2019年12月29日

受験を舐めてるキミへ



 もうすぐ大学入試センター試験である。全国で多くの受験生がその試験のためにお正月も勉強に励んでるわけだが、もちろん勉強が足りずに志望校に届きそうもないと嘆いている受験生も多いだろう。志望校に対して模試でA判定やB判定をもらっている人はほんの一握りで、多数派の受験生はオレがここで雑文を書いているこの瞬間も必死で勉強に取り組んでいるのである。

 さて、高校3年生や浪人生にとっては受験は目前だが、それ以外の高校生にとってはまだまだ入試なんてまだまだ先である。そういう生徒たちは二つに大きく分かれる。一方は謙虚に自分の不勉強を反省し、必死で取り戻そうとしている生徒たちである。地道に学習時間を増やして少しずつでも志望校に近づきたいと思っている生徒である。このような生徒たちはたとえ志望校には届かなくても、浪人して目標を実現する可能性が高いし、第一志望でなくても自分の進学先を努力の結果として前向きに受け止めることが可能である。

 勉強を地道にコツコツやるためには、丁寧に問題を書き写し、ノートを作り、わからなかったところや解けなかったところを質問し・・・という感じでとにかく根気が必要だ。英語の勉強に取り組むときには、音読もリスニングも作文も英文解釈にも、すべて丁寧に取り組むことで総合的な英語力が向上していく。膨大な時間をかけてやっと結果が出るのである。一日に5時間も6時間も必死で家庭学習に取り組まないといけないのである。

 さて、問題なのはもう一方のタイプである。完全に受験を舐めている生徒が存在するのである。これまでほとんど勉強してこなかったので、そもそも勉強とはなんであるかがわかっていない生徒である。全然勉強していないくせに、他のまじめな受験生に対して「ダッセー」とか悪口を言う。ダサいのは馬鹿丸だしなおまえである。 

 そういう生徒の勉強の仕方というのはみんな驚くほど同じである。参考書をぱらぱらと眺めていたり、英語の単語集をただ眺めていたり、歴史の用語集をただ眺めているのである。そして15分も眺めていて疲れると「オレ、いまめっちゃ勉強したな」と自己満足するのである。ただ見ているだけだからすぐに忘れるのである。記憶容量が極端に少なく、他の受験生がギガ単位のHDDのように知識を蓄えてるのに、まだFD(フロッピーディスク)並みの記憶容量で立ち向かおうとしているのである。

 そういう感じで勉強を舐めている受験生はFランク大学以外には合格できない。それが現実なのである。

 中高一貫の進学校で東大や京大を目指していて、成績上位にいる生徒というのは毎日3〜4時間の家庭学習をずっと続けてきているのである。中学の間に毎日3時間×365日×3年間勉強すれば、実に3285時間も勉強してきているわけだ。その3年間をゲーム三昧で遊んできた生徒は、おそらく3年間でマイナスの学力を身に着けてきている。きっと中学受験の時に覚えた漢字をほとんど忘れているだろう。

 これまでに延べ5000時間以上勉強した生徒に、全く勉強してこなかった生徒がどうやって勝てるのか。勉強以外のもので考えてみればわかるだろう。どんなスポーツでも素人が数年間トレーニングを積んだ選手に勝てるわけがない。きちんと勉強してきた受験生というのは丁寧に基礎トレーニングを積んだアスリートみたいなものである。そこに全くスポーツをしていない素人が勝てるわけがないのである。

 一年後の大学受験共通テストで8割以上の得点を取るためにはどうしたらいいのか。「息抜きのためにゲームは一日1時間くらいやりたいです」と言ってる人は、そういう人でも合格できるレベルの大学に行くしかない。

 オレは高校2年、3年の時は一日に6時間くらい勉強した。もちろん今ならもっと少ない時間で効率的に勉強できる受験生が普通だろう。今はさまざまな学習教材があるし、すぐれた予備校教師の授業を動画で観ることもできる。オレの時代は参考書や問題集という紙の媒体しかなかったし、英語のリスニングの試験もなかった。

 オレの受験した時代に比べて18歳人口は6割くらいになった。入学定員が変わらないのだから昔に比べて東大や京大ははるかに易しくなっているのは事実だ。他の大学もみんな易しくなったのだろう。

