少額投資でシンプルに大きく稼ぐ!証券ディーラー・山本伸一のクリティカルeワラント投資術

少額投資でシンプルに大きく稼ぐ!証券ディーラー・山本伸一のクリティカルeワラント投資術 


当サイトより購入頂いた方に特典としてFXツールを差し上げます!!
山本伸一のクリティカルeワラント投資術の特典内容はこちら



eワラントというのは基本的には株式投資と同じです。
安く買って、高く売ると言う事です。

違うのは「コール型」「プット型」があるので
価格が上がると思えば「コール」を下がると思えば「プット」を購入する事です。

 

eワラントとは、ある商品(株式、為替等)を将来の一定期日(満期日)に、特定の価格(権利行使価格)で買う、又は売ることが出来る権利をいいます。

これでは、分からないですね。
権利の売買? 具体的に説明しましょう。

世界的な人気を誇るロックグループが来日し、1日限りのライブを行うと発表されました。チケットは1枚10,000円と発表されましたが、発売は6ヵ月先です。
会場のキャパシティは限定的で、ファンの多さを考えればチケット争奪戦は必至な状況です。

このチケットが、発売日に必ず定価の10,000円で手に入る権利が1,000円で売りに出されたら、ファンとしては買わざるを得ない心境になるでしょう。発売後、金券ショップに並ぶ値段が更に高くなると思えばなおさらです。1,000円の権利代金は、10,000円のチケットを手に入れるための料金であり、チケットの代金には充当されないけれど、そのチケットが15,000円の価値があると考えれば、1,000円の権利が5,000円になっても買う意味がありますね。

このチケットを株式、権利をeワラントと置き換えれば、取引のイメージがつかめるでしょう。実際のeワラント取引では権利を行使する事なく、期日前に売却する事で取引は終了します。

こうして、権利の売買が行われるのがeワラント投資です。

 

コールやプットがあって、権利行使価格や満期日が決められているeワラント。株とは違って難しそうだと思った方もいるかもしれません。PCを使っていろいろな公式を計算し無くてはいけないのでしょうか。

違います。単純に、eワラントが安いときに買って、高くなれば売ればいいのです。簡単です。投資の基本中の基本です。

一見難しそうに見えるコールやプットの違い、権利行使価格等は銘柄選びの条件にすぎません。ごく単純に、買って売るだけなのです!

更に、eワラントの最大の特徴は、何といっても少額投資が可能という点にあります。現物株では1株当たりの値段がいくら安くても、取引単位が大きくてなかなか手が出せない銘柄がゴロゴロしています。

そうした通常なら十数万円からの資金が必要な銘柄も、eワラントなら一口数千円からの資金で取引する事が可能です。そして、それが短期間で何十倍になる事もめずらしくないと言う事は、前述したとおりです。


しかし、既にeワラントの運用を試みてはみたものの、今一つ儲けることが出来ないという人も多いのでは無いでしょうか。

ワラントを始められた方の中には、現物株と値動きが違うと言う事の意味が今ひとつ掴めない、わかりにくいという方もいると思います。

現物株に連動しているのだから、現物株のチャートだけを注目していればいいように思いますが、実際にはワラントの値動きは現物株とはかなり異なるのです。現物株だけを見ていては、ワラントでは勝てません。

ワラントには、ワラントならではの勝ち方があるのです。

貴方は、野生のカン・第六感が働く方ですか? でも、言葉で上手く説明するのが苦手とういうのなら、貴方は右脳派かもしれません。それは、投資には重要な資質ですから大切にして下さい。

貴方は、人を論理で言い負かすのが得意ですか? 論理的思考は得意だが、株式投資はどうも上手くいかないというのならば、貴方は左脳派かもしれません。左脳は、上手くいくと投資の武器になります。ただ、使い方を間違えると、とんだ思いこみから傷を深めることにもなります。

投資で勝つには、右脳と左脳がバランスよく働くことが理想的だと言われます。左脳で企業業績や財務諸表を分析しながら、右脳でチャートや市場の空気を読むからです。

 

右脳、左脳の働きの違いを知っていますか? 右脳とは人間の脳の中で、直感やひらめきを担当している領域です。一方、左脳は、言語、論理的思考を担当しています。

 

銘柄を買うときに、自分のなかで確信を持って買えるときがあります。直感と論理が合っているとき、つまり、右脳と左脳が両方とも「買え」と言っているとき、わたしたちは迷うことなく特定の銘柄を買うことができます。

しかし、どうもしっくりとこない。皆が「買い」だというし、話を聞いてみるといい銘柄だ。でもなんとなく嫌な感じがする。こんなときはしばらく様子見をしてみたほうが良いでしょう。

左脳が買いと言っていても、右脳がストップをかけてきているのです。

右脳の直感を軽く見てはいけません。貴方の右脳には、貴方が思っている以上の膨大な情報量と経験が詰まっているのです。

 

右脳の知恵は、意識する事の出来ない潜在意識のなかにあるので、なかなか言葉には出来ません。ただなんとなく感じていることを、どこまで信じていいものやら……。

株式投資では、ありがたいことに、1つだけ右脳の知恵を目で見られる場所があります。株価チャートです。

そこには、貴方だけでなく、世の中のあらゆる投資家の右脳の知恵の結晶が現れています。つまり、株価チャートには、人々の「心」が現れているのです。

皆が買いだと言い、ワイドショーで褒めそやす会社の株。そんな株のチャートに、強烈な売りシグナルが出ていたらどう思いますか?

そこに見えているのは、群衆の本音です。左脳は「買い」だと言っていても、「右脳」では、何かおかしいと思っている。そういう人が多いことが、ありありと出ているのです。

皆が熱狂していた成長株の成長ストーリーが崩壊し、ボロボロになっていく過程の初期に、こうした現象が起こります。

人間の行動には、本人がはっきり意識して行う部分と、無意識に行う部分があります。何でも自分で考えて行動しているつもりの左脳派の人も、右脳に刷り込まれた潜在意識(無意識)に支配されて、行動している部分が意外と大きいものです。

当然、投資判断にも、気づかぬうちに影響してしまいます。

 

『渋谷高雄大百科』~渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成~ GoldLaw 株式黄金法則 200億円儲けた相場師是銀の幻の投資法が今あなたの手に 【業界初】ドル金・ドル銀シグナル配信『ゴールドクロス』 黄金の株手法<自動抽出編> ~明るい未来をつかみとれ~シャイニング225 ミリオンルートトレード【一億円までの最短ルート】 SIGMAシステム 「専業トレーダーへの道標」日経225勝ち方教えます!専業トレーダーの投資法!裁量トレードだからこそ、毎日コツコツ利益を出します!