2020年05月19日

殺される前に裏切れ!



 河合案里、克行夫妻の選挙違反事件は逮捕された秘書が犯行を認め、多くの地方議員たちが現金授受を認めたことでもはや本丸である議員本人も逃れがたい状況となった。あとはこの議員夫婦を逮捕して刑務所にぶち込んでもらいたいものである。

 これまでこのような事件の時に必ず起きるのが、カギを握った人物の自殺である。国会議員の中には安倍晋三のように暴力団と関係の深い議員もいるわけで、そういうルートを使って手を回してこっそり自殺に見せかけて殺すということがこれまで数多く行われてきたことは想像するに難くない。  

安倍晋三と暴力団のつながりに関しては国会で山本太郎議員が質問したことがある。下関市長選挙において、自分の支援する候補の対立陣営の選挙妨害を暴力団事務所に頼んだが、その謝礼が安かったので怒った工藤会系の組員が安倍晋三の家に火炎瓶を投げ込んだという事件であった。その件を質問された安倍晋三は「わたしは被害者で・・・」と語ったが事件そのものは否定しなかった。つまり、暴力団となんらかの関りがあったことは認めているのである。この事件に関してはツイッターでハッシュタグ #「ケチって火炎瓶」で検索すれば多くの参考記事を見つけることが可能である。

 そもそも今のクソみたいな多くの政治家に命をかけてまで守ってやる価値があるのか。政治家の多くは秘書なんてゴミクズのように扱い、クルマの中でハゲ呼ばわりし、気分が悪いとパワハラ三昧でいじめ、ストレス解消の道具にしか思ってないのである。秘書給与の一部をピンハネする議員もいる。守る価値があるなんてお世辞にも言えないクズ野郎の集まりなのである。

 逮捕され取り調べを受けている河合案里議員の秘書の拘留期限は延長された。もしも釈放されていればどこかで殺され、広島湾に重りをつけて沈められたかも知れないのである。今の拘留中の状態は政治家の送り込む殺し屋から警察が守ってくれているというのが事実なのだ。こんな時でないと警察は市民を守ってくれないのである。

 オレは河合案里議員の秘書にこう言いたい。「あんたの雇い主は、自分を守るためにはあんたの命を利用するくらいなんでもないと考えてるクソだ。だからこの際洗いざらいしゃべりまくって、雇い主を刑務所にぶちこんでやればいい。もしかしたらあんたは自殺に見せかけられて殺されていたかも知れないのだ。」と。

 1億5000万円の選挙資金の中には、便宜を図ってくれた安倍事務所にキャッシュバックされたゼニも数千万入ってるだろう。これは捜査を河合夫妻のところで止めてはいけないのである。

 安倍晋三はおそらくこの件に関しても「知らぬ存ぜぬ」を貫き通すのだろう。自民党本部や安倍晋三事務所をガサ入れすれば、現職議員のキャリアがみんな吹き飛ぶようなヤバいネタがごろごろ出てくるかも知れないなあ。もうさっさと年貢を納めてしまえよ。もう自民党政権はおしまいだぜ。




ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です

コメント一欄

1. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 17:47
まるでドラマ見てるような筋書きです。
さて左上にある訪問者数グラフが、前日34で止まってます。
昨日のブログ気に障ったのかしら?
2. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 18:27
現在88。
3. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 19:23
現在151。
4. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 20:25
現在218。
何が有った?
5. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 21:26
現在267。
6. Posted by 江草乗   2020年05月19日 22:02
ページを更新しないで開くと、前回の数字がそのまま出てるだけですよ。カウンターは故障していないです。
7. Posted by ひろまり2007   2020年05月19日 22:06
いや、そうじやない。昨日400以上はあった。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)