2023年09月20日

鳥取県のドライバーは下手くそ!



 田舎に行くと高速道路が対面通行というのによく遭遇する。センターラインにあたる部分になんかゴム製のポールが立ってるのを見ると、「もっとちゃんとブロックしてくれ」と思う。あんなものでは突っ込んでくる対向車を防げないからである。  

 そのセンターラインの部分がワイヤーロープになってるとオレは安堵する。これで下手くそから自分の命を守れるからである。交通事故の中でも対面通行の高速で真正面から下手くそに突っ込まれて死ぬというのがもっとも悲しいことであり、その次がアクセルとブレーキ踏み間違えの認知症老人に突っ込まれて死ぬことだ。いずれにしても自分がいくら注意しても防げないのである。

 BSS山陰放送の記事にあったのだが、鳥取県内の山陰道で9月19日の午後3時ごろ、乗用車がワイヤーロープに接触する事故があったという。鳥取県ではこのような高速道路のワイヤーロープの接触事故が相次いでいて、今年すでに100件以上の接触事故が発生している箇所もあるとか。そんなところに接触するような運転が下手くそなやつからはさっさと免許を剥奪しろと思うのである、車線通りに満足に走れないような下手くそは運転なんかするなよ。迷惑そのものである。

 しかも「鳥取県内だけでワイヤーロープへの接触事故が100件」なんて多すぎるじゃないか。鳥取県民はどれだけ下手くそが多いのか。おまえら迷惑だから大阪に絶対に来るなよ!とオレは言いたくなる。このワイヤーロープへの接触、基本的にほとんどが単独事故で、脇見や居眠りが原因らしい。高速道路で居眠りとかほんまに迷惑なのである。

 ただ、少なくともワイヤーロープのおかげで対向車との正面衝突の発生は抑えられてるわけで、それだけでもやっぱり効果があるということなんだろうか。もしも100件の正面衝突が起きていれば怖くて鳥取に行けないのである。

 しかし、考えたらまだワイヤーロープがあるだけマシだ。日本中にたくさん存在する田舎高速道路の多くは危険なゴムポールしかない状態で放置されている。そんなものでは突っ込んでくる下手くそは防げない。一刻も早く日本中のすべての対面通行路線にワイヤーロープを設置してもらいたい。そうでないとオレは安心して走れない。

 ついでにオレが望むことは、ワイヤーロープが設置されてない危険な高速道路の区間をすぐに検索できるように公開してもらいたいということだ。それを事前に知ることができれば避けることが可能になる。安全に旅行できることが何より大切だからである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 


2023年09月18日

議員を舐めた政党



 日本維新の会の池下卓衆議院議員が地元市議2人を公設秘書として採用して、その結果として二人は秘書給与と議員報酬を二重に受け取っていたことがあきらかとなった。もちろんどちらも税金から報酬が出ているわけで、こいつらは報酬の二重取りをしていたのである。ゼニに貪欲な維新議員らしい行動である。彼らは「身を切る改革」を標榜するが、実態はこんなもんであり、自分たちの身を肥やすことしかできていない銭ゲバ集団である。

 ただ、どうしてこのようなことが起きたのかということの背景は説明しておきたい。それは「維新の会」という統一教会関係者によって作られた外道集団の本質的な問題に関わるからである。

 維新の連中ははっきり言って議員の仕事を舐めている。それは国会の議場で居眠りしていたりSACHIKOとLINEしている音喜多を見ればよくわかるわけだが、その昔吉村洋文が弁護士会で議員になりたい人を募集していたときに、「兼業でできる簡単で暇なお仕事」であるかのようにチラシに書いていたのである。まあ維新議員の多くはろくでもない連中なんだが、その背景にあるこのような価値観の存在は否めない。

 元大阪市議の海老沢由紀は、大阪に住んでいないのに大阪市議としての報酬をもらっていた。彼女が東京で子育てしていたことは彼女の友人が証言している。ところが松井一郎はその問題を放置した。不在議員もしくはリモート議員という実態は問題にされないといけなかったのに、松井一郎はその件を全く問題視しなかったのである。まあセクハラ議員の笹川理も最初は松井一郎の対処は「お咎めなし」だったわけで、首長が特定の政党に所属してると、自党議員の不祥事は放置し他党議員だけを処分しようとするという大阪現象が起きるのである。

 こうした議員の兼業が認められること自体はオレはよいことだと思っている。一般企業の会社員が同時に議員でもあるということが認められるなら、地方議員のなり手不足はかなり解消されるだろう。オレも「名ばかり議員」で議員報酬がもらえるならなりたいのである。

 ただ、それを可能にするような「リモート議会」「週末議会」「ナイター議会」を可能にして労働時間が重複しないようにする必要がある。最初に書いた池下議員の公設秘書がどうして議員と兼業できたかというと、市会議員としての仕事なんか何もしていなかったからである。地方議会に維新議員が増えると何が起きるかというと、何もしない議員の増加である。維新議員というのは基本的に議会を舐めている。彼らは多数決にだけ参加すればそれでOKと思っているからだ。だから議会をサボって沖縄旅行するやつもいれば、有権者の市民に罵声を浴びせたり脅したりしてイキってる馬鹿も居るのだ。政党というよりはただのならず者の集団である。反社の連中が政党助成金目当てに政党ごっこをしているのが維新の会の実態だとオレは思っている。

議員もクソなら支持者もならず者の集団である。もっともタウンミーティングに潜入捜査して感じたのは、維新信者というのは霊感商法に騙されて壺を買うカルト集団レベルの惰弱集団だということだった。吉村が語る豪快な嘘演説にすっかり騙されて拍手を送っていた維新信者を見ると、こういう人達が騙されて壺とか買わされるのかとかわいそうになったのである。

 維新の連中は政治を舐めている。そして有権者を舐め、選挙を舐めている。だから嘘とごまかしで選挙は勝てると思ってるし、実際にこれまでの選挙でそれで勝ってきたのである。オレは維新の連中のやりたい放題を食い止めたい。東大阪市長選挙で統一教会の手先が跳梁跋扈するのを食い止めたいのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 

2023年09月16日

阪神優勝のMVPは誰か?


 阪神タイガースがリーグ優勝した。さてそこで「誰がMVPなのか?」ということが話題になるわけである。今のところ、投手では新人王の資格もあり防御率も1位の村上頌樹、打者では出塁率1位になりそうな大山悠輔、1番打者としてチームを引っ張った近本光司の名が上がる。だがオレはあえてそれ以外に、もっともチームに貢献したのは誰かと考えてみたい。オレが推すのは、2塁手の中野拓夢である。中野は最多安打のタイトルが取れる可能性がある。しかし彼の貢献度は攻撃面ではなく守備である。

 岡田監督は昨年遊撃手でベストナインにも選ばれている中野拓夢を今季はセカンドにコンバートした。昨年はセカンドを糸原が守ることが多かったが、糸原の守備はお世辞にも上手いとは言えず、その守備範囲は12球団一狭かった。左右の動きが全然ダメだったのである。その糸原が代打に回り、中野がセカンドを守ることになり、ショートの定位置をゲットしたのは木浪だった。木浪は8番打者として出塁しては投手の送りバントで進塁し、それを近本、中野の一、二番が得点に結びつけるという阪神の今季の得点パターンが完成したのである。

 1点差のゲームで勝敗を分けるのはやはり守りだとオレは思っている。併殺を取れるかどうか、そして打球が抜けた場合はそれがヒットになり失点につながるということとの差である。今季の阪神は1点差の試合に強かったわけだが、もしも中野が併殺にできなかった打球が抜けて相手の得点になっていた場合、勝っていた試合を10試合以上落とすことになっていたわけである。10試合の勝ちが負けに変わればもちろん優勝できていない。そういう意味でオレは今季の阪神で鍵になったのはセカンド中野だと思うのである。 

 MVPは記者投票で決定される。巨人ファンの記者の中にはホームラン王の岡本和真と投票する人が居るかも知れない。弱いチームで自由にホームランを打っている岡本和真の40発と、勝つために打った佐藤輝明の20発を比較した場合、どっちに価値があったかはオレが書かなくても明らかだと思うのだが。

 オレが物心ついて阪神ファンとなった頃は、V9中の巨人と常に優勝争いするのが阪神タイガースだった。当時の阪神では江夏、村山の両エースが活躍していた。巨人がV9を達成した最後の年、最終戦の甲子園での阪神巨人戦で阪神は0−10で敗れた。試合終了後に阪神ファンは暴徒となってグラウンドに乱入し、ラジオで試合経過を聴いていたオレは悔しくて泣いた。コテコテの阪神ファンであり。打倒巨人に燃えるオレの原点はその悔しさから生まれたような気がする。

 突出した成績を残すプレーヤーがいなくても、総合力で試合に勝てるということが今季の阪神は実践できていた。優勝決定時のスタメンに3割打者が一人もなかったことからもそれはよくわかる。

 これからCSを勝ち抜き、日本シリーズでオリックス(まだ優勝が決まったわけではないけれど)を倒して阪神が日本一になることをオレは願っている。その時に中野拓夢がMVPであるとオレと同じように考える記者が何人いるだろうか。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 

2023年09月13日

「ARE」を流行語大賞に



 今年もっとも流行した言葉はなんだろうか。それは紛れもなく「ARE」だと関西人のオレは勝手に思っている。多くの関西人にとって日常となった「ARE」は、東京ではどんなふうに受け止められてるのだろうか。オレはそれがとても気になるのだ。流行語大賞というのはやはり首都圏で使われた言葉の中から選ばれるのだろう。そうなると関西でのブームとなった「ARE」は候補にもならないような気がするのである。

 言葉にするとそれが本当になってしまういわゆる「言霊信仰」だが、関西、特に阪神タイガースの世界では逆に「言うと実現しない」という「逆言霊信仰」が存在する。昔、阪神に新庄が在籍していた頃、ヒーローインタビューで「明日も勝つ」と言うのは厳禁だった。新庄が「明日も勝つ」と言うと必ず翌日から連敗スタートだったものである。いつしか阪神ファンの間には「余計なことは言うな」という雰囲気が醸成されていったのである。それはヒーローインタビューの時に巧妙に「明日も勝つ」と言わずに語ることからうすうす感じられるだろう。そういう微妙な空気感が阪神タイガース関係者やそのファンの中で共有されていたのである。

 もちろん就任した岡田監督がそのことを知らないわけがない。そこで「優勝」という目標をどうやってその単語を使わずに意識させるか。そこで編み出された究極の言葉がこの「ARE」だったのである。オープン戦の時からひたすら「ARE」と言い続けた岡田監督の工夫がいまついに実ったのである。

 18年ぶりの「ARE」は大阪に大きな経済効果をもたらすだろう。阪神百貨店の優勝セールには一日20万人の人が駆けつけるという試算がある。それは関西経済に大きなプラスの効果をもたらしてくれる。万博なんかやっても迷惑なだけだが、阪神の優勝が毎年のことになれば大阪には空前の好景気がやってくるだろう。くだらないカジノ・IRなんか全くいらないのである。

 物心ついた時からの阪神ファンとして、今回の「ARE」は真に喜ばしいことだが、ここでオレが危惧するのは「にわか阪神ファン」の出現である。たとえば大阪腐知事の吉村洋文は本当は巨人ファンらしい。ところが彼はその本性を隠している。もしも彼が巨人ファンだということがバレていれば、知事選挙の244万票のうち100万票は消えてたはずである。阪神ファンにとって巨人ファンなどは不倶戴天の存在であり、そんなやつに投票するなんて考えられないからだ。オレは次の選挙で吉村洋文を落とすために「吉村洋文は巨人ファン」という説をどんどん拡散しようと思っている。

 ところが維新の会の連中は、この阪神の「ARE」を党勢拡大の手段に利用しようと画策しているらしい。言語道断である。オレは愛するモノをあいつらの選挙の道具に絶対に利用されたくない。「反維新タイガース」を結成して、甲子園のライトスタンドで六甲おろしの歌詞を「反維新タイガース」と歌いたいくらいに維新が大嫌いだ。

 阪神ファンの中には支持政党が「維新の会」というカルト馬鹿ももちろんいるだろうが、大多数はオレのような良識的な政治判断ができるまともな人達である。だから野球の政治利用に関しては断固抗議してもらいたい。それは阪神球団の選手にも言いたいのである。もしも優勝パレードの時に吉村洋文がしゃしゃり出てくればひとこと「巨人ファンは帰れよ!」と言ってもらいたいのである。もしも吉村洋文が「自分は阪神ファンだ」と虚偽の主張をするならば、オレの出題する「阪神ファン常識クイズ」にみごと正解してから言ってもらいたいのである。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 





2023年09月12日

金剛バスを守れ!



