伊豆高原の自然と森を守るブログ

私たちは伊豆高原の山林を大規模に伐採して計画されるメガソーラー計画に反対しています。
伊豆高原メガソーラー建設反対運動の記録を綴るブログです。

【行政裁判】宅造法変更許可取消請求 宅造法無効確認訴訟

10月1日

予報では台風直撃。
裁判所にたどり着けるのだろうか(新幹線が止まらないか)と冷や冷やしつつ
予想よりも天候が酷くなかったのが救いでした。

IMG_21100101


いつも同じようなカットですが今日は空が暗い静岡地方裁判所です。

今日は、原告適格について中間判決が出る、と聞いていたので前日入りしようかと迷いました。
中間判決の結果は重要ですので、マスコミへも通知していたのですが

開廷するとすぐに

「12月24日金曜日に中間判決言い渡し」とのこと。


(・д・)ぇ?


(;゚д゚)エエーッ!!!


あれ。判決言い渡しは今日では無いのですか・・・(;゚∀゚)?



・・・・・・。 (¯¯٥
)




中間判決は出ませんでしたが、裁判所のすぐお隣にある弁護士会館へ移動して
弁護団の先生方からの説明を聞きます。


IMG_21100102



今回、中間判決が出される「原告適格」とは
主に行政裁判で焦点になりますが、「一定の権利関係について、原告として訴訟を適法に行い、判決を受けることのできる資格」のことをいいます。

要するに、訴える権利があるかどうかについて判断する、ということです。

行政裁判では百人単位の原告が集団訴訟する例などもありますが
最終的には、原告1人1人について、この「原告適格」があるかどうかが問われ
資格がない、と判断された原告は裁判から外されてしまいます。

原告が一人も残らなければ、当然敗訴になります。

行政裁判では原告適格で原告が全員切られてしまって
「裁判終了」と門前払いされることもあるため
この部分が、まず第一のハードル、とも言われます。

伊豆高原メガソーラーパーク発電所の宅造許可取消請求訴訟では、建設計画によって起こりうる土砂災害や川の氾濫で生命や財産の危険に晒される恐れのある地元住民が原告となっています。
直接の被害の恐れが無い遠方の住民などは原告団に入っていませんので
結果が注目されます。

中間判決言い渡しは12月24日の予定です。




【住民×伊豆メガソーラーパーク】工事差し止め民事裁判 実質工事が出来なくなったことを受けて訴訟を終結

9月1日 静岡地方裁判所沼津支部

民_沼津 R3.9.1 002


・・伊豆メガソーラーパーク合同会社を相手に裁判を続けた「建設工事の差し止め裁判」終了の日。

最終日は草が刈られて綺麗な玄関先です。

仮処分申し立てから始まり、本訴訟、この同じような画像を何枚撮ってupしたことか。
今日で沼津裁判所へ通うことも無くなるかと思うと感慨無量。

何故最終日かといいますと

請求を破棄して裁判を終了と致しました。

理由は至ってシンプルです。

伊東市が7月6日に八幡野川への河川占用申請を再び不許可にしたことで、これ以上、メガソーラー事業を進める為の工事は出来なくなったと判断したためです。

大事なことなのでもう一度いいますが

八幡野川への河川占用の不許可によって、川を渡る進入路の橋を架けることも、仮設沈砂池からの排水路を八幡野川へ接続して排水することも出来なくなりました。

ので

「訴えの利益無し」つまり、私たちがメガソーラーの工事中止を裁判で求める必要もなくなったと判断しました。

必要が無くなった裁判を続ける必要はありませんので事前に裁判の取り下げを申し立てたところ
先方からは「却下」という返事で、取り下げに応じませんでした。

ということでしたので、こちらから請求を破棄することにしました。

河川占用取消請求訴訟でも、伊東市は控訴棄却となりましたが実質勝訴と言える内容を取りました。
控訴棄却ということで、最高裁に上告するかしないかを決める権利は伊東市にあり、事業者側は表面上は勝訴という形である以上、異議を申し立てる権利が無いまま判決が確定しました。

今回も、裁判を続ける理由がなくなった=住民側の請求が実際には実現している ということで住民側から請求の破棄しました。いわゆる工事継続が出来なくなったことを法廷の場を通じて正式に公表した形となります。どちらも裁判戦略のひとつの方法だと思います。

