August 05, 2009

祝・伊豆

伊豆

うきわかきごおり











波が軽く2mくらいあって、
遊んでるんだか波と戦ってるんだか
という感じではありましたが、
この晴天、やっぱり海はきもちかったな〜

同期と伊豆に遊びに行きました。
あっちのほうの海って、
前向けば海、
後ろ向けば山
っていうあの風景がいいよね。

そして同期のこのななめっぷり

ななめ

everyscenereminiscene at 01:42|PermalinkComments(2)

June 22, 2009

祝・三度目の軽井沢

少し前ですが、同期と軽井沢へ行ってきました。

新緑が本当にキレイだった〜

白糸の滝






白糸の滝。
同期の車はナビがないので、
携帯のNAVITIMEを頼りに行くのですが
「白糸の滝」って検索したら、いろんな都道府県で出てきた。
白糸の滝っていうのは、どうやらたくさんあるらしい

冷やしトマト






ラムネと冷やしトマト。
夏だ〜!!

そば






軽井沢といえば、蕎麦。(なのかな?)
旅行に行くと、いつも食いまくってる。

車で'90のJ-POPをかけて
BBQして、きもだめして
南軽井沢の湖でサイクリングして...

若い〜笑


気づけば、3年連続で軽井沢に行ってしまいました。
でも、気軽に行けていいとこですよね。

来月は、大阪と静岡に行く予定です★

everyscenereminiscene at 00:18|PermalinkComments(0)

May 12, 2009

祝・オモテナシ

20時でエアコンが切れんのよ。
あちーあちー言いながら出てきたら

ハラリと雨が降っておりました。
ちょっと汗かいた肌には気持ちい帰り道
いよいよ夏だ〜!

GWの次の土日で、熱海に行ってきました。
就職活動で大分お世話になったコミュニティで
熱海の旅館で露天風呂と本格中華料理を堪能できるとのこと。

まーた食べまくってしまた・・・


ウコギてんぷら
ウコギって知ってますか
山形の草らしいのですが、料理研究家の方がオリジナルで調理。
写真は天婦羅ですが、ウコギ豆腐や桜の葉に包んだご飯なども。

オリジナルってのがすごい・・・
楽しそうな仕事だ!

レタス

レタス包み。
手羽先や炒飯など、
10品目以上頂きました。


お互いに知っている人が少なかったので、
4〜5時間自己紹介してました・・・笑
私は自分の自己紹介の軽さに、まあそれはそれは場違いで
いろいろ考えさせられましたわぁ

眺め

めちゃ景色がよくて
やっぱ海を見ると元気が出ますのっ


everyscenereminiscene at 23:48|PermalinkComments(1)

May 10, 2009

祝・日本三景

ギュウタン






まだ肌寒い仙台の街で並ぶこと1時間、
やわらかな牛タンを、

カキバーガー






活気溢れる魚市場で完売ギリギリに滑り込み、
松島名物「かきバーガー」を、

カキ酢






朝一で寿司処の暖簾をくぐり、
するっとカキ酢を、

寿司






海の幸を、

緑


新緑あふれる日本三景松島で、
食い倒して参りました。

食べ歩いた品目、10品目以上
超旨かった〜





↑瑞巌寺・円通院というお庭が素敵なお寺がありまして、
朝8時過ぎ頃にそこを歩いたのですが
朝のお寺はとっても静かで気持ちよかったです。

早起きがいいのは分かってるんですが
GW明けて2日で、生活は元の超夜型に戻ってしまいました。

朝型になりたいー!


everyscenereminiscene at 18:48|PermalinkComments(2)

April 20, 2009

祝・春

20090418131601





春が来ました。
社会人も、2年目になりました。





もう少し穏やかに。
そして、シアワセで、ゴキゲンにいこう。


今、月島に住んでいます。
こちらに来ることがあったら、是非寄ってくださいな

everyscenereminiscene at 01:17|PermalinkComments(1)

August 30, 2008

祝・金曜日の夜

社会人になってからしばらくぶりの日記。

私は元気に、広告の営業をしております!

会社は八重洲、家は藤沢。
会社は八重洲、担当エリアは中央線の国立以遠。

毎日夏の大三角形並な移動を繰り返しています。
(冷静に考えてみると、1日4時間くらい電車の中)

私のデスクには、

あまりに労働時間が長いので、その日の退社時間を決めて
守れなかったら100円貯金していくチームの貯金箱。
(すんごい貯まってきている...)

不動産をやる以上、知っておかなければならない
エリアの知見、「多摩・武蔵野検定」というマニアックなテキスト。
(受験日は10月だそうです)

教育担当と3日に1日くらいで回している交換日記、3冊目。
(合コンの報告も必ずここでします)

それから、チーム全員がデスクに貼っている、チームの写真。
(私は手帳に挟んであります)

などなど。

毎日毎日チームの中で、愛情たっぷり育てて頂いています、本当に。

だけどその分、
もっとやれる、もっとやりたい、もっとやらなくちゃ
と、一人八王子の駅で撃沈していたりします。

むずかしいのぅー涙!!同期はみんなすごいし。。

それから、ビールが俄然飲めるようになりました。
飲めるようになった途端に、カクテル全く飲まなくなりました。
とお客さんに言ってみたら、「そんなおじさんみたいなこと」
とダメ出しをされた。ショック。
そうですよね、新人女子たるもの、新人女子らしく居らねば。

すごくいいチームですごくいい先輩とお客さんに恵まれて
日々もんもんと頑張っているつもりです。

また更新します。


おまけ

うちの会社の変な言葉
「その資料、TTPでお願いします」

TTP:徹底的にパクる

うちの会社の変な言葉
「やー圧倒的にZDだね」

ZD:全然だめ


なんて単純なんだ〜〜!!