 南河内地方(富田林市、千早赤阪村、河南町、太子町)でバス事業を運営している金剛自動車が12月20日に廃業するという。地域の交通手段が消滅するということで話題になってるわけだが、これが人口がほとんどいない過疎地域ではなく大阪府で起きているということが問題なのである。維新行政がまさに「地域切り捨て」「維新首長以外は市長にあらず」という状況だからこのようになってしまうのである。夢洲の泥に捨てるゼニの何百分の1かで金剛バスは守れる。それなのにカジノ・IRの方が大事だと思ってるのが吉村洋文である。彼は大阪府全体のことなど全く考えていないただの「腐知事」である。

 交通手段がなくなれば地域はますます衰退する。南河内地域にはバブルの頃に開発された巨大ニュータウンが山の中にあるが、公共交通手段はバスだけである。そのニュータウンも高齢化が進むわけだが、この上バスがなくなってしまうとただの姥捨て山ということになってしまうのである。

 近隣の近鉄バスや南海バスも路線を維持するのがせいいっぱいで支援する余裕はなさそうだ。維新の会お得意の「身を切る改革」というのはバスの本数を減らし、運転手を減らし、乗客も減らすという「負け戦を前提とした政策」である。「バス運転手の給料が高すぎる」とほざいた橋下徹のせいで日本中のバス運転手の給料が下げられて、今の運転手不足につながったことを思えば、金剛バスがつぶれるのもすべてあの橋下というペテン師の責任である。あいつの私財を供出させて救済すべきかも知れない。

 オレは地方の公共交通機関は地方自治体が補助してでも維持すべき大事なインフラだと思っている。大阪府は夢洲みたいなところにゼニを捨てるのではなく、今生活している人達のためにゼニを使うべきなのだ。そんな当たり前のことがわかっていない馬鹿府民が244万人もいて、そいつらが吉村洋文という能なしのペテン師に投票した結果として大阪府の衰退と、金剛バスの廃業ということにつながったのだとオレは思っているが。もしもオレが知事ならこういう問題は絶対に放置せずに「万博をやめても誰も困らないが、金剛バスがなくなったら多くの人が困るのです」と言っただろう。

 南河内地区は維新行政から見捨てられている。おそらく維新首長がいないとか、維新議員への投票が少ないとか、統一教会の信者が少ないとか。オレのような良識派の住民が多いとか、さまざまな理由があるのだろう。もしかしたら「反維新の旗手、江草乗が南河内に居るから金剛バスは見捨てろ!」という維新幹部からの指示があったのかも知れない。

オレは日本中の大型二種免許を持つ人達に訴えたい。どうか大阪に移住してくれ。大阪でも特に南河内に来てくれ。大阪府でありながらニュータウンは過疎化が進み、ガレージ付きの戸建て住宅でも500万円以下で買える。そして金剛バスに「働かせて下さい」と訴えて欲しい。ドライバーが確保できれば金剛バスは廃業しなくて済む。冬に豪雪になるわけでもなく、大きな水害で道路が寸断されるわけでもない。南河内地区は自然災害の少ない地域である。大阪府というディストピアにありながら、維新の連中にまだ侵略されてない正常な地域でもある。だからこそここに越してきて欲しいのだ。

 バス運転手以外でもオレの日頃の主張に賛同して下さる人はどんどん来て欲しい。そうしてこの地域に「反維新ランド」を築き、維新の支配地域である大阪府からの分離独立を目指したいのだ。4市町村が「反維新」で結束して大阪府からの分離独立を目指し、吉村支持の馬鹿府民を見捨てて南河内に「まともな人の楽園」を築きたいのである。「反維新自主国家」を設立して、そこから日本に真の民主主義を取り戻す活動をスタートさせたいのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



exajoe at 23:45コメント(0)暴論 この記事をクリップ!

2023年09月11日

飲み物のマナーについて


 スタバで買った飲み物にはカップに蓋が付いている。それを持ち出して路上で歩きながら飲んでいる人も多い。セブンイレブンなどで売られている蓋付きカップ飲料はそもそも店外で飲むことが前提である。そうした飲み物に関して最近感じることがある。それは飲んでるときのマナーである。

 あのカップを手にしたまま、買い物とかをするのはそもそもどうなのだろうか? オレは北花田のイオンモールにある紀伊國屋書店で、スタバのカップを手にしたまま店内を徘徊している客がいたことにちょっと驚いたのだ。もしも飲み物を吹いて本を汚してしまったらどうするのか。あるいは子どもが衝突してきて手にしたカップを本の上にぶちまけてしまうようなことはないのかと。

 北花田のイオンモールでは同じようにカップを手にした人がユニクロやGUに来店しているのも目撃した。オレが店員なら気になって仕方がない。もしも飲み物で服が汚されたらどうなるのかと心配してしまうのだ。そういうマナーの悪いDQNのことだから、もしも汚してもそのまま逃亡するに決まってるのである。DQNとはそういうものである。

 TSUTAYAが佐賀県武雄市でカフェと図書館が併設された建物を運営すると聞いたときにオレが思ったことは「そもそも図書館って飲食禁止だ」ということであった。まだ小学生くらいの頃に公共の図書館でベビースターラーメンを食べようとして叱られたことをオレは今でも覚えている。「図書館は飲食禁止」というのは当然のマナーではないのか。だったら書店も同じだろう。

 かつて日本には「歩きながら食べる」という文化はなかった。そういうことは行儀の悪いことだと思われていたわけだし、オレも母からよく注意されたのである。通学時に歩きながら飲食していることを注意する学校があるのはおかしくないと思っている。アイスの食べ歩きなど言語道断である。それが許されるのは修学旅行で北海道に出かけて休憩時にSAなどでソフトクリームを買うときだけである。

 ユニクロやGU、紀伊國屋書店などは「スタバの飲み物を持ち込むな!」と店頭に大書してもいいと思う。そしてもしも店内の商品が汚された場合、その抗議は客ではなく、そういう可能性を放置したスタバに対して行ってもいいと思うのである。つまりスタバは販売時に「当店の商品で他店に損害を与えた場合、その賠償責任がお客様に発生します」という注意喚起を店に掲示すべきである。

 オレはマナーの悪い人間が本当に大嫌いである。そこら中にタバコの吸い殻をまき散らすDQNや、避妊しないであちこちでSEXしまくって精子と共に悪い遺伝子をばらまくDQN男などは大嫌いである。本当に絶滅してもらいたい。

 最近は電車の中にカップ麺を持ち込んで喰うようなDQNがいるという。もう最悪である。そんなやつは電車が揺れて顔面に麺がぶちまけられたらいいのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 


2023年09月10日

投票率を上げよう!



 9月10日に大阪府交野市の市議会議員選挙が行われた。64144人の有権者のうち、31971人が投票して投票率は49.84%だった。維新の会の候補者は5人が立候補していて、そのうち3人が当選して二人が落選、維新候補5人の得票の合計は6464票だった。おそらく維新の連中は投票率が30%程度で、1000票あれば確実に当選できると予測し、自分たちの持つ6000票ほどの組織票で5人当選させられると見込んでいたのだろう。ところが予想を超える投票率だったので維新候補は3/5しか当選しないということになったのである。

週刊文春で報道された馬場代表の社会福祉法人ネコババ疑惑。そして万博の開催に関する絶望的な工事の遅れなど、維新の杜撰な実態がどんどん報道され、議員の資質の問題やその「第二自民党」でしかない実態が広く有権者に知られてきているのである。交野市議選はそれが如実に現れていたのかも知れない。

 投票率を50%にできればかなりの維新候補を落選させられるし、投票率が70%になれば維新候補を全員落とすことも可能かも知れない。洗脳された馬鹿とカルト信者の組織票に支えられた維新は、投票率さえ上昇させれば壊滅させられるとオレは予測している。今投票に行ってない人達の浮動票が共産党やれいわ新選組に入ればさらに大阪の状況を改善できるだろう。そして「当選互助会」としての維新の役割が果たせないとなると、現職議員達も「なんで上納金をピンハネされんとあかんねん」と反発して離党し始めるだろう。そうなれば一気に組織を壊滅に追い込める。そこで党の幹部が「逮捕」ということになればもう解党しかない。

 岸田首相はもしかしたらこの秋に衆議院を解散するかも知れない。維新の会は「自分たちは勢いがある」とまだ錯覚しているから大勢の候補者を立てるだろう。馬場代表のネコババ疑惑も「説明しないでごまかす」という形で乗り切れると思ってるだろう。そこでもしも「党幹部の逮捕」という事が起きれば一気に人気は剥落する。

 文部科学省による「統一教会への解散請求」が出されれば自民党は一気に支持を回復できることは間違いない。同時に自民党壺派(安陪派)の有力者である松野官房長官や萩生田議員を失脚させることもできる。「統一教会解散」となれば、統一教会の別働隊であるカルト政党である維新の会の連中はどんな行動を起こすだろうか。オレはそのあたりに注目している。

 解散総選挙ということになれば、どうやって国民の関心を高めて投票率を上げるかである。野党はここで「壺政治からの脱却」を掲げて協調すべきだ。統一教会を解散させても、その支援を受けてきた自民党幹部の罪は消えないと激しく攻めることが勝利につながるだろう。カルト連中は政治の世界から全員退場してもらいたい。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 





2023年09月09日

真のエコカーはアルト



 通勤にクルマを使ってるとガソリン代の高騰はなかなか応える。そこで「燃費のいいクルマならよかったのに」となるわけだが、燃費のいいハイブリッドカーは元々車両本体価格が高い。購入時にガソリン車と比較してかなり高くなるわけで、その差額を取り戻すためには10万キロ近く走らないといけないのである。

 そう考えると、真のエコカーとは何だろうかということになるわけだが、クルマそのものが安いことが一番経費節減となるわけだ。そういう意味で安くて燃費のいいクルマとなると、それはもうスズキ・アルトしかないということになる。ただ、オレみたいないい年をしたオッサンがアルトを通勤者にしていると「なんでそんな貧乏人の乗る車に乗ってるんだ」「もしかして離婚して養育費払わされてるのか」などと邪推されてしまうのだ。

 いくらエコカーと言われても高価なテスラを買うなんてばかばかしいと思うし、そのあたりの選択肢が「人から安い車に乗ってるとは思われないけど実はエコカー」という方向性となり、そういう意味では以前に乗っていたホンダ・S660はベストだったのである。あんな趣味性が高い車を「貧乏だから」乗ってるとは誰も思わないし、しかも燃費はめちゃくちゃ安くて助かったのである。S660は普通に運転していても20辧殖牟瓩い箸いδ競┘灰ーだったわけである。

オレが後期高齢者になってもまだクルマを日常的に使ってるならば、スズキ・アルトとかダイハツ・ミライースのような軽自動車の廉価なものを手に入れるだろう。狭い道が多い家の近所では取り回しが楽ちんだからである。

 趣味性の高いクルマとしては、以前に所有していた三菱・FTOはハイオク仕様だったのでガソリン代がかかった。もしも今そのまま乗っていれば大変な出費になっていたはずである。毎月のガソリン代は軽く3万円を超えていただろう。 

プリウスはモデルチェンジしてかなりカッコよくなった。初代プリウスからモデルチェンジの度にデザインがよくなっていくのは一時の日産とは逆である。モデルチェンジの度にかっこ悪くなっていったスカイラインなどとは大違いだ。最新モデルはフロントガラスの傾斜が強くなって、まるでスーパーカーのように寝ているのである。これは運転時にどんな感覚なのだろうかと不思議に思うのだ。エコカーとしてもすぐれてるので買ってもいいのかも知れないが、車幅が広すぎる。どうしてクルマは横幅を広げたがるのだろうか。我が家のガレージの最大の欠点が「幅が狭い」ということなのだ。三菱FTOはぎりぎり駐めることができたが、日産GTRならドアが開かずに降りられないのである。

 かつてクルマ好きだった人が、高齢者となって最後のクルマに何を選ぶのか。今は亡き徳大寺有恒さんなら何を選んだだろうかとオレは想像する。オレが買い換えるのはこれからあと2回くらいか。株式投資で稼いだあぶく銭で、セカンドカーにMTのダイハツ・コペンXプレイでも買おうかなと思うのである。マツダロードスターの兄弟車である124スパイダーも気になるのである。しかし、中古車で買おうとして探してもAT(CVT)ばかりなのである。

 そういうことを書くと「わざわざ買わなくても乗りたいときにレンタカーを借りればいい」言われた。全くその通りなのである。岡山や高松で営業している平成レンタカーでロードスターを借りて四国旅行というのもいいかなと思ったのである。北海道をレンタカーで回るなら86やBRZを借りるのもいい。もちろんMT車である。いつのまにかエコカーの話ではなくなって趣味のクルマの話になってしまったぜ。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 


2023年09月08日

こんなロードレースはイヤだ・・・  

 オレは『弱虫ペダル』というアニメが好きだ。それは自分が大学サイクリング部に所属していたこともあり、得意としたのが「100〜200キロという長距離をできるだけ速く走る」ということだったからだ。今は「ビワイチ」と呼ばれる琵琶湖一周ランなどが話題になっているが、もし現役の頃の体力で今の自分が存在したなら、ビワイチの日本記録を更新しようとチャレンジしたはずである。ちなみに京都大学サイクリング部では耐久RUNという行事が行われているが、オレは現役部員の時に優勝している。

