2019年09月09日

カジノとダムは同じである



 横浜市長がカジノ誘致に方針変更したということで市民の反発を招いている。首長が大規模な公共事業が大好きなのは、それにまつわるさまざまな利権が存在してゼニにつながるからである。きっと横浜市長も表に出ないゼニの恩恵を被る一人なんだろう。政治家がゼニで転ぶのは昔からのお約束である。

 このカジノだが、オレはダム建設とよく似ていると思っている。ダムとカジノの共通点はどちらも巨額のゼニは地元には落ちないでゼネコンとか国会議員のところに入ってしまい、地元には害だけが押し付けられるということである。カジノができればそこに出入りするヤクザやDQNのせいで治安は悪化するだろうし、ギャンブル依存症の連中が生活保護受給者になるし、入ってくる税金以上に出ていく経費の方が多いのである。

 大阪にはカジノなんかいらない。オレが維新に投票したくない理由はその1点に尽きる。もしも維新が「カジノなんかなくても大阪はよくできる」という方向に路線転換したら支持を考えてやってもいいが、今の路線のままならオレとは相容れない存在である。

 カジノの利益というのは客の負けた金である。つまり、その利益は誰かの不幸の上に成り立っているのである。そんなものは産業でもなんでもない。極端な話だが、どんな浪費でもお客が満足していればそれは対価として妥当である。南禅寺近くにある「瓢亭」の朝がゆは6000円するが、それを食べにくる酔狂な客はそれを納得して払っているのである。誰も「ぼったくりだ!」と怒ることはない。

 ところがババアばかり並べてるキャバレーが法外な料金を請求すれば客は怒るだろう。こんなババアではなくて若くて美しい美女がいるからと思って遊びに来ているのである。ハズキルーペのCMに出てくるようなきれいどころが席についてくれると期待してゼニを用意するのである。ところが店内には50代60代のホステスしかいないということになればそれはとんでもないぼったくり店ということになる。費用対効果の問題なのである。そしてカジノの場合は満足するのは勝った客だけである。大多数の負けた客は誰も満足などしていない。「けっ!」とか「クソっ!」とか思いながらその憤懣を胸に抱えて帰るのである。そうした憤懣がどんどん大阪にたまっていき、空気が悪くなってしまうことをオレは全く望んでないのである。

 もしも客が必ず勝てるとか、勝てる客の方が多いというカジノがあればオレは行くかも知れない。胴元が損をする設定にしていて、客がみんなウハウハ言えるような施設だがそんなものはこの世界のどこにも存在しない。胴元が大儲けして、客が泣かされるというのがカジノの世界のお約束である。

 カジノを作ってそこから入ってくる税金で・・・と松井一郎市長は考えてるのかもしれないが、税金以上にカジノ運営会社にゼニが入るのである。その運営会社がたとえば大阪市とかの直営なら話は別だが、どうせ海外の裏社会の関連会社に決まってるのである。そんなものの運営ノウハウのある企業がまっとうな会社のわけがないだろう。カジノ運営以外に麻薬の販売とか手広くやってる組織に決まってるのである。きっとカジノの近くで麻薬も買えるようになるのである。

 ダムを作って田舎が荒廃したように、カジノを作れば大阪はもっと悪くなる。それをオレは断言したい。ゼニの集まるところにはうさんくさい連中も集まってくる。そうして大阪がDQN天国になどなってほしくないのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←6位です このまま上に行けるかも!






コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年09月10日 20:01
 夜の歓楽街のボッタクリが、一般大衆のささやかな楽しみを奪い悪質なのは、江草氏仰せの通り。若い娘がワンサカいると、客引きに誘われて店に入ったら、年増のオバンばかりだったでは、浮かれた気持ちも一気に萎える。店内を意図的に暗くして、年齢を判別しにくくしている場合もある。ややシワガレた声でようやく、事の相違に気が付いたり。注文もしなかった酒やつまみの追加などで、出店の際は法外な請求もされたり。

 IR(統合型リゾート)の皮をかぶったカジノも、仰せのようにボッタクリの要素が強いようだ。キンキラキンの華かな雰囲気(客引き)に誘われて、勢いに任せて遊んだ後には財布が空っぽ。財布だけならまだしも、多額の借金も背負わされては、家庭崩壊から奈落の人生の道をたどったりして。財力のない一般大衆に賭博を進める行政は、国民の生命と財産を守る方針から大きく逸脱してている。さあ、迷わずボッタクられよう、楽しいぞ〜!という政治など価値なしか。

