テクニカル分析の備忘録。

日経平均(終値:23,410円)

23,600円のレンジの上限を抜けたものの、全然走らず。レンジブレイクの騙しかと思いきや、あまり下げず・・・で、やりようのない展開。ただ、上昇して行くエネルギーは枯渇して来ており、どちらかというと下げるリスクを警戒したい。

先々週末、トランプのHLで下げたところで仕込んだロングは、週前半の伸び悩みに全部手仕舞った。
レンジブレイクの騙しだと思い、23,500円でショートメークしたが、あまり下がらず。。。
米株が一段と上がらない限りは、このポジションをキープしておきたい。


日足:レンジブレイクしたかと思いきや、思いのほか走らず失速。レンジブレイクの騙しは通常、逆サイドに大きく下げるものだが・・・・それもなく終了。結局俯瞰してみて、22,800-23,600円のレンジ継続と見た方が良いか。


週足:やはり、ボリンジャーバンドが収束して来てる事から、上に行くエネルギーが枯渇して来ている状況。とは言え、まだ緩やかに上昇トレンドは継続中。


月足:3月はオーバーシュートしたものの、俯瞰してみると19,000-24,000円のレンジ相場。
一目均衡表:緩やかな上昇トレンド継続中。