 高校生の時に大阪から諏訪湖まで2日で走ったことがある。往路は関ヶ原を越えて犬山でユースホステルに宿泊し、帰路は名古屋で一泊した後、台風の中を伊賀越えで帰った。フロントバッグに入らない荷物はリュックに詰め込んで背負っていたのだが、その時に「体重+荷物」となると通常よりもケツが痛くなるということを知った。使用したのはロードレーサーではなく、650Bというリムサイズにフランス製ウォルバー社のスーパーランドナーという軽量タイヤを履いていた普通のマシンである。

大学サイクリング部に入ってからは京都−諏訪間(約330キロ)なら一日で走れるだろうと思い、往路は京都を夜に出て夜間走行で、帰路は早朝に諏訪を出てひたすら走ってその日のうちに京都まで帰り着いた。装備は高校生の時のマシンにフロントサイドバックとフロントバッグを2個積んだ状態である。道中ではロードレーサーに乗ってる人をぶっちぎったりした。まさかロードで走っていて、自分よりも大荷物の旅行用マシンの方が速いなんて思わないだろう。

 そういう自転車歴があるからこそ、オレは『弱虫ペダル』というアニメが大好きで、ロードレースをこよなく愛しているのである。それがなんということか。参加してる人が車と正面衝突するなんて・・・ オレはこのあまりに悲惨な事故に怒りを感じている。

9月8日午前11時40分ごろ、北海道・上富良野町の道路を使って開催されていた「ツール・ド・北海道」のレース中に、乗用車と20代の男性選手が乗った自転車が正面衝突した。男性選手は心肺停止の状態で、ドクターヘリで病院に搬送された。
乗用車の60代の男性に、けがはなかった。
現場は、片側1車線の乗用車側から見て緩やかな左カーブで、警察によると、自転車が前の集団を追い抜こうと対向車線にはみ出した際に衝突したとみられている。


ロードバイクが突っ込んだ衝撃で乗用車のフロントガラスには大きな穴が空いたということである。追い越しをかけようと加速して居るとき、おそらく選手は地面しか見えてないだろう。まさか対向車があるなんて予測もしない。交通規制されているはずなんだから・・・ そしてドライバーがボンクラなら、その道路でレースが行われるなんてことにも気がつかず、普通にスピードを上げてカーブに突っ込んだだろう。この事故は誰の責任なのか。レースの先導車はどうしてすれ違うクルマが居たときに全力で注意喚起しなかったのか。その後に起きる悲劇を予想できなかったのか・・・

 日本ではまだまだ「自転車ロードレース」というものが認知されていない。その結果としてこのような痛ましい事故が起きてしまった。このような事故が二度と起きないように、オレはただ祈るだけである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です

2023年09月07日

ジャニーズと性加害



 ジャニーズ事務所がジャニー喜多川氏による過去の性加害の事実を記者会見で認めた。そして東山紀之が芸能界を引退し、新社長となって問題の解決にあたるという。あえて火中の栗を拾うことを決断したこの決定をオレはある程度評価しているが、そもそもこのような性加害は果たしてジャニー喜多川氏だけが少年たちに対して行っていたものだろうか。オレはそこが少し気になるのだ。

 男ばかりの社会というのは異常である。それはもともと男ばかりだった自衛隊に女性隊員が入ってきたことで必然的に起きたセクハラ問題などでも推測できるのだが、「女がいない」ということは男同士の羞恥心やモラルを奪うのである。たまたまオレはそういう「男だけの世界」を知ってるからこそその雰囲気が理解できるのである。

 オレが臆測するのは、ジャニーズ事務所での性加害はジャニー喜多川氏だけが行ったものではなく、メンバ−間の性加害、つまり先輩メンバーが後輩メンバーに対しても行っていたのではないかということである。男ばっかりの集団ではそういうことが起きる可能性が高いのである。

 男性しかいない場所ではエロい男達は性に関する話を公然と語る。それは風俗店での武勇伝であったり、自分が100人斬りを達成したモテ男だという自慢話だったりする。男というのはそういうくだらない生き物なのである。頭の中は性(エロ)に関する妄想で埋め尽くされていることもあるのだ。ジャニーズというのもまさにそうした場所であったとオレは臆測するのだ。

 そこではもしかしたら「焼き畑農業(陰毛が燃やされる)」などの宴会芸の強要や、ジャニー氏お気に入りのメンバーに対する嫉妬からそのメンバーに対する集団いじめ、恥ずかしい行為の強要などが起きていたのではないのか。あくまでこれはオレの臆測だ。しかし「男ばかりの集団」というのはそういうものなのである。かつての被害者が今度は被害者になるというのは、軍隊がそういう場所であり、大学の運動部のシゴキ問題が後輩達に受け継がれて行くことからもわかるだろう。おそらくジャニーズには「メンバー間の性加害の連鎖」が存在したとオレは思うのである。

 権力を持つものがその権力で他者を理不尽な形で服従させるというのはどんな組織でも普通に起きることである。もしも大勢の女性タレントが所属する芸能事務所の頂点にいる男性社長が業界のドンで、若いタレントに性上納させていたということがあれば大変なスキャンダルだが、韓国ではそれを苦にして自殺した人もいる。オレはそこに人間の持つ醜悪さを思うのである。日本でそうした問題が過去に皆無だったかと言われれば疑わしい。実際にある有名な映画監督が出演の条件として性上納させていたということが起きているのである。

 それではすべての性加害は悪なのか。たとえば自分をプロモートして欲しい若いタレントが逆に自分の性を交渉の材料に使う場合はどうなのか。自分から性加害を受け入れることで相手を利用しようとする場合もあるだろう。それはある意味性風俗産業すべての構造的な問題ではないのか。だったら性の売買は100%禁止すべきなのか。禁止すべきものが直接的な行為のみならば、デリヘルやソープはダメでもキャバクラやホストクラブはOKなのか。これはある意味現代社会の本質に関わる問題のような気がする。

 これはありえない妄想なんだが、もしもオレが絶世の美女に生まれてきて男性たちがその美に誰もがひれふするようなことがあれば、きっと勘違いした人生を送ってしまうような気がするのだ。自らの性を売り物にして、それで世の中を渡っていきたいという安直なことを考えたかも知れない。しかし残念(?)なことにオレは非モテ男子高校生だったし、今はただのガラの悪そうなオッサンである。スーツにサングラスでいるとその筋の人にしか見えないらしい。だからせめてネクタイくらいはお茶目なものにして相手の警戒心を解こうと思っているのである。

 ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 




2023年09月05日

男子校・女子校を守れ!



 埼玉県は不思議な教育環境である。県立の男子校、女子校が存在するのだ。高校レベルでこのような男女別学の制度があるのはとても珍しいのである。埼玉県内の県立高校137校のうち、男女別学は12校あり、全体の8.8%を占めるのだ。男子校は浦和(全日制・定時制)、春日部、川越、熊谷(全日制のみ)、松山の5校。女子校は浦和第一女子(全日制・定時制)、久喜(全日制のみ)、春日部女子、川越女子、熊谷女子、鴻巣女子、松山女子の7校である。

 埼玉県の県立高校の偏差値ランキング序列では次のようになる。

1 大宮高等学校理数科(共学)偏差値 75
2 浦和高等学校 (男子校)偏差値 74
3 浦和第一女子高等学校 (女子校)偏差値 73
4 大宮高等学校普通科 (共学)偏差値 72
5 春日部高等学校 (男子校)偏差値 72
6 川越高等学校 (男子校)偏差値 70
7 市立浦和高等学校 (共学)偏差値 70
8 川越女子高等学校(女子校)偏差値 69
9 越谷北高等学校理数科 (共学)偏差値 68
9 所沢北高等学校理数科 (共学)偏差値 68
9 不動岡高等学校 (共学)偏差値 68
9 蕨高等学校(共学)偏差値 68
13 浦和西高等学校(共学)偏差値 67
13 熊谷高等学校 (男子校)偏差値 67
13 越谷北高等学校(共学)偏差値 67


 男女共学の高校も男子校女子校もバランス良くこのランキングには登場する。ランキング7位の市立浦和高校からも東京大学の合格者は出ているので、トップ校以外でもチャンスはあるということである。

 さて、この伝統ある男子校、女子校をすべて共学化しようとする動きがあるらしい。とんでもないことである。

「公立学校における公共性を鑑みれば、性別に基づき異なった取り扱いをなすのは問題」「尊重を伴いながらも共学化を進めることは何ら不可能なことではない」

 オレは女子校や男子校というのは独自の価値観に支配された聖域だと思っている。共学校には存在し得ない特殊な文化がそこには存在するのだ。もしも公立のすべての学校をそうして共学化するなら、男子校や女子校に行きたい人は私立に行くしかなくなる。

 大阪では男子校や女子校に行きたい場合は「私立」しか選択肢がなかった。公立高校でそれが可能であるというのはすばらしいことではないか。

 埼玉県は県立の男子校・女子校という文化を手放すべきではないのである。伝統や校風というものは一度破壊されれば二度とは元に戻らないのである。大阪では維新の会という半グレ集団が教育に介入して現場をめちゃめちゃにしている。高校生の不登校数日本一や、中退数最多というのは維新の教育行政の悪しき成果である。公教育を破壊し、民度を下げてカルト支配を強化し、最後は公共財を売り払って利権に変えて大阪を焼け野原にして去って行くのである。それに気付かない馬鹿府民が244万人も居て、知事選で吉村洋文に投票しているのだ。

 大阪がこんなことになったのはある意味自業自得である。住民が馬鹿だから簡単に騙されたということである。犠牲になるのは大阪だけでいい。この被害が拡散することを食い止めるためにも、埼玉県は維新首長や議員を絶対に排除して欲しい。維新が来たら県立高校の伝統は破壊され、最後は不動産業者に叩き売られるのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年09月03日

ヤクルト許すまじ

 9月3日の神宮球場でのヤクルト−阪神戦、阪神が7−0と大量リードした9回表の阪神の攻撃で、先頭打者の近本に対してヤクルト3番手として登板した山本の投じた2球目が近本の右脇腹を直撃した。

 近本は7月にも巨人の高梨から脇腹に死球を受けて、肋骨骨折で離脱するということがあった。それだけに同じような場所への死球は阪神ファンにとって衝撃だったのである。多くの阪神ファンは「なんてことするんだ馬鹿!」と思っただろう。

 ヤクルトは、今季これで58個目の与死球である。これはセ・リーグでも断トツの多さである。ちなみに阪神の与死球は40個しかない。真剣勝負の中でぶつけてしまうことがあるのは仕方ないが、それにしても多すぎると思うのである。しかも8月13日のヤクルト戦で阪神は捕手の梅野が左手首に死球を受けて骨折し、今季の出場は絶望である。主力選手へのこうした死球攻撃を繰り返すヤクルトという球団、高津監督のその姿勢に対してオレは激しい怒りを覚えるのだ。「いいかげんにしろよ!」と思うのである。

 もはや優勝の可能性のないチームが、残り試合を戦う上で守って欲しいのは、優勝争いをしてるチームの主力選手にケガをさせるなということである。もしかしたらそれは故意死球ではないのか。ライバル球団が裏で画策して「〇〇をつぶせばお礼に1000万円」というふうに動いていたらどうなのか。そんな陰謀論までオレは思ってしまうのである。もちろんそんなことを思うのは、言わずと知れたあの球界きってのダーティーな某球団の存在があるからなんだが。

ヤクルトの投手が全員ノーコンで四球を出しまくりならば死球が多いことも理解できる。しかし、与四球数は他球団とそれほど変わらない。ヤクルトは与死球だけが突出して多いのである。それは全くもって許せないのである。

 その昔、ヤクルトにいた相川という捕手が本塁で矢野に体当たりしてケガをさせて長期離脱に追い込んだことがあった。その時にオレは「自分が捕手ならそういうプレーがどれほど危険でかつ卑怯なことであるかはわかっていたはず」と相川に対して強い怒りを覚えたものである。

 プロ野球は鍛え抜かれた高度な技術のぶつかり合いだ。しかし、その技術の足りない部分を卑怯なプレーで補おうとする選手がいる。昔は巨人の元木大介がその代表だった。横浜Denaの京田が熊谷の盗塁を阻止しようとしてベースを足でブロックするという卑怯なプレーを行って、それがビデオ再現で明らかになったにも関わらず敷田審判は一度セーフとされた判定を覆してアウトにした。卑怯なことはやったもん勝ちということになると、プロ野球はそういう卑怯なプレーが横行することになるだろう。オレはそういうことが許せないのである。

 かつて阪神のエースだった江夏豊は、そのライバルである王貞治との対戦に於いて、一度も死球を投げなかったという。正々堂々と勝負しないといけないという意地が江夏にはあり、王もまたそれにフルスイングで応えたのである。江夏が三振奪取の日本記録を更新したとき、その記念三振は王貞治から取っているのだ。これこそが真のプロ野球選手である。