everyscenereminiscene at 03:32|PermalinkComments(0)

March 16, 2008

祝・雪焼け

あ、
合計177単位取得して、卒業確定しました。
大学に約5年在籍したと同じ単位数。ビバ教職

なんか正直「確定してしまったか...」という気持ち。

さみしー よー

そんで今シーズンは3回滑ってきました。
いつまでもリフトから降りれない自分に、もはや驚きを隠せないでいます。

■外国人、オリンピックコース、イントロクイズ

最初に行ったのは、研究会のメンバーと八方尾根。

ジャンプ台
長野オリンピックがひらかれた場所であり、感動を呼んだジャンプ台は生々しくそこに存在していた。



八方尾根
映画「銀色のシーズン」の撮影舞台であり、銀色のシーズン見ていない私はよくわからなかった。



とても国際色豊かなスキー場で、私が平らなところで
よいしょよいしょとボードを前にすすめていたら、
Hey You!!みたいな感じでストックで私を引っ張ってくれた!

八方尾根すんごい楽しかったけど、もっと上達してからまた来てみたいな〜

旅行にあんまり忘れ物しないタイプだが
「日焼け」という概念そのものを持っていき忘れた。
鼻が黒くなりました。
それと夜のイントロクイズの罰ゲームがまじでエグくて死にそうでした。


■フラッシュバック、幼稚、ウィンクキラー

次に行ったのは、就活インターン仲間で斑尾高原。
斑尾は、インターンで皆が初めて出会った場所。
場所や空気や雰囲気が思い出させることって多々あって、
みんなに初めて会ったときの緊張感や、
インターン終わった後の達成感など、いろいろが体を駆け抜けた。

青空

空がこんなに青いのなら〜♪
泣けるこの青さ〜〜涙





「雪合戦とかしたいね」とは言うものの、
リアルに雪合戦した。人を埋めてその上に乗ったり、
急斜面をうつぶせで滑ったり、
実はまだまだ、こういうほうが楽しいお年頃かも?

きくさん

これ、頂上で撮った友達なんだけど、上のほうに「格安!ボード&スキー 2月〜3月」とかって文字いれたら、よく生協でみるチラシみたいじゃない?






夜は「ウィンクキラー」や「大富豪」で頭使ったあと、
「うすのろまぬけ」で体使って、
親知らずが痛くなるほど笑い転げました。や〜楽しかった〜


■羽振り、時間感覚、湯けむり

最後は、所属しているインフィニティで越後湯沢へ。
私ともう一人以外は社会人の方でした。

ひとつめは、社会人って羽振りいい・・・

確かに昼食が200円だった高校時代に比べれば、
800円でお昼食べている今の自分は羽振りがよくなっているのだろう。
それと同じくらいの倍率で、社会人の羽振りのよさにびびった。

まず、新幹線で現地へ行く。
ツアーにリフト券やレンタルがついていない。
飲み屋では「メニュー裏表全部ください」とのオーダー。
3時間滑るためだけに、プーケットから新潟に来る方がいる。

本当にすごい。私もこんなに使える社会人になれるかな。

ふたつめは、社会人になってもすんごい騒ぐ・・・

冬の新潟を、裸で爆走していらっしゃいました。
コールをかけまくって飲んでいらっしゃいました。
ペンと紙を持ったら、書く絵がほとんど下でいらっしゃいました。

びびりました。


集合写真2
集合写真〜〜♪





越後湯沢の露天風呂は、これはね、もう、ほんとーに最高だった!

とっても冷たい空気を吸いながら、
お湯の上を走る湯けむりをあびながら、
紫だったり白だったりする山を見ながら、
疲れた体を温める。

たまりませんっ

とにかく羽振りのよさにびびり、私もがんばって働こうと思った
越後湯沢でした。


アイス



ホテルで買ったアイスの気泡が、
たまたまスマイリーだったよ!

everyscenereminiscene at 02:33|PermalinkComments(3)

March 15, 2008

祝・愛媛のたび

愛媛に行ってきました。研究費で(らっきぃ)。
地元の人が言っていたので誤解を恐れずに言うと、
愛媛はすごくいい。何がいって、

とにかく、

何も、

ない。

瀬戸内海

特急しおかぜに乗って、
夢の瀬戸内海を超え、



ポンジュース

さすが愛媛!
コンビにでもみかんを猛烈にアピールされ、


道後温泉


千と千尋の神隠しのモデルになった
道後温泉に到着!!




本当に時間がゆっくり過ぎていた。

3LDKが月7万で借りられる愛媛。
駐車場が1時間で50円の愛媛。
海鮮丼がはちゃめちゃ旨い愛媛。
「インターネット」という単語を知らなかった旅館のおば様がいる愛媛。

学会自体はテーマ的にかなり場違いで意味不明な感じでしたが
とてものんびりできた愛媛でした。

最後に、謎めく松山城へ。

梅

「一人乗りリフト」に乗って、
梅が咲き誇る松山城へ。



人形1

あれ?ひな祭りが過ぎたけど、
人形がいたるところにてんてんと・・・



木になる人形

木にも人形がなっています・・・
このセンスは一体・・・・?




謎な松山城でした…
愛媛、最高!

4人


いぇーい

everyscenereminiscene at 02:57|PermalinkComments(3)

February 20, 2008

祝・物体に宿る情報

あおむけ横向きうつぶせ





仰向け用枕    横向き用枕    うつぶせ用枕


どうみても同じ枕だった。
でも、「うつぶせ用枕」と書かれていたら、そりゃうつぶせで寝たくなる。


遅ればせながら、IKEAに行ってまいりました!
今は期間限定で田園調布からシャトルバスが出ているらしく、楽チンです。

驚いたのは、IKEAの中のパスタが平日295円であるということ・・・
ドリンク飲み放題が、100円であるということ・・・
学食よりサイゼリアより安い。すごい〜!