 考えてみれば、10月から上がる消費税もボッタクリ。税と社会保障の一体化などと言われていたが、社会保障に回すのは2割程度とか。米国から買わされる兵器も、他国よりも数段高い値段とか。米国に思う存分ボッタクられている。カジノの胴元も米国のラスベガスからやってくる。税金の投入は納税者の国民がボッタられていることになる。

 ラスベガスで一晩で数億円負けても、依然元気だったハマコウ(浜田幸一・元衆院議員)なら例外だが、チマタの皆の衆にはカジノなど、身分不相応なのは言うまでもない。「カジノ」にのめり込んで財産が「火事野」になっては、ブラジルのアマゾン火災よろしく消火できなくなる。カジノの原野での素人の火遊び、子供の火遊びは慎むべし。ヒヨコのマッチは調理の台所など、日々の生活の中でのみ使用するものだった。
2. Posted by 大山   2019年09月11日 01:15
横浜の林市長は当初は賭博場開設に賛成だったんですよ。それが市長選が近づいてきたら「白紙です」といい、当選して二年経ったら賭博場開設に方向を転回しました。
市民は激怒してます。騙されたとね。

市長はもう錆びが入ってますね。
記者会見で質問されても質問内容が理解できなくて部下に助けを求めたり、理解できても質問に明快に答えられなかったりで市民は呆れてます。
それに市長の発言に信念が感じられません。つまり裏から誰かに操られているのです。

市民の90%以上が反対しているのにそれでもやるというのです。賛成しているのは商人だけです。賭博場に群がった人が地元の店でお金を落としてくれると幻想しているのです。

今、横浜市役所は厳重警戒中です。今後大荒れ必死です。

パチンコもなくさないといけないのに新たに賭博場を開設しようなんて狂気の沙汰ですよ。
3. Posted by 江草乗   2019年09月11日 06:42
あのオバハンを背後から操って利用してる連中は、
利権に密接につながってるんでしょうね。
4. Posted by 手ぬぐい親父   2019年09月11日 10:28
 昭和40年代に「走れコウタロー」という、競馬のギャンブルを風刺したフォークソングが流行った。歌の途中で当時の美濃部亮吉・東京都知事のセリフが入る。「公営ギャンブルをどのように廃止するかという問題につきまして、慎重に検討を重ねてまいりました結果・・・云々」と。美濃部都知事はギャンブル廃止政策で、多くの東京都民の支持を得ていた。

 しかるに林文子・横浜市長はギャンブル推進政策で、多くの横浜市民の反感を買っている。市長は上記のフォークソングを知っている世代だが、「本命 穴馬かきわけて 走れ走れコータロー 追いつけ追いこせ ひっこぬけ」と、競走馬のコータローになりきっている。50万のリコール署名が集まる前に、決着のゴールを決めねばと。たとえ「ついでに騎手まで ふり落とす」という結果になろうとも。

 横浜のカジノ構想利権には、国の官邸の関与もあるという。横浜は官房長官の選挙地盤で、市長との人脈も濃いという。コトが成就した暁には当然、キックバック(蹴り返し?)なるものもありそうか。サッカーのバックパスでは、時にオウンゴール(自滅失点)もあるが、官房長官や市長のゴールキーパーは、確実に球を受け止める自信があるのだろう。「名ゴールキーパー」ここにありと。

 理化学研究所の理研ならまだしも、政界の利権は困ったものだ。過去の民主党政権時代の前原誠司氏も、「政治とカネ」の問題で外務大臣を辞任したが、この政界のカネ漬けの風潮は、今もって改善されていないようだ。特別会計というカネの漬物蔵には、食べ放題の旨味の増した食材が多くあるという。さあ、政治家諸君、高級官僚諸君、一緒に味わおうや、などとなっていたりして。秘密の蔵には保健所の検査も入らない。ここは天国 釜ヶ崎だったりして・・・。
5. Posted by 利根   2019年09月14日 01:20
私もカジノには基本的に反対ですが、しかしカジノができても一般の人はあまり行かず行くのは億単位のお金持ちくらいじゃないでしょうか。だから貧乏人が賭博依存症になってとか市民が心配するほどの弊害は無いのではと思います。少なくともパチンコよりはマシな気がする。
とにかく横浜市がやりたいと言うならまずはトップを切って壮大な社会実験をやってみたらどうでしょうね。それで思わしくなければ禁止にすれば良い。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)