2020年03月19日

大阪神戸往来自粛せよ!



 大阪府の吉村知事が、この3連休を前にして「大阪神戸間の不要不急の移動をするな!」という異例の発表をした。大阪における武漢肺炎の新規感染者が減ってきてるのに兵庫は増えているということを受けて、神戸からの人の移動を制限することで新規感染者の増加を抑え込みたいということである。これに対して兵庫県の井戸知事は「大阪の方が危ないでしょ!」という趣旨の発言をしている。大阪・兵庫の知事がお互いを攻撃するという展開になってきたのである。

 さて、大阪と神戸、どちらが危ないかというとライブハウスでのクラスター感染を抑え込んだという大阪に対して、老人施設で感染が広がってる兵庫の方が危険な気もするのであるが、これから先のことはわからない。

 阪神も阪急もJRも、平常通りの運行なので鉄道各社はこの吉村知事の発言を全く意に介していないことがわかる。それに「不要不急」という表現が実にあいまいである。いったい何が不要不急なのか。通勤や通院のために阪神間を移動するのは「不要不急」には当てはまらないと思うが、男女がデートするために阪神間を移動するのは「不要不急」ということになるんだろう。「この非常時におまえら何やってるんだ!」というふうに受け取られるのである。戦時中のように「非国民」と呼ばれるかも知れないのである。

 それでは今は国家の非常時なのだろうか。人口当たりの感染者や死亡者という数字ではイタリアやドイツは大変なことになっている。中国よりもはるかに人口の少ないイタリアの死亡者はもう中国を超えてしまって、今はヨーロッパが主要な感染地域となっているのである。

 まだ感染者の出ていない国の中には国境を完全に封鎖して「鎖国政策」を取るところが出てきてもおかしくないし、医療インフラの脆弱な国はそれ以外に国民を守る方法がないのである。台湾のように早期に感染対策が功を奏した国は、今の世界の状況を見て鎖国政策をとってもおかしくないだろう。

安倍晋三首相の「要請」や今回の吉村知事の発言、どちらも罰則規定はなくただ国民の自由意志での協力を求めているのである。オレが恐れるのは「集団意志」である。従わない人に対して「こんな時に遊びに行きやがって!」という攻撃がされることである。オレのような偏屈な人間はそんな攻撃を受けそうな気がする。まあ差し当たって神戸に行く予定はないのだが。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←9位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年03月20日 15:15
 「うわさを信じちゃいけないよ」とはいうものの、「どうにもとまらない」コロナウイルス騒動の状況を連日報道する各メディア。「リンダ困っちゃう」と山本リンダも困惑気味の様相か。中国を超える感染死者を記録したイタリアも、オーソレミヨ(おお それ見よ)のカンツォーネを、嘆いて歌わざるを得ない状況。状況の交差点は、あちこちで混乱をきたしている。

 爆発的感染拡大の「オーバーシュート」が懸念され、この3連休中の不要不急の往来自粛が、知事により要請された大阪兵庫間。商売あがったり、の切実な声も聞こえてくる。「オーバーシュート」に対抗するなら、大胆華麗な「ダンクシュート」を放てばと期待しても、そんな華麗なシュートも、逆転までは至らないのが現状か。新型コロナウイルスは弱点も不明らしく、地球一丸となっても相当な難敵。

 井上陽水よろしく都会では、「傘がない」ではなく「ゼニがない」人々が増えている。個人事業主やフリーターの方々は仕事が減り、収入減でやってられない日々が訪れている。イベント自粛や劇場の閉館で、俳優や役者の方々も深刻。西田敏行が代表して国の支援を訴えていた。コロナの源の「太陽神」にお願いするよりないのか。太陽光で生まれたオリンピックの「聖火」が、本日(3/20)ギリシァから日本に到着したというが・・・。
2. Posted by マーブル&ミルキー   2020年03月23日 07:53
コロナコロナと騒いでいるうちに、戦前の日本のような集団意志が形創られているようで恐ろしい。
現在は、コロナを錦に御旗にすれば、少々無理難題も通ってしまう恐ろしさに、何故誰も気づかないのでしょうか?

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)