ほとんどの人がフラットパック化された大きな大きな荷物でお会計をするのだが、私はたった199円のキッズ用ハンガーのみを持っていたので、レジのおばちゃんが見えなかったらしい。3秒くらい沈黙が続き、「すいませんこれだけなんですけど」と私が言って初めて存在を認識してもらえ、会計ができた。

次はご他聞にもれず家具を買うぞ〜!と心に決めた瞬間でした。


イケア
イケア素敵だなあ。イケアファミリー(会員)になってしまいました。これ、すごいお得。絶対なったほうがいいよ!!



暇があれば生活雑貨屋さんをめぐっているのだけど、
本っ当に暇な時は、棚を片っ端から巡って全て手にとって触るということを一人で実行している ←至福の時間

そのモノ自体が持っている力や情報というのは、すごい。

バイト先で20代の女の人が、他人の恋愛話をしながら店内に入ってきて、やけに大きな声で喋る。途中、その話をあたかもすっかり忘れたように言うのは
「こんなフライパンだったら料理するかもだよね」
「これ置くなら、部屋キレイにしないとねえ」

そこに在るだけのモノが、彼女たちの思考や記憶を彩って、行動にうつさせる。そこのフライパンよ、私もそんなオーラを持ちたいぞ。

雑貨って面白い、と真面目に最近思っていることを書きましたー。

最近はなんだかいろいろとめんどくさがりやになってきて、やばい。
太ったと思って体重計にのって、体重が表示される瞬間、ひとりで
「どーん」と効果音をつけてしまった。



everyscenereminiscene at 03:01|PermalinkComments(2)

February 03, 2008

祝・Award

4年間の学校が、終わりました〜!
本日、研究会最終発表。

******Best  Paper  Award もらいました******

わーい!

多分、
佐々木はメールの返信が遅い人だと貼られたレッテルも、
佐々木はあまりバイトに入れず迷惑をかけるという印象も、
一生消えなくて、すごい大きなものを失ったかも。

1日に予定が二つ以上入っていないと落ち着かない私が、
まる1日を空けて学校に行き、お風呂に入っている間も読んで考えて、
手がけた卒業制作論文、約90ページ。

私たちは4年生なのに、「ダメ4(だめよん)」とあだ名がついていた。
研究室から一番遠いオミクロンの教室にいつも居る、「オミクラー」
と呼ばれる影の薄い存在だったりした。
先生に、「肝心な時に綾香は〜」と何度も言われた気がする。


ポストイット貼っている






頭を使うことはとことん向いてないなあ...と思う節が多かった。もしAwardが私の実力だと言い切ったら、多分私は暗殺される。先生の中で熱いテーマだったとか、メンバーに恵まれたとか、実はいろんなことが相当追い風になっている。


だけど、Awardは久しぶりに味わう達成感であり、感動的だった

屋上




卒業じゃーい!

***


こんなだめ4を先生が最後まで信頼して叱ってくれたくれたこと。

「綾香卒論英語で書くか!?」(←結局書けなかった)とか、
「綾香たち今度本書くぞ!」(←今から執筆するらしい)とか、
「遅刻したらもう論文はみない」(←遅刻が多すぎて)とか、

これらの言葉が、結局は私を学校に向わせる要因だったのだろう。
いつの間にか、
携帯のピクチャフォルダは、研究会メンバーでいっぱいに。
オミクロンは私の生活グッズが置かれていた。
後輩からさっきメールがきて、ここ数ヶ月初の保護メールに。

すーごく大切なことを教えてもらった気がする。
→もしよかったらどうぞ、井庭研究会



あー、4年間の中で多分一番学校に通ったわー!!
まだまだ卒論OKでないので涙、2月も学校へ行けるらしい♪涙
がんばろ〜


everyscenereminiscene at 01:46|PermalinkComments(4)

January 27, 2008

祝・セレブなブタ

先週の週末は、地元・湘南でBBQを堪能いたしました。

みなさん、みやじ豚をご存知でしょうか。
慶應SFCの近くで養豚を営むその名もみやじさんという方が、
ものっっっすご美味しいBBQを開いてくださっています。

どれくらい美味しいかというと
食べたその日は丸1日中、
ジューシーさを体が覚えていて、
思い出すとほんとによだれが出てきちゃうような、
本当に1日満足が続く味なんです。

びっくりするぐらい、ジューシー。ほんとに美味しい。
どでーん!と網にのった豚肉を、焼いてかぶりついてペロリと食べるのです。


あーまた食べたいなー

ジューシーみかん











実はこのみやじさん、私が中学生の時に通っていた塾の先生。
BBQには、中学生の塾の友達4人で伺い、ごちそうになりました。
その後、みやじ宅へお邪魔しました。

みて、この豚ちゃんへの愛!!さすがです。

ぶた3匹


みやじせんせいのとこの豚は、ストレスを与えないよう家族で一緒に住む。
植物を二つ用意して、「てめぇコラ」と話しかけるのと
「よちよち」と話しかけるのと、成長が全然違うらしい。
かける声の質よって、水の結晶が変化するんだって。
(衝撃的事実。子どもは褒めて育てよう。)
だから神経質な豚ちゃんはなおさら、愛情いっぱいで育てるんだって。

その愛、かなり美味しい思い出を私にくれました。

everyscenereminiscene at 01:15|PermalinkComments(5)

January 05, 2008

祝・決勝進出!!

