テクニカル分析の備忘録。

ダウ(終値:28,335ドル)

追加財政のHLに一喜一憂しつつも、大統領選を控えて小動きが継続中。
来週も小動きになりそうで、とりあえずは11月3日の大統領選を待ちたいところ。
2016年の件もあるので、あまり決め打ちせず、大統領選後に動き出した方に付いて行けるようにしておきたい。

28,700ドル、28,500ドルでショートキープ中。
28,000ドル割れで一部手仕舞いたいが、割れることなく今週は終了。
来週も小動きだと思うが、上記ショートは、どっかで手仕舞う予定。
大統領選の結果がどうなるにしろニュートラルで選挙結果を迎えたい。


日足:ボリンジャーバンドは収束し始め、レンジ感が強くなってきている。28,000ドルアラウンドがサポートだが、上値も切り下がってきており、次の動きに向けてのエネルギーを溜めている印象。ただ、28,000ドルを下抜けても、27,000ドル半ばはサポーティブで、その辺りがサポートされる限りは、レンジ継続。
一方、28,000ドルを割り込まないようだと、センターライン(28,155ドル)に支えられた格好になり、再度上を試しに行くか。


週足:センターラインは上向きで、緩やかな上昇トレンド。ただ、バンドは収束して来ており、現段階では直近高値(29,199ドル)を超えても、更に上に行くパワーは無い様に見える。


月足:ボリンジャーバンドのレンジ内に収まっており、大きく見ればレンジ相場。ただ、センターラインは、やや上向き始めており、一段高を警戒したい。