2019年10月06日

安いスポーツカーが欲しい



 トヨタがスープラを再登場させた。しかしとても庶民の買えるような値段ではない。日産GTRもホンダNSXも、およそ庶民の買える価格ではない。もっともスポーツカーの主なマーケットは北米の金持ちなので、日本人に売ることなど全く想定しないのかも知れないのだが。

 若者のクルマ離れということはなぜ起きたのか。若者が貧しくなったことや、そのゼニをスマホの通信料やネトゲの課金に使ってるからということも言われるし、そもそもライフスタイルが変化して、女の子とドライブデートするようなことも減ったからクルマが不要だということもあるのかも知れない。

 ドライブデートするだけなら別に2ドアクーペはいらない。ホンダN−BOXなどの方が広くて快適だし、もっと安いスズキ・アルトとかダイハツ・ミライースなどのようなミニマムクラスの軽自動車でも十分である。そうした実用車でも移動手段としては何も問題ない。

 しかし、かつての若者はそうした実用車ではなくていわゆる「デートカー」を乗り回したのである。日産シルビア、ホンダプレリュード、トヨタセリカなどの2ドアクーペが一番安いのなら200万以下で十分に買えたのである。しかし、今スープラやGTRはとんでもなく高価なクルマになってしまったし、2ドアクーペという車種は各メーカーにほとんど存在しない。外車になるならあるが高すぎる。軽自動車にはコペンやS660という2ドアクーペがあるが、それらは荷物も積めないしそもそも二人乗りという時点で大幅に実用性が失われている。

 デートカーにとってもっとも大切な機能は何か。それは車内でいちゃいちゃすることである。しかし、コペンやS660はそもそもシートは倒せないし、狭すぎていちゃいちゃすることなど無理である。

 トヨタ86、スバルBRZはオレが定義するデートカーの範疇に入るのかも知れないが、残念ながら高い。もっと非力なエンジンでいいから一回り小さくて安い車を150万円以下で出してほしいのである。だったら若者もローンを組めるのだ。

 日本の自動車メーカーのトップには馬鹿が多い。日産などはその最たるものである。オレのようなクルマのことも遊びのことも若者文化もわかるような人間を経営陣に迎えてくれればもっといいクルマが出せると思うのだが、残念ながらそういうことにはならない。もっともオレももうすっかり老いた。オレがこれから買うクルマはどうせ自動運転車になるだろうし。運転する楽しみなんてもう十分に味わいつくした。

 ただ、そんなオレでも欲しくなるような魅力的なクルマをどこかが出してくれないだろうかと少し期待してしまうのである。そうすればS660を手放して迷わず買うのである。そんなことは起きないのだろうか。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by 利根   2019年10月06日 17:36
江草氏もS660に飽きたかそれともマニュアルミッションの操作に疲れたか。
この際車を替えてみたらどうですか。いちおう軽から選ぶとして私のおすすめはダイハツキャストスタイル。
アクティバもあるが不整地や雪道を走らず街乗りだけなら標準タイプのスタイルが手頃。タイヤが軽の汎用サイズなので交換が安く上がる。アクティバは一回り大きいサイズなので交換費用が高い。デザイン的にはミニの模倣みたいだが悪くは無い。高速道を多用するならターボ付きを、4駆は街乗りには不要。実燃費はハイブリッドのハスラーより少し劣るがその分走りはスムーズでもたつき感が無い。運転姿勢はごく普通で誰でもなじめる。価格は値引き次第だが150万くらいで何とかなりそう。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/index.htm
2. Posted by 江草乗   2019年10月06日 20:38
タイヤサイズって
乗り心地にかなり影響しますね

S660なんて、軽自動車らしくないサイズの
195/45R16 なんてのを履いていますけど

FTOが205/50R16
EXAが195/60R14

でした。
扁平率の高いタイヤはブレーキもよくきくし
コーナーリングも安定します。
タイヤの貧弱な軽を運転するとそこが不安なんですね、キャストもそこはイマイチですし。
3. Posted by 大山   2019年10月07日 00:53
嘗ては、サニークーペ、カローラスプリンター、ファミリアクーペ、117クーペ、シルビア、プレリュード、ギャランGTOなどありましたが、今ではスカイラインクーペとレクサスのクーペ、BRZなどしか思いつきませんね。
BRZ以外はボディも巨大で価格も500~1000万位で若者が頑張っても買う気にならない。
スカイラインクーペやレクサスのクーペなどは月販50台程度だったと思う。

輸入車にはベンツ、アウディ、BMW、プジョーなどにクーペが用意されていて450万くらいから買えそうです。
これらは街中で結構見かける。高価なクーペは日本メーカーでは太刀打ちできない。彼らには強力なブランド力があるから。

若者がデートカーを欲しがらないので、日本メーカーはクーペなんて眼中にないだろう。今はSU垢売れ筋なのだから。
江草先生の欲しがる150万以下のクーペはいまはもう作れない。今の車のコストの40%くらいは電子装備と思われる。50年前のスペックで電子機器はステレオだけなら可能。でもそれは電子制御による安全装備がゼロということで買う人がいるだろうか。
4. Posted by 利根   2019年10月07日 15:19
まあ新車はとても無理だから買うならやはり中古しかないですね。  外車はすぐ壊れるから中古はよした方がいい。先日も中央道のPAで真新しいBMWがエンジントラブルでエンコしていた。JAFのお兄さんが見ていたけどオイルがどうのとかで自走は無理だとか。若夫婦みたいだったけど気の毒にドライブの予定がすっかり狂っちまったんだろうな。
 中古のスポーツカーならマツダのロードスターなんかどうですか。軽より少し大きいけど割とコンパクトです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)