2019年10月04日

いじめをする先生たち



 いじめ加害者になるのは小学生や中学生といった児童生徒ばかりではない。神戸市の市立東須磨小学校ではなんと、先輩の4人の先生が一人の20代男性教諭をいじめていたということが明らかになっている。こんな連中に教壇に立って生徒を教える資格があるのかとオレはあきれるのである。記事を引用しよう。

羽交い絞め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ
10/4(金)
 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。(佐藤健介)
 男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされている。担任していたクラスには急きょ臨時講師が配置されている。
 関係者によると、加害側の教員は30〜40代の男性3人、女性1人。LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。
 また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。
 一連の行為について、同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされる。9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を始めた。被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討するもよう。加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針という。男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討するという。


 神戸市といえば、垂水区の中学校で教員たちがいじめを隠蔽し、生徒を自殺に追い込むという事件がついこの間あったばかりである。そうしたことが全く教訓になっていないどころか、先生が率先していじめ加害者になってるのである。これはもうどうしようもないのである。

 加害者の4人は10月に入ってから休んでるという。ここで市教委の「人事異動などで人員補充」という方針にもあきれてしまうのである。まず先にすることはその加害者どもに対してきちっとペナルティを与えることではないのか。そういう問題教員が「転勤させればOK」ということでなんの反省もなく教壇に立ち続けることの方が間違ってるだろうとオレは思うのだ。

 どんな世界でもいじめは起きる。しかし、少なくとも学校という場所は生徒に向かって「いじめはよくない」と教えることが大切な責務である。そんなところで先生たちが陰湿ないじめ行為をしているなんて、もう悪い冗談としか思えないのである。そんなクズたちのせいで、真面目に頑張ってる先生までもが偏見の目にさらされてしまうのだ。

 激辛カレーを目にこすりつけられたら激痛が走るだろう。コピー用紙の芯というのがちょっと想像できないのだが、これはFAXに用いるロール紙みたいなものだろうか。それで叩くというのも大人の行為であるとは思えない。

 この4人の加害教員は懲戒免職、そして校長や教頭は監督責任があるから減給というのが今回の事件のペナルティとしては適当なのではないだろうか。

 それにしてもLINEでわいせつな文言をおくらせるなんて、あまりにも幼稚で情けないのである。おそらくその学校の関係者は加害教員が誰なのかを把握しているだろう。当事者以外の同僚たちは彼らのいじめ行為をどのような思いで見ていたのだろうか。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年10月04日 23:05
悪い冗談なら笑って許せもするが、これが事実だとすれば重大な人権問題。
「ヤクザ教師」「反面教師」が知的な港町・神戸に出没していたとは。
当地(秋田)では人里に熊が出没し、人を襲ったりしているが、神戸の小学校にも熊らしきモノが出没していたのか。
人に危害を加える熊は、危険なので即刻退治されなければならない。

人権侵害のいじめなど、決してしてはいけないと指導するのが、学校の教師の務めのはず。
若い同僚教師を羽交い絞めにし、激辛カレーを無理やり口に突っ込み、目にこすりつけ、
コピー用紙の芯で尻を腫れるほど叩き、同僚教師の車に傷をつけるとは!。
地元の山口組の方々も、アッと驚くほどの「ヤクザ教師」そのものではないか。

「ボケ」「カス」の暴言を頻繁に浴びせ、品位ある言語教育を破壊する「反面教師」の方々。
どうにも止まらない行動が、日々エスカレートしていった原因は何なのか。
山本リンダに聞いても分からないので、本人たちの口から是非とも聞いてみたいものだ。
真坂のまさか、単に気に食わないヤツだったから・・・では日本の将来に黄信号が激しく点滅する。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)