2020年01月09日

冬が無くなるということ

 1月というのに毎日のように暖かい日が続いている。3月や4月のような気温である。この冬はこのまま寒波も来ないで終わるらしい。ということは冬が来ないようなものである。豪雪地帯と呼ばれる北陸でも雪はほとんど積もってないらしい。雪という形で大量の水が蓄えられるからこそ雪解け水が豊富にあるわけで、その雪がないとどんなことになるのだろうか。

 北海道では雪まつりに使う雪がないという。多くのスキー場が雪不足でオープンできない状態である。このまま雪がなくなってしまうとすると、雪を目当てにした多くのビジネスが成立しなくなるのである。本当にそれでいいのだろうか。

 豪雪地帯の人にとって、雪が無くなってしまうことは雪下ろしなどの作業が不要になるので喜んでいる人もいるかも知れないが、果たしてそれだけで済むのか。雪国が雪国でなくなることは、逆に失うものがたくさんあるのではないか。雪があることが当たり前だった生活から雪が消えてしまうことでいったい何が起きるのか。

 オレがホンダ・S660を所有していた4年3か月の間に雪は降らなかった。全く降らなかったわけではないが、クルマで走ることに支障が出るような積雪は一度もなかった。もしも雪に降られていればとても困っていただろう。エンジンをミッドシップに搭載するS660のようなクルマは雪道が苦手なはずである。結局、一度もそれを試すことはなかったのである。

 20代の頃、冬になるとタイヤチェーンを積んで信州のスキー場に行くのが常だった。幹線道路は除雪されていたが、夜になると気温が下がって路面は凍結したわけでタイヤチェーンは必須だったのである。国道を外れてスキー場に向かう道は必ず積雪していた。白馬の民宿に泊まれば、白馬乗鞍とか栂池高原、八方尾根という大きなスキー場が間近だったのである。そうしたスキー場は雪不足に苦しみ、そのうえ客自体が減少してしまっている。雪という観光資源を失ってしまえば、いったいどんな魅力が残ってるのか。

 雪が無くなれば、そこはただの少し寒い場所でしかない。その「寒さ」も失われたとき、いったいどうなっていくのか。

 オレは以前にこのブログで「四季が無くなった」ことについて書いた。しかし、それだけではなくて冬もなくなったとしたら後には何が残るのだろうか。ものすごく暑い夏と、それ以外のなんかどうでもいい3つの季節ということなのだろうか。秋らしくない秋、寒くない冬、春らしくない春、そしてめちゃくちゃ暑い夏という情けない四季がこれからの日本のデフォルトになってしまうのか。

 冬が冬でなくなり、夜の間に氷が張ることや時々雪が降ることが日常でなくなった時、子どもたちの親しんだ童謡はもう想像上の世界になってしまうのである。「雪やこんこん」と歌っても、雪など「来ん」のである。
 暖かい冬が普通になった時、日本の古きよき生活文化である「こたつ」というものも不要になっていくのだろうか。オレはこたつが好きだ。これは最高の暖房器具であると信じて疑わない。こたつのない日本の冬など、もうそこは日本ではないのである。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←9位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月10日 13:25
 「働き方改革」で北風小僧の寒太郎も、残業規制で勤務時間を増やせなり、寒い冬を思う存分に表現できなくなったのか。今のところ雪国の当地も、山間部は別として平地では根雪にはなっていない。一部を除いてスキー場も雪不足となっている。気象庁の今年の暖冬予想も当たっているようだ。

 ただ、年毎の冬の気温には多少の上下の変動があり、今年の冬が暖冬だから来年以降も暖冬とは限らない。暖冬予想は平均的な概念で、暖冬の年に水道管が凍り付くような厳寒の日が訪れることもある。お天道様は気まぐれと言えば気まぐれ。北風小僧の寒太郎に命じて寒気を乱舞させ、チマタのシトビトをビックラこかせて楽しんだりして・・・。

 江草氏仰せのように、大量に積もった雪の除雪は大変だが、雪は大量の良質の水を恵んでくれるのも確か。飲料水、生活用水、工業用水、農業用水等は生きていく上で欠かせない。平地は遠慮し高地中心に降る雪が理想的か。人口の多い平地の除雪の苦労を無くし、高地の雪化粧の景観やスキー場の経営にも貢献する。お天道様に相談したい案件か。

