2020年05月22日

スポーツカーに乗らないということ


 毎朝、通勤時に必ずすれ違うクルマがある。自分と逆方向にクルマ通勤しているということなんだろう。青いスカイラインGT−R(R32)と、黄色いFFセリカ(シートまでレカロ製黄色)である。おそらく彼らは同様にオレが依然乗っていた真っ赤なS660に気づいていて、同様に思っていたのかも知れない。あのS660はどこに逝ってしまったのか。まさかダイハツロッキーという全く違ったコンセプトのクルマに乗り換えたなんて思ってもみないだろう。

 かつて自分が所有していたS660を見かけると、なんだかなつかしくなる。そして一昔前の日本車には優れたデザインのものがたくさんある。いすゞビークロス、日産180SX、スバルアルシオーネSVXなどである。そうした「乗ってるだけでなんとなく趣味のよさを感じさせてくれるような日本車」はどうして絶滅してしまったのだろうか。

 スバルBRZが発売されたとき、オレはディーラーに観に行って、駐車スペースでそのBRZの隣にオレのFTOを並べて駐車した。カタログをもらって帰り際にその2台を並べてみたとき、どう考えても自分の乗ってるFTOの方がずっとカッコよくて、スポーツカーらしく見えた。それでBRZを買うことはなかった。

 三菱FTOに乗っていた頃、コンビニの駐車場で何度も知らない方から「これはなんというクルマですか?」と話しかけられたことがあった。赤いS660に乗るようになってからは子どもが指さして喜ぶようになった。子どもは基本的にかわいくてカッコいいものが好きである。それを運転しているオッサンはどうでもいい。

 おれは長いことそうして趣味性の高いクルマを乗り続け、最後にS660という非実用性の極致のような不便なクルマを選び、その不便さを楽しみつつも最後は「無理」と感じて卒業した。そういうオレがセリカやGTRに乗っている人たちに対して感じるのは、うらやましさとうしろめたさなのである。軟弱なクルマに逃げてしまった自分が裏切り者であるようなそんな恥ずかしさを感じてしまうのである。オレは最後まで硬派を貫かずに日和ってしまったのである。

 世間には70代、80代になっても相変わらずスポーツカーをMT車で運転する人たちがたくさんいる。まだ60にもならないオレがMTを選ばずにATにしたのは早すぎる選択だっただろうか。

 ダイハツ・ロッキーは乗車姿勢が楽で疲れずに長時間運転でき、視点が高いので周りをよく見ながら安全運転でき、しかもスマートアシストという機能でさまざまなアラームやセンサーが運転を支援してくれる。バックするときは真上から見た状態でナビに表示されるので車庫入れもとても楽である。そうした現代のクルマに普通に装備されているものを長いこと自分は拒否してきたのである。カーナビを使うようになってからまだ5年にもならない。それまでのオレは「ナビなんて地理を知らない馬鹿の使うもの」だと見下していたし、アクセルとブレーキの踏み間違いによる大事故の報道に接するたびに「やっぱりATはダメだ」と言い続けてきたのである。今のオレは「いやはやAT最高!」なのである。

 クルマの進歩についていくことを拒み、古い価値観を守り続けてきた自分が「結局はただの頑固なジジイだった」ということに気づき、今は「クルマの進化万歳!」という立場になったのである。

 もうオレは二度とスポーツカーを所有したいなんてことにはならないだろう。運転してるだけで肩や腰が痛くなるような乗り物は老人には合わない。オレは免許返納の時まで軟弱なクルマを選び続けるのだろう。そうした価値観の変化を寂しく思う一方で、最初から軟弱なクルマしか候補に考えない、いやそもそもクルマに乗らない今の若者たちに対して、少し残念にも思うのだった。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です

コメント一欄

1. Posted by 手ぬぐい親父   2020年05月22日 15:52
 大阪・京都・兵庫も緊急事態宣言が解除となり、同一府県内であれば外出自粛要請も緩和。かの「自粛警察」連中も活躍の場を失うことになり、「自慢の愛車」で憚ることなく外出し、10万円の定額給付金でゼニをばら撒き、停滞した地元の経済再興にスルドく貢献したい。江草氏のダイハツ・ロッキーなら荷室スペースも広く、インバウンド(外国人観光客)の中国人に代わっての「爆買い」も可。期待されるオノコ像、期待される「若年寄」となるかも。

 80代の「大老」、70代の「老中」の腰の重さ、行動力には期待薄だが、60歳直前の「若年寄候補」の氏なら、SUVのAT車で随所に動き回り、社会の活性化に寄与するのもサマになる。30代、40代の中堅侍なら快速の荒馬(スポーツカー)も合うが、60代からの役付侍には多目的の農耕馬、いや実用馬(SUV)が合う。回復力が減少している年寄は、スピードを競う荒馬などで怪我をしてはならない。ニュー・ジジイ・ライフを目指そう!。

 かく言う当方などは、若い頃からジジイ志向で、スポーツカーは乗るモノではなく眺めるモノ、と割り切っていた。スポーツカーよりも山野や悪路に強い、いわゆるクロカンタイプ車に関心があった。流麗なスポーツカーも悪くはないが、それよりもワイルドな4WDディーゼル車が、実用性がありもっと良いと。トヨタのランドクルーザー、三菱のパジェロやデリカ・スターワゴンなどに魅力を感じた。価格が少々高かったのが難点ではあったが。

 現在はホンダのフリード・スパイクを相棒とし、車中泊旅に適しそれなりに満足はしている。今のスマホと同様に、使わない機能が多いのが難点だか。誤操作の少ないアナログ機能が懐かしい。マスクをつけやがれ! 間隔を取りやがれ! 大声は控えやがれ!・・・のコロナ新生活様式が、車内にも適用される「新時代」では、アナログの古いジジイ志向は粉砕される。悲しみよ こんにちは・・・かも。
2. Posted by 江草乗   2020年05月23日 08:38
 最初からスポーツカーにあこがれない人もいるでしょうね。そういうのは軽佻浮薄と感じるのかも知れません。速く走りたい、かっこよく飛ばしたいというのは一種の見栄っ張りですから。
 実用車から入る人は「道具」としての有用性から考えますしね。
3. Posted by crescent   2020年05月23日 10:38
軟弱な若者?なので兄弟車ライズを購入してしまいました。ブログを読んでいる限りは乗りやすそうなのでよかったです。クラブの顧問としては荷物が多く積めるのがありがたいですね。スポーツカーでそれは望みにくいので・・・
4. Posted by 利根   2020年05月23日 11:25
 私はクルマには割りと拘る方。まずは走りの良いクルマということで若い頃はのホンダ車ばかり乗り継いできました。その後はover200hp車で加速を堪能。軽に替わった今も並みじゃなくてターボの四駆です。もっとももう年ですからおとなしい安全運転ですが。
 スポーツカーは興味はありますが家族や荷物とか考えるとやはり候補にはあがりませんね。唯一スポーツカーに似たようなプレリュードにはしばらく乗っていました。
 昔は当然マニュアル車でしたが、クーラーが入る時代になると何故かギヤ切り替え時にクーラーが自動でON−OFFすることが多く切り替えショックが大きくて早々にAT車に買い換えたことがありました。
5. Posted by 江草乗   2020年05月23日 18:40
crescent さん、ライズ・ロッキーは取り回しも楽で
運転しやすいいいクルマだから正しい選択ですよ。
1000CCだから税金も安いし、旅行でも普段使いにもいいです。

利根さんはプレリュードに乗られていたんですね。
その頃は私はプレリュードにあこがれつつ
少し安いパルサーEXAを買いました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)