2019年07月11日

みんな選挙に行こう




 参議院選挙真っ最中である。NHKの政見放送ではなんと「NHKから国民を守る会」の候補者がNHKをぶっつぶすと語っている。なんとも皮肉な内容である。

 さて、今回の選挙の争点は、自民党が推進しようとする「消費税値上げ+憲法改正(緊急事態条項の追加)」である。それを容認するか、拒否するか、それを国民が決める選挙である。

 安倍晋三は憲法改正にかこつけて「緊急事態条項」を追加しようともくろんでいるが、これはヒトラーがワイマール憲法を骨抜きにしたときと同じ戦略である。この無知で無恥なオッサンは、日本国民の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊をアメリカの下請け軍隊として世界に派遣することを狙っている真正の売国奴である。どうして安倍信者どもはそのことに気づかないのだろうか。おまえら支持者が売国と罵ってる相手こそが実は真の愛国者であり、おまえらが支持してる目の前の下品な食い方しかできないオッサンがただの売国クソ野郎であるという事実からどうして目を背けるのか。

 自民党は国会で過半数の議席を持っているが、得票率は有権者のわずか14%でしかない。そして選挙に行かない50%近い人たちの意見はこの世に存在しないものと同じである。もしも棄権している人たちのうちの2割が特定の政党に投票すればたちまちその党は自民党と同じだけの議席を獲得できるのである。それはただの夢物語だろうか。オレはその可能性にまだ一縷の望みをつないでいるのだ。

 みんな選挙に行こう。これまで棄権していた人たちも今回は一票を行使しよう。1993年の日本は一人当たりGDPが世界第二位だったが、今は22位まで落ちてしまった。その失われた20年を作ってきたのはまぎれもなく自民党政権である。貧しい国民からゼニを奪い取って金持ちをより金持ちにし、大企業の内部留保はどんどん拡大し、消費税収は3倍近くになったが、法人税収は1/3に減少した。法人税収の減少分を国民から搾取した消費税で補ったのである。いやそれは逆だ。大企業や大金持ちを豊かにするために減税し、その不足分を貧しい国民からの搾取で補ったのである。そんな政治を25年も続けてきたからこんな希望のない国家になってしまい、若者が貧しくなった結果少子高齢化につながったのである。そうして滅びようとしている国家と心中するつもりか?

 自民党に投票してこのまま滅びの道を突き進むのか、それとも山本太郎のれいわ新選組に未来の可能性を託すのか、オレは今回の選挙はこの究極の二択だと思っている。

 自民党がもっとも恐れてるのがれいわ新選組であることは、彼らの仕掛けているマスコミ戦略でよくわかる。大手新聞の扱いは「れいわ新選組」をあの弱小クソ政党である「社民党」よりも下に扱っている。オレは社民党は本当のクソだと思う。土井たか子は北朝鮮の回し者で朝鮮総連とのつながりが深かった、そんな政党は国会にいる資格がない。一刻も早く滅亡してもらいたいものである。その代わりにれいわ新選組をもっと大きく扱ってほしい。テレビしか観ていない83歳のオレの母は当然のようにれいわ新選組を知らなかった。テレビに出さなかったら老人票は取れないのだ。

 もうすぐお迎えの来る老人たちにもオレは言いたい。あんたらが自民党に入れることは未来の若者たちに苦しみを与えるだけである。どうか、老い先短い自分たちのことよりも若者のために投票してあげてほしい。それが死ぬ前にあんたたちができる最後のお国への奉公である。どうか山本太郎に力を与えてやってくれ。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←9位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年07月12日 13:20
 戦国時代の「大阪夏の陣」よろしく、令和時代の「参院夏の陣」の合戦が展開している日本列島。元気ハツラツと出馬した候補者の戦士。ファイトの出るドリンクを一気飲みし、選挙区を全力で駆け回る姿には、物事に取り組む人間の一途さが感じられ、ある意味では尊敬の念も湧いてくる。勢い余って落馬してしまい、敵と刃も交えず、敵本陣突入もなく終了、などということがないように願いたい。

 「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏は、元NHK職員だったので内部の闇の告発も説得力がある。政見放送も具体例を挙げていて明確。消費税10%については予定通り実行、凍結、5%に戻す、消費税自体を廃止と党によって主張が違う。消費税をどう扱うかによって、今後の日本の経済も違ってくる。アベノミクスのトリクルダウン(滴り落ちる)経済成長が、富裕層ばかりを富ませ、さしたる成果がなかったことは事実。庶民には美味なワインの液体は落ちてはこなかった。

 原発、年金、憲法と言論の戦場は多くある。修羅場の戦場では本気で戦う意思のないヤツ、敵陣に寝返るヤツもいるだろう。そヤツらをしっかりと見極め、反対票によって断ち切ってやるのが有権者の務め。そヤツらは怪しい匂いを漂わせている。体臭感覚に優れた一般体臭、いや一般大衆の実力行使は今ぞ!。「君よ 憤怒の河を渉れ」の高倉健的姿勢も必要か。そヤツらに「上等じゃねぇか」と、喧嘩を売ったりして・・・。
2. Posted by ひろまり2007   2019年07月13日 07:08
政見放送見ました。
メリハリ効いた良い演説でした。
しかし、退路断つ選挙戦略大丈夫なんだろうか?
障害者二人に特定枠与え、自分は3番目だという吃驚。
安部が如何なる策を打つのか、最後まで目を離せない展開に
なりそうだ。
もし通れば、大きく何か変わりそうな予感。
怖いような、楽しいような。
3. Posted by 手ぬぐい親父   2019年07月13日 10:18
 「れいわ新選組」の山本太郎氏の政見放送や街頭演説は、説得力があり本気度を感じられるのは確か。消費税廃止、最低賃金時給1500円保障、奨学金徳政令、一次産業戸別所得補償など、生活に密着した具体的な政策。トンデモ法(TPP 水道法 種子法など)の見直しや廃止、辺野古新基地建設の中止、原発即時禁止と国全体の将来も見据えている。これらの主張はYOU TUBEの動画でも視聴できる。

 山本太郎氏が自らを比例区順位3番目としたのは、敢えて崖っぷちに立つことによって、有権者に国政の切実さと改革の本気度を訴えたいためだろう。自らの落選のリスクを抱えてまでも、この国の今後を憂えているているのだと。「今だけ・金だけ・自分だけ」の保身政治家(政治屋)の目立つ今の時代、自らの保身など顧みず邁進する姿は潔い。

 選挙は正々堂々と公正に行われるべきだが、チマタで話題にされているムサシの集票機は信頼できるのだろうか。スターリンは「選挙は投票する者ではなく、開票する者によって決められる」と言っていたという。データ改ざんを得意とする今の政府機関。こっそり集票機にも手を出したりして・・・。「51対49の惜敗、れいわ善戦あと一歩!」の見出しで報じられたら、何か怪しい?。いや法治国家の日本、そんな不正選挙などないと信じよう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)