*********** 謹賀新年 *********

あけましておめでとうございます。

昨年は就職活動期だったこともあり、多くの方との縁に恵まれ、幸せでした。
本当にありがとうございました。
今年以降は私自身も、縁を紡ぎ出す、人をつなぐ人間になりたいと強く思います。
どうぞよろしくお願い致します。

********************************

今年は23時45分からしっかり年越しそばを食べ始め、
寒い中従兄に叩き起されて便所サンダルで初日の出を海辺まで見に行き、
昼も夜もおせち料理を堪能し、3歳の甥に「神経衰弱」を教えた年末年始でした。

そしていい話!!

慶應ラグビー部が大学選手権の決勝へすすみました!
すごい!! なんと、決勝進出は6年ぶりだそう。これに勝てば、大学日本一。

ラグビー部に縁のあるウォーターハウス姉妹、
サッカー部の友達などと一緒に観戦いたしました。
隣で観ている亜耶ちゃんは、審判よりも前にジャッジが出来るほどのファン。
次は慶應の旗を持って、塾歌も完璧に覚えて、応援しにいこう。

【1月12日14時〜vs早稲田@国立競技場】です。
興味のある方、是非一緒に応援しに行きましょ!!


国立QP











風は慶應の味方をしていると本当に思う。
キューピーも一緒に応援♪キューピーかわいい〜〜〜 もはやデレデレですよ。涙

私自身はといえば、新年早々、誰もいない学校にいます。
福沢諭吉さんの背中がやけに寂しい。

すこしみえる夕日本夕方のいい景色











研究室から少し見えた、青い空と赤い夕日。
延滞しているメディアの本たち。
抜け出して行った、大学院棟の屋上。


大学はリッチだ。ここに居られるのも、あと少し。

頑張らないと、なんだけど。


そつろんおわらなーい

everyscenereminiscene at 01:23|PermalinkComments(3)

December 17, 2007

祝・究極のロマンチスト

本日は、やまと『旅祭』に行ってきました!!

自由人の高橋歩さん、息子うみくん、
ツリーハウス建築家の小林崇さん、
フォトグラファーの須賀誠さん、
編集者の池田伸さん

のトークLIVE、それからKEISONのライブでした。

写真ライブ会場ライブ会場







自由すぎる...
どういう風に育ったら、「旅にでちゃおうぜイェーイ」とか簡単に言えるんだ?

好きなように生きて、その結果人からの共感を得る。
現実振り返ってみると、人の共感を呼ぶために何か頑張っていることも多い。
プロセスが逆っていうのは、本当に本当に幸せだし気持ちいいんだろうなあ。
高橋歩さんは、喋り方が女子高生みたいだった。若い。

そしてスペシャルゲストで・・・EXILEのUSAさんが登場!!!え〜!!!
ダンスで異民族と交流してきたらしい!!突然すぎてびっくり・・・・
(もっと踊って欲しかったなー)
こやって、自分の専門外でも絡みが自然と出来るって素敵!!

ハートブルー喜ぶ人












本とか雑誌とか、ブース出展もたくさんありました。

面白かった〜もはやとにかく何でもありで、
夏に行ったビーチロックビレッジは、限定10名様1泊2食付宿泊69円フェア!!
H.I.Sは、じゃんけん大会で、バリのハイアット宿泊券。
みんなからのアンコールに突如答えちゃって、もう1回バリのハイアット。
会場でスタッフとしてCoronaを売っていたスタッフが謎にじゃんけん勝ち残り、
相当喜んでいた(写真一番右。)

H.I.Sどんだけ出資してるんだ〜汗!

最後は、来場者全員で「世界一周航空券争奪○×クイズ」でした!
山田さんととってもウキウキ期待していたものの、

なんと1回戦目で脱落・・・・・・・・・・・うちら一体・・・・・?

「インドの人口より、インドにいる牛の数のほうがおおい」
冷静に考えたら、絶対×だったよな〜〜〜・・・・・
「○じゃなきゃ問題にしないっしょ!」と深読みしすぎ、
「牛のが多くないと人間生きていけないじゃん!」と、神聖で食べる用ではない牛を食用と信じきり...
そっこー脱落・・・・悲しいかな・・・
最後は、自称ニートのお兄さんが航空券をゲットしていましたが、コメントが
「行けなかった場合は?」「お金がないです」とか超悲観的でした。

2月18日に高橋歩さんが新しく本を出すらしいので買おう。
小林さんの原宿ツリーハウスカフェに行こう。
KEISONのCDを借りに行こう。

たくさんの素敵な出会いがあった、旅祭でした。



あーあたしもどっか行きたいよ!

everyscenereminiscene at 02:28|PermalinkComments(3)

December 02, 2007

祝・片道3時間の秋

るるぶ.comから「紅葉見ごろメール」をいただいて約1週間。
高尾山へ秋を食べに行ってまいりました。

電車に揺られること約2時間、途中の駅で
帽子にリュックサックに登山靴のおばちゃんおじちゃんが大量に乗って来た。
前日にウェブで見た「登山をするための準備」マニュアルに書かれた通りの格好をしている。

とってもウキウキで高尾山に来たが、高尾山は30年くらい早すぎたと思った。
それでも、いつ来ていつ去ったか分からない秋に今年はしっかり会えたと思う。


makuroayakakouyou2













頑張って片道3時間登りましたよ。
高尾山ってもっと車とかでも行けるのかと思ってた...
そしたら普通に滑り落ちそうなほど急な道で、その夜はバンテリン様様でした

50歳60歳のおばちゃん・おじちゃんたちは本当に元気。
中には、山道をランニングしているおじさんさえ居た。
まだまだ日本はいけると謎に確信しました。



kouyou1otibayama







山頂にてお昼。ご飯とチョコレートを食べて、もう一つ高い山へ。
眺めの良い芝生があったので、そこでしばーらくかもりました。
うーん気持ちよかった!
小学生の時に八ヶ岳で、初心者コースで登山をしたこと、
学童の合宿で熱を出して2日目の登山に一人だけ行けなかったことなど思い出した。
また春とかも登ってみたいなー。高尾山、遠くないしオススメです!!


