2020年03月21日

「蛍草〜菜々の剣」時代劇の楽しみ



 NHKで放映されていた土曜時代劇「蛍草〜菜々の剣」を見終えた。民放がほとんど時代劇をやらなくなったので、今や時代劇はNHKばかりという状況になってしまったが、久々にいい作品に出逢えたと思っている。

 内容について書くとネタバレになってしまうのだが、藩の財政上の不正を発見したばかりに非業の死を遂げた父の仇をいつか討ちたいと願う娘の役を清原果耶が演じている。奉公に出て女中として働き、その家の幼な子たちを守り育て、そしてお家騒動に巻き込まれた奉公先の主人のために必死で奔走する。彼女の健気な姿に周りの人たちも心を打たれ、いつしか多くの人に支えられていく。

 父の仇が同時に自分が密かに思いを寄せる奉公先の主人を陥れた人と同一であることがわかり、御前試合で仇討ちを挑むという劇的なストーリー展開に、このドラマを観ている視聴者の方々は画面から目が離せなくなっただろう。

 清原果耶演じるヒロインの生き方はまさに現代の我々が失ってしまった価値である。たとえ負ける戦いだとわかっていても、最後まで自分の意志を貫き、父の無念を果たすことの方が命よりもずっと大切だと彼女は戦いに挑む。その行動に心を打たれない人がいるだろうか。

 かつての日本人にはこうした強い意志と心があった。義や名誉を重んじて、たとえ負けることが分かっていても戦場に赴いた多くの人がいた。楠木正成は湊川の戦いで勝てると思っていただろうか。その子である正行は高師直との四条畷の戦いに赴くときに如意輪寺に辞世の和歌を残し、過去帳代わりにそこに名を記した。

命は確かに大切だ。しかしこの世には命よりも大切なものがある。それは正義であり、大切な人から受け継いだ意志を貫くことである。大切な誰かのために必死で戦うことである。義を捨て、誰かを犠牲にして逃亡する者はただの卑怯者である。自己の保身のために正義を踏みにじるような連中は生きている価値がない。赤木さんに文書改竄の責任を押し付け、自殺させた近畿財務局の連中はそういう外道どもの集まりであった。いつのまにか日本の官僚集団はこのような卑怯者の集団になってしまったのだ。安倍晋三の走狗となることで自分たちの誇りを失ってしまったのだ。

 誰も総理大臣の犯罪を追及しない。その周辺の人物も分け前に群がり、警察や検察も本来の職務を忘れて外道政治家のパシリとして行動している。どうしてそんなに情けないことになったのか。日本はいつからこんなに劣化してしまったのか。

 毎週土曜日のこのドラマを楽しみにした人が、父の仇を討ち藩内の不正をただすために真剣勝負での御前試合に挑むヒロインの姿に涙したならば、今政治という世界で起きているとてつもない悪に対して、夫の無念を晴らそうと戦いを挑み、その遺書を公開した赤木さんの妻の戦いを応援してほしい。そこで政治家に忖度した判決を出すようなクソ裁判官は法の番人ではなく安倍晋三の番犬である。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←9位です

コメント一欄

1. Posted by 利根   2020年03月22日 19:27
 このドラマは最初の放映で見ました。清原果耶 なかなか良い娘ですね。これから女優として大成しそうな気がします。
 義や名誉を重んじて、たとえ負けることが分かっていても戦場に赴いた・・・。 典型的な武士道精神でまさに日本人だけに埋め込まれたDNAかと思います。しかし武士道には常に死が絡むことになっています。残念ながら先の大戦ではこの精神が軍部に悪用されたと言っても過言ではない。例えば降参することを良しとせず無理を承知での徹底抗戦や玉砕作戦など。果ては軍人以外の召集兵や市民にまで玉砕を強いる。とにかく戦って死ねばそれは武士道を貫いた、名誉の死だと、家族は悲嘆することも許されない。もうめちゃくちゃです。
 自殺した官僚は強い良心があり責任感が強かったのでしょうが、しかし自殺は行き過ぎです。いくら遺書に書いてもそれだけでは悪い奴らを法的に糾弾することは不可能です。この裁判は勝ち負けより世論を喚起することが目的。
 
2. Posted by 江草乗   2020年03月22日 19:57
先の大戦でその武士道精神が軍部に利用され、特攻隊の若者が多く犠牲になったことは事実です。
そのことに関しては私も胸が痛みます。

硫黄島の栗林中将は、勝てる戦だとは最初から
思っていなかったでしょう。一日でも長く抗戦して
そして一兵でも米兵に損害を与えようとした。
彼もまた、そうした義を重んじた一人だと思います。

正義のために
国や権力に対して戦いを挑むことを
私は応援していたいと思います。
3. Posted by 利根   2020年03月23日 12:44
 正義の活動も結構ですが、得てして独りよがりな正義もあります。一部分だけを見て判断しないようにしましょう。まして義のために死すなんてことだけは止めましょう。あまり義を振りかざすと高揚のあまりに刹那的に死を選ぶ人が多いのも日本人の特徴かと。
 先の大戦ですが裏話はともかく公には日本がある種の欲望でもって仕掛けただけに、その戦の中でやたら正義やら武士道などを強調されても釈然としないものがあります。お国のために死んだといかにも正義のように言われても全ては政府や軍上層部が世論操作した責任逃れの詭弁に過ぎないのです。
 そして未だにその嘘は日本の歴史として通し続けています。誰も死にたくはないはずです。そういう徴収兵たちを義だとか武士道でごまかしてあるいは鉄拳のパワハラで強制的に奮い立たせ前線に送り無駄に死なせていたこと、老若男女問わず多くの国民を戦火に晒して死なせたことなど、これらは正義でも武士道でもありません。このことを国民はもっと感ずるべきです。
 これが外国から突然攻撃されて、家族や国を守るためやむを得ず抗戦しての死であるなら正義とかは通ずるかと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)