エネルギーと地球環境

車による狩猟社会から農耕社会に!水食糧の確保は、雇用と人口爆発を吸収!環境アスファルトが世界の劣化農耕地を若返らせます。Japanese version green New Deal.Low carbon society.Farming revival to food security.It returns to agriculture.Into the natural society of the hunting society of resources to farming

洪水・旱魃が頻発

温暖化による、異常気象が頻発しています。カリフォルニアでの旱魃と山火事。ノースダコタでは洪水。中国の穀倉地帯で洪水。中東及び黄河上流域の沙漠では強大砂嵐。日本では3月初旬夏日を観測後、冬将軍が居座っています。農業には、洪水・砂嵐・寒暖・病虫害に強い土地改良が必要になっています。土地及び地盤改質の有力な方法として環境アスファルトの応用が期待されます。簡便・低廉改良を可能にします。 エバーグリーン研究所資料より

熊の共食い

2e170ac5.jpg人間の世界でも他人事ではありません。既に中央アフリカ・南アジア・北朝鮮では貧困と水食糧不足が現実化しています。深刻な飢餓人口は5000万人を超えています。紛争・テロ・暴徒化しています。解決方法として、?人間の大きさを半分にすれば水食糧は1/8で済みます。100億の人口を吸収できます。?水食糧増産です。農地を若返らせ、砂漠化を防止し、農地を若返らせる事です。劣化農地の回復には全天候農地が必要になります。伝統農法に適した土地に改良する必要があります。 エバーグリーン研究所資料より

砂塵防止に表土安定 

草原の劣化により、緑が失われています。中国でも黄砂・砂嵐が巨大化ています。砂嵐は動植物への定植・健康に甚大な影響を与えます。砂嵐・砂塵を防止出来れば、緑の定植が安定化します。更に太陽光発電設備の維持管理を低減できます。砂塵防止には表土を安定化する土地改良が必要です。広大な土地改良には、又辺境地での土地改良には、低廉・簡便・持続型な改良材が求められます。更に豊穣な土地にする為、低負荷耕作地への研究が必要です。全天候農地の研究開発が急がれます。

薄汚れた白熊

薄汚れた白熊。8億の先進国による資源の大量消費が異常気象を、特に北極・南極の温暖化が顕著です。種の絶滅が心配です。一方、アラスカ・シベリア・グリーンランドでの農耕が可能になります。寒冷地での農耕を可能にするのは、凍結しない全天候農地の開発が必要です。

石炭の地中液状化

中国は一次エネルギーを石炭に依存しています。石炭は地下、地中深い炭鉱にあります。深度が増すごとに危険性が増加します。
原油のEOR(三次回収)技術が発達しています。重質油を効率的に液状化して回収する技術です。石炭及び原油も同じバイオ化石エネルギーです。地中の石炭を効率的に液状化できれば、炭鉱事故も防ぐ事が出来ます。重質原油・石炭の液状化技術を開発してください。それも簡便・小規模・低廉・非汚染で解決してください。

車社会から農耕社会


[転載記事]環境負荷の高い自動車産業に将来は無い。ビッグ3を問わず日本の自動車メーカーも環境重視の事業に転換する必要がある。
例えば農耕社会への帰農、それには簡便で低作業な農耕地または、負荷のかからない農耕地が必要だ。
全天候農地をエバーグリーンは提案できる。

農耕機械に転進

アメリカのビッグスリーが瀕死の状況下で、関連のSAABが破綻した。日本の自動車業界も生き残るのは2社で充分。他は、自動車産業から、農耕機械・省エネ自転車・一次産業に方針をチェンジする必要があります。


エバーグリーン研究所 http://www.egreen.co.jp/
アスファルトによる地球再生を目指しています。低廉・簡便な世界共通のインフラ材料を研究しています。
世界共通の環境素材が求められます。
1. 10億の先進国においては、ストック材を廃棄せずに100年素材として再利用します。
2. 20億の最貧国においては、技術不要の汎用素材によって灌漑・住宅のインフラ整備を早期に行い、紛争のない自立社会を作ります。
3. 30億の新興国では製造負荷の小さな実利素材による生活向上を行います。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