帰りは、せせらぎと鳥の鳴き声が聞こえる道を下山。

mizu


つめたー!

everyscenereminiscene at 01:09|PermalinkComments(0)

October 06, 2007

祝・頭から離れないこと

テレビを観ていても、着替えていても、お風呂に入っていても頭から離れないことが
二つある。

なぜ、こうも親不知が私をとことん傷つけ悩ませるのかということと、
なぜ、人の原動力は生まれるのかということだ。

kandoupuro



親不知が痛くて何も出来ないので、
『プロフェッショナル仕事の流儀』2冊と、
久石さんの本を立て続けに読んだ。
まーじすごすぎる...



自分を突き動かしているものは何ですか?
「音楽は自分を苦しめる」と言いつつも、やめられない音楽家
年に一度のお休みの、釣りの最中にも手術のことを考える、脳外科医
嫌われると思いながらも、少しの味の変化も見逃さずに怒鳴るパティシエ

その実績は、ひらめきは、粘り強さは、一体どこから出てくるんだろうーかー

そこを、とにかく記述してみたい。
でも正直、記述することに意味があるのか分からないし、
曖昧なままだからこそ価値のあるものもたくさんあると思う。
でも、卒業までに、どうにか形にできたらいいな。

kurieitevi

創造的であれ、と多くの人が言っている。
じゃあどうしたら創造的になれるんでしょうか?
結局は、好奇心やバイタリティ、原動力が必要なこと。






研究会の先生の存在って本当にありがたや。
先生が薦めてくれた本が、生協に並んでいて、
しかもしかも20%オフで買えるなんて!!
まじ学生ってこの上なく楽で幸せかもしれない。

googlewikihuratto









私は、SFC生だけどウェブについては相当疎く、夏にそれ関係を読んだ。
グーグルの創始者、世の中を駆け巡るジャーナリスト、
彼らの何が真似できないって、やっぱり好奇心と原動力が真似できない。
間違いなく、好奇心と原動力が、フロンティアを広げてきたし、広げていく。
それは伝達できる?共有できる?教育できるもの?

本当に、どうしたらこんな力が出るんだろ
最近の大いなる疑問でしたー。

結構昔のものだけど、研究会の子がURLを教えてくれたので載せます。
未来予想図<ウェブ版>→ここ
面白いよ!!

everyscenereminiscene at 01:27|PermalinkComments(0)

October 05, 2007

祝・内定式

疲れた。疲れすぎると、私、親不知が生えるんです。

■内定式、東西交流、ドンペリ

同じテーブルの関西採用の男の子たちに
「ちょーうけるんだけど」と「ちょーうざいんだけど」という言葉を教え込み
早速使っていただいた。
初対面の男に、約1時間で40回くらい「うざい」と言われた初の経験だった。

「式では静粛に。決して騒がないように」と事前警告メールまできたのに、
歓談のテーブルはまるで合コンそのものの男女の配置であり、
なおかつゲームの景品が「ドンペリ」。

期待以上の裏切り!!

■ミスコン、鎮痛剤、絆

その後のオールイベントでは、なんと私、08ミスコンに出場。
メイク、ヘアメイク、衣装に至るまで本格的に仕込んでもらいました。
ミスはさゆりにサラッと持ってかれたけど、
学生生活最後にミーハーなことが出来てちょっと嬉しかったりしましたー。

ミスコン


やっぱり女の子に生まれてよかったこともあるよね。
みんなでお互いのメイク見合いながら、
「その色イイ!」とか言い合ってるのは
絶対に女の子の特権だと思った。


って、普段全然その特権使ってないけど。ちょっとまじ勉強しよう。

しかし、疲れると生えてくる私の親不知は、ドンドンズコズコ襲ってきます。
「1日3回が限度」と書かれた鎮痛剤を、この日は多分6回以上飲みました。
おかげでみんなと語り合えた、笑い合えた、泣き合えた。

ありがとうEVE。ごめんなさい胃。


同期380人。

数だけ聞いたもう一人の私は、「誰でもよかったんじゃん」って思うかも。

だけど、なんだろうあの

笑顔は?
共感力は?
元気さは?
素直さは?
粘り強さは?
話しやすさは?
一生懸命さは?
ノリの良さは?
気持ちよさは?

自分が選んだ道が、会社が、正解だったかどうかは分からない。
就職活動で初めて社会を眺めてみるような、
そんな学生が、本当に正しい道なんか選べない。

だけど、今は分からないこの道を、正解にすることが出来る
380人なんだと思いました。私も劣らずがんばらなー


とりあえず歯が痛くてもはや何も出来ないから、本よもっ

everyscenereminiscene at 01:58|PermalinkComments(0)

September 18, 2007

祝・18歳からもらう自信

絶対今日中に、猛烈な模様替えを終わらせようと決心していた。
片付けていると「私を見て」とばかりに出てくる思い出たちを
今日こそは、無視しようと思っていた。

小学生の頃にコレクションにハマった消しゴム。
やけにリアルなにんじんやらかぼちゃやらがわんさか出てくる。

はい無視。今回の模様替えにて、ポジション変更のため移動。

中学生の頃によくやった、画用紙の切り絵。
どんだけ暇なんだよという程、家族の誕生日やクリスマスのたびに絵を作っていた。

はい無視。今回の模様替えにて、レギュラーから補欠に変更のため、より奥へ移動。

高校時代に必死で作った「クラス冊子」。

はい、む....

