毎日が日曜 晴耕雨読な日々

菜園をちょっと科学的な目線で考える

ポメラニアン”あさひ”の日々も綴ってます

今日は2月のあさひの日

今日はあさひの月命日、もうあさひが亡くなって10ケ月も経ちました。もうすぐ1年かきょねの今頃はもういつ逝ってもおかしくない状態になりつつあった時期でした。

asa8-14

あさひは我が家に来たときはお散歩もろくにできない状態でしたが、半年も経つと長い階段を駆け上がれるまでになりました。

asa8-15

さすがに30mもある階段は途中で一休みでしたが、いや、飼い主も無理ですし、でも階段上りは好きで少し休憩すると、さあ次ぎ行こうぜと飼い主の顔見ています。この時までの狭いところでの暮らしから一気に解放されて喜びをかみしめているように感じました。

asa8-19

激しい運動した後は木陰で給水して休憩、でも不思議なもんで我が家で飼ったワンコであさひだけが全く車酔いしませんでした。ほかのワンコは30分乗ったらダメでしたけど。確かこの写真は車で山道を走り回って到着した場所、あさひ全く車酔いせずでした。

asa8-5

あさひは暑がりなので、夏になると朝からマイクラー付けて窓際にへばりついて寝ていました。あさひが来たのが2016年、今から考えるとこの頃は夏でも朝は25℃を優に下回り20℃近くまで下がることもあったのに、昨年の夏は朝からエアコン入れないと駄目な日も多数ありました。この1,2年の暑さは今まで経験したことのない暑さ、温暖化恐るべし。

asa8-18

昼前になると30℃近くまで上がるのでアルミ製の冷感シートの上に移動します。でも、ここも暑くなると、エアコンの入っている部屋に移動しようとします。

asa8-2

おい!戸を開けろと催促します。考えてみたらあさひ1年目でもう飼い主の行動パターンを把握し、どこが涼しいのか、暖かいのかを理解していましたね、賢いワンコではありました。ずるがしこいとも言いますが。

asa8-3

しかし、まだエアコンは入っていませんでした。あさひの不服そうな顔、早よエアコン入れろという声が聞こえてきそうでしょ、

asa8-11

エアコンはいるまで入り口で待っているあさひです。今から8年前なんですが、ホンマにこの頃は午前中エアコンなしでもそれほど暑くて我慢できないということはありませんでした。あさひもマイクラーで機嫌よく寝ていました。しかし、昨夏なんか1日中エアコン入れる日が何日あったことか、今年の夏どうなんねんやろと今から心配です。

asa8-8

あさひとの早朝散歩は涼しくて気持ちよかったのですが…

タマネギ、春を迎えて徐々に大きく

タマネギも3月に入り葉はかなり伸びてきました。ただ、急に寒さが戻ってきて体がついていかない、年齢が年齢なのでしゃあないところもありますが、寒いと体動かす気にれない!

photo2-112

さて、これは極早生の絹てまり、葉はぐんぐんと伸びてきていますが、まだ、球の肥大は始まっていないようです。4月下旬には収穫できるはずなのであと2か月足らず期待しましょう。

photo2-113

こちらは早生のチャージ2、絹てまりに比べるとちょっと葉の高さは低いかなと思いますが、特に問題はないように思います。

photo2-114

これは早生のソニック、これは大きく育っています。極早生の絹てまりより草丈は高いです。まあ、品種の特性的なこともあるでしょうから、この時期の草丈の品種間差はあまり気にする必要はないかなと思います。

photo2-115

これは中晩生の新きぬ和ですが、これは明らかに草丈が低い中晩生なので6月中旬ぐらいの収穫下目安になり、他の早生系より1ヶ月以上遅い収穫だからこのくらいの違いは出るんでしょうね。
しかし、よく見るとなんか違和感が、葉の形の違うものがいてるで?確認するとイネ科の雑草がタマネギと同じくらいの大きさにまで育っていました。これはいかんというので急いで抜きましたが、タマネギの根も痛めかねないので慎重に抜き取ります。


photo2-116

また、残念なことに2株がダメになっていました。葉鞘部が腐ってきています。何か病気が発生した可能性がありますので根っこから掘り出して廃棄します。

photo2-117

また、小さい雑草や枯れた葉もできるだけ取り除きました。

photo2-118

その他のところも雑草や枯れた葉の処理を行います。その後、リキダスを散布します。リキダスはタマネギの肥大に有効ではないかなと思います。昨年も春先に散布しましたが球の肥大に効果があったような気がします。

ところで最近の画像編集ソフトはAI機能が追加されてホンマに優秀ですね、上の写真は撮影時の設定ミスでピンボケ写真になってしまたのですが、

photo2-118-1

画像編集ソフトのAI機能を使って手振れ、ピンボケ修正掛けたら一発できれいになりました。恐るべしAI機能です。

ソラマメ栽培・春の準備

ソラマメですが、12月中旬に防寒対策として不織布トンネルを掛けました。もう3月で暖かくなってきたのでトンネルを外し、春の準備をすることにしました。

photo12-42

トンネルと掛けたときは本葉4,5枚くらいでしたが、その後ほったらかしだったのでどうなっていることやら、不織布越しに緑の葉は確認できるので枯れてないのは間違いないです。

photo2-105

恐る恐る不織布をとって覗いてみると、めっちゃ大きくなってるやん!ただ、ちょっと葉がヘロイ感じがするが、まあ、無事に育っているということで不織布はここで外します。

photo2-106

植え付けたソラマメは全株無事に育っています。

photo2-107

しかし、ちょっとヘロイ感はぬぐいされません。肥料不足、まあ、12月に追肥してから肥料は一切入れてませんが、通常真冬は必要ありませんからね、ちょっと暑すぎたか?寒い日もあったが相対的に暖かかったからトンネルは蒸せたかもしれない。

photo2-108

それでも、よく育った株はトンネルの支柱のてっぺんにまで到達しており、2月29日時点としては大きくなっているのは間違いないです。

photo2-109

支柱を立てて倒伏防止にフラワーネットを張ります。

photo2-110

まだネットに届くかどうかというくらいの草丈ですが、ネットの間に茎を入れて倒れないようにします。成長に合わせてネットは上げていきます。
また、茎の本数ですが今のところ5本から6本なので芽欠きはしません。だいたい6本から7本ぐらいにはします。

photo2-111

最後に念のため霜よけのつもりで不織布で屋根をかけておきます。これだでも霜が付きにくくなります。
ギャラリー
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
  • 今日は2月のあさひの日
記事検索
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

Temakiti

  • ライブドアブログ