2019年12月07日

26兆円の経済対策はゴミ



 安倍晋三が26兆円規模の経済振興策をぶち上げて「アベノミクスの加速」と語ったそうだが、もはや破綻している「アベノミクス」を今更持ってこられても困るし、そもそも産業構造がすっかり変わってる現在に、ダムや治水工事、堤防建設にじゃんじゃんゼニを使いまくって景気が良くなると考えてるとしたら馬鹿すぎて話にならない。ニューディール政策なんて100年も前の話だろう。

 じゃあこの政策は何のために行うかというと、それは土建屋にゼニをばらまいたらそのゼニの一部が政治献金の形で自民党に還流するという仕組みで、自分たちが潤うからである。しかもその財源は借金や赤字国債に頼ってるわけで、未来の国民がますます困るようなことを自分たちの目先の利益のためにやりたいのである。こんなクズどもにいつまで政権を与えてるんだ。
 亡くなったオレの父親はこんなことを言った。

「金持ちにゼニを与えてもそのゼニは動かない。貧乏人はゼニをもらったらさっさと使う。その使ったゼニは別の貧乏人の所に回って、貧乏人の中を順繰りにゼニが回ることで景気が良くなる。空き缶を集めてるあの買い入れ価格を値上げしてやるだけで下から経済は回りだす。」

 同じ1億円のゼニでも、一人の金持ちがそれをただ持ってるのと、1000人が10万円ずつ持っていて一か月でパーっと使ってしまうのとではまったく意味が違うのである。広く浅くゼニをばらまいて使ってもらうことが最強の景気振興策になるのだ。たとえば1兆円のゼニを土木工事に使うのと、その1兆円をすべて介護業界で働く人たちの報酬に使ってもらうこととでは全く違うのである。

 前者は経済に全く何の影響も与えないが、後者の場合、そのゼニは次々と違う人のところを移動して何倍もの経済効果を生み出すのである。

 経済政策というのは安倍晋三のような小学生レベルの漢字もまともに読めない馬鹿や、統計資料をねつ造したり改ざんしたり嘘をついて馬鹿を擁護する官僚にまかせたらろくなことにならない。かといって悪人に任せるともっとひどいことになる。小泉純一郎と竹中平蔵が組んでやらかした規制緩和によって起きたことは何か。非正規雇用の増加で人件費が抑制され、国民はどんどん貧しくなって企業は空前の内部留保をため込むことになったのである。安倍晋三のやるべきことは企業にゼニを吐き出させ、もっと国民にゼニを持たせることであるが、そんなことは常に言い訳に終始する馬鹿にはわかるわけがない。

 災害に強い国家をつくるということは確かに大切だが、そもそも自然災害を人為的に防げると考えるほうが思い上がった発想である。台風は必ずやってくるのだ。それに対する対策というのは「避難」しかない。これだけ気象情報があふれてるのに、避難できずに亡くなるというのは行政の広報不足であり、また自己責任でもある。洪水になって家に浸水しているのに「まだ大丈夫だろう・・・」と甘く見た結果、多くの人が逃げ遅れて亡くなっているが、大切なのは家や財産ではなくて自分の命である。

 日本中の河川の堤防を強化してダムをつくるのに26兆円使うよりも、災害が起きたときの支援を手厚くすればいい。その方がはるかに生きたゼニの使い方である。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2019年12月08日 10:24
 土建関係に大きなゼニを撒けば、国全体の景気が良くなるという自民党政権を批判し、政策を転換しようとしたのが、かつての民主党政権。土建ではなく体臭、いや大衆の所得を増やし内需の拡大を図れば経済は好転すると。非正規雇用を減らし子ども手当の充実など、「コンクリートから人へ」の政策。今の安倍政権はそれを「悪夢の時代」と叩く。

 悪夢かどうかは評価の分かれるところだが、法人税減税の穴埋めを消費税増税で行おうとする現政権の政策の方が、一般のシトビトには悪夢と感じられたりして。多額のコンクリート関係予算を批判する江草氏の主張は、かつての民主党と共通する。山本太郎の主張も弱者救済で、コンクリートじゃんじゃんではない。

 企業の内部留保460兆に少し課税し、海外にバラ撒いた40兆の少しを貧困層に回せば、国民の笑顔も戻ってくる。イジメ政治、シボリ政治のオンパレードでは、国民の「やってられない感」も高まるばかり。頑丈なコンクリート建材そのものに罪はないが、この冬空に灰色のコンクリートだらけの環境では、皆の衆も冬の寒さで心までカジカンでくる。

 心休まる小春日和の温もりは、この師走にはもうないのか・・・NHKの「北風小僧の寒太郎」に聞いてみよう。 
2. Posted by 江草乗   2019年12月08日 22:58
 民主党政権の時代が「悪夢の時代」とレッテルを貼りたがるのが自民党政権ですが、「子供手当」とかの発想自体は間違ってなかったと思います。兵糧攻めにあった土建議員たちは必死で自民党政権を取り戻そうとして官僚たちと結託して、野田を裏切らせて解散に持ち込んだわけです。人にゼニをバラまく効果が出るまでには最低でも10年はかかる。その前に自民党にぶっつぶされただけのことです。
 民主党政権時にかなりの円高になっていますが、それによって輸出企業は利益を減らしましたが、円安になって増えた利益が結局は内部留保になってることを思うと、庶民にゼニが回ってこないという結果は同じです。
3. Posted by 利根   2019年12月09日 15:08
企業の莫大な内部留保という金、これがどうして給料に回らないのかねぇ。  
 この金が世に出れば消費が増え、結果として企業も儲かるし良いことばかりだと思うけど。
 経済の仕組みがよく判らないので、もしかしたら何か弊害でも出るのでしょうかね。
4. Posted by 手ぬぐい親父   2019年12月09日 18:16
 万が一や、いざという時の「タンス預金」というのが企業の内部留保か。大幅な赤字でも倒産を免れるため、またビジネスチャンスに即投資できるための軍資金なのか。銀行の融資はいつでも受けられるとは限らず、自己資金の内部留保は企業存立の体力ともなっているのか。

 とはいうものの、社員の賃金をケチってまで蓄えた多額の内部留保は、世間からはグレタ少女よろしく、しかめっ面で睨(にら)まれてしまう。あなたたちは私たちを犠牲にして、金儲けばかり考えている!と。それに対して経営者側も、いざ大赤字で無慈悲に解雇されるよりは、よっぽどマシだろう!と、不毛の議論が続くのか。毛無山の山頂で声を荒げて争っても、良い方向への発展は望めないかも。

 いやはや世の中は、あちら立てればこちら立たずで難しい。ただ低収入の非正規雇用者には、経営者はそれなりの「愛」があってしかるべし。クリスマスの夜にケーキも食えず、外で飲むことも憚(はばか)られる懐具合では、雨は夜更け過ぎに雪ではなく、恨みへと変わるだろう。山下達郎も悲しむ。

 心深く秘めた思い、叶えられそうもない・・・と非正規雇用者が賃金アップに絶望するようでは、企業に魅力的なイルミテーションは輝かない。同一労働同一賃金の「働き方改革」は、どれほど期待できるシロモノなのか。まさか、正規社員の給料を非正規社員並みに下げる、などという「改革」だったりしたら、聖なるクリスマスの夜に、開いた口が塞がらなくなり、救急車を呼ばなければならなくなる。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)