 阪神がこのまま優勝したとき、MVPに輝くのは近本光司選手だとオレは思っている。死球で骨折して欠場するという試練を乗り越えて勝利に貢献してくれた彼の功績を、長年の阪神ファンの一人として大いに称えたい。どうか「ARE」に向かって最後まで突き進んで欲しい。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 


2023年09月02日

黒歴史に向き合うこと



 どうして愛国心とかを説く政治家は歴史を修正しようとするのだろうか。プーチンが「カチンの森事件」のポーランド人捕虜虐殺を認めないという報道に触れてその思いを強くした。過去の歴史の真実を知ることはとても重要である。それがたとえ自国の過去の戦争犯罪であっても、正しく知ることは戦争を繰り返さないためにも重要である。

 オレが1988年にポーランドのワルシャワを訪れた時、ワルシャワ旧市街の街角で逢った若者は「 I hate Russian. We never forget Katyn. 」と語った。ゴルバチョフがカチンの森虐殺にソ連軍の関与したことを認めたのはその2年後の1990年である。スターリンからの殺害命令書も存在するという。政府が事実ではないプロパガンダをしても、歴史を書き換えることはできない。

 松野官房長官が関東大震災の時の朝鮮人虐殺について「記録が残ってない」などと発言した。そうした歴史的事実を「なかったこと」にしようとする歴史修正主義者は、その理由として「そういうことを知ると愛国心がなくなる」などと語る。愛国心というのは、歴史を改ざんしようとするクソ政治家に出会うとなくなるものだとオレは思っている。「こんなクソが政治やってる国など愛せるか!」ということである。統一教会の広告塔として活躍した安倍晋三という憲政史上最悪の売国クズ野郎を信奉していたネトウヨたちは、自分たちのカリスマが実はゴミ以下だったことを知ってどう思ったのだろうか。

 松野官房長官が関東大震災時の朝鮮人虐殺を「政府内に記録がない」否定するということは、ドイツの大統領がヒトラーのユダヤ人虐殺を「それはデマ」と言ってるのと同じレベルの恥ずかしいことである。韓国政府が松野官房長官の辞任を強く要求してもおかしくないレベルの発言である。

 「南京大虐殺はなかった」とか「関東大震災の時の朝鮮人虐殺はなかった」とネトウヨが発言するとは、彼らの馬鹿さ加減をはかれる物差しの一つだから仕方がないのだが、政治家が公的な場でそういう発言をすれば絶対ダメだ。なぜなら与党政治家の発言というのは政府の公式見解であるのと同じだからだ。官房長官となるとなおさらである。これは日本政府の信用問題である。そんな国が「平和主義」なんてちゃんちゃらおかしいではないか。プーチンと同じレベルの歴史修正主義者が政府首脳にいるということはもはや国家反逆罪レベルである。

 日本は戦前の軍国主義の黒歴史から立ち直って民主国家となった。戦争放棄の平和主義で多くの国からリスペクトされるようになった。オレがヨーロッパを放浪旅行した時にポーランドや東ドイツなどの共産圏の方から聞く日本のイメージは、優秀な工業製品を生み出す勤勉な国民性や、文化財が多く歴史や伝統を大切にしている国という肯定的なものだった。

 関東大震災の時に飛び交った流言飛語によって多くの朝鮮人が「自警団」と称する人達によって一方的に虐殺された。それはまぎれもない事実だ。そして現代のネット社会に於いてもフェイクニュースが簡単に拡散されるという現象が起きている。今こそその愚行の黒歴史に向き合い、二度と繰り返さないためにも官房長官は「二度とあのようなことが起きてはならない」と言うべきではなかったか。ところが松野官房長官は真逆の発言をしてしまったのである。今すぐあのボンクラを一人で韓国に行かせて韓国人民の前で土下座させるべきだとオレは思っている。

 近隣諸国と仲良くすることは戦争をしないために大切なことだ。直接その国の人間と知り合っていれば「鬼畜米英」などと誰も思わないだろう。

 小学校にもろくに通えずあまり文字が読めなかった明治生まれのオレの祖母、アイばあちゃんは、歴史はNHKの大河ドラマでしか知らなかったわけだが、太平洋戦争が始まったときになんと「アメリカなんかと戦争したら負けるに決まってる」と語ったそうである。農家の一女性がそうした客観的に判断を下せるのに、どうして多くの国民は「戦争に勝つ」ということを信じたのだろうか。

 狂った指導者どもは戦局が不利になると「一億玉砕」などという馬鹿げたスローガンを掲げた。もしもポツダム宣言を受諾せずに本土決戦となっていれば、日本国は地球上から消滅していたかも知れない。

 オレは防衛力増強には反対だ。戦争を防ぐのは軍備拡張ではなく外交だと思っている。そういう意味で国益に反した行動をとった松野官房長官を即座に罷免して、きちんと韓国政府に謝罪できることがまともな政治家のやるべきことである。岸田みたいなボンクラにそんなことはできそうもないが。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 




2023年09月01日

万引きは退学です

 公立高校は基本的に校則がゆるい。オレがその昔勤務していた公立高校では、盗んだバイクで暴走してコンビニのガラスを破壊した馬鹿がいたが、処分は停学一週間であった。万引きで補導されても停学にはならなかった。喫煙は停学一週間、二度目でも三度目でも常に停学一週間だった。

 公立の中学校もゆるい。特にDQN地域の中学校は喫煙など日常なのでそれくらいでいちいち注意するどころではないのかも知れない。大阪南部は高校生の大麻常習者がいて、深夜のコンビニ駐車場で大麻やその他の薬物を売買してるほどに治安が悪いのだが。それはそのまま大人のDQN率の上昇にもつながっている。

 ところが私立は校則が厳しい。アルバイト禁止であったり、喫煙は無期停学とか窃盗は一発退学とかである。もちろんそういう厳しさはオレは必要だと思うのだ。ただ問題は大阪府の教育政策である。「私立高校(授業料のみ)無償化」という政策のせいで、本来私立高校に来るべきではなかったDQN家庭で育ったDQN生徒が私立に進学してくることが問題なのだ。そこで私立高校の校則に従い、その価値観に合わせてくれればいいのだが、現実にはそうではない。DQN価値観をぶつけてくる親が居るのである。

「万引きなど誰でもやってる」
「いじめはいじめられる子にも責任がある」
「スマホは学校できちんと指導しないから悪い」


などというDQN基準を学校に押しつけてくるのである。今、大阪の多くの私立高校で中退者が多いのはそれが原因である。DQN生徒なのに校則の厳しい私立に入学してくる方が間違ってるのに、その校則にいちゃもんをつけるという馬鹿親がいるのだ。

 万引きは窃盗だし、いじめは加害者がクズだし、スマホの使い方は家庭での親のしつけである。そんなことがDQN親には通用しないのである。ほんま、そんなDQNは私立高校に来るなよとオレは思うのだ。

 吉村洋文は「誰でも行きたい学校にいけるように」と語るが、DQNのくせにまともな学校に行きたいという生徒の方が間違ってる。DQN家庭ならそれに合わせた学校に進めばいいということなのだ。

 こういうことを書いたら、江草はDQN生徒が行く公立高校のことを見下してるのかと言われそうだがそうではない。公立高校というのは一握りの上位校以外は基本的に地域に根ざした存在であり。偏差値35でも入れるけど、偏差値50の生徒もいるという多様性の世界であるべきなのだ。だからこそDQNを受け入れるフトコロの深さがあるわけだし、そこで排除されずに過ごせるからDQNでも真人間になるチャンスがあるのだ。オレが主張するのはいわゆる「棲み分け」である。

 維新の教育行政は公立高校を減らしすぎた。人口5万人規模でありながら公立高校が一つも無いという地元高校空白地域を生み出した。ある意味これは利尻島や屋久島のような離島にも劣るレベルである。徒歩や自転車で通える地域の高校がないのだ。小学校中学校と続いてきた地域コミュニティがそこで断ち切られ、高校生以上の生徒は雲散霧消してしまうのである。そんな教育行政が果たして正しいのだろうか。

 万引きが退学であると言われたとき、「私の家の子は絶対に万引きなどしない」と自信がある人だけが私立高校を受験すればいいのである。そして多くの親が「万引きなど誰でもやってる」と開き直る世の中が、闇バイトに手を染める若者を生み出したのだという現実に気付いて欲しい。
 教育の崩壊が、今の日本を作ったのである。その教育を主導したのは他でもいない自民党や公明党なのである。組合組織率が10%にも満たないようになって、日教組などとっくの昔に力を失ってるのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 

2023年08月31日

文部科学省の馬鹿



 教員のなり手がない。どこの都道府県も教員採用試験の競争倍率は下がり続けていて、志願者は減る一方だ。その対策としてなんと文部科学省は採用試験の時期の前倒しを提案しているという。民間企業の就職活動よりも早く教員採用試験をやれば受験者が増えると思ってるのだろうか。なぜ志願者が少ないのか文部科学省の官僚は全く分かってないのである。どうしてそこまでボンクラなんだろうか。

 教員のなり手がない理由ははっきりしている。仕事がブラックなのに、待遇がよくないからである。仕事をホワイトにするか、待遇を劇的によくするか、そのどちらかが実現すれば採用試験に志願者が大勢殺到するに決まってるのである。初任給が30万、30歳になれば年収650万、40歳で1000万ということになれば志願者は確実に増えるだろう。仕事のブラックさと責任の重さを考えればそれくらいの待遇を与えてもいいのではないか。

 ところが学校現場では大量の非正規雇用の教員が働いていて、新規採用者を抑える代わりに定年退職した人を再雇用で安くこき使う。例えば大阪府立高校の校長は再雇用だらけである。校長に本来支払うべき報酬を払わずに、逆に他の教員よりも安くこき使うというひどいことが行われているのである。そんな状況下で「3年連続定員割れすれば廃校に」と脅されるわけだ。オレはそんなところで絶対に働きたくないのである。

 すでに多くの自治体が公立学校の教員採用試験を6月末から7月初めに設定している。教育実習が6月中に行われることが多いため、それよりも前倒しはかなり困難である。そうなると教育実習を受け入れる学校のスケジュールにも影響するのである。たぶん中学や高校では教育実習を中間試験の後に入れているはずだ。

民間企業の採用開始時期はますます早まっている。オレが大学生の時は会社訪問解禁は卒業の前年の10月1日だった。教員採用試験はその前に終わっていたのである。オレは就職活動の滑り止めみたいな感じ採用試験の合格をキープしていたのである。今は採用試験が始まる前に民間企業が内定を出してしまうわけだが、もちろん順序が逆になっただけで、条件のいい方に就職すればいいだけである。

オレが大学生だった頃は、育英会の奨学金は教師や学芸員になった場合、返済義務が免除されたのである。だから「合法的な奨学金踏み倒し」というのは教員になる動機となったわけだ。もちろん10年ほど教員として働いたらその後は自由の身である。そういう制度は今の学生ローンという名の奨学金にはない。そういう仕組みを復活させればいいじゃないかとも思うのである。いい教員を確保するということが、どれだけ国益につながるかというのは戦前の師範学校が学費無償だったことを考えればいい。明治維新の日本が世界に冠たる教育システムを作り上げることができたのは、貧乏人の子、水呑み百姓の子であっても努力して試験を突破すれば教員になれたからである。現代は貧富の差がそのまま教育格差につながる階級固定化社会になってしまったが、戦前の日本ではそうではなかったのだ。

教師が高収入で仕事が楽というみんなのあこがれの職業にならない限り、いい人材は集まらないし採用試験の競争率も上がらない。それなのに試験の日程を前倒ししたらそれで解決するなんて思ってる文部科学省の役人は馬鹿しかいないのかとオレはあきれるのである。それ以上に政治家が馬鹿で無能だとは思うのだが。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月27日

福島に汚染処理水湖を作れ!


