2007年01月09日

「なぜ、働かない者こそが儲かるのか?」




こんにちは、野崎です。




ではさっそく本日の?(はてな)ヂカラです。




「なぜ、働かない者こそが儲かるのか?」



について。



ちょっと考えてみてから先を読んでください♪

みなさんも一緒に?(はてな)ヂカラを鍛えましょう!!





先日10個程の事業を展開されている30代前半の社長さんと

お話する機会がありました。



最近よくいろんな若い社長さんとお話する機会があるのですが

そこでよく言われる言葉があります。



昨日もその言葉を言われたんです。

その言葉とは



「野崎さん、自分で働いているようじゃあんまり儲かりませんよ」



です。




この言葉ホントによく言われます。

でも他にすることがないからつい働いてしまうんです、僕(笑)



できる経営者の方々から言わせると僕は働き者ではなく

非常に非効率な経営者ということになります。




多くの社長さんに言われることは



「日常業務の遂行はほとんどスタッフに任せる」



「経営者は働くのではなくスタッフを管理し働きやすい環境を提供する」



「そして新しい事業・アイディアを練りだすこと」



単純作業や営業という労働に関しては自分は極力働かずに指示をする。

それこそが儲けの秘訣ということです。



身体で働くのではなく、頭を働かせろってこと。




よく言われることですし分かっているんですが

これがなかなか難しいんですよね。



つい自分でしたくなる。。。

しかも単純労働をしているとなんか働いた気になるんですよねぇ(笑)



人に任せないといけないのに!!




でもそうしないと自分の時間なんて限られているのだから

儲けはすぐに頭打ちになってしまいます。



なんでも自分でやろうとする僕と同じ人種のひとは

注意が必要ですね。

でないと「儲からないスパイラル」に突入してしまいます。。。




今日から「より人に任せる」をテーマにがんばっていきます!!




それではまた次回の?(はてな)ヂカラでお会いしましょう♪


exiteline06 at 08:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