映画について

2018年09月17日

映画「響-HIBIKI-」はアイドル映画ではない

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です 

平手友梨奈が主演ということでアイドル映画として話題となっている「響-HIBIKI-」を映画館で観た。とにかく面白かった。ヒロインの突拍子もない行動が一種の爽快感で受け止められる、そんな躍動感のある映画だった。

 オレは文学賞の審査員が作家というのが不思議でたまらない。どうして同業者に選ばせるのか。彼らはプロの書き手であっても読み手ではない。この世にはさまざまな作品の良し悪しを判定できるプロの読み手が存在するとオレは思っているし、かくいうこのオレもそうした読み手のプロの一人であると自負している。筒井康隆も文壇の状況をネタに似たような意味のことをかつて書いていたが、もしもものすごい才能を秘めた新人作家が登場した場合、もうアイデアも枯れ果ててつまらないものしか書けなくなった老大家の持つ感情というのはただの嫉妬であり、そんな奴がデビューしたら自分の取り分が減ってしまうという危機感である。だから彼らは候補者の中からライバルたり得ないような小物を受賞者として選ぶのである。

 15歳という若さで並外れた才能を秘めた文学少女、鮎喰響(あくい・ひびき)がこの作品のヒロインである。彼女の作品を読んだ誰もがその才能に驚愕し、文句なしにその作品の面白さを認める。しかし、彼女はそうした世間の評価には無関心なのだ。本の価値は自分にとって面白いか面白くないかだけであり、世間がどう感じるかよりも自分がどう感じるかが大切だと訴えるのである。そして自分に向かって暴言をぶつける相手、友人を傷つける相手に対しては容赦しない。

 平手友梨奈はかわいい。オレはこういう美少女が好きだ。ヤクルトミルミルのCMを観ているだけで心が癒され、ミルミルを飲みたくなる。しかし映画の中で彼女が演じる性格は全くかわいくない。こんな女を彼女にしたらどれだけ大変だろうかとハラハラするのである。かわいい女に、とてつもなくハードボイルドな役を演じさせるという点にこの作品の魅力があるのである。

 オレは平手友梨奈を映画に初主演させるにあたって、ベタベタな恋愛映画ではなくてこのようなとんがった作品を選んだその見識を大いに評価する。彼女を通常のアイドルの枠にはめこむのではなくて、もっと別の何かとして描きたかったその試みに拍手を送りたいのである。

 オレはこの映画がとても面白かった。もしもこの作品をただのアイドル映画としてしか鑑賞することができず、その本質を理解せずにヤフー映画で☆1個なんて評価を下す馬鹿がいれば、おまえなんかのようなカスが映画を語るなと言いたいのである。

 作家が全力で書いた作品世界を理解するためには、自分もそのレベルにまで魂を到達させないといけない。凡庸な読者が理解に到達できるのは凡庸な作家の作品だけである。天才の作品を前にして、凡庸な人間はその価値のほんのわずかな部分しか理解できていないくせにわかったような口で「感動した」などとほざくのである。

 「響-HIBIKI-」の中にはさまざまな伏線がある。それらの意味をていねいに理解して鑑賞できる人がどれだけいるのだろうか。多くの連中はそれに気づかずにスルーしてしまうのである。オレはそれが残念でならない。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

押してチョ!←人気blogランキング投票←6位です

exajoe at 23:46コメント(1) この記事をクリップ!

2019年02月24日

映画「翔んで埼玉」は最高だ!



 映画館で「翔んで埼玉」を観た。鑑賞しながら何度か思わず声を出して笑ってしまった。あまりにばかばかしいその内容の悪ノリぶりにもう笑うしかないのである。なんでここまでふざけた内容で作ることができるのか。よくぞここまで本気で全力でおバカ映画を作り上げたなあというその意欲をオレは買いたいのである。

 東京都民が埼玉県人を見下して差別する気持ちがオレにはわからない。なぜか。大阪の人間、特にオレのような河内のオッサンには、自分の住む土地以外の地域を見下すという価値観が存在しないからだ。大阪の中でも特に民度が低い南河内というどうしようもないカオスの世界でオレは育った。大阪は北から上中下に分けられる。淀川以北、淀川と大和側の間、大和川以南の3つの地域から構成されていて、大和川以南の地域は南河内と泉州という二大DQN地域なのである。泉州の代表が清原和博だとしたら、南河内の代表はダルビッシュ兄弟である。どちらも野球界を代表する問題児である。ダルビッシュ有は入団したばかりの沖縄キャンプの時にパチンコ屋で喫煙していたところを写真週刊誌に撮られている。清原は言わずと知れたホームランを打つ代わりに覚せい剤を打ってしまった男である。

そんな南河内出身のオレにとって、神戸はカッコよくてあこがれの街だし、京都は歴史と伝統文化の街である。大学生の4年間、オレは旅先で出身地を訊かれるといつも「京都」とごまかしていた。確かに京都に住んでいたが、オレの出身地は南河内である。オレは卑怯にも産地偽装していたのだ。

 東京都民から見た埼玉県人はそんなに田舎者なのだろうか。埼玉県人の80%は池袋に集結してるのだろうか。千葉や茨城は東京からどんなふうに見えてるのだろうか。そして埼玉よりももっと田舎の群馬とか栃木はどんな世界なのだろうか。それをこの「翔んで埼玉」という映画は極端にデフォルメして描いているのである。もう最高の面白さである。

 山の手に住む東京都民が、それ以外の地域を見下しているということ、そして同じ都民の中でも微妙な序列意識があり、都区内に住む者は八王子や田無を見下していること。都民のそうした序列意識が自分たちの下に埼玉県人という被差別階級を作ったことなどをこの映画は明確に示してくれていて面白いのである。

 そうして笑いものにされたことで埼玉県人がこの映画に対して怒ってるだろうか。否である。むしろここまで極端に書かれると怒るどころか笑ってしまうのである。そして最後には埼玉への郷土愛ということに帰結するのである。オレはどんなふうにこのお話をまとめるのかと思ってハラハラしながら観ていたのだが、見事に落ち着いたのである。

 おバカ映画は楽しい。すぐれたおバカ映画は見ている人を幸福にする。何も考えずにゲラゲラ笑えるのは最高である。そこに挿入された小ネタの一つ一つが笑いのツボにヒットするからもう最高である。

 このようなすぐれたおバカ映画がもっと評価されてほしい。オレが最高のおバカ映画だと信じている「鴨川ホルモー」も、一人でも多くの方に観てもらいたいのである。



ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題
でもお読みになれます。

よかったらコメント欄に感想やご意見をお願いします。

ランキング上昇のための投票をぜひお願いします。

←人気blogランキング投票←8位です

exajoe at 23:58コメント(0) この記事をクリップ!

毎日一回押してください。
よろしくおねがいします。



訪問者数

    最新コメント
    Archives
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    livedoor 天気
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。



    livedoor Readerに登録
    Syndicate this site
    livedoor Blog(ブログ)