これはふざけて書いた文章ですので、内容に関してまじめに怒らないでください。

 福島原発の汚染処理水の海洋放出がはじまった。中国政府が早々と日本産の水産物の輸入停止を発表するなどしていて日本漁業関係者は衝撃を受けている。それにしてもなんで海に捨てなければならなかったのだろうか。敷地内に大きな池を作ってそこに貯めればよかったのにと思うのである。

 もちろん大きな池には渡り鳥も飛来するだろうし、いつのまにか魚やカエル、そして水棲昆虫も住み着くだろう。その生き物に起きる変化を研究することが、これからの原発と人との共存や、福島原発の今後の廃炉計画、そして帰還困難地域へ人々をどのように帰すことができるかと考えるための貴重な資料となったのである。

 航空写真では大量のタンクが敷地内に並んでることがわかるが、巨大な池を掘ればタンクとは比較にならない大量の汚染処理水を貯めることができる。それでいいのじゃないか。いずれ水は蒸発して空中に飛散する。海に流すよりもずっとマシである。

 もしもあなたの隣人が、「家のトイレの処理水を家の前の川に捨てていいですか? 大腸菌は無害な程度ですし、水道水で薄めて流しますので」と言われたらどうか。その川ではあなたも釣りをして時々釣った魚を食べているとする。きっと不愉快な気分になるはずだ。そこで「処理水は安全だから文句言わないで」と逆ギレされれば、「こいつ頭おかしいな」と思うだろう。その頭おかしい状態になってるのが、福島原発の汚染処理水を海洋放出することに熱狂的に賛成している国民やホリエモンである。

 その隣人が「処理水を川に流すことをやめて、家に池を掘ってそこに貯めることにしました。魚の養殖もしてみます」と言うとあなたは安堵するだろう。その養殖魚を食用に勧められてもちょっとためらうだろうけど。

 福島原発も海にいきなり流すのではなく、とりあえず敷地内に貯めればよかったのである。その貯めた池のまわりを緑地公園にして、処理水と親しむ親水施設を作って、政治家の家族はそこで遊ばせることを義務づけて、「処理水はこんなに安全!」とアピールして、売店では「処理水サイダー」「処理水酒」「処理水ビール」などを販売し、周辺に田んぼを作って「処理水米」を販売して「処理水グッズを買って、原発復興を支援しよう」という形でアピールすればよかったのである。

 福島原発の事故は不可抗力の天災ではない。原発事故というのは絶対に起こしてはならないものであり、そのための防災予算はいくらかけても十分とは言えないのである。たかだか200億円ほどで建設できる防潮堤の建設費や、たかだか100億円程度でできたであろう原子炉の冷却装置用の緊急時の自家発電装置などにきちんと投資をしなかったために起きたいわゆる「人災」である。経営判断のミスによってそのような大規模な事故を起こした東電の経営陣は全員が終身刑にされてもおかしくはないとオレは思っている。

 ところがその罪人達は全員何の責任も問われず、退職金をがっぽりもらって悠々自適の老後である。そして多くの人々が故郷を追われ、二度と家に帰れなくなったのである。どうして日本の裁判所はそこで正義を実現できなかったのか。

 津波によるこのような被害は予測できなかったと裁判では東電側が主張してたが、そんなことは原発の弱点をあれこれ考えた高校生でも予測できたのである。全国教室ディベート連盟が主催する全国中学高校ディベート選手権(ディベート甲子園)では、「原発は津波に弱く、非常用電源は水没すればたちまち機能不全に陥る」と主張した高校があった。高校生でもわかることが予測できなかった東電の経営陣や技術者は、そのボンクラさえ故に日本にここまでの危機を与えた。全員丸坊主になって全裸で皇居の前で土下座し、日本中を謝罪行脚しなければならないほどの罪を犯したのである。

 たかだか「コストが抑えられる」というだけのくだらない理由で海洋放出を決めた東電と政府は、過去と同じ愚をまたまた犯したのである。本来東電のやるべきことは、絶対に中国政府に文句を言わせないような処理水対策だったのではないか。汚染処理水を中国政府に送り、「どうぞこの水をあなたがたが存分に調べてください」と相手に判断を委ねることではなかったのか。その上で中国政府が「これは危険だ」と答えれば、絶対に今回のような海洋放出に踏み切るべきではなかったのだ。

今ならまだ間に合う。政府は即座に海洋放出を中止して、敷地内に「汚染処理水プール」を設置して、そこにため込んだ水を自然の蒸発に委ねるべきである。そうすれば中国に「輸入禁止」を止めてもらうことができる。その政治決断ができるのは岸田総理だけだ。あのボンクラがそんなことを思いつけるわけもないのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 


exajoe at 23:30コメント(5)暴論 この記事をクリップ!

2023年08月26日

タワマンは早く売り逃げだ!



 昨年の東京の新築マンションの平均価格が1億円を超えたという。どうしてこんなに高くなってるかというと、どうも中国の富豪たちが「日本のマンションはまだ値上がりする」ということで投資用に買っているらしい。しかし、中国では不動産バブルがはじけたわけで、今は「より安全新たな投資先」として資金が日本に向かってるだけである。もしも「日本も下げ始めた」ということになれば、一斉に値上がりによる投資目的の購入者は逃げ出すので、マンション価格の大暴落が起きるだろう。そしてそれらの物件に資産価値以上の担保を設定している銀行もダメージを受ける。もしもオレが悪質な買い手なら、居住しているマンションのローンを滞納して銀行に明け渡し、競売に出される前に友人を使ってはるかに安い価格で任意売買で買い戻すというイカサマを考えるかも知れない。

 株価が少し下げただけでも株主はビビる。大恐慌になればもうなりふりかまわず持ち株を売ろうとする。その売りがさらに値下がりを呼ぶから大恐慌になるのである。同じことがいずれ都心部のタワマンでも起きるとオレは思っている。

 安く家を買いたかったら、今は郊外の戸建て住宅が安い。築年数が古いモノならそれこそ捨て値で出されている。リフォーム済みのものを見学してから選べるのできちんと自分の目で確かめられる。車庫が二台分あるとかこだわりの条件に合うものを選んだらいいだろう。人口減少に入った郊外では車庫なんて余りまくりである。オレの家の近所にはガラガラの駐車場や入庫車がなくて朽ち果てようとしているガレージがそこら中にあるのだ。

 電設資材を買いにヤマダ電機に行ったとき、ヤマダでは家電以外に家も売ってることを知って驚いた.新築住宅もリフォーム済みの中古住宅も売られているが、ちょっと高めである。なんでその値付けなんだと驚くようなものもある。いくら新築でも大阪の郊外でたかだか30坪そこらの家を5000万で売るなよと思う。今ならせいぜい3000万がいいとこだろ。中古住宅なら1000万円以下で買えるくらい値崩れしてるのになんでそんな高いモノが売れるのかとあきれるのだ。

 中国人の買い手が逃げたら東京のマンションは暴落するだろう。そして徐々にその効果は全国に波及する。最高値で売りたいなどと思わずに、売れるときに売って逃げるのが大事である。

 日本には大量の空き家がある。学生数が減少した街では賃貸住宅の家賃崩壊が起きている。余ってる物件が多数あるのに高いモノに飛びつく人はまだまだ多い。賃貸住宅なのに「新築」にこだわる人も多いのである。

 オレが生きてる内にそのバブル崩壊が起きるのかどうかはわからないが、中国ではもう不動産バブルがはじけて恒大集団という大手が破産しているわけだ。中国元が暴落すれば、今日本の不動産を買いあさる中国人の勢いも弱まるだろう。オレは日々の為替の動きを注視しているが、最初に兆候が現れるのはそこだと思うからである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月24日

維新のネット工作

 ネット上のSNSには多くの維新工作員がいる。彼らにはどんなバイト料が支払われているのかは不明だが、吉村知事の発言があるとそこに知事をヨイショするコメントをつけるし、知事を批判する書き込みに対しては一斉に攻撃する。オレはそういう工作員垢を見つけると即座にブロックするのだが、これまでにそうしてブロックしたアカウントは1000を超える。おそらくこのような工作員は一人で十数個のアカウントを持っているのだろう。

 工作員のプロフィールには共通点がある。子育て中の主婦であるとか、吉村知事を応援するシングルマザーとかいう属性で一般人を装っている。しかし、そのアカウントのフォロワーを確認すると維新議員や他の工作員がいる。つまり、これらの一般人を装ったアカウントは一般人ではなく、維新議員の裏垢であったり、維新関係者であるとしか考えられないのである。たいしたことを書いてるわけででもない普通のママをどうして維新の国会議員がフォローしているのか。おそらく維新には「ネット工作組織」があって、そこからさまざまな指示が出され、その指示に従って発言するという仕組みなんだろう。

 工作員と言えば自民党からゼニもらっていたあのDappiが有名だが、Dappi裁判では「社員が勝手に勤務時間中に書き込んだ」「会社ぐるみでやったことではない」と苦し紛れの言い訳がされている。

 Dappiが流したデマの中でも最悪のデマは、安倍晋三の嘘のために自殺に追い込まれた赤木さんのことを「赤木さんを追い込んだのは野党議員」という事実無根なことを書き、それを多くのネトウヨや統一協会関係者が拡散したことだった。Dappiのやった多くのことがバレてしまった今でも、その嘘を信じている人は多い。そして大阪一のクソ野郎であるあの吉村知事も、この政府工作員垢であるDappiの発言を引用ツイートしているのである。吉村洋文ほどの悪人ならば、その垢が工作員であることも承知の上でツイートしていたんだろう。もしも工作員だと知らずにリツイートしたのならホンマモンの馬鹿である。

 オレはこの維新の工作員活動を「維新猿芝居」と呼んでいる。そして猿芝居を指摘された工作員垢の多くが、オレのコメントには沈黙している。それはなぜかというと、自分たちのやってる猿芝居は主にカルト信者向けであり、その実態が維新とは関係ない人によって拡散されることを恐れているからだ。

 たとえば大阪で今行われている「吉村米買収事業」だが、これは国から出ている交付金5000円を業者に中抜きさせて、米10キロのクーポンにして府民に配布するという仕組みである。中抜き業者は5000円と米10キロの差額が儲けとなり、その業者からの献金が維新議員や維新の会のシノギとなるのである。そして馬鹿府民たちは「吉村さんのおかげでお米をもらえてラッキー」となって、選挙の時に吉村洋文や他の維新候補に投票してくれるのである。

 維新行政というのは常に利益を目指す。大阪で介護保険料や国保料が高いのは、そこで利益を出そうとしているからである。弱者に寄り添う姿勢など全くない。「もうかるか、もうからないか」が維新の価値判断の基準だからだ。そして維新によって「もうからない」と判断されたものはたとえ必要なものであっても容赦なく切られる。たとえば志願者が定員割れするような入学試験の学力偏差値の低い高校は容赦なく廃校にされるが、そうした高校は経済的に困難を抱えた世帯とか、日本に居住する外国人家族にとって必要な存在である。偏差値38の高校を無くしたところで偏差値38の生徒がいなくなるわけではない。高校を潰すことで、そうした生徒が行き場を失って社会が不安定化するだけである。大阪では少年による大麻や薬物事犯の検挙件数が日本一多いそうだが、これは維新の教育行政がもたらした結果である。全国学力テストの平均が低かったのは、公教育を軽視して経済的に恵まれない人達を切り捨ててきた大阪の教育行政がもたらした人災である。

 どうか賢明なみなさんは、ネット上の維新工作員垢を見つけると粛々とブロックして下さい。そんな垢の発信する情報なんてすべてデマです。デマに扇動されて吉村洋文に投票する244万の愚民は、もしかしたらデマに扇動されてオレのような反維新の人間に対して集団リンチを仕掛けるかも知れません。関東大震災の時に多くの中国人や朝鮮人が殺されたように、オレも「吉村さんを支持しないなんて非府民だ!」とつるし上げられるのかも知れません。それはまるで中国の文化大革命のようです。維新支持者って、紅衛兵みたいなものなのでしょうね。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月23日

大阪腐知事ヨシムラ

ツイッター上には次のアカウントが存在する。

吉村洋文(大阪府知事)@hiroyoshimura

 このアカウントが公費で開設されてるのかどうかがを大阪府に問い合わせてくれた方がいるが、大阪府の回答は、「大阪府とは無関係に吉村洋文が私人として開設しているアカウント」であるということだった。私人吉村洋文が肩書きとして「大阪府知事」と書いているのである。しかし、誰がそれを私人と思うだろうか。「吉村洋文(大阪府知事)@hiroyoshimura」という垢を見た人は、吉村洋文が大阪府知事の立場でさまざまなことを発信していると必ず思うだろう。

 さて、その垢の役目だが、毎日のように維新の会の活動についての記事が発信される。もちろん馬場代表の「社会福祉法人ネコババ疑惑」や「堺市議に対するパワハラ疑惑」のような維新の会にとってネガティブな事実については全く触れず、もっぱら党の広報活動と、自分の成果の嘘宣伝に終始している。そういう活動をするなら少なくとも肩書きは「大阪府知事」ではなく「維新の会共同代表」とか「統一教会(韓鶴子)のパシリ」とか「大阪腐知事」とかにすべきであるとオレは思うのである。吉村洋文、おまえが「大阪府知事」の肩書きで書くと言うことは、知事という役職として発言するということだ。知事でもないオレは「大阪府知事」という肩書きを使って書かないのは読む人に誤解を与えるからである。維新の会の広報活動担当者であり統一教会のパシリであるおまえが、「大阪府知事」という肩書きで活動するのはおかしくないか?

