2019年05月16日

老人はプリウス購入禁止にしろ



 千葉県で公園の砂場に突っ込んだ運転技術が未熟な65歳のドライバーが起こした事故もそうだったのだが、駐車場のチケットを取ったり、料金を払うときに失敗して暴走する老人ドライバーが多い。身を乗り出してチケットを取ったりするときに、Dレンジに入れたままで取ろうとするから足がブレーキペダルから離れ、動き出して慌ててブレーキを踏んだつもりが実はアクセルだったという単純な事故である。

 これを防ぐ有効な手立てはあるだろうか。一つは左足ブレーキという概念である。左足でアクセルを踏むのはかなり無理のある姿勢であるし、ブレーキは左足で踏むという習慣をつけていればとっさに左足で踏むから停まることができる。もっとも日本の教習所ではそういう指導はしていないし、オレはふだんMT車を運転してるので混乱してしまう。ただ、AT限定免許の場合は左足ブレーキを教えてもいいかとは思うのである。もしもそうしていれば千葉県の砂場突っ込み事故は防げていただろう。

 ふだんMT車を運転しているオレは、駐車場のチケットを取ったりするときにギヤをニュートラルに入れることが多い。なぜかというと、クラッチを踏んだ状態でチケットを取るために身を乗り出すのがなかなか困難なので、ギヤをニュートラルに入れてサイドブレーキを引くという形で停まるのが楽なのである。

 駐車場の発券機などはかなり高い位置にチケットが出てくる場合も多い。天王寺区にある上本町ハイハイタウンの地下駐車場などはオレのS660では絶対に届かない高い位置に精算時の駐車券を入れる必要があるので、オレは離れた位置にクルマを停めて、わざわざ降りて機械を操作するのである。普通のセダンでもけっこう手を伸ばさないと入れにくそうである。もしもそういうところに老人の運転するプリウスが来て、軽く足をブレーキに置いたまま駐車券を手を伸ばして入れようとして、ブレーキペダルの上の足が外れて車が動き出して・・・という状況は容易に想像できる。そこの機械にクルマがぶち当たった跡やこすった跡がいくつかついてるので、きっとそういうドライバーが過去に存在したのだろう。しかし、それはAT車ゆえに起きるのである。

 もしもMT車なら、そんなときはギヤをニュートラルにしてサイドブレーキを引くわけである。クルマが勝手に動き出すわけがないし、そもそも傾斜の強いところでブレーキが甘かったとしても、そこで踏むのはブレーキであってアクセルではない。間違ってアクセルを踏んだとしてもギヤはニュートラルだからエンジン音が跳ね上がるだけである。オレの言いたいことがわかるだろうか。MT車なら駐車場出口からの暴走事故は100%防げるということなのだ。

ペダルの踏み間違いによる暴走事故は必ずAT車で起きている。だったら65歳以上の老人が運転する車には衝突防止装置を装着するか、あるいはMT車でないと運転できないというルールに変更したらいいのである。MT車のペダル操作ができないということならばもう運転をやめればいいのである。実に単純なことではないだろうか。

 それからもう一つオレが言いたいことがある。ブレーキと思ってアクセルを踏んで暴走する事故はなぜかプリウスでばかり起きている。そのことを報道機関は全く話題にしない。老人のプリウス購入禁止というのもかなり効果があるだろう。いますぐに65歳以上はプリウス禁止というルールをトヨタが英断すれば、不幸な事故は劇的に減らせるのである。少なくともトヨタ自動車のような大企業には、それくらいのことをする社会的責任、道義的責任があるとオレは思うのである。おまえのとこのクルマで人がいっぱい死んでるんだ。ドライバーはみんなとりあえずクルマのせいにしてるんだ。何とか言えよ! クルマのせいにしたドライバーに対して威力業務妨害で訴えるとかしてみろよ。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←7位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年05月17日 22:23
 車に乗ったまま精算できるドライブスルーは、アメリカ発症、否、発祥という。昔のアメリカのTVドラマなどでよく見るシロモノだった。わざわざ車から下りなくても「用を足せる」楽チンさは、いかにも合理主義の国アメリカらしさと感心する。

