2020年02月07日

危険運転に天誅を!


 オレはいつも安全運転している。クルマをS660からロッキーに乗り換えてからはさらにその傾向が強くなった。運転時の視点が高くなって周囲がよく見えるので、ますます歩行者や自転車に注意を払うようになった。横断歩道に人がいれば必ず停まるし、コンビニの駐車場などから道路に出るときは必ず一時停止して歩道を通行する自転車や歩行者を優先する。そんな模範的超優良ドライバーがオレである。もっともそんなことはゴールド免許を持つオレにはしごく当たり前のことであり、何も自慢するほどのことでもない。

 さて、そんなオレがひやりとした瞬間があったのである。それは2月7日、朝7時43分ん頃のことである。オレは長居公園東通りという道を北上し、突き当りを右折してからすぐに住宅街のセンターラインを引いてある道路に進入した。通勤時に抜け道として通常利用しているコースである。その時、オレの後ろをミキサー車が走っていた。

 住宅街の道路なので自転車や歩行者の飛び出しに注意しつつオレは徐行運転していた。そして50mほど前方の信号が黄色になったので速度を落としてゆっくりと停止した。その時である。オレの後ろにいたミキサー車が猛然と加速して、赤信号で停車するオレの右側をすごい速度で追い越していったのである。

 オレのクルマはドライブレコーダーを搭載している。職場についてからオレはマイクロSDカードを取り外してパソコンで確認してみた。もちろんその場面はばっちりと記録されていた。オレは帰宅してからその動画をyoutubeに投稿した。暴走ミキサー車 信号無視の瞬間というタイトルをつけてみた。

 交通事故というのはそのほとんどが危険運転の結果起きるものである。多くの危険運転は「たまたま人が来なかった」「たまたま歩行者が停まってくれた」「たまたま自転車がよけてくれた」から事故につながっていないだけで、そうした偶然がなければたちまち悲惨な事故が起きてしまうのである。

 赤信号で停車しているオレの脇を強引に追い抜いて行ったこのミキサー車の前にもしも自転車や歩行者が飛び出して来たらどんなことになっただろうか。目の前の信号が青になっていて、しか左側のクルマはちゃんと停止している。もしもオレが自転車に乗っていれば、迷わずに速度を上げて通過しようとしただろう。まさかそこに信号無視の馬鹿が突っ込んでくるとは思いもしないし、結果として吹っ飛ばされて死んでいたかもしれないのである。

 単純な信号無視や速度超過は「危険運転」と認定されることはない。馬鹿裁判官のせいで危険運転のハードルはとても高くなってしまった。しかし、信号無視で発生する事故はすべて「危険運転」とすべきだとオレは思っている。オレの脇を信号無視して追い抜いていったこのクソ野郎が人をはねていれば、オレは裁判所で堂々と危険運転だという主張をするだろう。

 交通事故の加害者は人を傷つけたり殺してしまった責めを一生負うべきである。決してその罪は許されることはないのだ。たとえ歩行者に過失があったとしても、命を奪ってしまったという事実は消えない。オレが教師になったばかりの頃、歩道でふざけていた小学生がオレの目の前に飛び出してきて、必死で急ブレーキを踏んで停止したということがあった。小学生は笑ってその場から逃げていき、オレはハンドルから手を離せずにその場で硬直して呆然としていた。あの時にブレーキを踏むのが一瞬遅れて子どもをはねていれば、オレは仕事を辞めさせられていただろう。

 安全運転を心がけていても逃れられない不可抗力の事故は起きる。危険運転者が事故を起こすのはある意味必然である。だからこそ重い罰を与えないといけないのだ。

 警察はくだらない速度違反取締のような無意味なことはやめて、交通違反の検挙はすべて動画投稿に依拠すべきである。投稿者には反則金や罰金の一部が支払われる形にすればいい。そうすれば安全意識は高まり、危険運転者を劇的に減らすことができる。そしてオレもばっちり稼げるのである。大阪府警はぜひ取り組んでほしいのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←9位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年02月08日 20:34
 大型車は事故を起こすと甚大な被害をもたらすので、より慎重な運転が求められるが、この大型ミキサー車は危険極まる運転ですね。江草氏投稿のYouTube動画を見ると、その深刻さが驚きと共に認識されてきます。車を運転する者の風上にも置けない運転行為です。

 約束の配送時刻が切迫していた、精神的にむしゃくしゃしていてノロい車に苛立ってたなど、その運転者にも事情があったのかもしれない。しかしどんな理由があろうとも、交通法規を無視しての走行は許されない。赤信号での交差点突入は、一歩間違えば重大な人身事故となる。信号待ちしている自転車や歩行者は恐怖だったことだろう。

 大型ミキサー車の運転席は高い位置にあり、前車の頭越しに前方の信号は明確に見えていたはずであり、黄信号の時点で対向車線に出て追い越しをかけ、そのまま勢いをつけて赤信号の交差点を突破など、尋常では考えられないような乱暴運転。事故に至らなかっただけでも幸いだが、「危険な運転」の誹りは免れない。何らかの処分はされるだろう。

 意図的な信号無視の人身事故なら「危険運転致死傷罪」も適用されようが、事故がなければ信号無視の運転免許の減点、反則金の「行政処分」か。罪や処分が人の命や安全を保障するものでないのは言うまでもないこと。当方も0yaji Tenuguiのネームで、自らの車旅をYouTubeに投稿しているが、この頃は再生回数は減少傾向。江草氏のこの投稿は注目されそうか。安全運転の心構えは常に失わずにいたい。
2. Posted by 大山   2020年02月09日 01:35
ナンバーの一部が見えてますね。時間も記録されてるので通過した暴走車の映像はコンビニのカメラなどにも記録されてる。警察がその気になれば暴走車を突き止めることは充分に可能だ。
これで大阪府警が動かなかったらおかしい。
3. Posted by 手ぬぐい親父   2020年02月09日 18:15
 先ほど江草氏の動画「暴走ミキサー車 信号無視の瞬間」を改めて開いたら、フジTVの「直撃LIVEグッディー」のスタッフの方のコメントが記載されていました。この動画についての取材の依頼だったようです。江草氏との連絡も取れているようです。

 もしかしたら明日(2/10)午後放送の番組で取り上げられる可能性もあります。信号無視の危険な暴走は大きな社会問題です。重大な事故を起こして人命が失われてはなりません。暴走運転を抑止する意味からも、是非とも取り上げてほしいものです。

 ネット動画を他にも視聴していたら、同じような信号無視の危険な大型除雪車の映像もありました。「綾人サロン」の動画ですが、こちらも一歩間違えたら悲劇を招いていたようです。

 圧倒的な信号無視する除雪車
  https://www.youtube.com/watch?v=IIIx9Nku3YQ&t=18s

 信号には細心の注意を払って見落とさず、併せて他車の万一のミスも想定した運転を心がけたいものです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)