 おまえがその活動に専念したいのなら知事を辞めて活動しろよ。知事であることに専念したいなら党の広報活動は他のやつにやらせろよ。おまえは大阪府民の払った税金から報酬をもらってる以上、特定政党ではなく府民のために奉仕すべきであり、オレのような「維新なんてクソ」と思ってる府民のためにも働く義務があるのだ。だったら今おまえが維新広報活動をしていることはおかしいじゃないか。

 このようなことをマスコミは報道しないし、テレビでも取り上げられることはない。オレが新聞社で社説を書く立場なら堂々とそうした主張をするだろう。ところが残念なことに新聞社は権力の走狗と成り下がっているのでどの社もそんなことは書かない。みんな腰抜けである。

 維新知事が誕生した奈良県ではさっそく利権の付け替えが露骨に行われている。さまざまな公共事業が一斉に停止され、その上で新たな利権構造が築かれ、維新お仲間企業がその利権とつながるのである。松井一郎は大阪で港湾利権や不動産利権とつながっていたが、おそらく奈良県でもそうした動きが今後起きるはずである。その不利益を被るのは奈良県民なんだが、この事態を招いたのは低い投票率や維新に投票した馬鹿県民のせいだから受け止めるしかない。

 京都市では現職の門川市長が引退を発表した。吉村洋文は自身のツイッターアカウントで「京都市長を取りに行く」という発言をしている。大阪府知事の肩書きの人が「京都市長を取りに行く」という発言をすることがおかしいとオレは思うのだが、メディアはそのおかしさをどこも突っ込まない。そういう発言は「府知事」ではなく「維新共同代表」や「統一教会広報部」という肩書きですべきである。

 京都市民の皆様、どうか市長選挙では京都市の自治を守れるような候補者に投票してください。維新市長になれば京都は不動産業者の食い物にされます。貴重な市民の財産が売り飛ばされ、そこに中国資本が入ってきます。習近平の「一帯一路構想」に組み込まれてしまうのです。どうかその危うさを認識して欲しいと思います。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月22日

福島に汚染水ワンダーランドを作れ!


これはふざけて書いていますので、どうかこの内容に関してまじめにお怒りにならないようにお願いします。



 政府は8月24日から原発汚染処理水の海洋放出を始めるようである。以前にこの海洋放出の件に関して批判的なことをツイッターに書いたオレは、大勢の工作員に絡まれた。おそらく電通とかに雇われた連中だろう。第二第三のDappiが活動してるのかも知れない。

 オレは福島原発の汚染処理水が安全だとは全く思っていない。少なくとも汚染処理水が生物に与える影響に関しては全くなんの実証実験もなされてないのである。せめて体育館くらいの大きさの空調設備をそなえた建屋の中にプールを作って、そこに汚染処理水とさまざまな水棲生物を入れてみて、あるいは水耕栽培の植物を育ててそれらの生物のエサにしてみて、生物に何が起きるのか、あるいは何も起きないかを実証実験するべきである。科学というものはそういう実験から学ぶものであり、それを全くやっていないのに。「安全性には問題ない」といくら言われてもオレは信じられないのである。このような実験は世界のどこでも行われていないからこそ価値がある。

 一度海洋放出した汚染水は二度と元に戻せない。つまりこの海洋放出ということが失敗だったとしてもその失敗をなかったことには絶対にできないのである。岸田総理は「全責任を持つ」というが、風評被害は日本中の全ての漁業者が受けるのである。漁業者だけではなくて「スシロー」や「かっぱ寿司」などの店も被害を受けるのである。もしも寿司業界全体の売り上げが風評被害で10%下がったとしたら政府はそれを補償できるのか。無理である。それなのに「全責任を持つ」というのはなんと無責任な発言だろうか。これは「最初から責任など持つつもりがない」から言えるのだ。

 これまで自民党の政治家は「責任はある」とは言ったが、誰も責任を取ったものはいないし、賠償した者もいなかった。誰もが「口だけ」である。東京裁判で戦犯達は戦争の責任を負って処刑されたが、満州での阿片売買でボロ儲けしたと言われる岸信介は訴追もされずにその後はCIAの工作員として日本の政治に関わり、統一教会のエージェントとして売国活動にいそしんだ。その孫の安倍晋三は総理大臣となって統一教会の広告塔となり、統一教会によって人生を破壊された若者の凶弾に倒れることとなった。誰も責任を取らない自民党政治家どもへの怒りがあの凶弾を生み出したのだとオレは感じている。

 汚染処理水が本当に無害なら、福島には汚染処理水のプールで泳ぐことができる「汚染水ワンダーランド」を建設すればいいのである。そして政府関係者はそこで年間10日は過ごすことを義務づける。自民党議員は国会議員も地方議員も必ず家族連れでそのワンダーランドで過ごさなければならないということにすればいい。IAEAによれば汚染処理水は安全無害なわけだから、このワンダーランド建設は全く問題ないのである。「汚染処理水を飲んだら放射線治療と同じ効果が起きて癌が治った!」とかいうことになれば大人気施設になるだろう。

 常磐道のSAではペットボトルで「汚染処理水」を販売してじゃんじゃん飲んでもらって、その売り上げを除染作業員などへの報酬に使えばいいのだ。汚染処理水で作ったお米は「メルトダウン米」としてSAで売ればいいのである。処理水が安全ならば当然それは人体に無害なはずである。政府が主張する「無害」というのはすなわちそういう意味ではないのか。汚染処理水を飲みまくり、その風呂に入り、それでお米を作って食べても安全だから海洋放出するんだろ。そうじゃないのか。もしもそうじゃないなら海洋放出なんかしたらダメだろ。

TVではそのワンダーランドのプールで家族と戯れる自民党や維新の議員を登場させればいい。そして議員達が「わたしたちが保証します」と言って、汚染水の一気飲みのパフォーマンスを見せればいいのである。そこまでやればもう認めるしかないだろう。国民みんなが汚染処理水と心中するんだという気概を見せればいいのである。100%日本政府を信頼しているということを全世界に発信すればいいのである、

 ここまで読んで「アホかおまえは」と思ったならばそれが正しい判断だ。そんなことをできるわけがないのである。汚染処理水は人体に長期にわたって害をもたらす可能性のあるさまざまな放射性物質が含まれているからこそこれまで海に放出できないでタンクに貯められていたのである。そんなこと誰もがわかるだろう。

 たかだか数年の任期しかなく、しかも原稿を下を向いて棒読みするだけのクズ総理が「全責任を持つ」と言ったところで、別に岸田総理は汚染水の一気飲みをしたわけでもなく、あのタンクの中で泳いで見せたわけでもない。しょせん口だけである。全漁連はたかだか800億程度のゼニで黙らされるようだが、政府は太平洋沿岸諸国から実際の被害の訴えがあったときには国家予算なみの賠償を強いられるだろう。その時になってからではもう遅いのである。

 オレのこの記事をどうせほとんどの自民党支持者は読まないだろう。オレはプロフィールに「れいわ新選組支持」と明記している。それだけで自民党支持者はオレを「頭おかしい人」扱いする。しかし、共産党やれいわ新選組支持者を「おかしい人扱いしようと必死で風評を流しているのは実は統一教会やその政治団体の勝共連合の連中である。松井一郎や吉村洋文が共産党叩きに熱心なのは、彼らが統一教会の忠実なエージェントとして働いているからである。

 汚染水が海洋放出されて汚染されるのは福島の海だけではない。世界の海はつながっているので、それはやがて全世界に広がっていくのである。日本政府はそれがこれから地球環境に及ぼすすべての出来事に対して全責任を負うことになる。南アフリカの沖合で放射性物質由来の奇形シーラカンスが発見されれば、それは日本のせいかも知れないのである。それほど大変なことを岸田は「全責任を負う」と言っている。おまえなんか海神ポセイドンの怒りに触れて八つ裂きにされるぞとオレは心配してしまうのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 

exajoe at 14:37コメント(14)暴論 この記事をクリップ!

2023年08月21日

中国の若者を奪え!



 不動産不況にあえぐ中国では失業率が上昇している。実際の失業率は50%とも言われている。人手不足であらゆる産業が危機に瀕している日本とは大違いである。働く場所がない中国のその若者達はいったいどこに行くのだろうか。アメリカやカナダ、あるいは欧州で働く場所を求めるのだろうか。

 あらゆる業界が人手不足で悲鳴を上げている日本では、優秀な人材があれば外国人であってもどんどん受け入れる機運が備わっている。お隣の国で大量の失業者が存在しているのに、日本では人手不足を理由に倒産する企業さえあるのだ。

中国で失業している若者を日本企業に紹介するという仕組みを作れば、どちらの国にとってもメリットがある。ここで大事なのは彼らを巧妙に洗脳して、「世界征服を企む習近平は悪」「プーチンと習近平は悪の二大巨頭」という価値観を植え付け、彼らが日本に帰化することを望むように仕向けることである。日本で起きている「人口減少」を、中国の優秀な若者を取り込んで日本人にする」という政策で解消するのである。

 日本に来た若者が日本人と恋愛してそのまま結婚し、日本に住み続けるという形になればそれはある意味日中両国のつながりを深めることになり、友好を深めることにつながる。先に書いた「洗脳教育」みたいなことをわざわざしなくても、自然にリベラルな価値観に触れることで日本人として生きることを選んでくれそうな気がするのだ。

 中国は不動産バブルが崩壊して実際はとてつもない不況になっている。中国政府が統計をごまかしているからそれは数字に表れてないだけである。その今がチャンスなのだ。この機会に中国の活力がある若者を日本に引き抜いて、彼らに日本という国籍を選んでもらって、少子高齢化の日本を立て直すというのがオレの考えた戦略である。

 もしも習近平が極端な金融緩和に舵を切って、大量の中国元を市場に供給してバブル崩壊の収拾をはかるとすればバブル崩壊は食い止められる。中国元の為替レートは今の1/3くらいに下がるだろう。今や多くの物資を輸入に頼る中国にとってそれは大変な物価高をもたらすことになる。その過程で国民の不満は爆発して「太平天国の乱」みたいなことがおきて共産党政権は打倒されるかも知れない。自分たちが権力の座にあることを絶対に手放したくない習近平は、国家体制が不安定になるようなことはしないわけで、ほんの少し利下げする程度のことしかできない。

いずれ起きるだろうこの中国発の「大恐慌」の中でどうやって逆に資産を増やして生き残り、オレの子孫までもゼニに囲まれた幸せな生活が送れるようにするか。オレのような「勝ち組投資家」は常にその戦略を考えているのである。その時何が起きるのか。オレはその成り行きを見届け、適切なタイミングで金融商品に売りや買いを入れて利益の最大化だけを目標にしている。

 残念ながら日本の政治家の中にそうした戦略眼を持つ人は誰も居ない。福島原発の処理水の海洋放出は日本国民に大きな損害を与えることが確実なのに、目先のことだけを考えてそれをやってしまうような馬鹿が総理大臣である以上、日本は確実に滅ぶ。間違いない。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 




2023年08月20日

最悪の駐車場火災


 神奈川県にあるマルハン厚木店の駐車場で火災が発生し、クルマが100台燃えてしまうという大惨事になった。そのニュースを視ていてオレは思ったのである。ふだんいろんな商業施設の駐車場を利用しているオレにとって、このような火災は決して他人事ではないからだ。

 今回の火災はマルハンという巨大パチンコ屋の駐車場で発生した。クルマが突然発火する原因というのはいろいろあるらしく、高速道路で炎上しているクルマを見かけたこともあるし、それほど珍しい事例でもなさそうだ。しかし、それが今回のような屋内駐車場で起きると周囲のクルマに延焼して大惨事を引き起こしてしまうのである。あべのキューズモールやなんばのヤマダ電機、北花田のイオンモールなどによくクルマを駐めるオレとしては、そういう場所が火事になったときに自分のクルマがどうなるのだろうかと思ってしまったのである。

 駐車場内の車同士の接触事故などに関して、駐車場設置者が責任を負うことはないと明示されている。これは日本全国共通である。明らかに駐車場の構造に欠陥があり、事故がその欠陥に由来するものであるとしても、設置者には責任がないとされるのである。京都の出町柳には京都市営だった地下駐車場があるが、ここは一台あたりのスペースが狭くて通路も狭く、うっかりランドクルーザーのような巨大なSUVを乗り入れるとアウトである。今は駐車場の一台あたりのスペースも広くなって改善が進んでいるが、昔の駐車場には駐めにくいモノが多く、それが「運転が苦手な客」を遠ざけているのだ。

 さて、今回のマルハンの駐車場火災なんだが、燃えたクルマはもちろん全損である。その補償は任意保険でカバーできるのだろうか。地震や津波、台風などの天災で壊れた場合は補償の対象ではないと聞いたことがあるが、集中豪雨があるとクルマはいとも簡単に水没するわけだ。そういう時にどうなるのか知っておきたいのである。今回のマルハンの火災もある意味天災のようなものではないのか。

 EV車が増え、そのクルマが粗悪なバッテリーを搭載している場合、発火や爆発の危険がある。アメリカでテスラのバッテリーの火災や爆発事故がどの程度起きてるのかわからないが、航続距離に関して嘘宣伝をしていたくらいだからきっとそういう不都合な事実は隠されているだろう。中国から日本上陸してきたBYDとかいう下着メーカーみたいな名の自動車メーカーのクルマは安全なんだろうか。すでに京都市ではそのBYDのバスを京都市交通局が運行させている。まだ乗ったことがないので評価することはできないが、大きな事故が起きたときにどうなるのかとオレは思うのである。

 マルハンの駐車場火災の原因がEV車ならば、その製造メーカーは今回の火事の責任を負わなければならない。しかし、あれだけ燃えてしまったあとではどこが火元なのか特定しにくいだろうし、原因となったものも燃え尽きてしまってるのかも知れない。こんなに簡単に燃えるのならそれを狙ったテロ事件も今後起きるかも知れない。暴力団関係者が所有するスーパーカーが並ぶ大阪の某所の地下駐車場などはその標的にされそうである。

 何が火事の原因だったのか。オレはそれが一刻も早く解明されることを願っている。もしもEV車の自然発火とかいうことなら、そんな車を増やしたらダメなのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です

2023年08月19日

中国不動産バブルは崩壊か?