 オレの目には受験勉強を舐めているようにしか見えないお気楽な受験生たちも志望校に合格していくのだろうか。相変わらずゲームばかりして遊んでいたり、そもそも勉強する意味がわからないと言って何もしなかったり、勉強は嫌いだからしたくないと豪語する生徒たちも大学には入りたいという。なんて甘いのだろうかと思うが、実際に世の中は甘くて、厳しいと思ってるのはオレのような時代錯誤のオッサンだけかも知れないのである。だって国会議員や官僚はあんなにウソばかり言っても許されてるじゃないか。

 そんな理不尽な世の中で、受験勉強なんかしてるのはもしかしたらダサい行為なんだろうかと、オレは自問自答してしまうのである。時代錯誤のジジイは現代の受験生から見ればただの「うるさいオッサン」でしかないのである。


ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by すっぱむーちょ   2019年12月29日 12:48
勉強量だけは、東大生並みに勉強したなあ。

今もこう思っていて、実際はその足元にも届かなかったわけで、戦い方が間違っていたのかな、と今更ながら思います。

電車の中でも、放課後も、本当によく勉強した。
でも、後悔はありませんよ。納得の結果です。

戦い方、っていうのは本当に難しくて、受験の世界だけではなくて、
必ずしも実力のある奴、地道で正直な奴が報われるわけではなくて、他の様々な要素の方が評価されていくことだってある。

こうして社会で働いていると、あの時の努力って、社会人になった瞬間に一旦リセットされてしまったのかな、と思うこともありますが、結局は自分を守るのは過去の自分なんだな、と思うことだってある。

大学受験って、そんな社会の入り口なんだと思います。
もっと言うと、魑魅魍魎とした社会で戦っていくのか、若しくは、まったく純粋な社会で働いていくのかの、分岐点なのかもしれない。
2. Posted by 江草乗   2019年12月30日 01:18
すっぱむーちょさん、コメントありがとう
同じように努力をしていても結果には違いがある
その理由はどこにあるのでしょうね。

日本史に出てくる人名が覚えられないからと
何度もノートに書いてる生徒を見たことがあります。明智光秀と10個くらい書いていました。
10個ならダメで100個ならOKなのか?

その勉強法が明らかに間違ってるという場合もあって、そうして掛けた時間は徒労にしかならない。
何百時間かけたとしても・・・

魑魅魍魎とした社会と、純粋な社会
どちらがどちらなのか? これは難しいですね。
3. Posted by 手ぬぐい親父   2019年12月30日 17:47
 学力に優れた人、運動能力に優れた人、表現力に優れた人、統率力に優れた人、調整力に優れた人など、ニンゲンには各々違った個性がある。その違った個性を最大限に発揮できるなら、社会は豊かなものとなっていくのだろう。金子みすゞ よろしく みんな違って みんな良い だったりして。

 ただ高度に発達した近代社会においては、学力はニンゲン評価の重要なポイントとなっているのも事実。難しい試験を突破し立派な学歴の人物は、社会に有益なことをしてくれるだろう、という期待が大きいのも今の社会。中には期待外れの人物もいるが、総体的には社会に大きく貢献しているのだろう。科学や医学などは高度な知識なくば成り立たず、快適で便利で健康維持の社会は築けないかも。

 大学入試を控えた受験生諸君は、そこまで言って委員会ではないが、ともかく目の前の壁を突破しなければ道は見えてこない。はじまりはいつも雨 だったとしても晴れの委員会の道は、突破した者に明確な言葉を贈るだろう。何やら意味不明となったが、受験生は1月からの一戦一戦に、持てる力を十分に発揮して臨むべし。試合には「番狂わせ」も無きにしも非ず。

 当方は大学受験ではコツが分からず、望ましい結果は得られなかったが、運転免許試験や就職の地方公務員上級試験ではコツを得た。自分のレベルにあった何冊かの参考書で、基礎知識を一通りマスターする。その上で過去の問題集に多く接し、意味が不明でも正解を暗記する。試験にはパターンがあり、暗記した問題がそのまま出題されたりもする。いわゆる「傾向と対策」が良い結果をもたらす。この昭和の時代の「傾向と対策」が 、今の大学受験にそのまま通用するかは定かではないが・・・。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)