パチプロ−2

2007年10月15日

10年以上もパチンコを、時にディープに?
打っていると、パチプロと称する人たちとの
出会いもある。

その中で一番印象に残っているのは…?
夫婦で長年に渡ってパチンコを打って、
文字通りパチンコの凌ぎで生活をしている
Mさんだろうか。

Mさん夫婦、見たところ2人とも似たような
年齢だと思うけど、幾つ位だろう?
私がパチンコを始めて、直ぐの頃に知り合って
あの頃もう50歳前後だったと思うんだけど。

Mさん夫婦は、たいてい夫婦で並んで打っている。
そして、旦那さんより、奥さんの方が出してる
ことが多い。
たまたま私が見掛けた時がそうなのかもしれない
けれど、他の人もMさんのところは、奥さんの方が
よく出してるって言ってた。

Mさん夫婦とよく顔を合わせるのは、新装開店とか
新築店オープンとかの時だから、Mさん夫婦は、
いわゆる開店回りをしてるのかな。

そんなMさん夫婦が口を揃えて言うのは、
「もう、パチンコで喰えないよ。昔は良かった
 のに」
と、いう台詞。

それで私が
「昔って?」
と聞くと、

2人揃って
「10年前」
だって。

10年前って…私がパチンコを始めた頃?
そう、私パチンコ屋で知り合った沢山の人たちから
「桜ちゃん、もっと早くにパチンコしたら良かった
 のにね」
って、言われてきた。

昔、私がパチンコを始める少し前の頃まで、パチンコは
よく勝てたらしい。

一般(?)の人たちはどうだか知らないけれど、
パチプロの人たちは、10年ちょっと前までは、本当に
よく勝てたって、皆口を揃えて言う。
だから、ちょっと大袈裟に言ってるにしても、本当の
話かもしれない。

じゃあ、どうしてその頃は、よく勝てたんだろう?
「どうして?」

「いい台があったもん」
って、やっぱり多くのパチプロが言う。

「最後は『それ浜』かな?」と
あるパチプロが言えば、
「まともな3回権利モノがあった頃。『ギンパラ』とか
 『ニューロードスター』とか」
だって。

パチプロによると、色んな規制で、パチンコを取り巻く
環境が変わって、パチンコで凌いでいる人たち、いわゆる
パチプロにとっては、パチンコで食べられない冬の時代が
続いているんだそう。

そういえば、Mさん夫婦も知り合って間もない頃に、
自分達がパチンコで辛うじて食べて行けるのは、昔の
稼ぎがあるからだって。

周囲も認める!?パチプロのMさん夫婦が言うんだから、
本当のことかな。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
楽天市場