 中国の不動産大手、恒大集団がアメリカで連邦破産法を申請して資産の保全をはかった。このことは何を意味するのか。中国で今起きている不動産不況は今後どのようなことにつながるのか。ここでオレは私見を述べたい。

 不動産業というのは基本的に土地が右肩上がりで値上がりし続けるという前提のもとに成立する。だから人は借金してまで家を買うわけである。将来確実に値上がりすると思うから今のうちに買おうとするわけだ。もしも土地価格が大きく下げれば、買った土地は担保割れすることになり債務超過になる。

 中国では高くなりすぎて買えなくなったマンションの価格などを国策で調整しようとして不動産業への融資を規制した。不動産業の各社は銀行から借りることができなくなったのでより金利の高い方法で調達しようとしたわけだが、それらの債券が利払い出来なくなってデフォルトし始めた。これは銀行が融資を規制したことでバブルが崩壊した日本と似ている。中国で起きることは日本で起きたことをただなぞっているわけだ。中国の不動産大手の恒大集団の負債額は日本円にして約49兆円。2022年にデフォルト(債務不履行)に陥り、現在、は政府の管理下で巨額債務の再編・削減を進めているということである。

 タワーマンションの建設工事が途中でストップし、多くの人が「お金を払ったのにマイホームを手に入れることができない」という状況が今中国で起きている。ニューヨーク・タイムズは、販売されたものの未完成の集合住宅が去年末時点で72万戸あると報道している。これらの未完成住宅の購入者は中国政府に救済を求めている。これはバブルが崩壊した日本でも起きなかったことである。大規模な開発プロジェクトが突如中断され、そのまま作りかけの街がゴーストタウンになるのである。そういう意味では作ってからコケた日本よりもはるかに悲惨だ。そして日本の場合、不良債権を処理できず銀行がつぶれるまでにはタイムラグがあった。中国経済はいつ崩壊するのか。それは日本にどんな影響を及ぼすのか。オレはそれを考えているのである。

一人っ子政策のせいで中国は人口減少社会に突入している。若者の失業率も高く、中国政府はそうした実情を隠しているが、もはやバブルの崩壊は食い止められないだろう。経済が失速すれば人々は購買力を失い、生活必需品以外は売れなくなる。自動車のEV化で世界のトップを走っていたはずの中国が失速すれば、自動車産業にも多くの影響が出るだろう。

 経済というのは、ゼニさえあれば回っていくのである。中国政府がインフレをある程度覚悟して大量の元を発行して不動産業を救済してしまえば問題は解決する。日本円にして1000兆円くらいの元を発行してそれをバラまいたらストップしてる工事も動き出すだろう。しかし、そうやって民間企業を救済するだろうか。そんなことはしないと思うのである。ゼニを失った多くの人達の不満が累積して社会が不安定化するというのがオレの期待である。それで革命が起きて、共産党支配が終われば世界は劇的に変わるだろう。もちろん習近平はそれを許さないわけで、このバブル崩壊に対してどんな手を打ってくるだろうかとオレは興味深く眺めているのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 

2023年08月18日

東大阪を維新が占領する日



 元自民党の市議であり、自民・公明の支持をもらって東大阪市長を4期務めた野田義和が、来月の東大阪市長選挙で維新の会公認として出馬することがあきらかとなった。維新は独自候補を立てて市長の椅子を奪うことが困難とみて、そこで現職を自分たちの仲間に取り込むという戦略をとったわけである。

 もっとも自民党と維新の会の関係というのは、第一自民党と第二自民党ということなので、このようなことが起きても驚くことはない。自民党の中でも特に利権が欲しくて政治をビジネスと考えてる人達が維新に集まったわけであり、東大阪市長がそういう意味で自分の後ろ盾を大阪では落ち目の自民・公明から、大阪を実質支配している維新に乗り換えただけのことである。

 この野田義和は以前から統一教会との関係が深く、2019年には統一教会の関連団体である「世界平和女性連合」のイベントに講師として呼ばれてスピーチしている。また研修会やクリスマスパーティーにも呼ばれて複数回出席している。おそらくこのような件に関しては「統一教会の関連団体とは知らなかった」という言い訳をしそうなんだが。また同じく2019年には自民党市議の浅川健造の依頼により、統一教会の関連団体「天宙平和連合(UPF)」が主催する自転車イベント「ピースロード」に参加し、記念撮影に応じたという。オレはサイクリングが好きなのでこのピースロードには興味を持っていたのだが、統一教会の仲間と知って唖然としたことを思い出す。そういえば学生団体のSEALDs(シールズ)に対抗して統一教会が「勝共ユナイト」という怪しい組織をぶつけていたなあと思い出す。統一教会はネトウヨを装ってさまざまな組織を背後から操っていたえわけで、教科書問題とかでも背後にいて文部科学省に影響を与えていた。昨年の安倍晋三銃撃事件によってそうした闇はやっと我々に認知されることになったわけだが。改めてオレは「統一教会と接点のある政治家の全員退場」を強く願うのである。

 今のところ野党は対抗馬を出す予定がない。また裏切られた自民党公明党も何の動きもない。このままで行けばそのままこの野田義和が当選しそうである。無投票になるかも知れないのである。

野田義和が維新公認市長として東大阪市長に再選してやることは何だろうか。東大阪は確か市立の高校を持っていたはずだ。日新高校という東大阪市立の高校がある。まずそこを生け贄として吉村府知事に無償で差し出すだろう。そこで吉村洋文が考えることは日新高校の弱体化である。人気をなくして入学者を減らし、大阪府独自の3年ルールを適用して整理統合の対象にすることである。数年後には売却して不動産業者に売り飛ばすという流れだろう。東大阪市民の財産であり、歴史と伝統のある高校であっても「たかが金儲け」のために簡単に潰せるのが維新の連中である。彼らの価値観は「ゼニ」だけである。

野田義和が自民公明から維新に乗り換えたことは、第一壺政党から第二壺政党に乗り換えただけのことであり、統一教会との関係の深さはそのままである。むしろ維新の会という壺本家に回帰したようなものである。

 自民党は結局統一教会との関係を絶てなかった。そして維新の会は統一教会との関係を隠したまま大阪以外の土地に進出した。マスコミはいつのまにか統一教会関連の報道をほとんどしなくなった。かくして維新は統一教会の尖兵となって、あちこちで議員を擁立しているのである。他党の落選議員を積極的に取り込み、勢力拡大をはかってるのだ。

 維新市長になるとはどういうことか。東大阪市民はこれから市民サービスがどんどん切られて、公の財産が維新お友達企業にどんどん売却されていく姿を体験することができるだろう。もう引っ越しして逃げ出すしかないのである。



 
ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 

2023年08月17日

若者にクルマを買わせるには?



 知人の息子さんが自動車教習所に通い始めたということを聞いて、いくらくらいかかるのかと尋ねると。35万円だという答えだった。あまりお金がない若者にとってかなりの金額である。オレは大学生の時に京都の洛東教習所で免許を取得したが、確か10万円ちょっとだった。その頃に比べて3倍以上になってるのだ。もっとも国立大学の学費が当時年間で14万4000円だったことを思うとそれくらいは妥当な値上がり率かも知れないのだが。

 クルマを買うときに掛かる任意保険の費用も高い。初めて加入するときは割引がないので年間に10万円以上かかることもある。テレビで安い自動車保険を宣伝しているが、あれは割引率が高いから安いのである。事故率の高い免許取り立ての若者の場合は保険料率が高めに設定されている。

 オレは自動車教習所に通う費用をもっと安く出来ないだろうかと思うのである。ここをたとえば自動車メーカーに一部負担させればどうなのか。あるいは国から補助したらどうか。クルマを運転する人がどんどん減っているという現状を食い止める何らかの方策になるのではないだろうか。

 また、地方に多い合宿制の自動車教習所だが、そこを同時に男女の出会いの場として活用できないかと思うのである。免許取得と恋人探し(婚活)が同時に出来るという触れ込みで工夫できれば面白いのではないだろうか。

 免許保有者を増やさないと、これから起きるドライバー不足を乗り切れないことは明らかだ。運転免許取得者を増やし、トラックドライバーやバス運転手に正当な報酬を保証することは大切である。万博のシャトルバスの運転手を時給2000円で集めようとしてるのは論外だ。その倍は払わないといけないとオレは思っている。

 オレが若い頃は男にとって「クルマを持ってるかどうか」というのが女の子とお付き合いするのに大事な要素だった。そしていわゆる「デートカー」と呼ばれる2ドアクーペが人気だったのである。ホンダプレリュードは助手席をリクライニングするレバーがなぜか右側(運転席側)に付いていたので、夜の暗がりにクルマを駐めて話し込んでる内にシートを倒していちゃつくのに便利だった。オレは日産のパルサーEXAを買ってからそのことを知って激しく後悔したのである。残念ながらパルサーEXAは車内が狭くていちゃつくには向かなかった。また、マツダのファミリアXGは、シートがフルフラットにできるという利点があった。窮屈な空間で体位を工夫する必要がないフルフラットの大空間は若者のカーSEXにとても重宝されたのである。貧乏な若者にとってクルマというのは走るラブホだったのである。もっとも暴走した結果として「走る棺桶」になる可能性も大きかったのは事実なんだが。

 クルマの免許を取らない若者の増加と、童貞率の上昇、そして結婚しない人の増加ということには何らかの関係があるはずだ。だからこそオレは「もっと運転免許を取ろう」と訴えたい。自動車メーカーが補助金を出したり自社の車両を無償提供したりして、教習所の料金がもっと安くなって、若者が気軽に通えるようになればいいと思うのである。大型免許ももっと取得者が増えるように工夫してもらいたい。将来のドライバー不足を解消するためにも大切な政策だとオレは思うのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月16日

高速道路私感



 この夏、オレは関東地方に旅行した。茨城、栃木、群馬というこれまでの旅行空白地を攻めたのである。袋田の滝、華厳の滝(約40年ぶり)などを訪れたのだが、そのときに東名高速道路を走っている。新東名から合流して御殿場から東名高速を走ってる時に感じたのは「なんだこのカーブは」ということだった。

 同じような線形になってるのはたぶん中央道だと思う。緩やかな曲線を描いて道路が通じているのである。これは最近作られた高速道路が直線的なのと対照的である。オレは東名高速を走りながら、そこはかとなく郷愁を感じていたのである。

 道路というのはできるだけ直線に作った方が所要時間も短いし、工費も安く付く。しかし、まっすぐに単調な道を走ってるとドライバーは眠くなる。昔の高速道路はそれを防ぐという意味があったのだろうかとオレはなんとなく思うのである。もちろん地形などの条件もあっただろう。

 今の高速道路は力業でどんどん作られる。トンネルばかりの地下高速も増えた。そこで事故になればどうするのかとか、洪水で冠水すれば逃げ場がないなどとオレは思ってしまうのだが、そのあたりの対策はどうなんだろう。

 阪神高速湾岸線が西へ延伸する計画で、六甲アイランドからポートアイランドの間は巨大橋梁でつながるらしい、大型船が航行できるように橋桁は海面から60メートルの高さだという。そんなところを走っていて突風で落とされないだろうかとオレはビビってしまうのである。もしも走ってる時に阪神大震災のような直下型地震が起きれば確実に死ぬ。橋が崩壊するかも知れない。

 人間が作るこうした構造物は、永久にそのまま使えるわけがなくて必ず寿命がある。大阪では阪神高速の延命のためにあちこちで工事が起きている。一度整備された社会インフラはこれからは維持するために大きなコストを支払うことになるわけである。新しいものを作るよりも、古いものを維持するためにどう工夫すればよいかということがこれからの土木工学、都市工学の世界の課題だろう。

 さまざまな新しい道路の計画を見ていて、自分が生きてる間にこの中のどれが完成し、どれが間に合わないのかなどということを考える。リニア新幹線はおそらくオレが生きているうちに大阪まで開通することはないだろう。しかし、日本という国家が衰退に向かってるというのに、こうした計画というのは必要なのだろうか。あるいは日本は衰退しても、外国人にとっては「観光地」として生き残れるのだろうか。

