止など防災上の緊急対応を「是正計画書」として作成、提出を求める、と新聞報道されています。1日も早い対応が必要ではありますが、しっかりとした対策と設計のもと、住民にも納得のいく形の指導が行われることを望みます。


【違法伐採】LAホールディングスに川勝知事が言及

11月21日

伊東市八幡野尾入山
LAホールディングス太陽光発電所事業予定地の違法森林伐採の事案に対し、中田次城県議会議員が県として厳格に対応する事を要望する旨、川勝知事に申し入れました。

事業内容については ↓ のリンクに記載。
【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所




無届け無許可で1.6ヘクタールもの森林を伐採した今回のこの事件は、伊東市の開発事業に関する管理能力及び静岡県の森林開発行為に対する管理責任を問われる問題であり、県内の林地開発(森林法)を統べる静岡県の対応に注目が集まっていました。
一部新聞報道では現地調査にあたった事業者に対するコメントとして東部農林職員の「事業者に悪意は無かった」という発言が波紋を呼び、市民団体からは「違法行為を犯した事業者を擁護する行為にあたるのではないか」として抗議の声が上がり、更には伊東市側の「指導に従えばこのまま事業は続行させる」と取れる姿勢に非難と疑問が集まっていました。


そのような状況下での県への申し入れには川勝知事、並びに静岡県がどのように対応するのかに注目が集まりましたが、
川勝知事は「断じて許せない行為であり、県として厳格な対応をする事は勿論、即座に上級官庁へ通報する」と回答し、違法な無届け伐採について断固たる姿勢で対処するとの考えを示しました。

また、2万筆あまりの署名を集めて反対運動が起きている伊豆メガソーラーパーク合同会社のメガソーラー発電所計画については、伊豆新聞によると、この席上で「この計画についても指導に対する対応などが不十分として、12月の森林審議会で審議しない考えを明らかにした」と報道されました。

伊東・八幡野尾入山の無届け伐採、厳格対処を 知事に申し入れ
- 伊豆新聞 http://izu-np.co.jp/ito/news/20171122iz0000000009000c.html



============================

今回の違法伐採の件については市民からの発見・通報によって事実が明らかになりました。
その違法伐採について、県の出先機関である東部農林と伊東市が現地合同調査に入りましたが、
調査終了後の囲み取材の場で「事業者側に悪意が無かった」「指導に従えば事業は続行させる」とする行政側のインタビューが問題視され、「対応が不充分である」とした市民側の声に呼応する形での中田県議の県への申し入れとなりました。

このような違法な無届け伐採について断固たる処分が取れなければ、今後も同様な事業者を発生させる悪しき前例となります。
既に伐採されてしまった事業予定地は排水や造成に対して適正な基準を満たしているかも不明であり、
大雨の際に大量に八幡野川を通じて流出する土砂の原因の一部にこの事業地が深く関係していると予測されることから、今後も各市民団体、海を守る会や伊東漁協など海で生活をする事業者団体、土砂災害の懸念のある八幡野地区では注意深くこの問題の行方を見守り、根気よく働きかけをしていく予定です。

当会から経産省の情報提供フォームを通じてこの事案は情報提供済みであり、この件に関しても、既に中田県議・四宮市議の両名が経産省を訪れて担当者と面談しています。

LAホールディングスの事業予定地は、無届けで市や県の申請が何もなされていない状態にもかかわらず、改正FIT法に基づいた 再生エネルギーの固定買取り価格の事業認定が下りたことが発表になっており、経産省の認可制度の不充分さも明るみに出た形となりました。
その点について、県や市町村の許認可と国の認定の連動などの改善要請を含め、具体的な問題点についての話し合いが行われたとの事ですが、この経産省の認可制度の問題については伊東市だけでなく、各反対団体から市町村、県へと働きかけ、具体的な改善要請とともに問題点の報告などが経産省に対して積極的に行われることが今後重要であると考えています。





【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所

伊東市八幡野尾入山で市民の調査により発覚した違法伐採の太陽光発電所予定地です。
美しい自然の様子を撮影しようとボランティアで申し出た空撮撮影隊が撮影中に偶然発見、
その地番が、10月に経産省から発表された新認定のリストにあるLAホールディングスの太陽光発電事業予定地の地番と一致。違法伐採が判明しました。

県への森林法の届け出、市への伐採届け、並びに該当する開発行為の届け出は確認されず、無届けの違法伐採であることがわかりました。大変悪質な違法行為として、既に当会を通じて経産省新エネルギー課へは情報提供済みです。

img17111901


既に木はすべて伐採されて運び出されており、市民側の調査で詳細を更に確認したところ、抜根もされて造成はほぼ完了の状態。敷地内には太陽光パネルを敷設するための建築資材がパレットで運び込まれて、パネルが並べられる寸前の状況でした。

このような違法行為を増長させる原因の一端は、経産省の改正FIT法による固定買取制度の新認定が市や県の許認可に連動していないことがあります。
LAホールディングスは無届けの状態であるにも関わらず経産省の新認定が先に下りており、経産省の審査のチェック基準に問題があることが浮き彫りになりました。「問題があれば先に認定した案件でも取り消しを含む処分を行う」としているものの、売電の認可さえ確定してしまえば市や県の許認可など後から押し切れる、と違法着工する悪質な業者の行為を助長する可能性があります。
今後、許認可のシステムが早急に是正されるよう、反対運動を続ける団体からも働きかけていく必要性を強く感じます。

県と市の調査、市民側の調査も継続中です。追って情報はお知らせしていきます。



【伊東市八幡野尾入山 LAホールディングス 太陽光事業予定地】
※森林法及び宅地造成法無届け・違反 現在も調査継続中

■事業予定地:伊東市八幡野字尾入山1400-1 他106筆
      (伊東市八幡野55-257他)

■事業者:LAホールディングス株式会社 代表取締役 鈴木康雄
■会社所在地:東京都千代田区神田松永町1番地

■土地所有者:株式会社SUNホールディングス 
       取締役 高 永 俊(コウ ヨンジュン)
       http://sunholdings.co.jp/
■会社所在地:東京都中央区京橋2-12-9 55-1京橋302
         TEL:03-6263-0660 

平成29年5月19日 土地の所有権を移転。
発電出力:1980kw


img171120

img17112002





大雨の時に湾内へ土砂が大量に流出した時の画像。
LAホールディングスが違法に伐採をはじめたとされる夏頃と、土砂の流出が目立つようになった頃が時期的に一致していることからその因果関係が取り沙汰されている。
22050366_1023355684472795_7195657420297266470_n




livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続
  • 【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続
  • 【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続
  • 【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続
  • 【LAホールディングス違法伐採】伊東市は是正計画書提出を求め開発行為を継続
  • 【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所
  • 【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所
  • 【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所
  • 【違法伐採】伊東市八幡野LAホールディングス太陽光発電所
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード