2019年09月11日

日産というダメ会社の末路



 日産自動車の西川社長が、自分への報酬を水増ししていた疑惑で辞任することになった。会社を自分の財布にしていたゴーンを追放した彼が、同じように会社からもらえる報酬をごまかしていたのである。西川社長とゴーンの共通点ははからずも会社よりも自分のゼニを優先したことだった。

 以前にこのブログで書いたことがあるが、日産自動車の業績回復はゴーンの手柄でもなんでもない。ただ単に下請けメーカからの部品の納入価格を値切って、従業員をリストラしてそれで達成しただけである。よそから利益をもぎ取ってきただけなのだ。

 自動車メーカーが業績を回復するということは、本当ならよいクルマを作ってそれがよく売れて、多くの人を喜ばせて達成するものである。しかし日産にはそれがなかった。看板車種であったスカイラインは、今はほとんど売れない不人気車種になった。鳴り物入りで登場させた電気自動車の初代リーフは、バッテリーが劣化して役立たずとなって中古車市場で投げ売りされている。

 ゴーンも西川も愛社精神などカケラもなかった。彼らは二人ともどうやって会社のゼニをフトコロに入れるかだけを考えていたのである。社員の給与を削ってその分を自分の報酬にするという悪代官タイプの経営者だったのである。そんなクソ野郎がトップの会社のクルマなんか買いたくないのである。

 オレは過去に日産車を何台か購入している。オレの筆名である「江草乗」がそもそも日産のかつて販売していた2ドアクーペ、日産EXAから取られたものであり、そういう意味で日産自動車とは深い関係があるわけだが、そんなオレも2000年にEXAを手放して以来日産自動車との縁は完全に切れたのである。

 そもそも今の日産に買うべきクルマはあるか? かつては美しかったフェアレディZも今はアメリカンなマッチョでケツでかのクーペになって不細工そのものである。そこそこ売れてる日産車と言えば、エンジンで発電して走るノートeパワーと、手ごろなサイズの1BOXカーのセレナくらいである。マーチとかキューブ、そしてエルグランドなどのかつての人気車種も今は絶滅種なのである。せっかく売れてもライバルが出現したらもう必ず負けるのである。

 モデルチェンジのたびにどんどんカッコ悪くなるのが日産車の特徴である。せっかく人気車種があっても、なぜ売れてるのかを理解せずに台無しにするのが歴代の経営方針だった。どうしてそんなにダメなのか。それは経営トップが愛社精神に欠けてるからである。およそ自動車メーカーのトップにはふさわしくないただの合理主義者が、日産の魂のような大切なものをぶち壊して社員のやる気を奪い続けてきたのである。

 オレは日産という企業には未来はないと思っている。だから日産の株はもうとっくに手放したし、日産がこれから出すクルマにもなんの期待もしていない。次に買うならホンダ車かマツダ車にしようとオレは思っている。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←6位です






コメント一欄

1. Posted by 大山   2019年09月12日 03:25
>モデルチェンジのたびにどんどんカッコ悪くなるのが日産車の特徴である。

そのとおり、モデルチェンジするとガクッと車が売れなくなる不思議な会社である。
スカイラインは北米を意識した車になり全く売れなくなった。(日本市場を見捨てた)

スカイラインの最盛期には年間17万台が2016年には4000台だ。セドリックの後継車(フーガ)の売り上げ台数は1449台(2018)ライバルのクラウンは40240台である(2018)。昔はクラウンとフーガ(セドリック)は売り上げ台数を競っていたのに見る影もない。日産の国内の売り上げ台数もトヨタの1/3しかない。日産はもはや高級車を作ってないメーカーである。フーガのあのデザインでは売れないのは当たり前である。

トヨタにも言えるが高級車はごっそりドイツ車に持っていかれてる。ポルシェの売り上げ台数(2018)は7166台でその他ベンツ、BMW,アウディ、VW
などを加えれば日本の高級車市場は完全にドイツの明け渡している。ドイツ車は国産車と同額か100万ほど上乗せすれば買える。今のトヨタ車は狂ったようなデザインで、そりゃデザインのいいドイツ車を買うでしょう。
わが町の車の25%くらいはドイツ車です。
トヨタも国内シェアトップだと言って安心してられない。
特に日産の株は300円台まで下がっても不思議ではない。
2. Posted by 江草乗   2019年09月12日 06:53
ただ、フーガは中国では売れてるようですね。
北米市場と中国市場はユーザーのお馬鹿さが似ているので売れるみたいです。
考えればGMの車なんて日本では馬鹿しか買わないけど中国ではよく売れてるみたいですしね。

日産は中国と北米という二大馬鹿市場のおかげで
細々と余命を保つのかも知れません。

トヨタはレクサスで一定の地位を日本で築いたけど
そういえば、街で日産のインフィニティなんか
ついぞ観たことないですね。
3. Posted by すっぱむーちょ   2019年09月13日 07:26
ひさびさにマーチを店で見かけたら、全くフツウの車になっていてがっかりしました。少し古めかしい欧州車の様なデザインが良かったのに。
ブルーバードも街中で見かけたのですが、あれも良いですね。 今のスカイラインなんかよりもずっと良い。
4. Posted by 利根   2019年09月14日 01:39
しかし車も一頃に比べ高くなりましたね。昔は2000cc車は諸経費込みでも200万台で買えたのに今はちょっと上のグレードというだけで軽く300万を超えてしまう。とにかくぶつからない装置とかの安全装置類が多すぎなのだ。おかげで庶民の多くが安い軽を買うようになった。私もその口だが。先日高速やら山道など800キロほど走ってきたが結構よく走ってくれるしなによりガソリンや高速代が驚くほど安い。一人旅にはこれで十分と思った。ニッサンももっと軽に力を入れた方が良いかもしれない。eパワーのノートが結構人気があるからあれの軽版を出せば結構売れるのではないだろうか。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)