2020年03月25日

マスクはどこに行った?



 オレが買い物で店に入っても、コンビニやドラッグストアでマスクが売り場の棚に置かれていることは全くない。どの店も「品切れ」「本日は入荷せず」という表示である。生産している数はかなり増えているはずなのに供給されない。いったいマスクはどこに行ってしまったのだろうか。国内生産は増えているはずである。

 生産されて工場から出荷されたマスクがどこに向かっているのか。オレはそれを知りたいのだ。それが病院や自治体への納入ならまだ理解できる。地方自治体へ納入された分は、市民への配給という形で流通させてもらいたい。一世帯あたり一日何枚というふうに割り当てて配給制度でもしてもらわないと、今はどうしても手に入らないのである。

 スギ薬局の店頭には毎朝長蛇の列ができている。そうして並ばないと買えないからである。早朝にそうして並ぶことのできる人は限られる。時間のある人間にしかそれはできないのである。メルカリやヤフオクでの転売は禁止されたので転売ヤーたちが買うわけではない。それではいったい商品はどこに逝ってしまったのか。なんで買えないのか。

 店にないのなら通販で買おう・・・ということで楽天市場などを覗くと、確かに超高額での転売はないのだが、ややぼったくりという価格のものは存在するのである。以前なら500円くらいで売られていたものが3000円くらいになってるというものである。販売しているのは個人ではなくて普通の店であり、そうした普通の店が「今なら少し高くしても売れる」という形で利益をむさぼってるような感じである。

 世間では「マスクでは防げない」「防げないからマスク不要」「マスクは感染者がすればよい」などの主張をする人たちがいる。また、最近街に出るとマスクをしていない人が増えた。これは明らかに「マスクが手に入らない」からなのである。

 そもそもウイルスがマスクを透過できないわけなどなく、ウイルスを完全に防げるようなマスクはそれなりに高額なものに決まってるわけで、それを「ぼったくり」などと誤解してはいけないのだが、そういうちゃんとした製品は医療従事者にこそ優先提供されるべきである。

 我が家のマスクがなくなっても、母が手作りしてくれた布製のマスクがあるのでそれで乗り切れると思うのだが、コロナウイルスの感染爆発はもはや止められないのである。東京はいずれ日本一危険な街になるだろう。東京封鎖というのが現実的になるかも知れないのである。 

ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←9位です 


コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年03月26日 13:13
 「花はどこへ行った」のフォーク反戦歌があるが、今は「マスクはどこへ行った」のフォーク悲哀歌を歌いたい心境か。あまりの品薄に文科省も、学校での手作りマスクの指導を、各県教委を通じて要請した。早朝から店頭に並んでも入手できない状況は、昔なら米騒動よろしく、マスクよこせ!のマスク騒動の暴動が勃発していたかも。

 名古屋のドラックストアでは、マスクが入手できなかったことに腹を立てた男が、おれはコロナだ!と店員の前で咳き込むふりをして、業務妨害で逮捕されたという。「君よ憤怒の河を渉れ」が一人の男だけで済んだが、集団で発生していたら店のガラスや陳列棚も破壊されていたかも。東日本大震災でも見られたことだが、日本人の民度は概して低くはないのは幸いなこと。

 東京都は感染拡大を懸念し、不要不急の外出自粛を要請した。ロックダウン(都市封鎖)を避けるためにも必要と。70年代の学園紛争ではロックアウトで、活動家が校門や建物入口を机や椅子を重ねて封鎖した。小池都知事も活動家にはなりたくないだろう。一同の者 コロナ将軍の御前である 外出を控え 控えおろう〜! と説諭するよりないか。

 当方も己の使い回しのマスクを洗濯し、有要有急の外出に備えている。正当な社会批判は別として 私的な愚痴は控えおろう〜!・・・だったりして。
2. Posted by 江草乗   2020年03月26日 13:23
国民がこんなに困窮しているのに
安倍晋三は

 Let it beaf

と揶揄されてましたね。
マスク本当に買えないです。
この豊かな日本で買えない商品が存在するなんて
3. Posted by 手ぬぐい親父   2020年03月26日 19:07
ビートルズの曲 Let it be を意識した政府の経済対策ですか。
Let it be は あるがままでいよう 賢者が声を掛けてくれる
という歌詞だが
Let it beaf では 牛肉のままとしよう となり愚者が声を掛けてきそうか。

コロナ禍による経済対策で、和牛券の配布を企画中の当局ですか。
肉好きの方々ならよいが、ベジタリアンには野菜券も企画中とか。
そんな商品券より、現物のマスクを早く配布しろ!
というのが人々の切なる要求だったりして・・・。
4. Posted by 手ぬぐい親父   2020年03月27日 13:52
Let it beaf は もしかしたら 
Let eat beaf (牛を食おう)だったかも。

このコロナ世界非常事態に
呑気に牛なんぞを食ってる場合か!
と叩かれそうな、クーポン経済対策には違いない。

本案件を検討の自民党国会議員の方々も
コロナウイルスに立ち向かう「熱心な仕事」を
している、もしくは、していなかったりして。
お肉券、お魚券など、子供相手の政治では困る。
  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)