商品開発のひとりごと Vol.20

「健康食品市場の人気素材ランキング」



こんにちは!

エボル フードビジネス事業部のK藤です。



北海道はいい季節になりました。

一気に緑が濃くなってきています。



さて、月が変わりましたので、

恒例の素材ランキングです。



そこから見えてくる市場の状況を

今月も読み解いていっていましょうか。



ランキングデータのソースは、いつもの「原料・受託バンク」です。



1位 乳酸菌(→1位)

2位 コラーゲン(↑3位)

3位 プラセンタ(↑4位)

4位 酵素(↓2位)

5位 ヒアルロン酸(→5位)

6位 葛の花(↑番外)

7位 カルシウム(→7位)

8位 DHA(↑番外)

9位 アスタキサンチン(↓8位)

10位 カテキン(↓6位)





ちょっとおもしろい動きがありますね。

6
位の葛の花です。

もともと「葛(くず)」は

その根が主に用いられてきました。



甘味の「くず切り」、生薬「葛根(かっこん)」です。

ご存知の方も多いのではないでしょうか。



一方、葛の花は

生薬では「葛花(かっか)」と呼ばれ、

主な有効成分はイソフラボンです。



一時期流行りましたよね。

「大豆イソフラボン」。



で、葛の花。

リサーチしてみましたら、



大手の通販会社さんから、出ていました。

「葛の花減脂粒」
葛の花



そしてもう1品。

「内臓脂肪を減らすサプリメント」
内脂肪を減らす


どちらもまぁ、

ど真ん中ストレートなネーミングで(笑)



しかもですね、

効果効能を表示できる

「機能性表示食品」。






葛の花エキスは、

九州にある東洋新薬さんが原料開発していたもので、

もともと特定保健用食品(トクホ)の関与成分として

認可された素材です。



機能性表示にも対応していますので、

原料の出所をさかのぼると

おそらくは東洋新薬さんに行き当たると思われます。



と思ったら、こんなバナー広告が。

まるっとおまかせ



まるっと任されたのですね(笑)



それにしても、ダイエットを含め、

メタボ対策のニーズは手堅いですね。





さて、



いわゆる肥満度を測るモノサシとして、

「BMI」というのがあります。



体重(㎏)を身長(m)の2乗で割ったものです。

たとえば、身長160㎝(1.6m)、体重50㎏の方ならば、

50÷(1.6×1.6)≒19.5となります。



日本肥満学会による基準では、

18.5以上、25.0未満を「普通体重」としています。



この値、

とても簡便に計算できて使いやすい指標なのですが、

身長と体重だけで決まるので、その評価には限界もあります。



たとえば、プロ野球の選手。

試しに日本ハムの中田選手を例にとってみましょう。

選手名鑑では183㎝、100㎏と発表されています。

ここからBMIを計算すると、およそ29.8

肥満度1と判定されます。



そんなわけあるかい。

あれは筋肉でしょ。



・・・という具合になっちゃいます。



ゆえに、精度を上げるためには、

体脂肪率などの数値とあわせて評価すべきなのです。



そう考えると、

タニタってスゴイ(笑)



今回はここまで!

未来のヒット商品開発に向けて

精進します!!


 

 
エボル プロテオグリカン乳酸菌プラス
↑↑こちらをクリック↑↑
「エボル プロテオグリカン乳酸菌プラス」500円モニター募集中!
 

 

ブログランキング参加中です!
よろしければクリックでの応援をよろしくお願いいたします


健康と医療 ブログランキングへ