 ただ、このシステムも無人の自動精算機の駐車場では、江草氏仰せのように、思わぬ危険性が隠れていることに気付かずにいる場合も多い。清算カードと料金投入口が運転者に適した位置なら良いが、往々にして窓から身を乗り出さなくては届かない位置にあったりする。
 身を乗り出した態勢では、ブレーキから足が離れたり隣のアクセルに足が移動することもある。ブレーキを踏んでいたつもりがアクセルを踏んでいたでは、事故も避けられなくなる。ギアをN(ニュートラル)にするかエンジンを切っておくのが良策。
 後ろに車がいなければこうしたいが、後続車を待たせたくないとなれば、エンジンは切りにくいのも確か。エンジン停止で車から降りて清算が、最も安全なやり方なのだが。

 プリウスの事故が発進時に多いのは、プリウスのギアレンジの構造にも一因があると言われている。ATのギアレンジはダッシュボードでは表示されるが、レバーの位置は元に戻ってしまい、レバー自体では確認できないという。
 P(パーク)は別のプッシュボタンを押す、Bはバックではなくエンジンブレーキなど、わかりにくい構造という。バックオーライの感覚でBにシフトさせたら、前へ進んだ!・・・などとなれば、「古い人間」は焦るどころの話ではなくなる。長年の慣習、固定観念は簡単には解けない。難解な車かも。
2. Posted by 利根   2019年05月19日 07:12
最近の車はドライバーが操作するレバー類やペダルからその本体メカへの情報伝達がメカ的なダイレクト接続ではなく電気信号に変換して伝達する仕組みが多くなっている。
プリウスのギヤチェンジもシフトノブの位置が常に同じということは単なる電気信号のスイッチとしか機能していないのだろう。 おそらくアクセルやブレーキペダルもダイレクトではなく途中で電気信号に変換されマイコンを介して動かしているのではないか。そうなると強力な電波などによる瞬間的なコンピュータ誤動作が即暴走事故に繋がる可能性が出てくる。警察は異常発生タイミング時に近くに違法無線のトラックがいなかったかあるいは付近に強力な電波を発生しそうな施設がないか監視カメラなどの解析でチェックしてほしいものだ。

それにしても暴走事故はなぜかプリウスに多い、同じようなハイブリッド車でもトヨタのアクアとかホンダ車には聴かない。トヨタは事故車には異常ないとしか言わないので全てがドライバーのペダル踏み間違いとして片付けられているがはたして本当なんだろうか。

なお兵庫県の警察データですが、ペダル踏み間違えの事故は老人より20代の若者の方が多いそうです。マスコミは老人の事故ばかり大きく取り上げるものだから世論も一方的に老人を責め立てる、何か魂胆でもあるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000003-kobenext-soci
3. Posted by 手ぬぐい親父   2019年05月19日 10:58
物的伝達のアナログから、記号伝達のデジタルへ。最近の車のシステムも、その傾向なのは仰せの通り。長年アナログに慣れてきた年配者には、なんだこりゃ、と戸惑いを隠せない場合も多い。

車のギアの現在位置を、動かしたレバーの位置ではなく、計器盤の小さなランプ標示のみで確認せよとなれば、見落としや見間違いが生じて不安が残る。計器盤は外からの日差しの反射で不明瞭な時もある。動かしたレバー自体の位置で確認できるなら、年配者も安心できるのだが。

ギアチェンジの動かすレバーというより、ギアチェンジの切り替え伝達スイッチのノブでは、アナログで育ってきた人間は適応するのに時間を要す。デジタルで育ってきた若い世代なら、抵抗なく適応できるかもしれないが。いやはや、男はつらいよ、古い人間はつらいよ。

ブレーキとアクセルの踏み違いは、足の感覚の衰えも考えられるが、左足でのブレーキ操作もあるのでは。咄嗟の危険な場面では、人間は両足で踏ん張る。ブレーキと一緒にアクセルも、強く踏み込んでいる。車はアクセルの力の方が優先するという。

右足のアクセルペダルを離し、右足でブレーキペダルを踏んで危険を回避する。この方が間違いが少ないのでは。教習所の指導もそのようだ。ペダルに近い位置にある右足操作と、ペダルから離れた位置の左足操作の、時間的差異はほとんどないと思われる。アクセルから足を離せば、エンジンブレーキで速度も落ちる・・・アナログ思考の古い人間は、令和の時代でもそう考えたりして。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)