2019年12月31日

ゴーンは行ってしまった

 2019年はゴーンがGoneして暮れた。彼が卑怯な方法で出国するということをどうして日本の裁判所は考えられなかったのだろうか。少なくとも彼が関係するブラジル、フランス、そしてレバノン政府関係者の動きは警戒する必要があったと思うのである。この3国の中でもっともルールおかまいなしなのがレバノンであり、国際テロリストのあの岡本公三もそこで無事に暮らしてることを思えば、レバノン関係者の動きには十分注視する必要があったのだ。

 ゴーンの莫大な海外資産を思えば、ゼニに目がくらんだ協力者はいくらでも出てくるだろう。脱出に協力すれば高額報酬ということをちらつかせればいいのである。

 ゴーンは日本では公正な裁判を受けられないということを逃亡の理由にしている。その一点に関してはオレも同意する。ただ、今回のゴーンの容疑はたかだかゼニカネの問題であり、認めればゼニを払ってなんとかなることである。どうせ実刑判決はつかない。そのゼニさえも払いたくなかったゴーンは、保釈金15億円を放棄して自由を選んだのだ。つまり彼にとって保釈金の15億円は安すぎたのである。彼の隠し資産のことを思えば保釈金は1000億円くらいに設定すべきだったのだ。そうすればそもそも保釈金自体を払えなかっただろう。設定した保釈金の金額があまりにもはした金だったというのが今回の逃亡の原因である。

 日本の刑事裁判には無罪推定の原則が存在しない。捕まった以上有罪であるというシナリオのもとに取り調べが進む。山口敬之の逮捕状が中村格刑事部長によって握りつぶされたのも、もしも逮捕されてしまったら有罪にされてしまうからその前に止めたのである。

 ゼニさえあれば優雅な海外生活を送ることができる。ゴーンの隠し財産はいったい何百億あるのだろうか。その財産は日産の社員の給与を削り、取引先を倒産させたりして手に入れたものである。

 自前で船や飛行機を持っていれば出国は簡単にできる。大型クルーザーを持っていればそこに人間や覚せい剤を隠すことはいともたやすいのである。それくらいの金持ちはいくらでもいる。プライベートジェットを持ってる日本人はまだまだ少ないが、ホンダジェット程度を購入可能な金持ちはきっとかなりいるはずだ。


 ゴーンは行ってしまった。日本の法制度は完全に舐められたのである。もっともすでに日本の司法制度は世界の笑いものになっている。伊藤詩織さんの準強姦事件で首相の側近という理由で逮捕状を差し止めた事実は世界で報道されている。法律の運用が為政者によって恣意的になされ、現場の人間が緊張感もなくすぐに容疑者や拘留中の人を取り逃がしてしまうのが日本である。麻薬の運び屋も裁判の時に「知りませんでした」と泣けば許される。たぶんこれからも世界一遅れた司法制度の国として、あきれたことがたくさん続くのだろう。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月01日 12:41
 あけおめ、の省略ではなく、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 そうですか。除夜の鐘のゴ〜ンという音と共に、カルロス・ゴーン氏は、どさくさに紛れてレバノンへと去ってしまった。大晦日のNHK・BSプレミアムで「風と共に去りぬ」の映画が放送されていたが、ゴーン氏は「鐘と共に去りぬ」を実演したようだ。クラーク・ゲーブルにも劣らぬ名優だったりして。

 身に覚えのない妻殺しの罪で、死刑を宣告され真犯人を探したドラマ「逃亡者」なら共感もあるが、これから始まる大レース、じゃなく裁判が嫌だからとプライベートジェット機で逃げた「逃亡者」では、あのリチャード・キンブルもあきれ顔を隠せないか。死刑もない裁判で己の無実も主張できないゴーン氏には、ドラマ主演の俳優デビット・ジャンセンも草葉の陰で苦笑か。

 もちろん日本の司法制度には問題点も多い。自らの裁判によってその問題点を明らかにすれば、日産のCEOを務めたゴーン氏の日本社会への貢献ともなる。優秀な弁護団にもケツを向けて、おら こんな裁判いやだ〜 ベイルートへ出るだ〜 ではナンダカ?となってしまう。そんなこんなで、新年のチマタに五木ひろしの「よこはまたそがれ」の歌が虚しく響く。あの人は行って行ってしまった もう帰らない〜・・・と。 
2. Posted by 利根   2020年01月01日 19:07
新年おめでとうございます。
年末に起きた何とも痛快な逃亡劇。私にはゴーンが悪者なのか西川が仕組んだ罠なのか判らないが、それなりの国際的知名度のある人物を明確な証拠もなしに数ヶ月も拘禁するなどどうみたって不当な処遇としか思えませんでした。
こんな逃亡事件は今までなかったと思うが、政府がどう対応するのか今後の展開が楽しみでもあります。
3. Posted by ひろまり2007   2020年01月03日 07:22
ちょっと思いつきました。
Gone has gone with goooone.
語尾は鐘のおと。除夜の鐘をついて帰ってきた時に知ったから。
4. Posted by ひろまり2007   2020年01月03日 09:25
追加
あけましておめでとうございます。
Gone has gone with goooone and jet's guooone.
プライベートジェットの爆音も追加してみた。
5. Posted by 江草乗   2020年01月03日 22:21
カルロス・ゴーンが楽器ケースではなくて
タンスに隠れて出国していれば
もっと面白かったんですけどね。

タンスにゴーン 
6. Posted by 大山   2020年01月04日 01:27
サギヨウギを着て拘置所を出てきた時からおもろいですね。
アノーヒトーハイッテイッテシマタ、モウカエラナイ〜

金持ちの汚職が蔓延ってるレバノンでは、決して歓迎だけではないようですね。24時間警護が付くだろうし、死ぬまで自由で安寧な日はないでしょう。彼が失ったものは大きい。
イスラエルに渡ったことでも訴えられるようですね。
最大禁固15年のようです。
7. Posted by 江草乗   2020年01月04日 06:29
脱出に手を貸したプライベートジェットの乗務員がトルコ当局に訴追されるようですね。犯罪の片棒をかつぐということは日本以外の国ではどれくらい引き合うのでしょうか。そのあたりがよくわかりませんけど。
8. Posted by ひろまり2007   2020年01月04日 08:25
大山さん。捻ってきましたね。
なんでカタカナなんだ、サギヨウギー詐欺容疑だ。
あの歌の語感が当にgone と感じた。
9. Posted by ひろまり2007   2020年01月04日 18:06
ごめんなさい。
上から目線の書き方に成ってる。
カタカナにアッと発見した事を言いたかったのに。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)