2019年07月09日

猫よ、オレのクルマで寝るな!


オレは出張でしばらく家を留守にしていた。留守にしていたということはクルマにも乗らなかったということであり、その間オレのS660はずっと車庫に置かれたままだった。そしてその期間の大阪の天気は雨が多かったのである。

 さて、雨が降ると野良猫は屋根のある空間に移動する。それはたとえばオレのクルマを停めてある車庫のようなところである。いちおう前扉にシャッターはあるが、完全密閉というわけでもない。そしてオレのクルマの屋根部分はソフトトップで布製である。その柔らかくて快適なソフトトップは、猫にとってのハンモックのようなものだったのだろうか。その数日間、ずっと猫はそこをねぐらにしたようなのである。

 出張を終えて車に乗りこもうとしたオレは、フロントガラスに猫の足跡が存在することに気が付いた。猫の足跡はボディにもついている。そしてソフトトップには大量の猫の毛があったのである。けっこうな量の毛がそこに付着していたのである。このような状況のことを「けっこう毛だらけ」というのかどうかは知らないが、とにかく毛だらけだったのである。オレは腹が立った。

 猫の分際でオレのクルマに勝手に寝てるとは何事だ。全くもって許せないのである。しかも汚したところを掃除もしない。勝手に借りているくせに汚し放題である。オレはこの犯人・・・じゃなかった犯猫を決して許さないと心に誓ったのである。

 まず、犯猫を特定しないいけない。犯猫がわかればそいつを捕獲して「遠島」などの刑に処することが可能である。また、誰かの家に引き取って死ぬまで飼い殺しという目に遭ってもらう「終身懲役刑」も考えられる。

 ガレージに隠しカメラを設置するのにかかる費用はどれくらいだろうか。あるいは猫が寝てそうな時間を狙ってピンポイントで襲撃して、犯猫を特定すればいいのだろうか。そして捕らえた犯猫に対して、オレはどんな罰を与えればいいのか。

 猫の大嫌いなものを無理に食わせるとか、とにかく猫に「罰を受けている」と認識させることが必要である。何かいい方法はないのだろうか。

 オレは猫を飼ったことがないので猫の生態はわからない。だから今後の被害を避けるためにはどうすればいいのか全く考えられないのである。しかし、ネット上には多くの猫の専門家が存在する。そうした方々の知恵をオレは借りたいのだ。どうしたら二度とオレのクルマのソフトトップをねぐらにしないようにその犯猫に言い聞かられるか。その方法を教えてもらいたいのである。

 すばらしいアイデアを提供してくれて、しかもその方法で成果が上がったならば、オレはその方に感謝の気持ちをこめてお礼をしたいのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です




コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年07月10日 22:36
 けっこう毛だらけ 猫灰だらけ おしりの周りは泥だらけ(又は 糞だらけ) は映画「男はつらいよ」のフーテンの寅さん(車寅次郎)の口上。我が愛車が猫の仕業により、毛だらけ・灰だらけ・泥だらけ(糞だらけ)ではフンドシ、いや憤怒し頭に血が上るのも無理からぬこと。とっ捕まえて厳罰に処したくなるのも普通。

 家猫がいた時代が2回ほどある当方は、猫の習性はある程度知っている。猫は暖かい場所、高い場所、狭い場所、ふわふわした場所を好む。車のボンネットや屋根、炬燵や布団の中を好む。寒い時などは熱の残る車の床下も好む。車のエンジン始動と同時に、床下から突如として猫が出動し疾走。一瞬何があったのかとビックラこく。当方も冬の旅先の道の駅で経験したことがある。

 猫が好まないのは水に濡れること。雨や雪が降ると濡れない場所に移動する。昔は家屋の縁の下や小屋などに移動できた。縁の下も小屋も猫が通れる隙間があった。今は建物の気密性が高くなり、猫も簡単には通れなくなった。帰る家のある飼猫なら問題はないが、野良猫は避難場所も安眠場所も少なくなった。江草家の「車庫らしき場所」は、その野良猫がやっと見つけた落ち着く場所だったのかも。

 「車庫らしき場所」の猫が通る隙間を塞ぐのが最良の解決策か。「猫いらず」など薬物での「毒殺処分」は動物愛護法に触れるかも。「猫いらず」はネズミ駆除の薬物だが、猫が誤って食することも多い。猫の処分は保健所が行うのが規則。建造物侵入の猫への放水、爆竹等での威嚇程度なら、笑って許してもらえるか。ただ、野良猫も悪気があって行う行為でもない。彼らも生きるために必死なのは理解したい。「猫に優しい社会」も簡単ではない。「島流しの刑」、「遠島の刑」ならば野良猫も納得か。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)