2020年01月07日

我が家にロッキーが来た

 昨年11月に4年3か月愛用したホンダ・S660を手放してスポーツカーと訣別することを決め、新しくマイカーとしてダイハツ・ロッキーを所有することとなった。最先端の装備が満載で高速道路では前車追従式のオートクルーズが使えるし、ドラレコももちろん搭載されている。衝突防止装置や踏み間違い防止機能も備えている。ずっとMT車にこだわってきたが今度はATである。そういうわけですっかりオレのカーライフは変わったのである。

 さて、約700キロを運転しての印象だが、何より安全意識が高まったことが大きい。高い視点で周囲が見渡せること、前よりもゆっくり走るようになったことで常に周囲の動きに注意しながら運転するようになった。もちろん以前は何も見ていなかったわけではない。MTからATになって運転操作が単純になった分、まわりを見る余裕が生まれたということである。

 一時停止もきちんと止まるようになった。こんな風に書くと前は一時停止しなかったように思われるが、MT車で一時停止するというのはなかなかめんどくさいのである。ついつい徐行で済ませたくなるのである。しかしATならただ停まって発進するだけなのである。だからついついきっちりと停まってしまうのである。これで警察の卑怯な取り締まりにも安心して対応可能である。

 後部座席の乗り心地はわからないが、いちおう五人乗れるということで雨の日に同僚を駅まで送るような時も便利である。後部座席の乗り心地がどうなのかということはわからないけど、音はかなり静かである。もっとも前に運転していた車がS660なので比較すること自体が間違っているのだが。

 排気量が1000CCということで燃費もいい。SUVが欲しいと思っていたが買わなかった理由の一つが、大きくて重くて燃費が悪すぎるということがあった。いすずビークロスなどをかつては欲しいと思ったし、トヨタC−HRのデザインも気に入っている。しかし大きい。そういう意味で全長が4m以内に納まっていることや、排気量が小さいことで税金が安いというこのロッキーのメリットはとても大きいのである。

 兄弟車のトヨタ・ライズの方は12月初めに32000台の受注があったらしい。オレはトヨタよりもダイハツの方が好きなのでロッキーの方を買ったが、おそらくこれから街で見かけるのは圧倒的にライズの方なのだろう。

 コンパクトSUVというジャンルは軽自動車のスズキ・ハスラーやクロスビーなどのモデルがあったが、それほど選択肢は多くなくて一種の空白地帯であった。もともとSUVを選択するという人たちは実用性よりもその圧倒的な存在感や威圧感を求めていたわけで、オレのように実用性を求める賢いユーザーは限定的である。そういうことを考えるとオレのような賢いユーザーの少ない日本でこのロッキーのようなクルマはあまり売れないような気もするのである。

 オレが選ぶ車はいつも人気がない。それはこれまで乗ってきた車が証明している。日産EXA、三菱FTOなどはっきり言ってカルトなクルマであった。S660も発売当初は売れたが、今はそれほど売れていない。実用性がほぼ皆無だからである。

 さて、オレという一種の疫病神に選ばれたという不幸をロッキーがどのように克服してくれるのか。今後の販売動向がとても気になるのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←10位です。必ず投票お願いします。

コメント一欄

1. Posted by 利根   2020年01月08日 01:38
 ロッキー。響きが良いですねー。 トヨタにもOEMで同じ車があるので、実際は「無難にトヨタ」とかでそっちの方が断然売れていることと思います。ダイハツだとリセールバリューとしてはちょっと分が悪いかなとは思いますがたぶん江草氏はそこまで気にしないと思いますね。

 一時停止というヤツね、確かにMTでは完全停止すると発進時には半クラッチつかうので摩耗するしそもそも面倒で足も疲れる。てなわけで徐行で済ます輩が多いです。警察は車輪が完全に止まったかどうかをしつこくチェックしますから、僅かでも回っているとアウトなんですね。

 運転操作が楽な分、外に向ける注意力が増しますからATも良いものですよ。
 私がATに替えたのははるか昔です。あの頃はバリバリのデートコースであった湘南海岸をよく走ったのですが、いつも渋滞していて足が疲れてしまうので割高だったけどAT車に買い換えました。渋滞時はクリープを利用して殆どブレーキベダルだけで間に合うので実に楽ですね。
2. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月08日 13:25
 ロッキーと聞けば、ロッキー山脈が連想される。ワイルドな感じの車名。野性味と実用性を兼ね備えたコンパクトカー。力強い容姿と求めやすい価格も魅力か。同車種のトヨタのライズは昇るの意味か。朝日が地平線から昇るサンライズ、を連想させるのも悪くはない。

 2シーターのスポーツ車は、流麗で見栄えは良いが実用性に欠けるのが難点。大きな荷物の積載ができず、3人以上の乗車もできない。時々使用するセカンドカーとしてなら良いが、毎日使用する車には実用性も欲しく、広い室内空間と折り畳み式の後部座席は魅力がある。江草氏の車哲学の変換も納得す。

 当方もMT車からAT車に乗り換えて20数年となるが、未だにMT車の感覚が残っている。クラッチがないAT車は左足が暇で手持ち無沙汰、いや足持ち無沙汰。我が車には傾斜のある左足置き場があるが、そこに足を置くと何がぎこちなさを感じる。仕事をしない構えの左足は物足りない感覚となる。

 左足はブレーキペダルに活用する、という運転もあるようだが危なくて不向き。ブレーキペダルはアクセルペダルから離した右足で踏むもの、というMT車の頃の習慣が身に沁みついている。左足のブレーキ操作では右足のアクセルも、ついでに力を込めて踏ん張っていたりして・・・。

 アブナイ アブナイ 夏はほんとにご用心 の昭和の桜田淳子となってしまう。平成の歌姫、宇多田ヒカルのヒット曲 Automatic(オートマチック)よろしく、昭和の古い人間には「感性のズレ」があることを、歌に限らず運転においても認識しておくのも必要だったりして・・・。 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)