・・ところで事業者側の関係者は、これで住民側が法の場で工事を止めろと訴えることが出来なくなった、と言っているようですが特段そういう決まりはありません。
万が一、また工事を差し止める必要性が出てきたならば、また新たに住民側の原告を募って改めて工事差止請求を提訴することが出来ます。

2021.0902 工事差し止め破棄 静岡新聞
2021.9月2日 静岡新聞



報道によれば、事業者側は2度目の河川の不許可処分についても伊東市と争う姿勢を見せていますが、訴訟の場においては高裁の判決を覆すような「新たな事実」が無い限りは訴えを起こしても現状は厳しいのではないでしょうか。

住民が反対する事業である、という事実の切り崩しの為に、2度目の河川占用許可の審査に事業者側は八幡野区の岡町の町内会との協定書の確認書と赤沢区との協定書を「補正届」として提出したようですが、岡町の協定書については町会長が住民の同意を得ずに独断で交わした無効のものであるという報告が既に伊東市に上がっていますし、赤沢区の協定書についても裁判所に事業者側が提出した証拠の通りの内容であれば同じく現状で効力がありません。事業者側が主張する予定であった「新たな事実」の大きなウェイトを占める部分は、既に住民側で事実ではないことが証明されています。

2度目の河川の不許可については、伊東市側も高裁判決を踏まえて「慎重に」理由を付記して決定したようですので今後の動向を注意深く見ていきたいと思います。

伊東市の再度の河川占用不許可処分で事業の継続と工事の続行は実質不可能となりましたが、事業の完全白紙撤回までまだまだやらなければならないことは沢山あります。
引き続き戦っていきますのでご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。




宅造変更許可取消請求訴訟、宅造許可無効確認訴訟【行政裁判】


025AD1E5-32A6-4426-A22C-FCFC98F01732

猛暑の中、静岡地方裁判所にて伊東市が伊豆メガソーラーパーク合同会社に対して許可を下した宅造変更許可の取消請求訴訟、宅造許可の無効確認訴訟の公判が行われました。

新型コロナ感染症の影響もあってなかなか裁判が前進しませんが、今回は一旦、原告適格についての主張を双方出し切って、次回は中間判決という進行になりました。

原告適格とは、取消訴訟を提起した原告が「その判決を求めるにあたって法律上の利益を有する者」であるかどうか?ということ、原告としての資格があるか、という判断のことです。

「法律上の利益を有する者」とは、判例によれば「処分により自己の権利もしくは法律上保護された利益を侵害されるおそれのある者」とされています。


今回の訴訟の場合、原告となっている住民が「伊東市の伊豆高原メガソーラーパーク発電所への宅造法許可によって命の危険に晒されたり、家や財産などが失われるおそれがある人かどうか」
=裁判の原告としての資格があるかどうか、という判断が次回、裁判の途中で一旦「中間判決」として出されます。


市民側原告からは第6準備書面が提出されました。
今回は熱海 伊豆山の土石流災害にも触れ、原告の住民が伊豆山地区に同じく土石流危険渓流に近接した地域に居住することや、熱海伊豆山で流出したとされる盛り土の量が約5万立米と言われていますが、伊豆高原メガソーラーパークの計画では、山の尾根を削り取り、その土砂で谷筋や沢を埋め立てるその土砂の量は約126万立米という膨大な量であることも盛り込まれました。

伊東市側からは既に追加の証拠が提出されており、裁判官から原告適格の主張に対して、双方これ以上の書類が出ないことを確認し、次回 10月の日程が言い渡されて今回は終了です。


IMG_6687

公判後は弁護士会館へ移り、弁護団の先生方と今回の公判の総括、今後の裁判の方針や揃える必要のある証拠の有無などを確認しました。

次回の中間判決でその先の行政裁判の進行状況も見えてくるように思います。


山の上に巨大なメガソーラーが建設される計画を抱える私たちにとって、熱海伊豆山の土石流災害の映像は本当にショッキングでとても他人事とは思えないものでした。
この建設計画を必ず白紙撤回する、という決意を新たに、今後の裁判も気を引き締めて臨んでいきたいと思います。




プロフィール

evergreen_izukouge...