本当にこれだけは、毎回毎回無視できないのだ。
部屋の片付けをするたびに、最初から最後まで全部読んでしまう。
おすすめは、クラスBest3。
クラスから各項目ごとに投票で3位を選ぶのだけど、

「リストラされそう」
「この人の車には乗りたくない」
「後輩と絡まなそう」
「多重人格」
「人生損してそうな人」

今となっては決して言えないような項目にまで、赤裸々に3位が選ばれている。
この項目を作ってアンケートを実施して開票したのが私なのだけど

高校生って遠慮ってものがない。

この冊子を、多分、卒業してすぐ捨てた人もいる。
受験生の夏休みに、
踊りのために塾を遅刻するなんてありえないと思う子もいるし、
細かい時間差を覚えてみんなで揃って踊ることに、価値を見出せなかった子もいる。

行事を一生懸命やりたかった側の私が、自分を正しいと信じてやまずに
アンケートの協力や打ち上げへの参加をほぼ強制的に促したり
夏休み後のキャンプへの出資や参加をほぼ強制的にお願いしていたことは
4年経った今でも、とても恥ずかしくなったりもする。

だけど、この冊子はいつまで経っても、

暑い中、重い水を一人で4階からグラウンドまで運んでみんなに渡したことや
青空の下でバックボードを描きながら、自分たちのTシャツにも絵を描いたことや
受験と体育祭の両立で悩みが絶えずに痩せて全身が赤く腫れ上がったことや
キャンプ場決定の時に男子とモメてもう本当に嫌だと思ったことや
友達と抜け出して隠れた定時制の校舎や
総合順位発表である部門で上位だった時の涙が止まらない嬉しさ

とにかく、私はまだ頑張れると思わせてくれる。

家具も変えて、今までとは格段に部屋がスッキリした。

そろそろ後期が始まって、
やらなきゃいけないことは、たくさんある。
同期の言葉「返事はハイかyesのどっちかだ!」という言葉がすごい好き。
がんばろー


everyscenereminiscene at 14:40|PermalinkComments(2)

September 07, 2007

祝・おきなわ

透き通った海に浮きながらカラフルな世界を眺めていたんだけど、
「この夏こんなことしかしてないなあ」と思った。


家族3人で沖縄旅行に行ってまいりました!
いぇーい

■めんそーれ、ご当地キューピー

着いた日は、雨。
私は「沖縄は常に晴れである」という真の命題を勝手に作っていたため
俄然ショック。

しかし気をとりなおして、雨の中まずは首里城へ!

むかしの王様って、どんだけブサイクでもメタボでも運動神経悪くても、偉い。
昔の人が、今の政治の支持率とか聞いたらびっくりするだろう
「そんなおおっぴらに反対していいんだ!」
それくらい、王様の権力の爪跡がいたるところに残っていた。

ちなみに私の高校時代のバスケ部コートネームは「しゅり」でした。
顔が沖縄っぽいかららしい。原点を訪れることができてよかった。


夜は、お父さんいわく「ここにこなきゃ沖縄の意味がない」とすすめる
ステーキ屋さんへ。ケツメイシとかがたくさん来て、サインを残していた。
ステーキ
肉、柔らかすぎる...これはやばい。
とりすぎたカロリーを消費すべく、那覇の国際通りを散歩。

キューピー







そすると・・・
ご当地キューピーめっけー! 私、ご当地キューピーが大好き(※)なのです。
北海道では、まりもとじゃがいもを買いました。
山梨の、桃とぶどうアイスも持ってます。
ここ沖縄では、サーターアンダーギーと唐辛子を買いました。

(※)キューピーなら何でも良いというわけではない。
着ぐるみ的な、頭も体も覆われているご当地キューピーが特に良いとされている。


お父さんは雨なのに「邪魔だから」という理由でずっと麦藁帽子をかぶっていた。
雨で足がぬれるのが嫌だから、くるぶしソックスにサンダルを履いていた。

おかしい。


■美ら森、美ら海、美ら夕日

2日目は、いざ北部へ!みなさん、沖縄は北のほうが素敵ですよ。
わきにヤシの木、真ん中にハイビスカスを飾った高速を走りぬけ、北へ。
古利島をぐるんと一周ドライブして、
高橋歩の手がけるBeach Rock Villageへ。

ビーチロックビレッジまさかここを走るとは、と思われるような山道を走ること15分、
どこからともなく音楽が...!
本当に、山の中に自由な空間がありました。
豚の丸焼きを悠々と焼いていたり、
今夜イベントらしく爆音でステージ準備していたり。
若い人ばっかりで、親子3人はアウェイ感を感じてそそくさと出てきてしまいましたが、
大好きな高橋歩さんが1回は踏んだであろう土を踏めて満足!!

また来てみたいなあ。

そして次は「美ら海水族館」へ。
レンタカーは、車ナンバーのひらがな部分がすべて「わ」なのですが
水族館の駐車場、右をみても左を見てもとことん「わ」だった

ちゅらうみ
これ、
「魚と手ぴったりで撮ってよ!」と、テイク3くらいで撮れた写真。
ちゅらうみ2きれー。







有名なジンベイザメがサービス旺盛、ガラスすれすれを泳いでくれて、
真顔を激写しました。本当に、普通の水族館では見れないサイズ。

その後は、沖縄屈指の透明度を誇る(まっぷる情報)という瀬底ビーチへ!!
まじ、海以外何もないぞー!

