images

パソコンのハッキングまで電磁波で可能です。

 

思考盗聴は、磁気光学効果によって変調される近赤外線、マイクロ波、電波か波の干渉現象によって変調される低周波の電磁波によって脳内の低周波の電気信号を読み取る技術です。


テラヘルツ波を頭頂葉に照射し、その反射波を測定する事で 思考盗聴は可能です。視覚情報も同様です。


この思考盗聴器は東芝、IBM、独立行政法人 通信総合研究所、岡山光量子科学研究所、島津製作所 などで開発されています。
その中でもIBM社製の思考盗聴器がある組織を中心に広く出回っているます。


どうしてそんな事が可能かといいますと、 思考盗聴にも用いられているテラヘルツ波は、近赤外線よりも波長が長いため、 カメラの光源として使うと、水着が透けて見えるといわれる近赤外線よりもさらに 多くのものが透けて見えるからです。


壁、衣服、布団、プラスチック、コンクリート、木材、 水と金属以外の物はほとんど全て透けて見えます。 しかし、残念ながら人体は水で出来ているため、テラヘルツ波は肌で反射して、 カメラには、服を一切まとわない状態での人体が映し出されます。つまり、裸です。



思考盗聴器は金額が高いですが、理論的には解明されています。

遠隔操作によるテクノロジー攻撃 365日 24時間体制での監視 つきまとい気の弱い被害者は、統合失調症と同じ症状を作病院に送る 病院で軟禁状態に置かれる。気の短い 性格の荒い被害者は、追い詰めて切れさせ 殺人などの犯罪を起こさせる。

 

街宣車活動をしていますが、証拠がないので無理です・・
まず電磁波攻撃は本人も気づかず体調不良に或る日突然なります。

幻聴 幻覚 妄想を襲います。

集団でストーカーしなくても電磁波を浴びせれば「幻聴 幻覚 妄想」になるのです。
ですから集団でストーカーをする必要はないわけです。

抗議活動に文句ではないですが、認識が集団ではないということです。
人によって幻聴だったりします。


原因は近くからのマイクロ波攻撃です。
引っ越せば問題解決できます。


攻撃されるということは恨まれているからでそれを解消しなければならないでしょう。