 考えたらクルマの運転をいつまでもできるわけではない。自動運転の発達はオレの免許返納に追いつくだろうか。高速道路で「自動運転」させているクルマはどれだけあるのだろうかと、夜の高速を整然と走るトラックやトレーラーを見ながらオレは思ったのである。日本の物流はこうした方々の精密な運転技術によって支えられているのだと。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 



2023年08月15日

8月15日に思うこと


 戦後78年経った。NHK総合のファミリーヒストリーで草刈正雄の米兵の父が、正雄さんが生まれる前に帰国してしまったこと、女手ひとつで母が正雄さんを育てたこと、正雄さんが生まれてくる自分を捨てて帰国した父に対してわだかまりを感じていたこと、訪米して97歳の伯母に出会えたこと、そうした一つ一つを通じてオレはあの戦争が起こしたさまざまな悲劇について考えていた。

 原爆投下は多くの人々の人生を突然奪った。しかし、エノラ・ゲイから原爆を投下した副操縦士は自分のその行為を生涯問い続けた。命令に従ってその大量殺人を実行した側にも大きな葛藤があったのだ。戦争に於ける殺人は肯定されるのか。いやそもそも「殺人」を肯定する価値観の方がおかしくないか。

 『はだしのゲン』は翻訳されて多くの国で読まれている。その翻訳の多くはボランティアによって支えられている。商業的な目的ではなく、もっと大切な理由でその翻訳は行われているのである。原爆投下の真実を一人でも多くの人に知らせることは、将来の核戦争の抑止力になることは間違いないからである


 核兵器の攻撃を受けた唯一の国である日本は、世界に向かって核廃絶を訴えていく義務があるとオレは思っている。被曝体験を話す語り部達もみな老いた。日本の政治家はアメリカの核の傘の庇護下にあることを遠慮しているのか、あるいはいつまでも米政府のいいなりなのか、核兵器禁止条約を批准することはない。ウクライナで戦争が起きている今だからこそ日本はロシアに向けて「絶対に核兵器は使うな」と強く主張できるはずだとオレは思うのだ。核の恫喝を交渉の道具にするような外道は国家として最低だと言い放ってほしいのだ。

 いずれどこかの国が核兵器を使うだろう。ちょっとした理由で商店街にクルマで突っ込んだり、無差別に刃物を振り回して人を殺す馬鹿がいるように、ちょっとした理由で核をぶっぱなす為政者が出現しないとは限らない。それが世界の終わりをもたらすことははっきりしているのに「発射」のボタンを押す者は必ず現れるとオレは思っている。恐竜絶滅以上の大きな地球の生き物の変化の節目がこれからやってくるとしたら、その核戦争だとオレは思っている。

 世界が核の炎に包まれ、人類が滅亡してから何億年か経ってから新たな知的高等生物が地上に出現するだろうか。その時に彼らは「地球考古学」という学問で、過去の歴史を解明して、過去に起きた核戦争の痕跡を発見し、人類同士で殺し合った馬鹿な生物を笑うのだろうか。地球という同じ船に乗ったメンバーの中で、どうして殺し合うほどの感情を持つ必要があったのか。個々の国民同士では仲良く出来るのに、政府と政府の間ではどうしてここまで対立しないといけないのか。オレにはやはりわからないのである。国家の面子とか、領土欲とか、くだらない政治的な駆け引きとか。

 ウクライナ戦争を視ていて思うのは、戦争を単なる金儲けだと考えている連中がこの世にいるということだ。それによって武器が売れ、会社に多大な利益をもたらす。たかがゼニのために効率的に人を殺す道具を開発する。それが人の命を奪うものだとわかっていて製造したり研究したりすることはそれ自体が罪ではないのか。オレは武器こそが製造物責任を問われるべきだといつも思うのだ。武器輸出を禁じられた日本に、ただの金儲けのためだけにそれを可能にしようと働きかける政治家がいるのだ。

 たかがゼニのために人を殺すことがもっとも罪が重いことであるように、たかが金儲けのために武器を輸出することの罪深さに気づけない政治家はクソである。そして、そんな政治家を存在させ、当選させていることを我々は反省しないといけない。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 

2023年08月12日

高校野球はナイターでやれ!



 夏の甲子園で開催されている高校野球だが、どうして少しでも涼しい夜にやらないのだろうか。オレは「熱中症の危険」を選手にも観客にも与える今の開催形式には反対だ。開催するなら日没から日の出までの夜にやればいいと思うのである。試合時間はくじ引きで決まるからそこに有利不利はない。そして観客の輸送も阪神電鉄を試合に合わせて臨時運行すれば済むことである。

 日本の夏は暑くなりすぎた。昼間、ちょっと外に出るだけでもサウナのような熱気に襲われる。そんなところで長時間活動させることは危険すぎる。試合中に熱中症による死者が出てもおかしくないのである。

 オレは大学サイクリング部に居たときに夏のツアーを経験しているが、信州や北海道に行ってることが多かった。それはそれ以外の土地が暑すぎるからである。しかし、当時の日本が今のように気温が高かったわけではない。オレは1981年の北海道旅行中に北見で38度という高温を経験しているが、あまりの暑さに耐えかねて、サロマ湖畔のユースホステルから少しでも涼しい山間部へと移動している。ヒグマの出るかも知れない林道を通過して山間部を横切り、阿寒湖近くの野中温泉まで一気に走ったのである。

 暑いとそれだけで体力を消耗する。オレは大学2回生の時に下関から京都までの約600キロをノンストップで走るということにチャレンジしているが、確かこの企画にオレは涼しくなってからチャレンジしている。約23時間でオレはそれを走りきっているが、部員に流行していた東京京都間ではなく、下関から京都にしたのは、箱根の山を越えるだけで体力を消耗することを知っていたからである。できるだけ平坦な道だからこそ高速を維持したまま自転車をすっ飛ばすことができる。そのチャレンジにはもちろんロードレーサーを使用している。旅行用の太いタイヤの自転車では無理だ。

 大学生の頃、夏に大阪の実家から京都まで自転車で移動しないといけない時は夜に走った。ちゃんと「昼間は走れない」と理解していたからである。大学1回生の時にサイクリング部の合宿が信州で行われたが、その時には京都から諏訪、諏訪から京都という長距離移動を往復で行っている。往路は京都を夕方に出て翌日に諏訪に到着するというパターンで走り、帰路は早朝に諏訪を出発してその日のうちに京都までの330キロを走りきったのである。ロードレーサーでもなんでもないサイドバッグを2つ積んだ重量級のランドナーでそんな走りができたのはサイクリング部内ではオレだけだった。後に京都大学サイクリング部では「耐久ラン」という行事を毎年秋に実施することとなったが、その第一回の優勝者はオレである。

自転車なら走行中に風を受けるので少しは暑さをしのげる。しかし甲子園の球児たちはじっと暑さの中で守備についている。せめて試合時間を昼から夜に移してやって欲しい。これから温暖化もっと進むのである。日本の夏はいずれ居住不能なほどに暑くなるのである。今の暑さはまだまだ序の口かも知れないのだ。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です

2023年08月10日

EV車はエコじゃない!


 今市販されてる新車購入可能な車の中でもっとも環境に優しいクルマは何だろうか? オレはそのクルマというのはスズキアルトやダイハツイースのような、低燃費で軽量、しかも車両本体価格も安いクルマだと思うのである。

 EV車はバッテリーが重いために車両重量がガソリン車よりもかなり増える。車重が2トンを超えるような車も大型SUVのEVなら普通だ。そのようなクルマが道路を走るときには橋や路盤にかなりダメージを与えるのではないか。少なくとも「環境に優しい」とは思えないのである。

 もう一つ心配なのは、都市部の立体駐車場の多くがクルマの大きさに制限があり、車両重量に関してもなんらかの制限をしてることが多い。そこに重量オーバーのクルマをうっかり入れてしまった時に、重量オーバーで施設が崩壊することにつながるのではないかという恐れをオレは感じるのだ。

 EV車をむりやりに普及させようとしているのは、ガソリンエンジンでまともなものが作れなかった中国メーカーの戦略だとオレは前から主張してきた。本当はエコではないものをエコだと強引に主張することで、自動車産業の主導権を握りたいという中国政府の思惑があったのではないか。日本や欧州のメーカーに正攻法では勝てないので、ルールを変えることで戦いを挑んできたのではないか。EV車なら日本に勝てると踏んでいるのではないだろうか。

 真のエコカーというのは、重量が2トンを超える巨大なEV車ではなく、日本の誇る軽自動車である。燃費がいい上に、一台あたりに使用される資源も少ない。車両重量もせいぜい700〜800圓任△襦

 そもそも人間一人を運ぶのにとんでもなく巨大なクルマを使用する意味があるだろうか。オレは昔から巨大なクルマが嫌いである。最近はあまり見なくなったが、ハマーみたいな迷惑なまでにデカいクルマは税金を年間100万円くらい取れよと思うのである。ランドクルーザーなんかに街で乗るなよボケ!と思うのである。あれは砂漠を走るためのものである。

 真のエコカーというのは小さいクルマであるということを日本の自動車メーカーは主張すべきなのに、一台あたりの利益が出ない小さいクルマよりも付加価値の高い大きなクルマを売ろうしているのが日本メーカーなのだ。どうしてそこで「付加価値の高い小さいクルマ」を売ろうとしないのか。

 たとえばホンダが生産していたS660だが、さらに値段を上げて海外向けに輸出すればよかったのである。あのクルマなら輸出すれば一台500万円でも売れたはずだ。小さな高級車として世界にアピールできたのである。オレは短期間S660を所有していたのだが、毎月のガソリン代がそれまでの半額以下となって節約できてかなり助かったのである。オレにとってのS660はエコカー以外の何ものでもなかったのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です


2023年08月07日

日大の大麻疑惑について


 日大アメフト部が薬物問題で疑惑を持たれている。オレは運動部というのは一部を除いてただの筋肉馬鹿が多いと思ってるし、まともな社会常識や公共心もない連中が仕切ってるのが日本中の多くの強豪大学の運動部だと思っているので不祥事があっても全然驚かない。不健全な精神が宿って暴走するのが大学運動部だと思っている。アメフト部の巨漢に襲われた女性は死の恐怖を覚えて「殺されるならまだレイプされるだけで済むのならマシ」と思うだろうし、そんな連中が「合意があった」などとほざくのはほんま不愉快である。

 さて、今回の事件で「大学はなぜ警察に届けずに10日間放置したのか」ということは簡単に説明できるのである。その間に「生け贄は一人」「大麻は少量なら起訴猶予」「覚醒剤は10日で抜ける」などということを考えたのだ。ダメージを最小限に済ませようという戦略である。

 海外の選手との交流があれば必ず大麻は入ってくる。これはもう筋肉スポーツの世界の常識である。海外では大麻が合法の国や地域がたくさんあるからだ。アメフト部にはトンガやオーストラリア、ニュージーランドやアメリカからの留学生なども入ってくるだろうし、きっと大麻は寮の屋上とかで栽培していたんだろう。そうでないと安価に大量に手に入れることは困難である。

 日大はやはり日大だった。理事長を林真理子にして改革をアピールしようとしても、大学内部には同じ人間達が甘い汁を吸うためにいるわけで、ゼニと欲にまみれた連中がその美味しい部分を手放すわけがないのである。これまで大学のゼニで贅沢をしてきた連中からそれを取り上げることが簡単ではない。規模が大きくゼニがある私立大学の中にはそういううさんくさい部分が日大以外にもきっとあるだろう。

 薬物に手を出す馬鹿がなくならないことは、いくらていねいに教育しても一定割合の馬鹿をなくせいないことから考えれば説明が付く。闇バイトも同じ事で、それが悪いことであることは明白なのに、無思慮にその行動に走ってしまうのである。最低限の公共心や道徳を身につけるべき初等教育や家庭教育が崩壊しまくってる現代において、馬鹿が発生することはもはや不可避だ。大阪は大麻によって検挙される若者が日本一多いが、これも維新の会が公教育を破壊した成果の一つである。教育を崩壊させればその結果はこうして如実に表れるし、いずれそれは児童虐待数などの形で反映されるのだ。すでに大阪は児童虐待発生件数でも日本一になっているが。

 教育の質を高めるには小中学校の教員の待遇を良くしていい人材を集めるしかない。そのためには国立大学の教育学部の学費だけ無償化してもいい。貧乏だけど学力や向上心がある若者が教員になったから戦前の師範学校には意味があった。それを現代に復活させればいいのである。

 日大アメフト部は廃部、薬物に無関係な学生は他大学のアメフト部に入るチャンスを与えるということでしか今回の問題の幕引きははかれないとオレは思っている。果たして林真理子理事長にそれは可能だろうか。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←7位です 




毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


Twitter プロフィール

訪問者数

    最新コメント
    Archives
    楽天市場



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)