せそこ1やばい!
前にサイパンに行ったとき、
「沖縄のがきれいよ」と教えてくれた人がいたけど
結構そうかも。
母たちは長くは海にいないので、
ひとりシュノーケルを1時間も2時間していた。
魚クンがわんさか。一人で浮いて、ずっと眺めていた。


せそこ2OKINAWA。
私が砂に書いていたら、
お父さんが調子良い珊瑚を拾ってきてくれた。
ナイス・アレンジ!
この後、ハート型の珊瑚をお土産に拾いました。



昨日は見事なシティホテルに宿泊でしたが、今日は自然溢れる海沿いの宿へ。
夕日が海に沈みそうなのを見て、テラスでBBQ。
サンセット

今日は一日おつかれさまでした。
明日は最終日。寂しい!




■フル・オブ・パイナップル、岬三昧、大きすぎる飛行機

3人

おはようございます!
本日沖縄最終日。
寂しすぎる。北から那覇へ、観光しながら帰ります。


まずは名護のパイナップルパークへ。
パイナップルパイナップルってこう実がなることを、家族3人始めて知った。
沖縄の観光地は、従業員の数が多い。
パイナップルパークでも、おみやげ1品につき一人いるのでは?と思うような
人の多さで、すごい勢いで勧誘されては試食をした。




その後は、岬巡り!万座毛、真栄田の岬へ。
万座毛、やっばいキレイ。
立ち入り禁止を無視して、崖の近くまで行きました。
まんざ2これ、見えるかなー!!
私が、遠くに立っているのです!!
みんなここめがけて写真を撮るから、
他の人の写真には私がちゃっかり入っていたに違いない!
ごめんなさい。

こんなキレイな海でダイビングとかした日には
「もう死んでもいい」と思うくらい、感動するのだろう。

ぱぱ







次は、真栄田の岬。ものっすごい高さの展望台を全て階段で上がる。
写真は、思わず海に還ろうとしている父。

上から海を眺めていたら、ふわっと海ガメが浮いてきた。
奇跡的な出会い!
素敵だなあー。三宅島に続き、島って素敵すぎる。
どんだけつらくても、
あれだけ暖かい人がいて空があって緑があって、毎日夕日が海に沈むなら!!

沖縄支社を作るしかない!



最後に時間があまったので、
まっぷるに「飛行機ファンにはたまらない」と記された島へ行ってみた。
1周約5分で、海沿いの車道にはなんと柵がない、
那覇空港のすぐ隣にある瀬長島。

飛行機が着陸するのを真下から見れる島なのだ!
みんな、カメラ抱えてエビゾリでムービーを撮っているという
不思議な光景。
でも、かなりすごい。飛行機のおなかを、超近くで見れた。

絶対またこよーっと

everyscenereminiscene at 01:47|PermalinkComments(4)

August 23, 2007

祝・東京散策特別版

火山噴火は、予想していたよりも大変なことだった。
降り立つとすぐに見えたのは、真っ白い木々。
もはや腐ることすら出来ない、存在するだけのカラカラの木。

神社の鳥居と社の屋根が地面にあって、それは火山灰の仕業だった。
溶岩が容赦なく流れ込んだ小学校は、片付けられることもなく生々しくそこにあった。

だけど、
島の人たちはあたたかくて、空は青くて、海は元気で、ハイビスカスは鮮やかで
3日4泊中ずっと 幸せってこうゆうことかも と考えていた!

楽しかったー。死ぬまでに行っておいた方がいいところ。三宅島。

三宅島は、20年に1回噴火する。
ガソリンリッター200円もするくらい物価が高くて、コンビニなんて当然ない。
中学校だって高校だって一つしかないし、映画デートも夜景デートもできない。
かっこいい車を買っても潮ですぐやられるし、稼げる職業は今は島にはない。

だけどみんな島の人は、島が大好きなんだって。
自分の住んでいるところが大好きで、自分の周りの人たちが大好きで、
そのあたたかさに本当に感動してばっかりだった。

かっこよすぎるよー輝いてるよーしまんちゅ!!

ということで、
夏のインターン仲間10名程度で三宅島でサバイバル生活してまいりました!


■夕日と島の男の子

浜松町から船にのること6時間、謎に朝5時三宅島到着。
薄暗くて硫黄臭くて、とんでもないところに来てしまったと思った。
しかーし!午後からめっさ晴れてきて、いざ海へ!

三宅島の海は、入るとすぐに足がつかなくなる。
砂ではなくて砂利の海、だからこそ濃い青をしてる海。
浮き輪で波打ち際でしか遊ばないうちらを見兼ねた島の男の子が
うちらを沖のほうへ連れて行ってくれた。

彼らは本当になんともなく3メートルくらい潜って、魚みたいにキレイに泳いで、
珍しい魚を指さしては、上を見てうちらに教えてくれる。

多分、日差しの差し込んだ海を下から見るのは相当キレイ。
小さい頃に近くの市民プールで、鼻をつまみながら水中で上を向いたことがある。
あんな感じでしょうか。

島の子たちは、海に行けば必ず誰かしら知り合いが居て一緒に泳ぐ。
男の子たちは、友達の弟を自分の弟のように見守っている。

しまんちゅのあたたかさ、早くも感じました。

その後は体験ダイビング!!
自分の上に5メートルも水があると思うと、それだけで息ができません。
もはや意地でみんなのいる底まで辿り着いたけど、インストラクターが
写真をとってくれた後は気が抜けて、苦しくてあがってきた笑。
まーじ生命の危険を感じたから!!涙。

スイカ



その後は、夕日を見ながらスイカを食べました。夕日








■逮捕と陸酔いと夏の大三角形

怖い話をしたり雑魚寝したりで迎えた朝、今日もレッツゴー海!
このとき誰も、午前中何もせずに宿に舞い戻ってくるとは予想しなかった。
どこまでもR134的な道路をるんるん走っていると、

パトロールカーが後ろから走ってきました。
シートベルトで捕まりました。

警察官が免許を確認させてといいました。
免許不携帯で捕まりました。

警察官が、行っていいよと言いました。
坂道発進ができずに、後ろにいたパトカーに衝突しました。

ということで、午前中を警察と共にし、宿へ舞い戻るはめに☆
楽しいぞー!

