推奨閲覧環境
解像度:1280×1024
表示色:1677万色
ブラウザ:Internet Explorer
安全を買いましょう
2007年02月20日13:48今日のニュース/マスコミ新聞報道
・日本経済新聞は1面で、アイシン精機(7259)は米フォード・モーターに、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車向けの基幹装置を拡販する計画と報道。

・日本経済新聞は11面で、トレンドマイクロ(4704)は19日発表した2007年事業方針で、日本や中国など世界各国にウイルス対策拠点を開設する計画を明らかにしたと報道。

・日本経済新聞は11面で、日本ビクター(6792)は19日、2007年3月期の連結営業損益が10億円の赤字になる見通しであると発表したと報道。従来予想は100億円の黒字であったものの、北米でのリアプロジェクションテレビの販売が不振なことが響いたとのこと。

・日本経済新聞は11面で、新日鉄(5401)の中山製鋼所(5408)の株式保有比率が6.58%から8.73%に上昇したと報道。中山製鋼(5408)もほぼ同額分の新日鉄株を取得する予定であるとのこと。

・日本経済新聞は13面で、住友金属鉱山(5713)は19日、2007年度から3年間の中期経営計画をまとめ、ニッケルに重点投資すると発表したと報道。

・日本経済新聞は13面で、コマツ(6301)は19日、2009年にも金沢市に大型建設機械の新工場を建設する計画を明らかにしたと報道。

・日本経済新聞は13面で、トクヤマ(4043)はDOWAホールディングス(5714)子会社と、ハイブリッド車などのモーター基板用として需要が拡大している窒化アルミニウム事業を共同展開する計画と報道。

・日本経済新聞は15面で、イー・アクセス(9427)の携帯子会社イー・モバイルは19日、3.5世代の高速データ通信の定額サービスを3月31日から大都市圏で始めると発表したと報道。

・日本経済新聞は18面で、東証2部と大証2部に上場している大紀アルミ(5702)が3月、東証・大証1部指定となる見通しであると報道。20日にも東証などが承認すると見られるとのこと。

・日刊工業新聞は1面で、いすゞ自動車(7202)は欧州向けV型6気筒ディーゼルエンジン事業から撤退し、次世代クリーンディーゼルエンジンに経営資源を集中すると報道。

・日刊工業新聞は1面で、日立(6501)と日立建機ファインテックはLSIの次世代加工線幅の32ナノに対応したシリコンウエハーの表面形状の計測ができ、半導体生産ラインに組み込める原子間力顕微鏡を共同開発したと報道。

・日刊工業新聞は4面で、東芝(6502)は自動車関連製品に必要な技術・構成部品の開発を促すため、研究開発費を重点配分する「自動車ファンド」制度を4月に導入する計画と報道。

・日刊工業新聞は8面で、三菱重工(7011)は19日、中国国営造船グループの中国船舶重工業集団公司傘下のエンジンメーカーに船用低速ディーゼルエンジンの技術ライセンスを供与する契約を結んだと発表したと報道。

・日刊工業新聞は9面で、森精機(6141)はドイツで販売サービス網を拡充する方針と報道。

・フジサンケイ・ビジネスアイは6面で、不二家(2211)は19日、月内の再開を目指していた洋生菓子工場の稼動再開の先送りを表明したと報道。

・フジサンケイ・ビジネスアイは7面で、東京電力(9501)はすべてのエネルギーを電気で賄う「オール電化」の工場向け営業活動を強化する方針と報道。

・日経産業新聞は1面で、川島織物セルコン(3009)は染料など使わず光の干渉によって色を出す「干渉発色ファブリック」を開発したと報道。

・日経産業新聞は20面で、白石(1900)は橋の耐震性を増す新工法の営業を強化する方針と報道。

・日経金融新聞は5面で、 ハニーズ(2792)は商圏人口の少ない地域にも積極的な出店を進めたことや暖冬の影響で在庫が増加し、経営効率面でポイント(2685)との格差が広がる可能性があると報道。

・日経金融新聞は5面で、ビーエムエル(4694)は医療機関向け電子カルテを販売する医療情報システム事業を2009年3月期に営業黒字転換させる計画と報道。

・日経金融新聞は5面で、日本エアーテック(6291)の2007年12月期単独決算はクリーンブースの販売伸長が寄与することで、税引き利益が7億7千万円の前期比38%増になる見通しであると報道。配当性向30%目標で増配の可能性も高いとのこと。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