 四季の違いがあるのが日本の良さ。春の桜、夏の海、秋の紅葉、冬の雪景色が人々の心を和ませる。江草氏仰せのように、夏の猛暑だけが目立ち、他は特徴のないつまらない季節では、日本列島に暮らす価値も半減する。汗だくの苦労だけでは体臭、いや大衆もやってられない屁の元、じゃなく日の本の国となる。「劇団四季」が「劇団二季」になるのは、身を挺して阻止しなければならない。   
2. Posted by 利根   2020年01月11日 11:25
新しい車に合わせて中古品ながらスタッドレスタイヤも用意したのに未だに交換していない。従来は12月中頃には雪が無くとも交換していたのだがこの冬は降雪の気配がしないのだ。
3. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月11日 14:28
 雪のない道路でのスタッドレスタイヤ使用は、タイヤの摩耗だけを奨励し損な感覚となる。それも突然の降雪への保険と考えることもできるが、消費増税も施行された今の世、損なことは努めて避けたいのも道理。雪が降ったらタイヤを交換、が一般庶民の経費防衛策かも。

 スタンドなどでタイヤ交換を依頼すると、1本500円、4本で1000円が相場。降雪時は交換依頼が殺到する。雪国のオヤジ連中は、そんなの関係ねぇ〜と自らの「汚れた手」でタイヤ交換を挙行する。初冬の11月末から12月初頭が、その毎年恒例のオヤジ祭りとなる。この祭りは雪が解けた3月末にもある。

 何はともあれ、雪の降る冬をやり過ごすのは苦労が伴うのは確か。その苦労を苦労と感じなくなれば、雪国への適応力も育ったことになる。オヤジ祭りにドップリ浸かった当方にも、雪国ならではの心地良い詩情の歌が語り掛けてくる。

   雪の降る町を 雪の降る町を 足音だけが追いかけてゆく
   雪の降る町を ひとり心に満ちてくる この悲しみを この悲しみを
   いつの日か ほぐさん 緑なす春の日の そよかぜ   
4. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月11日 14:32
上記の文中の

1本500円、4本で1000円が相場 は

1本500円、4本で2000円が相場 の誤りです。
5. Posted by 利根   2020年01月13日 15:15
先ほどタイヤ交換しました。2000円儲かったのかな。
前の2000cc車に比べ軽はタイヤが小さく軽いのでやっぱり楽ですね。
近隣では氷雪は無いと思うけど、たまに福島の山の中あたりに行くのでやっぱり交換しておかないとね。
6. Posted by 江草乗   2020年01月13日 19:19
利根さん、本当に今年は雪不足みたいですね。
万一の積雪や凍結のためにスタッドレス用意するのは大切なことですけど、このまま雪が降らないままという可能性も今年はあるかも知れないですね。

私はロッキー購入時に4WDを選ばなかったのですが
奈良県にお住いの同僚にとっては4WDが必須という
話も聞きます。福島県なら十分に備えは必要ですね。
7. Posted by 手ぬぐい親父   2020年01月13日 20:26
 雪の降らない太平洋側の地域でも、真冬の気温の下がった朝晩には、道路の湿気を含んだ箇所が凍結することもある。夜などは黒いアスファルトと区別しにくく、突然のスリップを起こしたりもする。スタッドレスタイヤならば、そのリスクも幾分かは軽減できる。

 日本海側ほどではないが、太平洋側の仙台も時々は雪が降り、冬タイヤ使用の車が多かった。以前の冬用はスパイクタイヤで、乾いた道路ではスパイクで削られた粉塵が問題となり、スパイクのないスタッドレスタイヤの時代となった。通常の雪道では差は少ないが、凍結路では氷にピンの食い込むスパイクタイヤに分がある。

 スパイクタイヤも雪のない道路での使用は違反だが、雪道部分での使用は違反とはならない。雪道が雪道へとジャンプできれば良いのだが、そんな車は今のところない。聞くところによると北海道だけかもしれないが、125cc以下のバイクのスパイクタイヤ使用は、雪のない道路でも認められたとか。冬の期間だけかもしれないが、宗谷岬で新年を迎えるライダーはスパイクタイヤで来るとか。

 福島は浜通りは雪は少ないが、中通りや会津は雪が降る。特に会津の山間部などは、冬季は閉鎖される道路もある。数年前の冬の車中泊旅で、会津から米沢へと続く国道121号を走行したが、大雪の冬らしい風景だった。スタッドレスタイヤ装備の4WD車で、奥深い山間部の道を走破するのも「男らしさ」があったりして・・・。何やら下半身、いや上半身の胸が疼(うず)いてくる。近々またヤラカスか。
8. Posted by 大山   2020年01月14日 13:35
雪が少なくてウハウハ喜んでる人達もいるようです。
ゴルフ場:通常は雪が積もったら営業できませんが、今年は客が4割増だそうで。

毎年雪かきで屋根から落ちてなくなる人が少なくなるでしょう。

日光や軽井沢の池の氷が張らないので氷の切り出し業者の仕事がないようです。

街中の除雪作業で毎年地元の土建業者が潤っていたようですが、その見込みが外れているようです。

立場によって悲喜交交ですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)