午後は、イルカウォッチングー!!

ジェットコースターみたいな揺れの大きい船にのること約30分、
(刺激を求めてる系の私としてはこの揺れが半端なくキモチよかったわけですが
この揺れにより即死したひとたちもいました。)
三宅島よりさらに無人島チックな島に着きました。
海がやばいキレイ。そして、たまに波に見るあの黒い三角の影は・・・?
イルカだーーー!!普通にイルカがいる!

船からどぶんと海に飛び込んで顔をつけると、イルカがさーっと通ってった。
10匹くらい、集団で。

すごい。やばい。やばいの一言だ。イルカを、生で、みた!
とびうお
    
島







潮風が、きもちいい。
とびうおが目の前でちょー飛んでた。


夜は海沿いでBBQ&花火&バレーボール大会!

しまんちゅがうちらのBBQにたくさん来た。
小麦色に焼けたしまんちゅは、笑うと頬がてかるのだ。それがまた、素敵。
先生のことを「パパ」ってよんだり、会ってたいして日数たってないのに
「娘みたいなもん」って言い合える彼らを見て、まじかっこよすぎると思った。

島には働ける場所がないから、戻ってきたくても戻ってこれない人がいる。
島をもっと活気づけたいと、この人たちは本気で思っている。

満点の星空を寝そべって見上げて、3回、星が流れた。
島のお父さんによる星座講座を受講して(風と波の音が気持ちよすぎて途中寝た)
お父さん審判 -女の子にはルール激甘ver.-によるガチバレーボール大会!!
その後、お開き。

集合写真
ほし








2日目の夜は、お酒を少し飲んだらもはや死にそうなくらい眠くなって即死。
飲み
最後の夜にかんぱーい






■カルデラとモリ漕ぎと甲板

最後の日はしゃかりき早起きして、森へ。火山による湖に着きました。
この湖、星空を映し出すと超キレイらしく、口説きスポットらしい。
女の子
いぇーい





その後は、ガチでシーカヤック競争して、超急いで準備して帰りの船に乗り込みました。
タイタニックでしかみたことないような、船からカラフルなテープがどんどん投げ出されて、
島の子達が埠頭ぎりぎりまで走って見送ってくれて、
どーしてこんなに悲しいのでしょう、というくらい感動をした。
船にのってからは、甲板でお昼寝をしました。

とにかく、しまのひとたちのあたたかさに触れたたびだった。
「島の生活は本当に面白い」と、島のお母さんは言っていた。
不便でも、危険でも、それに勝る島に対する愛を、このひとたちは持っている!!


素敵だった!


everyscenereminiscene at 23:37|PermalinkComments(6)

June 12, 2007

祝・東京散策パート

まだまだ続きます
私のこの超自己満な東京散策日記 もはや4回目!

今日は恵比寿〜新宿まで歩いた。
かなり歩いたと思ってyahoo地図で調べたらたったの5繊
東京はやっぱり違う〜5キロの間に駅が5個もある

特に代々木-新宿間の近さにはド肝を抜かれた。

■恵比寿

TOWER RECORDSのカフェ、TOWERCAFEに行きました。
こんなところがあるんだ〜

タワレコ店
タワレコ料理







おいしい!!店員さんがお客さんのこと全く気にかけてないけど、
おいしいから許してしまう!

カフェの横にタワレコのお店があって、
そこになぜかプーマとコラボしたたまごっちが置いてあった。
レジに店員さんがいつまでも出てくる気配がないけど、
かっこいいから許してしまう!

そんな恵比寿でした。

■渋谷

むかし、裏原と呼ばれたあたりを散策。
「原付で走っている時に目に虫が入った」という理由で事故死するのを
防ぐべく、最近私は一生懸命サングラスを探している。
なかなか良いのがなくて買うのを断念。(条件:800円以下)

なのに勢いでバック7000円となぜか白いお皿132円を買って帰る。
丼モノに使える単なる白いお皿が、ひとつ66円で売っていたのだ。

白い食器


とことん白い皿!原宿陶画舎



■原宿

明治神宮へお参り。
明治神宮

読書しながらかなりのロースペースで歩くおじ様
とりでから出る時に一礼して出るおば様

ここだけ時間がゆっくり流れていた。
お正月にいく仙台の塩釜神社以外、ほぼお寺や神社には行かない
だからすごく新鮮でした。

欲張らずに一つのことだけを3回(しつこい?)お願いして、神宮を後に。

小田急で帰るので、新宿を目指します。


■代々木

疲れたので、謎に代々木ゼミナールの椅子で休憩。
これでもか!というほど自動販売機が並んでいて、コーラを飲んだ。

受験生は休憩する時も単語帳を持ち歩いていた。
なつかしい、私も持ち歩く派だったと回顧した。

■新宿
ドーナツ

新宿で超話題のクリスピードナッツを買おうと試みたが
月曜日の夕方なのに、日曜日のスプラッシュマウンテンより並んでいる!

しかも、並んでいる人に対して一人一個ドーナッツを配っている!
それでもういいじゃん!
並ぶだけ並んで、ドーナッツをもらったら帰る作戦が一瞬頭をよぎったけど、
やめといた。
どれだけおいしいのここのドーナッツ??


そして新宿はスルーして湘南台に帰りました。

散策いいねえ〜、次は池袋巣鴨上野など、北方面を制覇せねば!!
義務感に駆られている初夏の夜でした。




everyscenereminiscene at 23:08|PermalinkComments(4)
Categories
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: