2020年05月21日

半額なのはおまえの頭の中味だ!



 日本中の学校の多くが4月5月、休校になった。大学の中にはオンラインで授業をしたりするところもあり、対応は分かれている。その中で「学費を半額にしろ!」と主張する学生が出現したが、すでに早稲田大学の学長などは「学費は下げない」と宣言している。この「学費半額」を主張する連中は何がしたいのだろうか。

「10万20万もらったところで何になるんだ!」

と威勢よく啖呵を切ってるが、その10万20万の原資は、オレのようなまっとうな勤め人が納税したゼニなんだ。それをそんなに軽く思われると気分悪いのである。おまえなんかに支給してほしくないのである。

 誰もが大学教育を受けられるわけではない。大学に行くにはゼニがかかる。そのゼニを出すか、修業年限の短い短大や専門学校に進むか、すぐに就職するかはそれぞれの家庭や本人の価値観である。オレの家は貧乏で大学に行くゼニなんかなかったが、国立大学の学費が安かったからバイトでなんとか通えたのである。

 高校生の時の成績の上位者が進学し、そうでないものが就職するのかというとそんなことは全然ない。賢くても家庭の事情で就職を選ぶ者もいるし、馬鹿なのに親が甘やかしてFランク大学に入れてくれて、そこでさらにパワーアップした馬鹿ニートになる者もいるのである。ただ言えることは、「そこで進学する」という選択をした以上、その時に起きるさまざまな障害もすべて自己責任であるということなのだ。

 バイトで生活費を稼ぐ前提で進学したがバイトができなくなった。こういうことは新型コロナウイルスに関係なく起きることである。ケガをしてアルバイトできなくなったり、バイト先がひどい会社でストレスで病気になってしまったりすることもある。

 高校生の時にまじめに勉強しなかった学力が低い受験生にもちゃんと入れる大学が用意されているということはある意味幸せなことである。成績の悪い留学生は支援しないなどとほざいてるどこかの国があるが、その国は分数の計算もろくにできないような学生ばかりの大学にもちゃんと補助金を出してくれる。

 オレは私立大学に入るゼニがなかったから必死で受験勉強した。国公立大学に合格しなかったら大学には進めないことがわかっていた。入試が近づくと寝る時間以外はほとんどすべて勉強していた。週に2本だけ視ると決めていたテレビアニメだけが癒しの時間だった。あの時視ていた「ペリーヌ物語」にどれだけオレは救われていただろう。運よく京都大学に合格することができて新生活をスタートさせた時、家を出たオレは、これから先は自分でゼニを稼いで生きていくしかないと覚悟を決めた。今、「生活できないからゼニをくれ!」とほざいてる学生たちはどれだけの覚悟で大学生活を送っているのだろうか。

 アホでも馬鹿でも大学に入れる時代である。しかし、自分が大学生であることの価値を理解できてる者がどれだけいるだろうか。オレはそういう甘えた学生を救いたいとは思わない。しかし国立大学の授業料はもっと安くしてもらいたい。以前にある評論家が「東大や京大は学費を高くしてもいいと思いますよ。それでも入学したい人はいっぱいいますから」とほざいていた。おまえはアホか。そんなことをすればオレのような貧しい家庭出身の人間が入れなくなるのである。そんなことがわかってないおまえには教育を語る資格などないのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 

コメント一欄

1. Posted by 利根   2020年05月21日 23:06
 江草氏の京都での学生時代はおそらくいろいろなアルバイトをされたと思いますが、苦労話や面白い話などお聞かせ頂ければと思います。
 私の場合は高校時代のアルバイトで、生活のためというより小遣い稼ぎのためですが、夏休みに町工場で電気機器の製作を手伝っていました。シャシーやパネルに穴開けてパーツを取り付けて配線と、おかげで半田付けはうまくなりました。冬休みは郵便局で賀状の仕分けで多くの市町村名を覚えました。
2. Posted by 江草乗   2020年05月22日 00:36
利根さん、京都らしいバイトといえばやはり
祭ですね。コスプレ行列
今年は葵祭なくなってしまいましたけど。

京都の高島屋で週に一度、催し場の片づけ
というのがあって、2時間ほどの仕事で
2500円もらえるのですけど
陳列台を折りたたんで倉庫に収納するのです。
長く続けてると、いつのまにか
バイトリーダーみたいになって
新しく来たバイトに作業手順を指示したり
してました。大学出たら高島屋に来いと
社員さんから誘われました。
3. Posted by 大山   2020年05月22日 01:55
>大学出たら高島屋に来いと
社員さんから誘われました。

百貨店業界なんかに行かなくて大正解です。魑魅魍魎の業界です。不正義がまかり取ってる業界です。京大卒が行くところではありません。
あの業界の社員は人格が破綻してます。尊敬できる人物は一握りしかいませんでした。
(江草先生がバイトしてたころ、私は隣の阪急で働いてました)
4. Posted by 利根   2020年05月22日 11:47
 なるほどデパートですか。祭りの行列メンバーもちょっと楽しそうな仕事ですね。
 私も卒業したらアルバイト先の工場に来ないかと誘われていました。あの頃の私らは金の卵でしたから地元の工場ならどこにでも就職できました。
 その町工場は今でも小さいままで存在しています。そっちに就職していれば全く違った人生になっていたかも。
5. Posted by 江草乗   2020年05月23日 08:57
 一番稼げた家庭教師は楽すぎてバイトのうちにはいらないですからね。掛け持ちでやってました。
 母の知人の中学生の女の子二人に英語を教えていて、一人はできないままだったけど、一人は英語で100点がとれるようになりクラス一番になって、それでも「大学行かないから」と商業科に進みました。あの子はその後どうなったのかな?
 私は教員採用試験の合格判定をもらったままで就職活動を継続してて、教員を「滑り止め」にしていたのですが、テレビ大阪の役員面接の時に他の内定を聞かれて「教員採用試験には合格しています」と答えたら「なんでそれ行かないんだ?」と不思議そうに訊かれました。教師よりもテレビの方がずっと面白いじゃないですか!
 私は体育会系学生だったので、事前に常務さんから「営業なら取る」と言われてましたが、面接の時に「報道とか番組制作とか、クリエイティブな仕事がやりたい」と強く主張して、そこまで残った数人との競争に負けて落ちました。
 「営業でもなんでもします。入りたいです」と答えていれば、全く違った人生があったわけです。ちなみにその面接を終えて駆け足で朝日放送の方に直行して「世界一周双六ゲーム」というクイズ番組の収録に向かいました。ほとんどの問題を一人で答えながら、「がっくり都市」のマスに停まってふりだしに戻り、再度トップに立って最後の一問で敗れました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)