2019年06月11日

がんばれ梅野隆太郎





 日曜日の甲子園球場、1−3でリードされた状況で多くの阪神ファンは「日ハムに3タテを食らう」という悲しい展開を恐れていた。今期は後半に逆転することが多いとはいえ、それでも日ハムにはあの絶対的セットアッパーの宮西がいる。前日に登板した宮西に3者3振に抑えられたことを阪神ファンは誰も忘れていないのである。

 7回、その宮西が登板した。多くの阪神ファンが絶望的な気分になった。しかし、ドラマはそこから始まったのである。いきなりマルテがレフト前にヒットを飛ばす。次打者の梅野はなんとレフトに2ベースだ。二人とも追い込まれる前に積極的に打ったのが功を奏したのである。その無死2・3塁という絶好の得点機に、なんと高山はショートゴロを打ってしまい、3塁走者のマルテは生還するが、梅野はあわてて2塁に戻り、高山はアウトになって1死2塁となってしまった。

 さて、打者は右の北条である。宮西と対戦して果たして打てるのか。このままヒットが出なければ1点差のままである。せめてランナーの梅野が3塁に進んでくれていたら・・・と先ほどのショートゴロのことを思い出し、なんかやるせない気分になった時、なんと梅野が宮西の北条への投球3球目に意表をついて3盗を仕掛けたのだ。捕手の清水はあわてて送球が乱れ、梅野は一気にホームインして同点となった。

 もしもその3盗が失敗に終わっていれば「無謀な走塁」ということで罵声を浴びることとなっただろう。そうした大胆な作戦を成功させなかったらこの日のサヨナラ勝ちはなかった。ヒーローインタビューでお立ち台に上ったのはサヨナラ打の原口だったが、オレは心の中で本日の真のヒーローは梅野隆太郎だと思っていた。彼の盗塁がなかったら、その後のドラマはなかったからである。

 昨年の阪神は最下位に沈んだ。しかし今年は昨年にはいなかった新戦力が加入した。ドラフト1位の近本光司はセリーグの盗塁数1位で出塁率も高く先頭打者としてしっかりと働いている。昨年は二軍暮らしが長かった高山俊は、巨人戦で代打サヨナラ満塁ホームランを打った。代打の切り札だった原口は大腸がんの手術から復帰した最初の打席でタイムリーを打った。投手陣も新加入のジョンソンがセットアッパーとしていい働きをしている。オレは地上波で試合を観ることのできる日はできるだけ早めに帰宅してテレビの前に座ることを心掛けているのである。

 阪神が今年優勝できるなら、MVPは梅野隆太郎であってほしいと思う。今年の阪神を引っ張ってるのはまぎれもなく彼だとオレは思っている。オレは梅野を応援しているぜ。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←7位です

コメント一欄

1. Posted by fumiel-shima   2019年06月12日 09:51
おめでとう!梅ちゃん、原口選手、そして江草さんを筆頭に多くの阪神ファンの皆さん。
さいたまの阪神ファン「しまちゃん」です。
日曜日の甲子園の激勝は阪神ファンの脳裏にしっかりと刻み込まれましたね。

江草さんが仰るとおり梅ちゃん(梅野)の勇気ある三盗がその後のサヨナラを生んだのですからね。
梅野の攻走守に対する普段からの姿勢がここ一番で原口のクライマックスシーンへ繋がったと思うとお立ち台は二人でもよかったのでは?・・・。

あの日はみんな頑張りましたよね。
近本や糸井が打てなくても大山、高山、北条、マルテなどが効率よく打ち、回またぎを志願した藤川や失策を取り返すような大山の適時打など・・・。

気迫が赤らんだ頬に表れているような北條の一打もほめるべきだと思いますね。

最近はマルテの顔からも少し引き締まってきたような感じが読み取れるし、ファームで好投した藤浪の昇格も期待したいですね。
いよいよ阪神の季節・・の実感を味わえるのももうすぐですよ。

昨日の試合は勝てるチャンスにあと1本出なかった為に引き分けになりましたが、私の持論を引用していただき、すべて『喜怒哀楽をポジティブに・・・』でいきましょう。


2. Posted by 江草乗   2019年06月14日 00:44
同じ阪神ファンの仲間が増えて嬉しいです。
明日からのオリックス戦も楽しみです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)