2019年10月09日

オレは森田健作になりたい



この世で一番楽な仕事は何だろうか。それは何もしない国会議員や地方議員、そして首長である。議員や首長の立場にありながら何もしないでいるということほど無責任で楽なことはないのである。千葉県知事の森田健作は台風15号に千葉県が襲われる数時間前に、東京都内でパーティーに出席してウィスコンシン州知事とにこやかに乾杯していたらしい。西日本豪雨のさなかに宴会をしていた自民党議員団もそうだが、地元の災害に対して政治家や知事のなすべきことをどのように考えてるのだろうか。どうして災害に備えて県庁に待機していなかったのだろうか。

 阪神大震災の時、兵庫県知事だった貝原俊民は知事公舎でふんぞり返って、迎えの車がやってくるのを延々と待っていたそうである。自分の目で家の周辺を確かめることもせず、徒歩で30分もあればたどりつける県庁まで歩きながら被災状況を確かめるということもしなかったのである。このようなクソ野郎に為政者の資格がないことははっきりしている。貝原知事は後に自分が震災復興にどれだけ尽力したかという自画自賛の本を出したという。本当にあきれるしかないのである。 

田中康夫という作家はさまざまな批判を受けることもあるが、彼があの震災の後に原付バイクで現地入りしてさまざまな復興物資を配るための走り回ったということを知ると、人間として信頼に値するのはどちらかということがわかる。行動できる人間こそすばらしいのである。多くの政治家や芸能人は口だけである。

 その森田健作知事だが、知事の仕事はよほど忙しいのだろうかと思ったら、全然そんなことはないらしい。なんでも年間に151日も休んでいるそうである。千葉県知事がそんなに閑職なのなら、オレも千葉県知事になりたいのである。

千葉県内のほとんどの市町村は9月9日までに災害対策本部を設置した。ところが県が災害対策本部を設置したのは9月10日の午前9時になってからである。そして災害救助法の適用や県職員の現地派遣をしたのは12日と、明らかに対策の遅れが目立つのである。そんなに森田健作は忙しかったのか。

 9月10日は首都圏中央連絡自動車道建設促進県民会議に、11日は東京五輪関連の会議に出席、12日は姉妹都市の知事表敬訪問をしていた森田健作が被災地の視察をしたのは台風が通過して5日後の9月14日だった。県知事にとってもっとも大切な状況把握ということを彼は台風直後に何もしていなかったのである。こんなやる気のない人間に知事を任せていてもいいのか。

 そこで普通の人なら激しく森田健作批判に回るところだが、オレは違うのである。オレはそういう事実を知って、ものすごくこの森田健作知事がうらやましくなったのである。あらゆる仕事には多大な責任が付きまとう。それはどんな会社に勤務していてもそうである。正社員ならなおさら当然だ。ところが森田健作にはそんなことはないのである。

 オレは森田健作になりたい。こんなふうに年の半分くらいの休暇をもらい、高額の報酬をもらい、公費で開催されるパーティーに出ては飲んで食べて雑談して、それで「知事としての仕事」をしていることになるという夢のような身分なのである。なんとすばらしい職業だろうか。

 どうすれば森田健作になれるのだろうか。そのためにはまず芸能活動をしないといけない。芸能活動をするためには、オレはあまりにも年齢を重ねすぎたのである。もう完全に手遅れである。世の中にはいくら長時間労働しても給料が上がらずに苦しんでいる人たちが大勢いる。そういう人たちは自己責任なのだろうか。オレは森田健作という生き方がこの世に存在することに気づかなかった若いころの自分の愚かさを今かみしめているのである。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年10月09日 14:34
 芸能活動で知名度を上げれば、選挙の票は自ずとついてくるのが現代社会。お茶の間のテレビに頻繁に顔を出していれば、お茶の間のシトビトは自然に感化され、政治家としても期待をしてしまう。かつて青島幸男などは、全く選挙活動せずに参院選の全国区で当選している。横山ノックなども、お茶の間で票を稼いだ口だろう。

 青春スタートして名を馳せた森田健作も、千葉県知事になれたのも合点がいく。ただ、9月の台風15号被害の対応については、後手をひいてしまったのは仰せの通り。大規模な停電で被害状況が伝わりにくかった面もあるが、知事の危機意識が低かったのは否めず。その点では小泉進次郎の環境相起用等、内閣改造に終始勤しんでいた政府も同様と言える。

 「おれは男だ!」の日テレの青春ドラマで活躍した森田健作ならば、「おれは知事だ!」の気概を携えて、千葉県の災害危機に対応すべきであった。危機管理意識の不足は否定できない。森田健作のヒット曲「さらば涙と言おう」が、今回の件で知事の不人気を招き次の選挙で落選し、「さらば政治と言おう」と歌わざるを得なくなったりして・・・。 
2. Posted by 大山   2019年10月10日 00:47
知事が美味しい仕事だというのをいまごろ気が付いたんですか。
大阪には元漫才師の知事がいたじゃないですか。
漢字が読めなくても務まったですよね。

議員もおいしい仕事らしいですね。
教師退職後は府議会議員に立候補すれば教え子が票をいれてくれるから当選確実です。一期務めたら次は知事に挑戦です。
夢のような老後が待ってます。
3. Posted by 利根   2019年10月10日 12:21
江草氏だって京大出の教師となれば上流国民の仲間じゃありませんか。政界に打って出るにふさわしい立派な学歴です。韓国だったら平国民は足下にも及ばない両班か。
大山さんが仰るとおりですよ。なんたって漢字が読めるという総理にも負けない素晴らしい才能がある。そろそろ第二の人生設計を始めた方が、イヤもう実行に掛かった方がよろしいかと。
4. Posted by 江草乗   2019年10月10日 22:55
みなさん日記の内容を勘違いされてます。

「政治家になりたい」

ではなくて、森田健作のような休みの多い
仕事になりたいということですよ。
5. Posted by ひろまり2007   2019年10月10日 23:56
俺は政治家の仕事はPDCAを回す事だと思っている。
それがちゃんと出来れば学歴は無関係だ。
森田、横山があかんかったのは満足しそこで終わったからだ。
仕事をきちんと出来るのだろうか。こんな問題の多い現状で。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    Amazonライブリンク
    livedoor 天気



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)